様々な気持ちをこめたキスの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人や愛する人ができたとき、人はキスをしたくなりますよね。

それは一つの愛情表現でもあり、キスをすることでさらに愛しさを増していきます。

しかしキスといっても実はいろんな種類のキスがあり、それぞれに意味があるのですがご存知でしたでしょうか。

いろんなキスを使い分けることにより相手へのメッセージともなりますし、種類を知ることはキスの達人に近づくといっても過言ではありません。

ではそんな沢山ある種類の中から厳選したキスのやり方や意味合い、注意点もそえて幾つか種介していきます。

軽い挨拶にライトキス



ごく一般的なキスでもあり、沢山の方がやっているキスがこのライトキスというものです。

名前の通りで軽いキスのことなのですが、軽く一瞬だけ唇を触れさせるくらいのものであり、愛情表現も含みますが挨拶の意味でも使います。

海外のドラマを見ていると出会ったらとりあえずライトキスをしていますよね。

「久しぶりだね」「元気だった?」といった意味を込めてしています。

ですのでライトキスは友人や家族の間でも行われますし、場所は唇だけではなく頬やおでこなどなどでも良いのです。

ただこの挨拶代りのライトキスは日本の文化には浸透していないものなので、むやみやたらとしてしまうと変な人扱いされるかもしれませんので気を付けましょう。

愛しさを表すバードキス

こちらは鳥のようなキスということでバードキスといわれるものです。

じゃれあっている鳥や餌を食べている姿を見ると解りやすいと思いますが、くちばしで軽くつついていますよね。

そのような唇で軽く何度も突っつくようなキスなのです。

このバードキスは興奮度が上がるキスとなりますのでカップルが多用するキスの一つとなります。

ずっと会いたいと思っていた、会えて良かったという気持ちを表すキスで嬉しさの表現ともいえるでしょう。

まさにじゃれ合いの始まりのようなキスです。

このキスはお互いがつつき合うと衝撃が強くなって怪我するかもしれないので、片方がバードキスをしてる時には相手の方はそれを受ける姿勢でいましょう。

性感を刺激するスライドキス

こちらはスライドする、つまり滑らせるキスということです。

お互いの唇を触れさせてゆっくりと左右に滑らせるように行うという、シンプルでありながら気持ちの良いキスとなります。

このスライドキスまできますと、唇は一つの性感帯であるということが実感できますので、とても感じてしまうこともあるでしょう。

これからもっとハードなキスへの序章ともいえるかもしれません。

しかしこのスライドキスはお互いがリラックスをして唇の力が入っていない状態でないと気持ちいいものではなくなってしまいます。

落ち着いてゆっくりできるような環境の場所で行うことをお勧めします。

二度おいしいチョコレートキス



さて、ここで一つオプションアイテムを使ったチョコレートキスの紹介です。

チョコレートキスなんてなかなか耳にすることもないと思いますが、実際にはやったことある方も多いのではないでしょうか。

それはお互いが口の中にチョコレートを含んだ状態でその相手のチョコレートを味わっているという、ちょっとお熱いキスの一つです。

昔にポッキーゲームなんてはやりましたが、それの延長戦のような感じですね。

ポッキーゲームの場合は延長が行われる地点でゲームとは言えなくなりますが。

チョコレートの美味しさも味わいながら相手の唇で気持ちよくなれてしまう、まさに二度の美味しさを味わえるキスと言えるでしょう。

まさにあまーいキスともいえるものですが、もし相手の女性がダイエットしているということになると拒否されることもありますので、その辺はしっかり探っておきましょう。

キスの代表ディープキス



キスと言えばやはりこのイメージが一番強いと言われると思います、ディープキスです。

お互いの口の中に舌を入れ合って、口の中で舌を絡ませ合ったり舐めあったりすることにより気持ちを高ぶらせるものですね。

愛し合ってる者同士なら確実にしているといっても良いくらいの、いわゆるメジャーなキスですよね。

そしてこのキスをすることによりお互いの興奮が絶頂に達して、これからセックスをしますというプロローグ的なキスともいえるでしょう。

しかしこのディープキスをする際に気を付けなければならないのは興奮しすぎて強引になりすぎることです。

そうなってしまうと相手の方は気持ちよさよりも先に苦しさを味わってしまうことになり、単なる自己満で終わってしまいますので注意が必要です。

アダルティッシュなカクテルキス

カクテルキスというのも馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

これはバーなどでカクテルを飲んでいるときに、それを味わうための舌遣いや唇の動きがヒントとなっているキスになります。

口を開けた状態で相手の舌を優しく舐めたり時に甘噛みしてみたり、放してみてはまた舌を吸ってみたりと上品かつ興奮してしまう大人のキスと言えるでしょう。

こちらもディープキスと同様にそのあとの行動への誘いとも取れますので、ひとつのセックスアピールとも言えます。

もし本当に気のない相手であれば早めのお断りの準備をしておいたほうがよいでしょう。

もっと情熱的にインサートキス



インサートキスとはディープキスの進化形ともいえるキスのことです。

お互いが唇を合わせて、片方が舌を相手の口の中に入れ、次はもう片方が相手の口に中に舌を入れるという出し入れを楽しむキスのことなのです。

舌を入れられている側はその舌を優しく受け入れて絡ませたり包んであげたりして、お互いがお互いを受け入れているという実感を味わえます。

しかしこのキスはわりと体力も使いますので、あまり長い時間は控えておいたほうが良いと言えるでしょう。

リッププレイのニプルキス


こちらは上級編ともいえるキスで、ニプルキスというものです。

このキスは相手の唇を自分の舌でなぞるように這わせていくもので、唇で感じてもらう意図もあるリッププレイといっても良いでしょう。

そのなぞり方にも緩急をつけて、時に優しくそして時には激しく強く行うことにより相手に動きを予想させないことがコツとも言えます。

予想外のなぞられ方をされることにより唇の感度が上がっていき、やられている側は興奮状態に持っていかれることでしょう。

唇でもイカせるくらいの気持ちでやるのも情熱的で良いです。

支配的なスロートキス

スロートキスとはいわゆる吸うキスということです。

唇を合わせて相手が舌を出してきたらそれ自分の唇でつかみ、そしてとにかく吸いまくりますのでとても強引でありドエス的なキスといっても良いでしょう。

このキスには吸うことによって「もう貴女を離さない、僕のものだ」という支配欲を表していますので、それを伝えることにより相手は喜びも感じることができます。

しかし吸いすぎると相手の舌がしびれてしまいますので、くれぐれも吸いすぎには注意が必要です。

まとめ

数あるキスの種類の中からいくつか取り上げてきました。

挨拶代りから情熱的なものまで色んな意味を持つキスがありますので、その意味を理解してキスで会話をするような感覚も素敵なものですね。

いろんな種類があっても共通することは愛の表れということですので、注意点を守ってお互いが気持ちよくなれるようなハッピーなキスをしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*