片思いの女性を振り向かせる6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある特定の女性が気になってしまった場合、どうしてもその女性を振り向かせたいと思いますよね。

恋愛したいと思う場合もあれば、将来的には結婚できる関係になりたい、など、人によって思うところが違うかもしれません。

しかし、やはり片思いをしたならば両思いになりたいと思うのは当たり前のことです。

しかし、自分に関心を持っていない女性を振り向かせるという事は至難の業です。

特に例えば一目惚れをしただけであったり、1回しゃべっただけであったりという場合、接点がなければなかなかその人を振り向かせることができません。

そうとは言っても、やはり振り向かせる努力をすることが大切です。

特に女性の中には、「好きになった彼女には彼氏がいたからあきらめるしかない」という考えの男性よりも「好きになった彼女に彼氏がいたなら、自分の方が良い男になって彼女振り向かせてやる」位の気持ちを持つ男性の方が好きだという人も多いのです。

ここでは、片思いの女性を振り向かせるためにできることを紹介します。

挨拶をする



職場であれ、クラブやサークル等の趣味の場所であれ、特定の女性を好きになったらまず挨拶をするようにしましょう。

社会人ならば挨拶は常識ですよね。

明るく「おはようございます」「こんにちは」などというだけでも印象を大きく変えることができます。

笑顔で挨拶ができる人は、特定の女性を好きになったらまず挨拶をするようにしましょう。

例えば通勤電車の中で1回目が合っただけの人を好きになってしまった、職場で1度だけ話したことがある人を好きになってしまった、などという場合は、とりあえず接点を作る努力をしましょう。

もう一度通勤電車で同じ車両に乗り、目を合わせてにこっとしたり、「また会いましたね」と話しかけてみたり、とにかく話す努力が大切です。

職場ならば彼女がどこの部署にいるかわかっているでしょうから、さりげなく廊下を通りかかるという努力も大切です。

漫画の世界では無いのですから、一目惚れをした女性が実は自分のことが好きだったとか、職場随一のマドンナが実は自分に関心を持っていただとか、そのような事は滅多にありません。現実はそこまで甘くないのです。

女性を好きになったら、まず接点を持ち、自分を知ってもらうことから始めなければいけません。

そして、既に知り合いの関係であるならば挨拶から始めましょう。

気遣った言葉をいう

好きな人と話をする時、何を話して良いのかと悩むかもしれません。

好きな本や映画について話しても良いですし、趣味について話をしても良いですよね。

しかし、出来る限り相手を気遣う言葉を発するようにしましょう。

例えば、仕事帰りに好きな人に出会ったとします。

お疲れ様でした」などと言い合う事はとても大切ですし、同時に「お仕事どうですか?」などと相手に関心を持つ言葉をかけることも大切です。

帰りの道中が一緒であるならば、もしかしたら趣味や週末の過ごし方について話が出るかもしれません。

しかし、そのような中においても例えば「ゆっくり休んで下さいね」「良い週末を過ごしてくださいね」などと相手の体を気遣った表現をすることで、女性に「優しい人だな」という印象を与えることができるのです。

くれぐれも自分の話ばかりしていてはいけません。

相手に自分のことを知ってほしいと思うのは当たり前のことですが、だからといって自分の話ばかりしていては、相手にとってはつまらない相手と思われてしまうのがオチです。

ましてや、自分の自慢話や過去の栄光、やんちゃ話などを女性に聞かせても意味はないのです。

SNSで連絡をする



最近はインターネットが普及し、誰もがSNSを使う時代になりました。

もしも気になる女性の連絡先を知っているのであれば、SNSで交流をするという方法もあります。

例えばメッセージを送るのであれば、話をした日の夜に「今日はお会いできてうれしかったです。またばったり会いましょう」「今日はお忙しそうでしたね。ゆっくり休んで下さいね」など連絡をすると、女性は嬉しい気持ちになります。

もしもタイムラインなどで自分の日記を公開しているのであれば、その内容にも気をつけましょう。

例えば職場の文句は書かない、人の悪口は書かない、やたら難しい評論をしないなど、読む人に好印象を与える心がけが必要です。

特に好きな相手が読んでいるかもしれない内容であるならば、普段は考えないようなタイムラインの内容であったとしても、意識して記述をするようにしましょう。

特にSNSのタイムラインに日記を公開する場合、載せる写真にも気をつけなければいけません。

例えば飲み会に行った写真ばかり載せていれば、あなたはまるで遊び人かのように思われてしまう可能性もあります。

確かにそんなはずはないのかですが、頻繁に友達と写った写真を載せると常に遊んでいるように見られてしまう可能性もあるのです。

そのような誤解を招かないためにも、日記を公開する場合は十分に注意をしましょう。

さりげなく差し入れをする

なんとなく差し入れは女性がするものと思い込んでいる人もいるようですが、男性がしても問題はありません。

例えば気になる女性が職場にいて疲れているようであれば、さりげなくチョコレートを渡すなど、小さなもので良いですから差し入れをしてみましょう。

クラブやサークル等の趣味の場所であっても、そのような差し入れは嬉しいですよね。

例えば解散した後、車で家まで帰るならば「道中気をつけてくださいね。眠気覚ましにどうぞ」などと言ってチョコレートやクッキーを渡すなど、そのような心遣いも嬉しいものです。

ただし、くれぐれも相手が食べられないものは渡さないようにしましょう。

例えば、人によってはミント系のタブレットやガム、キャンディーを眠気覚ましとして喜ぶ人もいますが、食べられない人も少なくありません。

ダイエットをしていても疲れたときにチョコレートぐらいは欲しい、と思う女性は少なくありませんが、そもそも嫌いな食べ物を渡してしまえば、せっかくの好意が等身大で伝わらない可能性があります。

女性に差し入れをするときには、人によっては違うようなものは避け、万人好みのものを選んだり、最近流行のメーカーのものを選んだりしても良いでしょう。

気が利く姿を見せる



女性を振り向かせたいと思うならば、その女性にとって自分は素敵な男性にならなければいけません。

そのためには、気が利く姿を見せることも大切です。

例えば、職場の同僚の女性を好きになったならば、「仕事ができる男性」という印象を与えることが大切です。

女性が忙しそうだったら率先してその仕事を手伝ったり、「お茶くみは女の仕事」「コピーは女の仕事」などと思わずにその女性にコーヒーを入れたり、「コピーするものがあるなら、一緒にやってきますよ」と提案してみたり、できる事はたくさんあるはずです。

職場以外の場所においても同じです。気が利く、優しい、という印象を与えることが大切なのです。そのためには、空気をしっかりと読んで女性が何を必要としているのか把握しましょう。例えば女性が重たそうな荷物を運んでいるならば「手伝いますよ」と言って手助けすることも大切です。

女性が来たときにドアが閉まっていたら、さっとドア分けたりドアを支えたりという行動もスマートですね。

6. 傲慢な男性にならない



好きな女性ができると、男性の中にはやたらと傲慢になってしまう人がいます。

女性に良いところを見せようとしすぎたり、そもそも最初から男尊女卑の考え方を持った男性の場合は女性を目下の人間のように扱おうとすることがあるからです。

また、人によっては女性を顎で使うことこそが正しいと思い込んでいる間違った男性もいます。

女性を振り向かせたいと思うならば、その女性をコントロールできるようになるのではなく、その女性に好かれるような男性にならなければいけません。

そこのところは決して誤解してはいけません。

確かに日本はいまだに男尊女卑の国ですし、世代によっては「男子厨房に入らず」と言われた人たちもいます。

「男の方が女よりも偉い」と思い込んでいる男性もいるかもしれません。

しかし、だからといって女性に対して傲慢な態度をとったとしても、女性の心を惹きつける事は絶対にできません。

女性の関心を浴びたい、女性に自分を見てもらいたいと思ったとしても、誤った方法では意味がないのです。

決して傲慢にならず、むしろ謙虚な男性として振る舞ったほうが女性は好印象を持ってくれるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

片思いの女性を振り向かせたいと思う場合、シチュエーションによってやり方は変えていかなければいけません。

また、片思いの時点であなたとその女性がどのくらい親しい仲なのか、ということによってもアプローチの仕方は変わっていきます。

ほとんど話したことがない、ほとんど彼女のことを知らない、という場合は、彼女に自分のことを知ってもらうことから始めなければいけません。

もちろん、自分自身も彼女のことを知らなければいけません。

いちど話した位で彼女のことを知るなんて不可能ですから、やはり彼女のことをよく知った上でアプローチをすることが大切です。

彼女と十分に知り合いであるならば比較的簡単に彼女の心をつかめるかもしれません。

謙虚さを大切にし、彼女を気遣う言動を忘れないようにしましょう。

女性に対しては、「優しい人だな」と思わせることが何よりも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*