女性が心の中で後戯で求めている事5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスは前戯が大切!という事は多くの方が知っているのではないかと思います。

しかし、女性が心に秘める思いの多くが後戯に潜んでいる事にはなかなか気付けないものではないでしょうか。

セックス後のケアの重要さや女性の抱えている思いをいくつかお話したいと思います。

もっと触れていて欲しい



セックスで絶頂を迎え射精した後男性は、寝たりタバコを吸ったりとパートナーをしょんぼりさせる行動をしていませんか?

セックステクニックとして行為中だけではなく行為後のケアも忘れてはいけないものなのです

貴方とのセックスが終わった後も、パートナーにはまだ余韻が残っているため、終わってすぐに体が離れる事で「もう少しこのまま側に居て欲しいな」「何だか放ったらかしみたいで辛いな」と寂しく感じたりします。

また、女性の中には「え。するだけシたら終わり?淡白過ぎない?」と一気に愛情が冷めてしまうタイプも少なくありません。

セックスの余韻に浸りたいと多くの女性は思うもので、貴方のさりげないコミュニケーションで安心したり「愛されている」と感じるものです。

例えば、セックス後に髪をなでて軽く額にキスをしたり、ギュッと抱きしめて腕枕などをしたりと触れあう時間を増やしてみてはどうでしょうか。

パートナーはセックス後も大切に扱われたいと思っているため、優しく触れてもらえる事で満足できるのです。

甘いピロートークをしたい

行為に夢中で激しく求めた後は、どうしても眠たくなってしまうもので、セックス後に眠ってしまう方も男性もいらっしゃると思います。

パートナーは、セックス中だけではなく後戯でも貴方の愛情を確認したいため、会話がない無音な時間に不安を感じる事があり、「声を聞きたい!話をしたい」と思っているのです。

男性の中には「気持ち良かった?」「激しくしたら悦んでたよね?」等と相手女性に聞いてしまう方もいらっしゃいますが、実はパートナーは辱しめられるような声かけはあまり良く思わない事があるため、イヤらしい声かけは避けた方が良いでしょう。

例えば寄り添い合ったままで、次のデートはどこに行きたいか等と次の約束や貴方が考えたプラン等を話してみる事も良いと思いますし、パートナーが話をしているならばしっかりと聞いてあげて共感してあげて下さい。

パートナーはセックス後の会話を大切にしたいと思うもので「好きだよ」「私も大好き」等と甘いピロートークを夢見ているもので、話の終わりや途中などに甘く囁き合いたいと心の中で思っているものなのです。

寄り添い合って会話する事で、体だけではなく心から大切にされている事で満たされた気分になれたり、貴方と愛を確かめ合う事で二人の時間をより特別に感じる事でしょう。

一緒にお風呂でイチャイチャしたい



激しく求め合った後、多くのカップルはシャワーやお風呂に入りに行くと思います。

俺、シャワー浴びて来るわ」とセックス後に普通にベッドから出て浴室に向かう男性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでパートナーの存在を大切に考えてあげる事こそが重要なポイントになって来ます。

パートナーは、余韻が残ったままであるため、もっとイチャイチャしていたいと求めているため、一人で残される事に寂しさを感じています。

例えば「一緒にお風呂入ろっか!」と誘い、お風呂の中での甘い一時や、体の洗い合い等してみてはいかがでしょうか。

激しく求め合った後の優しい触れ合いにより、パートナーは心から満たされていき「この先もこんな風にラブラブでいたいな」と貴方との未来を想像して幸せな気持ちになるのです。

パートナーの存在を大切に考えてあげる事で、貴方のセックステクニックが上がるとも言えるため、「行為が終わったら満足しているだろう」と考える事は避けるよう意識してバスタイムを上手く活用してみてはどうでしょうか。

さりげない気配りに期待している

行為の後シャワーに行ったりタバコを吸ったりとバタバタしたり、あるいはパワーを使いきってしまい眠ってしまう事もあるのではないでしょうか。

まだまだイチャイチャしていたいとパートナーは後戯を求めているため、貴方の行動の一つ一つに敏感に反応しているものなのです。

パートナーは激しい行為の後の優しさを心の中で求めているため、貴方との愛を改めて確かめ合うための大切な時間が欲しいと感じています

側に寄り添うだけでも女性は幸せな気持ちになりますが、もっと女性が愛されていると感じる事をしてみてはどうでしょうか。

例えば、セックス後すっとベッドから出たと見せかけて、汗をかいているパートナーにさりげなく「はい!汗かいて喉カラカラでしょ?」と飲み物をあげてみて下さい。

セックスの激しさの後、貴方からの優しさを心の中で求めているパートナーは甘い雰囲気に再び酔い始めるでしょう。

この時「一緒に」というフレーズを入れる事が重要なポイントで、女性に貴方の優しさがちゃんと伝わり安いワードでも有るため、口下手な男性の方にもオススメの声かけです。

また、行為後にそっとティッシュで付き合っていても男性の前で堂々と拭けない陰部を拭いてあげる事も紳士的な気配りの一つではないでしょうか。

アフターケアを意識して欲しい



ここまで様々な後戯についてお話してきましたが、そもそも後戯を意識した事がない方や、パートナー自体が淡白なタイプが多いというケースも珍しくはないと思います。

そのため前戯や行為のテクニックは知っていても「後戯って何?どうしたらいいの?」と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった男性がいる事も少なからずパートナーは知っていますが、「沢山気持ち良くしてもらったのに、これ以上ワガママ言えないよ」と思いながらも「でも、少しでも良いから気づいて欲しいな」と内心では貴方に後戯を意識して欲しいと感じているのです。

後戯は難しく考える必要がなく、ありのままの貴方の優しさでパートナーを包み込んであげる事がポイントになり、女性に心から安心し満足してもらうための第二のセックスタイムとも言えます。

燃え上がるようなセックスの後、まだ敏感なパートナーに優しく大切に接する事を意識してみて下さい。

例えば「体、大丈夫?」と腰をマッサージしたり、いきなりするより「足辛くない?マッサージしようか?」と尋ねたりしながら、貴方なりの優しさでパートナーと接してみてはどうでしょうか。

自然に振る舞っているつもりでも顔が赤くなっていたり、後戯を意識して頑張っている貴方を見てパートナーは「嬉しい」「愛おしい」と素直に心から思っています

まとめ

女性の心の中にある後戯への思いは、体だけではなく心まで満たされたいという「心への愛撫」なのです。

心から満たされたいと言うパートナーの気持ちに貴方が寄り添ってあげる事で、女性はより輝き魅力的になれるのでしょう。

女心を理解し、二人の愛が深まる参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*